常識や権威を疑ってみる! カンブリア宮殿『モクモク手づくりファーム』より

新しい農業の風はモクモクからやって来る/商業界

¥1,680
Amazon.co.jp

カンブリア宮殿 22012年4月26日 放送

毎年、「農業をやりたい!」という若者がモクモクファームにやってきます。

今ではパートもあわせて300人の雇用を生み出すまでになったモクモクファームには、毎年 全国から多くの若者が農業をしたいと押し寄せる。

視察団も年間400件以上もやって来るなど、ここは農業再生のモデルケースとしても注目をあびています。

 

◆ゲスト◆ 

伊賀の里 モクモク手づくりファーム社長
木村 修(きむら・おさむ)氏

伊賀の里 モクモク手づくりファーム専務
吉田 修(よしだ・おさむ)氏を観ました。

 

※『モクモク手づくりファーム』はこちら!
http://www.moku-moku.com/

■豊かさを創る質問■

・あなたは、常識や権威を疑ってみることはありますか?

・あなたは、あなたの事業を知ってもらう教育をつづけていますか?

・あなたは、支援してくれる人を組織化していますか?

※カンブリア宮殿はこちら!

http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/

__________________________

<卓越のレシピ>

常識や権威を疑ってみる!

__________________________

 

◆村上龍:モクモクファームには、若い人がけっこうくるのですね。
早稲田の法学部を出て農業というのは、今迄は考えられなかったですね?

木村 修氏:それは何故か?というと
今迄、モクモクは農業のカテゴリーをやぶってきたからでしょうね!

こんな農業だったら自分たちもやってみたい!
これなら自己実現ができるんじゃないか?と思うんですね。

村上龍:しかもお2人が今まで発信してきたことが、彼らに届いているということですね。

今迄、メッセージを出してきましたからね。

木村 修氏:ですから今はたくさん若い人たちがモクモクに研修でも来ているんですね。
地域おこしや農業をやるために来ているのですね。

そういうことが行われたら嬉しいですね。

 

◆村上龍:でも都会からロマンチックな雰囲気で来られても困りますよね!
そういう人がいない訳ではないですよね。

吉田 修氏:いますよ。

木村 修氏:でも、それでは飯が食えないですからね。
それはそれで慣れて、自分たちの違った技量で我々の役に立つ仕事をやってもらっています。

村上龍:団塊の世代の方たちのための農業の計画もあるのですよね?

木村 修氏:農学者のいうところの「農業的暮らしは豊かだ!」

ということで、遊休地でのライフスタイルも提案しています。

・「ゴルフクラブを鍬へ変えませんか?」

・「横のスイングは生産性がありませんが、
       縦のスイングは生産性がありますよ!」
というキャッチコピーで提案しています。

◆村上龍:『モクモク手づくりファーム』のような施設が、日本にどれくらいあれば、日本の農業が変わりますかね?

吉田 修氏:『食育』を、子供達に教育するための施設が100カ所くらいあると日本の農業が変わりますね。

地域毎に、美味しいとか、値段とか、違う指標をもたせていくのですね。

村上龍:それぞれの地域ごとの特色を出せばいいのですね。

木村 修氏:食べ物を、知れば知るほど地域は素晴らしい!という郷土愛につながってくるんですね。
直売所で地域を含めて、いろいろを広げていくのです。

吉田 修氏:そこで昨年から、日本一を競う『直売所、甲子園』をつくりました。350カ所の直売所で。

木村 修氏:TPPもきますが、最終的には日本の農業を支援してくれる人を自分たちが、どれだけ組織化できるかが勝負です。

吉田修氏:それしかないです。

木村修氏:同じ食べるなら地域のものを食べよう!ということです。

そこで「何ができるか!」というと、食べ物を知ってもらう教育なんです。

村上龍:TPPにたいしても、そういったことを考えたほうが合理的ですよね。

 

※『モクモク手づくりファーム』はこちら!
http://www.moku-moku.com/

新しい農業の風はモクモクからやって来る/商業界

¥1,680
Amazon.co.jp

◆マイクロソフトのエグゼクティブだったが、その地位をあっさりと捨てた、アメリカの非営利団体『ルーム・トゥ・リード』の創始者兼、最高責任者の、ジョンウッドはいいました。

自ら新しいルールを作れるのだと強く信じています。

立ち上げた当初は、悲観的なことしか言わない人が非常に多くいました。

多くの専門家は、私のアイデアがうまくいかないだろうと言いました。

でも批評家の意見など聞いてはいけません。

みなさんが感じている以上に、世界を変えることは出来るんです。

◆松下幸之助はいいました。

志を立てるのに、老いも若きもない。
そして志あるところ、老いも若きも道は必ず開けるのである。

志とは、自分の力を超えた存在に、自分という有限な存在を同化させていく作業なのである。

・司馬遼太郎はいいました。

人間には志というものがある。
この志の味が人生の味だ。

夢に日付を! ~夢実現の手帳術~/あさ出版

¥1,470
Amazon.co.jp

◆ワタミの創業者である渡邉美樹会長はいいました。

人間の持っている最大の力は「想像力」です。
なぜなら想像したものしか現実にならないからです。人の心の中には“宇宙”があるのです。

・アルバート・アインシュタインはいいました。

想像力は知識より重要である。

・スティーブン・R・コヴィー博士はいいました。

本来は目に見えないその人の可能性を直視すればするほど、記憶だけに縛られるのではなく、想像力を活かして生きることができるようになる。

・ゲーテはいいました。

私の言う想像力とは、実在しないものを空想するようなあやふやなものではない。

私の考える想像力とは、現実の基盤から遊離したものではなく、現実的な周知のものに照らして、物事を予想し、推測しようとする事なのだよ。
その場合、想像力は、この予想したものが可能であるかどうか、他の既知の法則と矛盾しないかどうかを吟味するだろう。

 

◆村上龍の編集後記◆

『想像力が権力を奪う!』

二人の「修さん」は、わたしと同世代だった。

収録では、同級生と久しぶりに会っているような、懐かしい気分になった。

全共闘世代よりは少し下で、闘争の渦中にいたわけではなく、すぐ近くで「目撃」した。

全共闘は挫折し、浅間山荘事件など、結末は悲惨だった。

だが、「常識や権威を疑ってみる。考え方やシステムは変えることができる」という重要な視点を残した。

二人の修さんは、東京の真似を拒み、政府に依存せず、地域の食材を充実させて自立を目指す。

そういった志と戦略だけが地域経済の活性化につながる。

※カンブリア宮殿はこちら!

http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/

新しい農業の風はモクモクからやって来る/商業界

¥1,680
Amazon.co.jp

_____________________________

<魔法のレシピ>

■ TPPがきても、最終的には日本の農業を支援してくれる人を、自分たちが、どれだけ組織化できるかが勝負である

■ 同じ食べるなら地域のものを食べよう!ということです。
そこで「何ができるか!」というと、食べ物を知ってもらう教育なんです

■ 食べ物を、知れば知るほど地域は素晴らしい!という郷土愛につながってくるんですね
直売所で地域を含めて、いろいろを広げていくのです!

______________________________

<さくらのB級グルメ>★★★★★ ★★★

大戸屋で「チキンかあさん煮定食」750円をいただきました。

 

「チキンかあさん煮定食」はチキンカツ、大根おろし、玉ネギ、卵などが煮込んであるとっても優しい味わいのお料理です。

久しぶりに大戸屋にいってみると・・・。

「チキンかあさん煮定食」が土鍋定食に替わっていて嬉しい驚きがありました。

 

熱々の土鍋のおかげで、とっても温かい状態で美味しく食べることが出来ますo(*^▽^*)o

※「チキンかあさん煮定食」はこちら!

http://www.youtube.com/watch?v=UBfrAvciaKg

チキンカツをスープに浸して大根おろしと一緒に食べるととても美味いです!

 

大戸屋では、ご飯も大盛りが無料で、五穀米への変更も可能です。

※大戸屋はこちら!
http://www.ootoya.com

ありがとうございます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください