変えるべきものと、変えてはいけないものを明確にしよう!

◆応援クリックしていただけると嬉しいです
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>
 ↓↓  ↓↓

人気ブログランキングへ

お陰さまで人氣ブログランキングで1位になりました。ありがとうございます。

成功する人間には、どんな共通項があるのでしょうか?

成功と失敗をわけるのは何でしょうか?

「年収1億円は夢じゃない。リアルな明日の君だ!!」という

書籍『君も年収1億円プレイヤーになれる』苫米地英人著を読みました。

図解でわかりやすく書かれているので、氣にいったら是非、お読みください。

※書籍『君も年収1億円プレイヤーになれる』苫米地英人著はこちら!

君も年収1億円プレーヤーになれる/宝島社

¥1,000
Amazon.co.jp

引き寄せの法則を活用する質問!

・あなたが、変えてはいけないものは、何ですか?

・あなたが、変えるべきものは、何ですか?

・あなたは、「学び」に投資していますか?

__________________________

引き寄せの法則の本質

<魔法のレシピ>

変えるべきものと、変えてはいけないものを明確にしよう!

__________________________

◆年収1億円は世界のお金持ちの中では最下層

皆さんは年収1億円プレーヤーと聞いてどう感じますか

「そういったお金持ちになれるのは、一握りの人間だけ。自分には到底無理だと思ってしまった人は、かなりやばいと思ってください。」

年収1億円ということは、すくなくとも月収1000万円稼げばいいということです。

 

◆それは、実はとても簡単なことです。

そんな簡単なこと自分には無理と思ってしまったということは、日本人のほとんどがだまされている『経済学の論理』に、あなたもすっかり毒されているということです。

年収1億円というと、日本では経団連の1部上場企業の社長でも、そんなにもらっている人はごくわずかでしょう。

そういうと、あたかも大変なお金持ちであるかのような錯覚をしてしまいますが、世界の富裕層から見たら年収1億円なんて最下層も最下層。

「自家用ジェットの年間の燃料代にもならない」と、バカにされてしまうでしょう。

そもそも、英語でrichといえばそれは不動産などの資産持ちのこと。

 

◆働いてお金を稼いでいるうちはまだまだ。

数十億、数百億という資産を運用し、一生働かなくても暮らしていけるような人を、初めてrich呼べるのです。

ただし、そのように厳密に定義していたら、日本にはお金持ちなどほとんどいなくなってしまいます。

そこで本書では、収入が常に支出を上回っていて、収支のバランスが取れており、その規模が大きい人のことをお金持ちと呼ぶことにしましょう。

 

◆これは信じなくてもかまいませんが・・・。

先日、マーケティングの勉強をしつづけている何人かの知人に会いました。

・一人は、最近出版して、アマゾンの総合ランキングで1位になっていました。

・別の3人は、独立して半年で、それぞれ別の事業で、売上5億円以上、営業利益で2億円以上を稼いでいました。

彼らの共通項が、3つあります。

 

◎第1に、自己責任100%で考え、行動し、「普遍の原則を中心に置き」、「変えるべき自分の価値観や戦略、戦術を変えつづけている」ことです。

 

◎第2に、インターネット・ビジネス、マーケティング、コミュニケーションの基礎があること

 

◎第3に、強運者から学び続けていること!

 

「学び」は、「消費」ではなく「投資」です。価値あるモノに投資してゆきましょう。

 

※書籍『君も年収1億円プレーヤーになれる』苫米地英人著はこちら!
君も年収1億円プレーヤーになれる/宝島社

¥1,000
Amazon.co.jp

_____________________________

引き寄せの法則の影響 <魔法のレシピ>

■ 自己責任100%で考え、行動しよう!!

■ 強運者から学び続けよう!

■ インターネット・ビジネス、マーケティング、コミュニケーションを
学びつづけよう!
_____________________________
★ もしよろしければ、ぜひクリックしていただけると助かります↓
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>
 

人気ブログランキングへ

/////////////////////////
このブログ『豊田さくらのウエルシーシェフ』では、
メンターや書籍、映画などから学んだ『卓越のレシピ』を、
実際の実務で実践して、成果がでたものを掲載して読者の方に
ご紹介しております。
引用などで、もしご不快な方やご迷惑な方がおりましたら
お申し出いただければ記事を削除させていただきますので
宜しくお願いいたします。
//////////////////////////

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*