動機が結果に現れる!【竹田和平さん 講演会 マスターマインド セミナー③】まる現

こんにちは!まる現の久家邦彦です。今日も1日元氣で顏晴ろう!

◎あなたの、動機は善ですか?

◆新しい事業を始める際に、もっとも重要なこと、それは自らに

「動機善なりや、私心なかりしか」と問うことだ。

動機が善であり、実行過程が善であれば、 結果を心配する必要はない。
       稲盛和夫会長

あなたは
・「もっと豊かになりたいなあ!」とか

・「幸せな億万長者になりたいなあ!」とか

・「もっと人に喜ばれたいなあ!」とか

・「もっと好きなことをして生きたいなあ!」とか

考えたことはありますか?

成功本や教材、セミナーに嵌っている時期がありました。

当時は成功の秘訣を追い求めて、日本国内だけでなく、オーストラリアや、シンガポールのセミナーにも参加しました。

成功本や教材、セミナーに嵌っている時期がありました。

当時は成功の秘訣を追い求めて、日本国内だけでなく、オーストラリアや、シンガポールのセミナーにも参加しました。

毎年参加していたアンソニー・ロビンズの教えに人間の行動を突き動かしている【人間の6つのニーズ】があります。

   ①安定感: 安定したいというニーズ

   ②不安定感:変化が欲しいというニーズ

   ③重要感: 価値ある存在でありたい、自分は特別でありたいというニーズ

   ④愛とつながり:愛されたい、誰かとつながりを持ちたいというニーズ

   ⑤ 成長:  成長したいというニーズ

   ⑥貢献:  貢献したいというニーズ

アンソニー・ロビンズは、人生の秘訣は、与えることである!

【貢献】と【成長】のニーズに集中することを教えてくれました。

 

■そして、あるとき心に響く言葉に出逢いました。

『小金は、努力でできるが、大金は天が与える。

大金を得たければ、天が大金を与えている人が、どのような人なのか見れば良い』

「そもそも私達は、なぜ、お金が欲しいのでしょうか?」

この言葉に出会ってから、本当に実績があり、豊かに幸せに健康に楽しく生きている方達に、直接、会いにいくようになりました。

その一人に、日本一の個人投資家である竹田和平さんがいます。

和平さんは、真心(まろ)を磨き、徳を積み、智恵を高めることを教えてくれました。

それは何故でしょうか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<強運のレシピ>

動機が結果に現れる!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆和平さんが直接、教えてくださった「一言」がとても印象に残っています。

和平さんは「花咲か爺さん」の物語を話してくれました。

・昔、昔、あるところで、正直爺さんが、ポチという犬をかわいがりながら、大切に飼っていました。

あるとき、その犬が、正直爺さんの家の庭で

「ここ掘れ、ワンワン」と吠えました。

正直爺さんがそこを、掘ってみると・・・

なんと大判小判などの宝物が、ざくざくと出てきました。

 

◆それを見ていた、隣の家の意地悪爺さん・・・。

ポチを自分の元に連れてきて

「宝物がどこにあるのか教えろ!」と、命令しました。

するとそのポチは・・・。

「ここ掘れ、ワンワン」と吠えました。

そこを意地悪爺さんが掘ってみると、うじやムカデや腐った生ごみがワンサカと出てきました。

 

◆これに怒った意地悪爺さん、正直爺さんが大切にしていたポチを殺してしまいました。

正直爺さんは可愛がっていたポチを殺されて、とても悲しみました。

丁寧にポチを葬り、庭に埋葬しました。

すると、どうしたことでしょう。

翌年の春に、そこから木の芽がでてきて、ぐんぐんと育っていきました。

 

◆正直爺さんは、亡き犬を偲んでその木から、お餅をつくための杵と臼をつくりました。

そしてできた杵と臼で、お餅をつきました。

すると、ついたお餅が

「大判、小判に、どんどん変わるではないですか・・・」

こうして正直爺さんはお金持ちになりました。

 

◆これを見ていた意地悪爺さん・・・。

大判、小判ほしさに、正直爺さんの杵と臼を勝手に持ち出して、餅をつきました。

すると、どうしたことでしょう。

ついた餅が、ゴキブリやダニや糞尿に変わりました。

これに腹をたてた意地悪爺さん、またまた懲りずに・・・

正直爺さんの大切な杵と臼を壊して、さらに燃やしてしまいました。

 

◆正直爺さんは、大切な犬の形見の杵と臼を燃やされてとても悲しみました。

そこで、その燃えカスとなった「灰」を集めてきました。

そしてその「灰」を枯れ木に蒔きました。

すると、どうしたことでしょう。

その「灰」をまいた枯れ木に「美しい花」がどんどん咲きました。

そこで正直爺さんは、廻りの家の人たちを喜ばすために

「枯れ木に花を咲かせましょう」

「枯れ木に花を咲かせましょう」

「枯れ木に花を咲かせましょう」

といって、他の家や道にある枯れ木に「灰」を蒔き、枯れ木に花を咲かせて、廻りの人たちを明るくして、喜ばれました。

それを見ていたお殿様は

「枯れ木に花を咲かせる正直爺さん」にとても喜んで「花咲か爺さん」として、豊かなご褒美を与えました。

 

◆これを見ていた意地悪爺さん・・・。

今度はご褒美欲しさに正直爺さんの「灰」を勝手に持ち出して、お殿様の前で「灰」を枯れ木にむかって蒔きました。

するとこの時、強い風で「灰」が飛び散りお殿様の目に入り、お殿様はたいそうお怒りになられました。

結局意地悪爺さんは、お殿様に捕らえられ牢屋に入れられてしまいました。

とさ。 

◆正直爺さんと、意地悪爺さんは、同じ行動をしていたのに、何故、こんなに違う結果になったのでしょうか?

答えは・・・『動機が違うからです。』

もちろん、事業の立ち上げの時期、つまりハードワーク期に、売上や収益をまったく考えずにボランティアをやっていたら、その事業はたちいかないでしょう。

ただし、ある程度、事業の土台があり、ここからさらに売上、利益を伸ばしていこうという時期、ブランディング期に入るときには、心を整理して真心(まろ)を磨き、徳を積むということがとても重要になるのですね。

 

◆歴代納税額が日本一の斎藤一人さんと、一番弟子の柴村恵美子さんは、書籍『百発百中』や愛弟子塾で、

【百発百中で自分の欲しいものを引き寄せる方法】として、「圧」を高めて「大我」を生きることを教えてくれています。

・「大我」とは、自分にも良くて、相手にも良くて、世間にも良くて、天からみても良いことです。

・「小我」とは、自分のことだけを考えたり、相手のことだけを考えることです。

「小我」から「大我」になるには、動機や目的を、4方良し(自分にも良くて、相手にも良くて、世間にも良くて、天からみても良いこと)に結びつけることです。

◆ジョンソン・エンド・ジョンソン(株)という世界的な大企業があります。

2009年までに、ジョンソン・エンド・ジョンソン(株)は
・76期連続増収
・25期連続増益
・47期連続増配
を実現し、長期的な企業価値を創造しています。

企業調査では
・米国フォーチュン誌による「最も称賛される企業」で5位。
・バローンズ誌による「最も尊敬されている企業」で1位。

ジョンソン・エンド・ジョンソン(株)が業績だけでなく、優良企業といわれている理由は「我が信条(Our Credo)」にあると感じます。

    「我が信条(Our Credo)」

 

◆我々の第一の責任は、我々の製品およびサービスを使用してくれる医師、看護師、患者、そして母親、父親をはじめとする、すべての顧客に対するものであると確信する。

顧客一人一人のニーズに応えるにあたり、我々の行なうすべての活動は質的に高い水準のものでなければならない。

適正な価格を維持するため、我々は常に製品原価を引き下げる努力をしなければならない。

顧客からの注文には、迅速、かつ正確に応えなければならない。

我々の取引先には、適正な利益をあげる機会を提供しなければならない。

 

◆我々の第二の責任は全社員 ――世界中で共に働く男性も女性もに対するものである。

社員一人一人は個人として尊重され、その尊厳と価値が認められなければならない。

社員は安心して仕事に従事できなければならない。

待遇は公正かつ適切でなければならず、働く環境は清潔で、整理整頓され、かつ安全でなければならない。

社員が家族に対する責任を十分果たすことができるよう、配慮しなければならない。

社員の提案、苦情が自由にできる環境でなければならない。

能力ある人々には、雇用、能力開発および昇進の機会が平等に与えられなければならない。

我々は有能な管理者を任命しなければならない。

そして、その行動は公正、かつ道義にかなったものでなければならない。

 

◆我々の第三の責任は、我々が生活し、働いている地域社会、更には全世界の共同社会に対するものである。

我々は良き市民として、有益な社会事業および福祉に貢献し、適切な租税を負担しなければならない。

我々は社会の発展、健康の増進、教育の改善に寄与する活動に参画しなければならない。

我々が使用する施設を常に良好な状態に保ち、環境と資源の保護に努めなければならない。

 

◆我々の第四の、そして最後の責任は、会社の株主に対するものである。

事業は健全な利益を生まなければならない。

我々は新しい考えを試みなければならない。

研究開発は継続され、革新的な企画は開発され、失敗は償わなければならない。

新しい設備を購入し、新しい施設を整備し、新しい製品を市場に導入しなければならない。

逆境の時に備えて蓄積を行なわなければならない。

これらすべての原則が実行されてはじめて、株主は正当な報酬を享受することができるものと確信する。

※ジョンソン・エンド・ジョンソン(株)の「我が信条(Our Credo)」はこちら!
http://www.jnj.co.jp/group/credo/index.html

 

◆日本でも世界でも【偉大な業績を残し続けている、豊かな事業や先人達】には、共通項(卓越のレシピ)がありますね。

※斎藤一人さんの教えは、『日本全国のまる漢の愛弟子塾』や書籍やインターネットで調べてみてくださいね。

きっとあなたや日本が元氣になることだと思います。

//////////////////////////////////////////////////////

【日本一の個人投資家 竹田和平さんの教え! 】
  第10回   【思考の力】

みるみる願いが叶う!脳と潜在意識の原則・実践会
【マスターマインド DVDワークショップ】

<講師>
◆竹田和平さん(100社以上の上場企業の大株主) 
◆久家邦彦 講師(日本現実化戦略研究所 代表、全日本感謝連盟会長)

◆受講費 5000円
※本氣の懇親会を開催します。(懇親会費は別途実費3000円位)
※竹田和平さんはDVDで映像での講演になりますのでご注意を!

【残席7名】
ご関心がある方は【グーグルプラス 久家邦彦】で検索してみてくださいね。

/////////////////////////////////////////////////////

【 こんな人におすすめ!】

・ 投資家として成功したい!
・ 経営者として、ミッション(理念)やビジョン(目標)を実現したい!
・ これからの時代をどうやって生きていいのか知りたい!
・ 自分がもっている力をもっと発揮したい!
・ 不安や悩み、嫉妬をエネルギーに転換したい!
・ 孤独を感じている!
・ 選択や決断に迷っている!
・ 学びを成果に結びつけたい!

【 こんなことが学べます!】

√ これから大きく時代が変わる理由とは!
√ これからは○○の時代!
√ 日本一の個人投資家が教えてくれた感情のコントロール!
√ セミリタイヤしたときに知らなかったこと!
√ ハードワーク期、ブランディング期、アチーブメント期のルールとは?
√ 間違いだらけの脳と潜在意識の活用法とは!
√ 意志の力より、○○は強し!
√ 真に役に立つ学問の本質とは!
√ 揺るがない信念をつくる秘訣とは!

 是非、ご参加お待ちしております。

あなたにお会いできるのを楽しみにしています。

※和平さんが教えてくれている【あること】をすることで、感謝の心、真心が強くなり、否定的感情が薄らぐことから、「不安や恐怖に負けない、強い心づくりを目指している方」「悩みや不安を解決したい方」「人生や経営の選択に迷っている方」などにも、オススメです。

竹田和平さんはDVDでの講演になります。

【残席7名】
ご関心がある方は【グーグルプラス 久家邦彦】で検索してみてくださいね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<強運のレシピ>

■小金は、努力でできるが、大金は天が与える

■大金を得たければ、天が大金を与えている人が、どのような人なのか見れば良い

■真心(まろ)を磨き、
徳を積み、智恵を高めていこう

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フェイスブックの記事をほぼ日刊で更新しています。

フェイスブックの友達申請は【ブログの読者】です。

ということで、メッセージをくださいね。

友達申請、フォロー大歓迎です。

【久家邦彦のフェイスブック】はこちらd(⌒o⌒)b♪
    ↓↓↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100007199144411

◆久家邦彦のプロフィール◆
20年間で、延べ71,070人以上の事業経営者、投資家、プロスポーツ選手、芸能人、会社員、主婦から学生まで、様々な夢や目標の実現と問題解決を支援する。

現在は『脳力革命で人を幸せに!』というミッションを軸に、企業・地方自治体・教育機関と幅広い対象に、多彩な研修や講演活動を展開!全国のクライアントや受講生から圧倒的な支持を得ている。

 『脳力革命で人を幸せに!』

あなたの夢や目標を現実化する!!
 日本現実化戦略研究所(まるげん)
   久家 邦彦

     
  

SNSでもご購読できます。