心を鍛える! ※書籍『無酸素社会を生き抜く』小西浩文著より

引き寄せの法則は、本当にあるのでしょうか?

引き寄せの法則 を活用して成功している人と、成果がでない人の『違い』を事業や投資、人間関係、健康などの分野で実践、検証、改善を繰り返すことで、引き寄せの法則『701魔法のレシピ手帳』にまとめました。

豊かさと幸福、健康と強運をつくる、新しい引き寄せの法則!

◆応援クリックしていただけると嬉しいです
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>
 ↓↓  ↓↓

人気ブログランキングへ

書籍『無酸素社会を生き抜く』小西浩文著を読みました。

小西浩文さんは、標高8,000メートルという「死の地帯」に酸素ボンベなし挑む「無酸素登山」をしている登山家です。

8848メートルという世界一の高さを誇るエベレストを始め、地球上に8,000メートル超える山は14座、存在しており、私はこれまでに6座を制覇してきました。

成功の共通項についてとてもわかりやすく書かれているので氣にいったら是非、お読みください。

※書籍『無酸素社会を生き抜く』小西浩文著はこちら!

「無酸素」社会を生き抜く/日本経済新聞出版社

¥1,470
Amazon.co.jp

引き寄せの法則を活用する質問!

・あなたは、心と身体を鍛えていますか?

・あなたは、どんな事情をかかえていても、平然と生きていますか?

・あなたは、いつか、必ず、チャンスの順番が来ると信じていますか?

__________________________

引き寄せの法則の本質 <魔法のレシピ>

心を鍛える!

__________________________

◆「死の地帯」では、酸素ボンベを背負って挑むのが登山家の『常識』である。

気温はマイナス数十度、風速数十メートル、ちょっとでも足を踏み外せば命を落とすような状況で、酸素を吸っていなければ正常な判断ができないからだ。

だが、私はこの常識にあえて真っ向から挑み、両親からもらったこの肉体と、鍛え上げた精神力だけで頂を目指している。

何故か?

それは標高8,000メートル峰が、人間がまともに生きることのできない「死の地帯」だからである。

 

◆自殺願望があるのじゃないのか、命知らずなあまり恐怖という感覚が麻痺してしまったのではないか、などと勘違いしないでほしい。

私が言いたいのは、「困難だからこそ挑戦することに価値がある」ということだ。

これは今の日本でも言えることではないか。

 

◆日本全体が得体のしれない不安に包まれている無酸素社会の今こそ、そこに挑む事に価値があるのではないか。

バブル経済で、未来もバラ色という世の中でつかんだ成功よりも、この不況の世で掴む成功のほうがはるかに尊く、意味のあるものではないだろうか。

実はこのような話を、縁があってよく講演でさせていただいている。

最初は無酸素登山に挑んでいる登山家のごとく普通の講演だった。

だが、そこに参加してくださった経営者やビジネスマン、学生などさまざまな人たちから質問を頂戴し、そこに山で私が学び、経験したことを答えているうちにあることに気付いた。

 

◆ 登山も一般社会も大切なものの本質は何も変わらない。

例えば、山の頂上を目指すチームのリーダーと、プロジェクトの成功を目指して部下を率いるビジネスマンに必要される心構えは驚くほど似ている。

それと同じで、私が標高8,000メートル峰から己の肉体のみで生還出来るのも、この「無酸素社会」を「酸素ボンベなし」で生き抜くことも、実は本質は変わらない。

それは『心』である。

 

◆私が標高8,000メートル峰を無酸素登頂できるのは、何も私が人並み外れたスーパーマンだからではない。

もちろん、登山家としてのトレーニングは一般人よりもおこなっているつもりだが、身体能力が私より優れていると登山家など山ほどいる。

だが、そんな登山家の99%は標高8,000メートルでは酸素ボンベに頼らざるを得ない。

彼らと私の違い。

もちろん肉体の資質もあるが、最終的にはやはり『心の強さ』の違いなのだ。

 

◆無酸素社会も同じことである。裕福で仕事もあるというのに、自ら命を立ってしまう人は大勢いる。

そのような人に比べて、お金が無くて仕事をリストラされたような人でもたくましく生きている人は大勢いる。

彼らの違いといえばただ1つ、それは『心』なのだ。『心』のもち方によって、見える世界は、まったく移転するのだ。

 

◆もちろんこれだけ厳しい世界では肉体の強さもある程度は必要だ。

そこで、本書『無酸素社会を生き抜く』では、私が無酸素登山から学んだ経験をもとに、無酸素社会を生き抜くための様々なテクニック、心と体を鍛える方法を紹介していきたい。

この本を読むことによって、あなたが少しでもこの現代社会で息苦しさを感じなくなれば、これほど嬉しいことはない。

 

◆ 『わが心、秤のごとし』という諸葛孔明の言葉はありますが、『心』に関する名言はたくさんありますね。

・人はそれぞれ事情をかかえ、平然と生きている!
    伊集院静(作家) 

・ いつか、必ず、チャンスの順番が来ると信じなさい!
  秋元康(プロデューサー)

・反省することは反省する。でも一度寝たら忘れる!
    古田敦也(元プロ野球選手) 

・この世に生を受けたこと。それ自体が最大のチャンスではないか!
    アイルトン・セナ(F1レーサー)

心と身体を鍛えてゆきましょう。

『心頭を滅却すれば火もまた涼し』

※書籍『無酸素社会を生き抜く』小西浩文著はこちら!
「無酸素」社会を生き抜く/日本経済新聞出版社

¥1,470
Amazon.co.jp

_____________________________

引き寄せの法則の影響 <魔法のレシピ>

■「無酸素社会」を「酸素ボンベなし」で生き抜くことも、実は本質は変わらない。

 

■裕福で仕事もあるというのに、自ら命を立ってしまう人は大勢いる。

そのような人に比べて、お金が無くて仕事をリストラされたような人でもたくましく生きている人は大勢いる。

彼らの違いといえばただ1つ、それは『心』なのだ。

『心』のもち方によって、見える世界は、まったく移転するのだ。

 

■この世に生を受けたこと。それ自体が最大のチャンスではないか!
    アイルトン・セナ(F1レーサー)
_____________________________
★ もしよろしければ、ぜひクリックしていただけると助かります↓
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>
 

人気ブログランキングへ

/////////////////////////
このブログ『豊田さくらのウエルシーシェフ』では、
メンターや書籍、映画などから学んだ『卓越のレシピ』を、
実際の実務で実践して、成果がでたものを掲載して読者の方に
ご紹介しております。
引用などで、もしご不快な方やご迷惑な方がおりましたら
お申し出いただければ記事を削除させていただきますので
宜しくお願いいたします。
//////////////////////////

     
  

SNSでもご購読できます。