学ぶとは、いかに自らが知らざるを学ぶこと『20代で始める夢設計図』熊谷正寿著より

成功 失敗をわける!『違い』は何でしょうか?

成功 失敗をわける卓越のレシピが書かれている

書籍『20代で始める夢設計図』熊谷 正寿著 大和書房

必ずスピード成功する5つの原則を読みました。

成功 失敗についてとてもわかりやすく書かれているので氣にいったら是非、お読みください。

※お奨め書籍
『20代で始める夢設計図』熊谷 正寿著はこちら!
20代で始める「夢設計図」-必ず“スピード成功”する5つの原則/大和書房

¥1,470
Amazon.co.jp

 

■豊かさを創る質問■

  • あなたは、自分の無知に氣づいていますか?

 

  • あなたは、自分の無知をカウントしていますか?

 

  • あなたは、無知を嘆くのではな「知らないから学びたいんだ!」という前向きな気持ちに転換することで、学習意欲を高めていますか?

__________________________

<成功 失敗 卓越のレシピ>

学ぶとは、いかに自らが知らざるを学ぶこと!

__________________________

◆ 「後継者育成セミナー」で学んだことの中でも、私にとって最も重要な学びとなったのは、『学ぶとは、いかに自らが知らざるを学ぶこと』という言葉でした。

セミナーでは、痛いほど自分の無知を思い知らされていたので、ことさら胸に響きました。

早速、この言葉を手帳に書きつけた私は、以来20年、今なおその文字を眺めては、学習意欲をかき立てています。

 

◆自分の無知をカウントする。

なぜ、自分の無知を知ることが重要かというと、何を勉強すればいいかがわかるからです。

自分が何を知らないのかを知っていなければ、誰が勉強なんてするものですか。

皆さんだって、例えば自分のホームページを立ち上げたいが、何の知識もないというような場合、自分にはどんな知識が足りないのかを検証しつつ、進んでホームページ作りに必要な勉強するでしょう?

 

◆それと同じで、私も経営者になりたい夢はもちろん、他の分野の目標全てを実現するために、自分にはどんな知識が不足しているかを知り、知らないことを知るために勉強しなければならないと痛感したのです。

私が勉強するぞ!と一念発起した当初、どれだけたくさんの無知を自覚したことか。

それを嘆くのではなく、知らないから学びたいんだ!という前向きな気持ちに転換することで、学習意欲を高めていったものです。

 

◆ソクラテスはいいました。

自分自身が無知であることを知っている人間は、自分自身が無知であることを知らない人間より賢い真の知への探求は、まず自分が無知であることを知ることから始まる

※お奨め書籍
『20代で始める夢設計図』熊谷 正寿著はこちら!

20代で始める「夢設計図」-必ず“スピード成功”する5つの原則/大和書房

¥1,470
Amazon.co.jp

_____________________________
<成功 失敗 魔法のレシピ>

■ なぜ、自分の無知を知ることが重要かというと、何を勉強すればいいかがわかるからです。

自分が何を知らないのかを知っていなければ、誰が勉強なんてするものですか。

 

■ 自分自身が無知であることを知っている人間は、自分自身が無知であることを知らない人間より賢い!

真の知への探求は、まず自分が無知であることを知ることから始まる

 

■「勉強するぞ!」と一念発起した当初、どれだけたくさんの無知を自覚したことか。

それを嘆くのではなく、「知らないから学びたいんだ!」という前向きな気持ちに転換することで、学習意欲を高めていったものです。

_____________________________

/////////////////////////
このブログ『豊田さくらのウエルシーシェフ』では、
メンターや書籍、映画などから学んだ『卓越のレシピ』を、
実際の実務で実践して、成果がでたものを掲載して読者の方に
ご紹介しております。
引用などで、もしご不快な方やご迷惑な方がおりましたら
お申し出いただければ記事を削除させていただきますので
宜しくお願いいたします。
//////////////////////////

SNSでもご購読できます。