価値あることを思考しよう!【思考は現実化する 起業 転職 投資 成功 脳 セミナー】

◎あなたは、思考をコントロールしていますか?

◆思考をコントロールできなければ、行いをコントロールすることは出来ない。
      アンドリュー・カーネギー

○富の本質とは、どんなものなのでしょうか? 

『富の福音』を読みました。

鉄鋼王のアンドリュー・カーネギーは、今から約100年前に、築いた富の大部分を、カーネギー・ホールや、カーネギー・メロン大学、2811ヶ所以上の図書館の寄付にあてていました。

マイクロソフト社の創業者で会長であるビル・ゲイツ氏は「Aカーネギー」を研究しており、書籍『富の福音』も読んでいる

という記事が雑誌プレジデント(1999年)に紹介されたことがありました。

ビル・ゲイツ氏は「ビルアンドメリンダ・ゲイツ財団」を設立してエイズやマラリアなどの難病撲滅や教育に、約11兆円もの寄付をしています。

※おすすめ書籍『富の福音』はこちら!

富の福音/きこ書房

¥1,575
Amazon.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<強運のレシピ>

価値あることを思考しよう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆2006年06月著名な投資家であるウォーレン・バフェット氏が

374億ドルの資産のうち、85%にあたる約3兆円(310億ドル)を

「ビルアンドメリンダ・ゲイツ財団」

に寄付をおこなうと発表しました。

ウォーレン・バフェット氏は、

「自分よりも、ビル・ゲイツ氏の方が慈善事業がうまいので彼に寄付をした。」

と述べました。

 

◆ 世界一の富豪ランキングの常連であるビル・ゲイツ氏やウォーレン・バフェット氏のこれらの行為は、100年前のAカーネギーの考え方と行動と同じですね。

興味深いことは、彼らが、お金持ちになったから寄付をしたのではなく。

お金がない時代から寄付をしていたということです。

キリスト教に「10分の1の寄付」という考え方があります。

これは収入の10分の1を寄付するということで、元をたどると『旧約聖書』にこの教えがあります。

「マラキ書」に「収穫の10分の1をその源となる神に返しなさい、そうすれば、大いなる祝福を受けることを約束しよう」と書いてあります。

キリスト教国である欧米では、この教えを実践している事業家は少なくありません。

これを「成功の秘訣」の1つとしてあげる人もいます。

 

◆ビル・ゲイツ夫妻は、2006年12月1日に夫妻の死後50年以内に

「ビルアンドメリンダ・ゲイツ財団」

の資産を使い切って活動を終えると発表しまた。

この財団の存続期間を限定したその理由をビル・ゲイツ氏は

「我々が取り組んでいる問題を、今世紀中にめざましく進展させるため」

と説明しています。

◆お金を稼ぐことにメンタルブロックがある方は、真に価値あることに、収入の1部を寄付してみると、面白いことがおきるかもしれません。もちろん自己責任ですが・・・。(笑)

■Aカーネギーの足跡■

  • 1835年、スコットランドに生まれる。
  • 1848年に移民として、一家とアメリカに渡るが、父親が事業に失敗。
  • 13歳のときからペンシルベニア州にある木綿工場で、週給1ドル20セントの糸巻き少年として働きはじめる。
  • 将来を見通し、戦後、鉄橋をつくる会社を創設。
    この事業は大いに成功
  • 1899年にはアメリカの鉄鋼生産の約25%を支配する。
  • 1901年に66歳で引退。

 

■Aカーネギーの慈善事業■

『金持ちのまま死ぬのは恥である』という言葉を残し、さまざまな分野で巨額の寄付を行う。

カーネギー・メロン大学、カーネギー・ホール。世界に2811箇所の図書館も作る。

・Aカーネギーは1919年、83年間に及ぶ生涯に幕を閉じた。

※おすすめ書籍『富の福音』はこちら!

富の福音/きこ書房

¥1,575
Amazon.co.jp

【心のゴミをエネルギーに転換する!】

20歳の時まで焼き芋屋をしていた。

その後、色々な仕事をしながら夢を追い続けた。

人は、誰でも挫折をする。大切なのはそこからだ!

私たちがこの世に命を授かった時に、すでに与えられている最大の財産!

自分の思考をコントロールする力!

自分の思考を言葉、感情、行動の順に掌握し、支配し、コントロールして

夢や目標の実現に向けてより賢く動かしていこう!

心に情熱を!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<強運のレシピ>

■富豪が助けるべき人たちは、熱心に自分自身を助ける努力をしている人である!

■裕福な人はその富を浪費するよりも、社会がより豊かになる為に使うべきだ!

■富をもって死ぬのは、真に不名誉である!
     アンドリュー・カーネギー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

追伸:大戸屋で鶏の竜田揚げ!たっぷり野菜のネギ塩定食をいただきました。

大戸屋は女性が人でひれる定食屋さんをコンセプトにしているだけあり、雰囲気もよく、味も拘りがあり大好きです。

至福の時間をありがとうございます。

■【40代以上、起業、転職、就職、投資!転換期をむかえた働く方のために!】

豊かで卓越した日本の偉大なリーダーから直接教えていただいた、【日本人のための成功法則】を
南部恵治さんと【開運塾】でお伝えしています。

累計100万部を突破した、井上裕之先生の講演や対談も予定していますので。

どうぞお楽しみに!

【開運塾】にご関心がある方は、久家邦彦のフェイスブックに友達申請してみてくださいね。

【久家邦彦のフェイスブック】はこちらd(⌒o⌒)b♪
    ↓↓↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100007199144411

◆久家邦彦のプロフィール◆
焼き芋屋をしていたが、春になると仕事がなくなる。

「手に職をつけよう!」と一流ホテルに、バーテンダーとして入社したとき。

そこで驚愕な事実に氣づく!

一流ホテルで10年以上の経験を積んだ超一流のプロバーテンダーが、カクテルコンペティションで日本一の賞を取ったカクテルがありました。

この日本一のカクテルも、それをつくる【レシピ】を学べば、なんと!30分たらずで同じ味がつくれたのです。

しかも・・・何度でも同じカクテルが再現できる世界だったのです。

この後、【一流ホテルに来られるリッチでセレブなお客様と、自分は何が違うのか?】に興味をもちます。

そこで「もしかしたら、人生もカクテルと同じでレシピがあるのではないか?」と考え始め、人生を成功に導く【卓越のレシピ】を探す旅に出掛けます。

ホテルから独立後、4つの事業を立ち上げ365日、毎日14時間働くような生活が続き、身も心もカスカスになります。

一時は公園のベンチで一人将来が不安で悩んでいたこともありました。

そのとき【卓越のレシピ】の重要性を思いだします。

そして営業の世界でそれぞれ日本一になったスパースターのセールスマン3人に会いにゆきます。

そこで学んだ【営業の卓越のレシピ】を活用することでその後、当時、業界で世界最大の売上をあげた企業の対面セールスで年間をとおして1番の実績をあげる。

さらに低迷していた事業部のMGRとして、年商30億円の事業部を築きセールスとMGRで合計17回の日本一の実績を上げ100億円企業の役員となる。

一流一番から学び!一番になり!人を一流一番にする!

20年間で、延べ71,070人以上の事業経営者、投資家、プロスポーツ選手、芸能人、会社員、主婦から学生まで、様々な夢や目標の現実化と問題解決を支援する。

現在は『脳力革命で人を幸せに!』というミッションを軸に、企業・地方自治体・教育機関と幅広い対象に、多彩な研修や講演活動を展開!全国のクライアントや受講生から圧倒的な支持を得ている。

夢や目標を10倍豊かに現実化する!強運のレシピ!

日本現実化戦略研究所(まるげん)

『脳力革命で人を幸せに!』     

 久家 邦彦

SNSでもご購読できます。