心を込めて働こう!  『大切なことはみんなディズニーランドで教わった』より

社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった―そうか、「働くこと」「教えること」「…/香取 貴信

¥1,260
Amazon.co.jp

TSUTAYAのビジネスカレッジで

『社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった』

のDVDを観ました。

 

香取貴信さんはディズニーランドのアルバイト時代スイッチが『ON』に入ったり『OFF』に切れたりすることがありました。

「ちょっとくらいラクしてもいいかなあ」とか

「手を抜いてもいいかなあ」とか

「今日は暑いしなあ」とか

自分に言い訳をすることもありました。

 

ところが、あることがキッカケでスイッチがバッチンと『ON』に入った瞬間があるそうです。

 

■豊かさを創る質問■

・あなたは、心を込めて働いていますか?

・あなたは、誇りを持って働いていますか?

・あなたの「魂のご馳走」はなんですか?

 

■夢と魔法の王国、東京ディズニーランドはこちら!

http://www.tokyodisneyresort.co.jp/tdl/

______________________________

<魔法のレシピ>

心を込めて働こう!

______________________________

 

◆ディズニーランドのあるミーティングで先輩が、お客様のコメントシートを読んでいたときのことです。

そこには3人家族のお母さんからの手紙がありました。

息子のタカシ君は難病で長くは生きられない!とお医者さんに言われていたそうです。

お母さんがある時、タカシ君にどこに行きたい!と聞いたらタカシ君は「ディズニーランド!」と言ったそうです。

 

そこでお父さんとお母さんと、タカシ君でディズニーランドにやってきました。

なかでも印象に残ったのは「シンデレラ城のツアー」でした。

 

◆「シンデレラ城のツアー」とは、30人ぐらいづつでシンデレラ城を探検するツアーです。

 

その中で、ゲストに協力していただき、光の剣をもって悪の大王をやっつけるシーンがあります。

この光の剣は、勇気があって、善意があって、純粋な人が使うと凄い力を発揮するのです。

偶然にも、タカシ君は光の剣をもつゲストに選ばれたそうです。

 

クライマックスでタカシ君は、光の剣で、悪の大王をやっつけました。

そして壇上で皆から「ありがとう」と賞賛され、ヒーローのメダルをプレゼントされました。

 

◆このメダルが、凄い価値をもつのですね。

タカシ君は病院に戻っても1回もそのメダルを首から外さなかったそうです。

そして病院に来る人に、嬉しそうにメダルを見せびらかしていました。

デイズニーランドで悪い奴をやっつけた!タカシ君はその後、天国に行きますがタカシ君のお母さんの手紙には、最後にこう書かれてありました。

 

「5歳というのは短い一生でした。でもディズニーランドは、タカシ君にとって一生の思い出になりました。

これからもたくさんのお客様がディズニーランドにおいでになると思います。

是非、その方たちに、たくさんの良い思いでをつくってあげてください。」

 

◆この手紙を聞いて、香取さんは「ヤバイ」と感じました。

もしもタカシ君が来ている時に、自分のスイッチが入っていなくて

「ちょっとくらいラクしてもいいかなあ・・・」とか

「手を抜いてもいいかなあ・・・」とか

そんは仕事をしていたとしたら!!

この後、香取貴信さんは、毎日、このタカシ君のお母さんからの手紙を読んだそうです。

そして「こんな自分でも一生懸命やっていることが、誰かの役に立てるなら」と考えてバッチンとスイッチ入りました。

 

◆香取さんはいいます。

二宮金次郎が言っています。

『働くとは、ハタをラクにすること!』

これを聞いて「これは商売と同じだなあ!」と思いました。

 

TVショッピングも一緒です。

「使ってみて役に立たなければお金を全額返します!」

人の役に立つから「ありがとう」といわれ、それがお金に変わるのです。

 

心を込めて働くこと、誇りをもって仕事をすることが大切なのだと感じました。

 

◆確かに毎日、同じことの連続、同じことの繰り返しだったりなかには直接はお客様に接しない仕事もあります。

たかがバイトと思っていたら、自分の仕事しかしない。

でも自分の仕事をとことん好きになったら『最高』だと思います。

自分が『最高』だと思ったら、廻りに何を言われても関係ありません。

仕事を選んでいるのは自分です。

だから『最高』だと自分が決めることです。

 

■夢と魔法の王国、東京ディズニーランドはこちら!

http://www.tokyodisneyresort.co.jp/tdl/

 

◆『ミッション』や『理念経営』や『BIG WHY』の大切さがよくいわれます。

事業でも、人生でも、大切なことは「何をやるかよりも、何故やるか?」ということです。

 

ビルゲイツのコーチを担当した、世界のメンターといわれるJCマクスウエルはいいます。

『目標が達成されるかどうか?は
   それをやらなければならない理由があるかどうかだ』

◆お客様からいただく声やお手紙には、ときには『クレーム』も『喜びの声』もあると思います。

お客様からいただいた『クレーム』から学び、根本原因を改善、是正することで、その『クレーム』が長期的には『天使』となりお客様からいただいた『喜びの声』は、その事業に関わる人間にとって最高の『魂のご馳走』となります。

 

◆お客様にいただいた『クレーム』を、朝礼やミーティングで発表して根本原因から改善・是正することはもちろんですがお客様からいただいた『喜びの声』をミーティングや朝礼で読んだり会社に張り出したり、ファイルに貯めて、関係者が見れるようにすることはとくにお勧めですね。

 

『事業を始めたら、お客様の声をお金を払ってでも集めろ!』

という言葉の重要さがよくわかります。

 

※お薦め書籍
『社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった』
はこちら

社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった―そうか、「働くこと」「教えること」「…/香取 貴信

¥1,260
Amazon.co.jp

______________________________

<魔法のレシピ>

■ 誇りを持って働こう!

■「魂のご馳走」を集めよう!

■『働く』とは『はたをラクにすること』

    二宮金次郎

______________________________

<さくらのB級グルメ> ★★★★★ ★★★

 

お伊勢参りで、いつも楽しみにしている赤福本店に伺って参りました。

 

赤福本店の建物は明治以来、130年余りになるそうです。

大きな看板には金色で『赤福』の二文字。

 

店内は畳敷きの座敷と、清流で知られる五十鈴川に面した縁側があります。

 

ここで赤福餅と美味しい地元度会産の番茶を350円でいただけます。

川向うには伊勢で一番高い朝熊山を始め、神路山の緑の山並をうかがええます。

 

■「施行(せぎょう)」

江戸時代に盛んになったお伊勢参り。

無事にお伊勢参りができるのは、目には見えない神様のおかげ。

そして道中の人々の「施行(せぎょう)」と呼ぶ様々なお世話のおかげ。

お伊勢参りは、「おかげ参り」と呼ばれるようになりました。

施行とは、お伊勢参りの旅人が無事に念願を果たせるよう、道中の人々が宿や食事、風呂、路銀などを施すことを申します。

施行をすれば徳を積めるという考えから、参宮道中の誰もがすすんで行なったと伝えられております。

 

お伊勢さんへの、おかげ参りの後に立ち寄る『赤福本店』はお勧めです。

 

■『赤福 本店』はこちら

http://www.akafuku.co.jp/akafukuknows/mainshop.html

ありがとうございます。

SNSでもご購読できます。