年間1500億円を売上るその秘密とは?  潜在意識 現実化 マーケティング

こんにちは。(まる現)の久家邦彦です。

◎日本国内だけで年間1500億円を売上る「ルイ・ヴィトン」。

その人氣とは?

~~「ニッポンオシロウ」より引用~~

■創業者のルイ・ヴィトンは、14歳からパリで、トランク製造の一流の職人のもとで修行をします。

1854年、33才にして独立。

当時高級ブティックが建ち並んでいたパリのカプシーヌ通りに店を構えます。

→「やはり、、、ルイ・ヴィトンも、天才になるための1万時間の修行をしていたのですね」

■オリエント急行 ルイ・ヴィトン(ビデオ)

(カーテンが ルイ・ヴィトンのダミエです)

■当時、ルイが作っていたのは、馬車旅行のためのトランク。

当時のトランクは、、、、

馬車の後ろに積んだとき、雨が垂れるように「丸みを帯びたものが普通のデザイン」でした。

■ ところでルイ・ヴィトンがブレイクするきっかけとなったものは何だと思いますか?

━━━━━━━━━━━━━━━━

<卓越のレシピ>

お客様が求めているものを理解して

プラスαの価値を提供する!

━━━━━━━━━━━━━━━━

■答えは

→ 「平らなトランク。」です。

時代の先を見ることにたけていたルイ・ヴィトンは、その時代の、交通機関の発達に注目。

これからは船や機関車での移動が増えると読んで、それまでの「蓋の丸いトランク」から、室内で積み上げることができる

「平らなトランク」

を考え出したのです。

■ルイ・ヴィトン ダミエのトランク!(ビデオ)



https://youtu.be/q-vUuhTwIGY

■さらにトランクの素材も、「革」より軽い無地の「コットン」を使用。

更にそれに防水加工を施した「グリ・トリアノン・キャンバス」を開発しました。

当時の一般的なトランクに比べて、ルイ・ヴィトンのトランクは軽くて丈夫。

さらには、トレーや仕切りまで設置され、「使いやすさ」をとことん追求したものだったのです。

こうして「ルイ・ヴィトンのトランク」が誕生すると、当時のセレブたちの間で一躍評判になったのです。

■2代目を継いだ、ジョルジュ・ヴィトンは新作を発表します。

それが「モノグラム」。

■板垣退助 はルイ・ヴィトンに本を入れて旅をしていたそうです!(ビデオ)



https://youtu.be/BX-Q-xUWqUk

(モノグラムのトランク)

ルイ・ヴィトンのデザインを代表するといっても過言ではない、「モノグラム」は、様々な文化の中でも、特に日本のある文化の影響を強く受けていると言われているそうです。

■では、質問です。

「それは何でしょう?」

答えは

→日本の「家紋」です。

■当時ルイ・ヴィトンを悩ませていひとつの問題がありました。

「模倣品」いわゆるニセモノ品の横行です。

ルイ・ヴィトンの活躍を妬む同業者によるニセモノに対して、ルイは次々と新しいデザインを生み出すことで対抗したのです。

■ルイ・ヴィトン エピ 強運のお財布とは!(ビデオ)



https://youtu.be/GlsglIIZH4M

■ルイ・ヴィトンが日本に本格的に入ってきたのは、モノグラム誕生からおよそ80が経過した1978年。

並行輸入業者に対抗するためにルイ・ヴィトンがうった手段が、「ルイヴィトン・ジャパン」の設立。

フランスにより近い値段で、一流のサービスとこだわりを提供したのです。

そして「非公式な数字」ながらも、わずか10年余り後にはルイ・ヴィトン全体の売上の実に半分までを日本人が占めるようになったとか・・・?

■ルイ・ヴィトンのトランクをめぐってはもうひとつのこだわりがありました。

それは防水性です。

当時ヨーロッパとアメリカなど、遠距離の旅行はもちろんすべて船。

そこで、ルイヴィトンは、完全防水のトランクを開発、万が一の事故に備えたのです。

■1912年、あのタイタニック号の事故の際、ルイ・ヴィトンのトランクにつかまり、命が助かった人もいたと言われています。

さらに、沈没から数十年後、タイタニック号の船室から遺品が引き上げられたとき、ルイ・ヴィトンのトランクの中身は水にぬれず、当時のままの姿で残っていた、という逸話まで残されてるそうです。

これをルイ・ヴィトンのスタッフに聞いたら。

あくまで逸話だそうです(笑)

■ルイ・ヴィトンのトランク タイタニックの逸話(ビデオ)



https://www.youtube.com/watch?v=7XDnRwolRwQ

    ~~ ここまで ~~

■ルイ・ヴィトンの歴史とその人氣に触れてみて心理学者ロバート・ザイアンスが1968年に発表した

「ザイアンスの法則」(ザイアンスの単純接触効果)

を思い出しました。

「ザイアンスの法則」は3つあります

1.人は知らない人には攻撃的、冷淡な対応をする

2.人は会えば会うほど好意をもつようになる

3.人は相手の人間的な側面を知ったとき、

より強く相手に好意をもつようになる

■いつの時代も変わらない

世界最強のマーケティング。

つまり「売れる仕組み」は!!

「信頼」です。

■いつの時代も変わらない世界最強のマーケティング(売れる仕組み)は!!

「信頼」です。

そして「自動的に売れる仕組み」をつくるには

潜在意識を理解して「リストマーケティング」を組み合わせることです。

■「リストマーケティング」で
・相手をより深く理解して
・相手が望んでいるものを手に入れるために信頼を構築して
・商品やサービスを欲しいと思ってもらい

■「セールス」で
・必要な人に、必要なタイミングで売り込まなくてもスルッと売れる!

「自動的に売れる仕組み」をつくることです。

Pドラッカーはいいました。

「優れたマーケティングはセールスを不要にする」

■5つのステップに従い
「リストマーケティング」を活用するファネルについてFBページやニュースレター「卓越のレシピ」でお伝えして参りますので、どうぞお楽しみに!

━━━━━━━━━━━━━━━━

<卓越のレシピ>

■すべての成功は、アイデアから始まる!

■「ザイアンスの法則」

・人は知らない人には攻撃的、冷淡な対応をする!

・人は会えば会うほど好意をもつようになる!

・人は相手の人間的な側面を知ったとき、

より強く相手に好意をもつようになる!

■魂が喜ぶ仕事をしよう!

━━━━━━━━━━━━━━━━

追伸:「旅するルイ・ヴィトン」のエキシビジョン。

すごい人氣ですね。(ビデオ)

https://youtu.be/rsvZU0R4iro

どうぞステキな1日を!!

まるです。

■いい選択が未来を変える!

豊かな毎日を現実化する!

日本現実化戦略研究所(まる現)

  久家 邦彦

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください