常識を破る!  映画『マネーボール』より

マネーボール [DVD]/ブラッド・ピット,ジョナ・ヒル,フィリップ・シーモア・ホフマン

¥2,980
Amazon.co.jp

野球界の常識を破って、アスレチックスのGMとしてア・リーグの歴史上初の20連勝を達成していくビリー・ビーンの実話を描いた

映画『マネーボール』を観ました。

 

野球の奥深さには常に驚かされる!

        ミッキーマントル

 

■豊かさを創る質問■

・あなたは、どのようにして常識を破りますか?

・あなたは、メンタルブロックに氣づいていますか?

・あなたは、本氣で信じるものがありますか?

———————————————
<魔法のレシピ>

常識を破る!

———————————————

 

ここからは映画『マネーボール』のあらすじになります。

ネタバレがありますが、より深く内容を理解したい方にはお薦めかもしれません。

◆ビリー・ビーンはメジャー経験のあるプロ野球選手から球団のフロントに転身するという珍しいキャリアを持つ。

高校時代は花形選手だったものの、プロでは大成することなく引退した。

風変わりで短気なその性格は、若くしてアスレチックスのゼネラルマネージャーになってからも変わらなかった。

自分のチームの試合も観なければ、腹が立つと人や物に当り散らすという、癖のあるマネジメントを強行。

 

◆しかし、アスレチックスは貧乏球団のため、優秀で年俸の高い選手は雇えない。

2002年、名門イェール大の経済学部を卒業し、インディアンズのスタッフとして独自に選手のデータ分析を行っていた青年ピーター・ブランドと出会う。

ピーター・ブランドは野球経験はないもののデータ分析が得意である。

ビリー・ビーンは球界にとっては異分子のピーター・ブランドと出会ったことで、風向きが変わり始める。

 

2万人の選手のなかで、それぞれの実績や隠れた価値をもっていて球界では認められていない選手をボードで説明する。

データーで300万ドルの価値ある男を23万7千ドルで手にいれる。

◆自らのチーム強化ヴィジョンに不可欠と見込んですぐさまピーターを引き抜き、彼のデータを重視した斬新な選手評価を基に、安い選手を買って勝てるチームをつくる独自の経営戦略を打ち立てていく。

ヒットでもファーボールでも出塁率が高く、評判悪くても安く買える選手をスカウトしてゆく。

後に”マネーボール理論”と呼ばれる”低予算でいかに強いチームを作り上げるか”という独自の理論だった。

だがそれは同時に、野球界の伝統を重んじる古株のスカウトマンだけでなく、選手やアート・ハウ監督らの反発を生むことになった。

ビリー:「彼がボスだ!彼はオーナーと神様の意見以外は聴かないよ!」

スカウト:「俺たちの6週間の苦労を無駄にするのか?」

ビリー:「話は終わった。」

◆常識破りの方針と、彼の短気で独善的な性格が周囲の反発を招き、チームは結果を出せない状態が続く。

それでも強引に独自のマネジメントを進めてゆく。

そこでビリーはチームを掃除をしていく。

ビリー:「選手を放出するぞ!」

ピーター:「ダメだ、人に説明できない! それではクビになる。」

ビリー:「そうだ!大切なのは本氣でそれを信じているかどうかだ!誰に説明が必要だ? 必要はない。」

ビリー:「信じたことをやるだけだ!」

ビリー:「君らは、信じてないかもしれないが、君らは優勝する!その氣でやれ!」

◆その揺るぎない信念は、徐々にチームに勝利をもたらしはじめる。

アスレチックス17勝4敗

球界はビリーの手腕を認め、周囲からの信頼も次第に回復。

そしてある日とんでもないオファーが飛び込んでくる…。

「アスレチックス、リンカンを獲得!」

ア・リーグ初のアスレチックス20連勝!

ピーター:「俺たちは20連勝を達成した新記録をつくった。」

ビリー:目的は記録ではない。優勝でもない。そんなものは意味がない、最後に勝たなければ意味はない。そんなものはすぐに忘れられる。

勝てば、シャンパンに指輪!そこに意味がある。

 

◆シーズン終了後
ボストン・レッドソックスのオーナーからビリーにGMのオファーが来た。

オーナー:「なぜ、電話にこたえここに来た?」

ビリー:ベーブルースの呪いを科学で解けるかと思ってね。それからバンビーノを雇ったと聴いてね。

オーナー:何故、彼を雇わないか不思議だった!

ビリー:電話は嬉しかった。

オーナー:金があるといいのは好きな選手が買える!球界が嫌おうと!君は4100万ドルで、プレーオフへの進出チームをつくった。

勝ち試合数はヤンキースと同じ

・ヤンキースは、1勝当たり140万ドルを使い

・君は、1勝あたり、27万ドルを使った。

オーナー:君もいろいろ言われただろう『最初にことを成す人間は、いろいろ言われる。』

既成の支配者は自分らの生活が脅かされていると思いいろいろなことを言う!

政治もビジネスも同じだ、そこを支配して連中は頭に来る!

オーナー:だが、今のチームを解体して、君の方法で創り直さなければそんな連中は皆、過去の遺物となる。

そんな奴らは、10月に家にこもって、ワールドシリーズでレッドソックスの優勝をみてなくてはならない。

◆ピーター:レッドソックスのオーナーとの話はどうだった?

ビリー、レッドソックスGMの契約額だ!

ピーター:レッドソックスGM:1250万ドル

『野球の歴史上で最大のGM,契約額だ!』

ビリー:人生を金で決めたことがある。でももうしない!

ビリービーンの現役時代、多くの球団がビリーに期待した。

ところがビリーは結果を出せなかった。

野球選手の若者の心に入り込み「本当に自信があるのか?」までを見極めるスカウトがいない!

野球選手もプロで成功すれば本当の自信がつく成功しなければ、去っていく

◆ビリーはレッドソックスのオーナーからの

レッドソックスGMへ1250万ドルのオファーを断り、アスレチックスGMとして、そこに残った。

レッドソックスは2年後に、ワールドシリーズで優勝してマネーボール理論を証明した。

映画『マネーボール』は、人間の心の不思議さを感じます。

・球場で自分のチームの野球の試合を観戦するのを嫌がるビリー!

『マネーボール理論』のピーターの分析と反して、ビリーは試合を球場で見るとその試合が負け試合になるというジンクス(メンタルブロック)をもっています。

 

◆レッドソックスGMから1250万ドルのオファーを提示されたビリーにピーターはある映像を見せます。

・2塁に走るのを怖がる、野球選手!

多くの人の心には、氣づいていないメンタルブロックがあり、その心のブレーキが、とうの本人や組織のさらなる成功を妨げているのかもしれませんね。

 

ビリーの娘:パパ、ジンクスなんか氣にしないで!人生を楽しみましょう!

 

映画『マネーゲーム』は、しがらみ(死がらみ)という、メンタルブロックを取る映画なのでしょうね。

廻りが何と言おうと、楽しみながら前へと進む!

私は自分を信じます! 信じた道をゆきます!

※ビリービーンの経歴(ウイキティーペディアはこちら)
http://ja.wikipedia.org/wiki/ビリー・ビーン

◆マネーボール(2011年)

 

監督:ベネット・ミラー
原作:マイケル・ルイス
音楽:マイケル・ダナ

出演:ビリー・ビーン/ブラッド・ピット
ピーター・ブランド/ジョナ・ヒル

※お薦めDVD『マネーボール』はこちら!

マネーボール [DVD]/ブラッド・ピット,ジョナ・ヒル,フィリップ・シーモア・ホフマン

¥2,980
Amazon.co.jp

———————————————
<魔法のレシピ>

■ 心を整理して、メンタルブロックを外そう!

■ 数字はウソをつかない!

■ 大切なのは本氣でそれを信じているかどうかだ!

———————————————

<さくらのB級グルメ>★★★★★ ★★

セブンイレブンの冷凍シリーズヾ(@^▽^@)ノ

「セブンプレミアム えだまめ塩味」100円を購入しました。

 

枝豆好きな友人が絶賛していたのでお試しに(。◕‿◕。)​ノ

 

手軽に茹で枝豆を購入できるので便利ですね。

レンジであたためてつまみとして食べられるのが嬉しいです。

 

柔らかい枝豆でビールにとてもよく合います。

是非、一度ご賞味ください!

※セブンの回し者ではありません(笑)

量も食べ切りサイズで丁度いいです☆*.。((〃’艸’〃))。.*☆

さらに冷凍食品なので保存にも便利で100円で買えるのも良いですね。

欠かせない1品になりそうですo(*’▽’*)/~☆゚’・​:*☆

日本の約5000万世帯のうち、一番多いのは、なんと一人暮らしで約1500万世帯になったそうですが、セブンのお惣菜や冷凍食品は一人暮らしに、ちょうど良い量とお値段ですね。

 

欲しいものが手軽に買えるセブンイレブンの業績が好調なのがよくわかります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください