出会いが人生を変える! DVD『ハリーポッター 秘密の部屋』より

ハリー・ポッターと秘密の部屋 特別版 [DVD]/ワーナー・ホーム・ビデオ

¥3,129
Amazon.co.jp

デカルトはいいました。

『我、思うゆえに我あり』

心理学の世界でセルフイメージの大切さはわかっています。

例えば、セルフイメージが高い人

『私はもてるんだ。彼氏いないことなかったもん。』とか

『俺は、強運者なんだ』とか

こういう人は、時流にのってほんとうに彼氏ができて、成功していくのです。

逆に、セルフイメージが低い人は、真面目で良い人が多いのに

『私はいつも結婚できない』とか

『私には無理です』とか

過去の記憶に縛られて行動できなくなっているのです。

 

DVD『ハリーポッター 秘密の部屋』を観ました。

『ハリーポッター 秘密の部屋』セルフイメージの大切さがよくわかりますね。

※是非DVD『ハリーポッター 秘密の部屋』をお楽しみください。

※ウィキペディアはこちら!
ハリーポッターの作者「 J・K・ローリング」
http://ja.wikipedia.org/wiki/J・K・ローリング#cite_note-jkr-b-6

 

■豊かさを創る質問■

・あなたは、強運者に直接、合っていますか?

・あなたは、自尊心を高めていますか?

・あなたは、脳力を高めていますか?

__________________________
<卓越のレシピ>

出会いが人生を変える!

__________________________

◆夏休み、ハリー・ポッターは唯一の身寄りであるダーズリー家へ帰省していた。

初めての友人も出来て、夢のようだったホグワーツ魔法魔術学校での生活を中断されていたハリーのもとに、ドビーと名乗る屋敷しもべ妖精が現れる。

そしてドビーはハリーにホグワーツに戻ってはならないと警告する。

だがそれを拒否したハリーの前でドビーはケーキに浮遊術をかけ、ハリーの仕業と見せかけてマグルの前で魔法を使ってしまう。

その後ドビーは「姿くらまし」し、ハリーを学校に行かせないために退学にさせようとした。

 

◆その後ダーズリー一家の怒りに触れたハリーは部屋に閉じこめられたばかりか、規定に違反したとして魔法省から警告を受ける。

部屋に監禁されたハリーは、ロン・ウィーズリー、フレッド・ウィーズリー、ジョージ・ウィーズリー達に空飛ぶフォード・アングリアで救いだされて、ウィーズリー家へと向かった。

新学期の新しい教科書を買うために訪れたダイアゴン横丁で、ハリーはホグワーツの森番、ルビウス・ハグリッドや親友のハーマイオニーと再会する。

 

◆書店ではハンサムな魔法使いギルデロイ・ロックハートのサイン会が行われていて、有名であるハリーと彼は一緒に日刊予言者新聞の記者に写真を撮られ、教科書に指定されている彼の自伝7冊全てを贈られる。

その後、一行はスリザリン生のドラコ・マルフォイとその父親、ルシウス・マルフォイと出会い、ロンの父親のアーサーとルシウスは殴り合いの喧嘩になるがハグリッドに止められる。

新学期、キングズ・クロス駅の9と3/4番線へつながる柵を何故か通り抜けられなくて柵に激突したハリーとロンは、ホグワーツ特急に乗り遅れたためにアーサーが魔法をかけた空飛ぶフォード・アングリアでホグワーツへ向かった。

 

◆フォード・アングリアはホグワーツの敷地内にある暴れ柳に激突し、そのためにロンの杖は折れ、車は2人を降ろして禁じられた森へと走り去った。

途中でマグル(非魔法族)に空を飛んでいるところを見られたこともあり、退学処分を免れたが2人は罰則を受け、ロンは母親から吼えメールで散々叱られ、杖は折れたものをそのまま使用しなければいけなくなった。

ハロウィンの日に、管理人アーガス・フィルチの猫であるミセス・ノリスが石になる事件が起こる。

その後、マグル出身者の生徒が石にされる事件が立て続けに発生し、伝説と化していた「秘密の部屋」が「スリザリンの継承者」の手で開かれたのではないか、という疑惑がホグワーツ城内に広まる。

ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人は、ドラコ・マルフォイが「スリザリンの継承者」ではないかと考え、ポリジュース薬を使ってマルフォイから話を聞きだそうと計画する。

 

◆「秘密の部屋」の話題でもちきりになっていたある日、ロックハートの提案で「決闘クラブ」が開催される。

このクラブにて、ハリーが蛇語を話せることが明らかになる。

これを契機に、城内ではハリーが「継承者」ではないかという噂が広まる(サラザール・スリザリンは蛇語に長けていたことで有名だった)。

ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人はクリスマス休暇を利用してマルフォイに探りを入れたが、マルフォイが「継承者」ではないことが判明する。

クリスマス休暇が明けたある日、ハリーは3階の女子トイレで黒く古い日記帳を見つける。

その日記帳にはT・M・リドルの記憶が残されていて、その記憶を見たハリーは前回(50年前)の「秘密の部屋」事件の概要を知る。

しかし、後日何者かに日記を盗まれてしまう。

 

◆日記を盗まれてからしばらくして、ハーマイオニーと女子生徒が襲われる事件が発生し、前回の事件の容疑者だと言われているハグリッドがアズカバンに送られてしまう。

更にはアルバス・ダンブルドアが校長職を停職させられる事態になり、城内は更なる不安に駆られる。

ハグリッドが去り際に残した言葉を基に「禁じられた森」に向かったハリーとロンは、ハグリッドに育てられた大蜘蛛・アラゴグから話を聞く。

その話から、2人は知り合いである嘆きのマートルが前回の事件の犠牲者だったのではないかと推測、彼女から話を聞こうとする。

 

◆期末試験の3日前、2人は機会を得てマートルを訪ねようとしたがミネルバ・マクゴナガルに見つかってしまう。

しかしハリーが「ハーマイオニーを見舞おうとした」と機転を効かせたおかげで処罰を免れ、2人はハーマイオニーを見舞う。

見ると、石になっている彼女が小さな紙切れを握っている事に気付いた。

2人が取り出したくしゃくしゃになった紙切れを見てみると、そこには「スリザリンの怪物」の正体が記されていた。

これを見た2人は、今までの事実が全て整合性を持つことに気づき、寮監であるマクゴナガルに話そうと職員室へ向かう。

 

◆しかしまたもや事件が起こる。

内容はロンの妹であるジニー・ウィーズリーが「秘密の部屋」に攫われたので、翌朝、生徒を全員帰宅させるというものだった。

話を聞いたロンとハリーは愕然とする。

ハリーとロンは、ロックハートが教授達から「スリザリンの怪物」退治を任されていたことを思い出し、彼を訪ねて一緒に「秘密の部屋」へ連れて行くことにする。

マートルを訪ねた一行は彼女から死んだ時の話を聞き、「秘密の部屋」へ続くトンネルの入り口がマートルの棲む3階の女子トイレにあることを知り、「秘密の部屋」に乗り込んだ。途中、トンネル内部で戻りたいロックハートとの間で小競り合いになり、ロックハートが自身の記憶を無くす事態になる。

 

◆その際トンネルが崩れた為に、ハリーはロンとロックハートを残して1人で「秘密の部屋」へ向かった。

「秘密の部屋」で横たわっているジニーを見つけたハリーは、そこに16歳のT・M・リドルがいるのを見て驚く。

「リドルは50年前の生徒だったはずだ」

と驚くハリーに、リドルは

「これは50年前の記憶だよ。一連の事件は全て自分がジニーにやらせ、自分はジニーの魂で復活するのだ」

と明かす。

更にリドルは自らの正体が学生時代のヴォルデモート卿だと明かす。

自分の目の前にいるこの青年が将来大人になり、ハリーの両親や他の魔法使いを殺したのかと思い悩むハリーにリドルが容赦なく襲い掛かり、スリザリンの怪物にハリーを始末させようとする。

 

◆窮地に陥ったハリーのところへダンブルドアのペットである不死鳥のフォークスが飛んできてハリーに「組分け帽子」を渡し、ハリーを手助けする。

ハリーは帽子から剣を取り出して怪物を倒し、その牙を使ってリドルを消滅させた。

その後、今回の「秘密の部屋」事件は全てルシウス・マルフォイの陰謀であったことがハリーに暴かれ、ルシウスは学校の理事をクビになる。

ドビーはハリーの手によってマルフォイ家から「解放」され、自由な屋敷しもべ妖精となる。

ロックハートはホグワーツ城を去らねばならなくなったが、ジャスティンやハーマイオニーをはじめ石にされた生徒達もみな元に戻り、ホグワーツに再び平和が戻った。

 

◆セルフイメージが低いドビーは、「ドビーのバカ、ドビーのバカ」と自分を罵り、自分で自分を痛みつけます。

そんなドビーを、ハリーは丁寧に対等に接します。

最終的にハリーの手によって、靴下をもらうことでドビーはマルフォイ家から「解放」され、自由な屋敷しもべ妖精となります。

人生は誰と出会うかで大きく変わりますね。

※お薦めDVD『ハリーポッター 秘密の部屋』

ハリー・ポッターと秘密の部屋 特別版 [DVD]/ワーナー・ホーム・ビデオ

¥3,129
Amazon.co.jp

_____________________________
<魔法のレシピ>

■ 自尊心レベルを上げよう!

■ 脳力レベルを上げよう!

■ あなたが思うのがあなた自身である!
__________________________

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*