天を相手に生きよう

竹田和平の強運学―日本一の投資家が明かす成功への7つの黄金則/田中 勝博

¥1,575
Amazon.co.jp

竹田和平さんは

「最近の世界同時暴落も、その本質は、デ・レバレッジにある。」といいます。

2009年12月時点で、米国の大手金融機関

ゴールドマン・サックスの資産が日本円で、約8兆円

ところが、420倍以上のレバレッジをかけていてデリバティブ残 約3360兆円

なんと!!単位は「兆」です・・・

日本国の2009年の税金の歳入が最終的には34兆円を切るだろうといわれ、歳出予算が92兆円を超える、そして1000兆円の負債はGDPの2.5倍に迫ります。

日本でも最近、国家破産だ!!預金封鎖だ!!と

騒ぎはじめましたがどうやら世界が一蓮托生のようですね。

オバマ大統領が金融規制をかけようとしても、大きすぎてつぶせないという意味がよくわかります。

ちなみに今年の米国にある銀行の破綻数は、昨年を越える圧倒的なペースで推移しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>

天を相手に生きよう

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆竹田和平さんは教えてくださいます。

ヘッジファンドが借金をして資産を膨らませれば、レバレッジ効果によって、値上がりによる利益は何倍にもなる。

ヘッジファンドは成果主義だから、報酬を受け取る側の人間は大儲けできる。

 

◆しかし一度、値下がりに転じると、アッと言う間に逆回転を始める。

これこそが、デ・レバレッジの恐怖なのです。

目論見が外れて資産の評価額が一方的に目減りしても、借金は減らないからです。

いわば他人の金を担保にして借金をし、儲けようとしたのがファンドなのです。

わずかの値下がりでも自己資本まで食いつぶす。

食い潰される資産は言うまでもないが投資家の資本です。

 

◆それでも、解約を求める投資家に現金を返さねばならないから現金化の為に、損を承知で手当たり次第に資産に資産を投売りすることになる。

その投売りによって、さらに資産価値は暴落してしまう。

竹田和平さんは『投資の5か条』を教えてくださいます。

■上がってよし、下がってよしの株価かな。

株価が上がれば単純に嬉しいけど、下がれば買い増しのチャンスですからそれもまた嬉しいのです。

■株でも投資でも、誰かの言うことを聞いて、たまたま成功してしまったら、それこそ大きな不幸なんです。次は必ず失敗するからです。

■株式投資というのは、根本的に言って、経営者という人間に投資する行為なのです。

■値上がりを期待して、株を買ってはいけません。

みんなが見放してしてしまって、値上がりしそうもないと思える株を買い支えてあげるんです。

■花が咲くまでに5年はまっても、かまわないと思って臨めば、思いがけない銘柄も見つけられるものです。

 『セオリー VOL6 お金の探求より』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<魔法のレシピ>

■ 竹田和平さんの生きかたから学ぼう  

■ 徳を貯めよう

■ 感謝の気持ちで生きよう

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<さくらのB級グルメ>★★★

新宿で餃子の専門店「老辺餃子舘」にいきました。

看板に「餃子の真髄ここに在り」とあり、興味津々で入ってしまいました(*^^)v

お店の中は活気があり、大賑わいでした\(^o^)/

ホタテの貝柱餃子と椎茸餃子・えび餃子を注文(^^♪

一口食べると、中からスープがあふれ出てきて、とっても美味しい~~♪

何もつけなくて十分な味で「餃子の真髄ここに在り」180年の歴史を持つ門外不出の秘伝の味と
言っているだけのことはあります!!

 

チャーハンも餃子の揚げた皮の上に盛り付けてあり、パリパリの皮とご飯がとてもいい組み合わせです。

ありがとうございました。

ペタしてね

 

 

     
  

SNSでもご購読できます。