代償の法則を活用しよう!【まる現 夢や目標を10倍豊かに現実化する17の成功法則】

こんにちは!まる現の久家邦彦です。今日も1日元氣で顏晴ろう!

◎あなたは、人が喜ぶことをしていますか?

◆人生にはバランスの法則があります。これは代償の法則といわれるものです。

人生においては自分が与えた分が、必ず自分に返ってくるということです。

○30年以上前のお話ですが・・・実際にあった話です。

いつも

「100万円が、落ちてないかなあ?」

「100万円が、落ちてないかなあ?」

というのが口癖の若者がおりました。

この若者の口癖は、どうなったと思われますか?

あるとき彼は、電話BOXで本当に100万円が入っているお財布を拾いました。

——————————————-
<強運のレシピ>

代償の法則を活用しよう!

——————————————-

◆もちろん警察に届けるべきお金です。

ところが・・・。

この若者は、警察に届けるべきこのお財布の100万円を、自分の飲み食いや賭け事に、すべて使い果たしてしまいました。

その後、彼は賭け事にはまり、消費者金融や友人から500万円以上の借金をするようになりました。

それを見かねた彼の親は彼の借金を返してしまいました。

 

◆その時、

親に『ごめん悪かった。もう2度としない!』と話していた彼はどうなったでしょうか?

それから2年後・・・。

なんと!

彼は、再び賭け事で500万円以上の借金をつくっていたのでした。

今度は、親だけでなく友人や知人からの借金も返せなくなり、信用まで失ってしまいました。

 

◆彼は、最初に拾った100万円というお金を手にしました。

警察に届けるべきこの100万円を、自分の遊びや飲み食いに使ってしまっいました。

たまたま、偶然100万円を拾ったために・・・。

代償を、先に払うことをしないで「楽(ラク)して稼ぐこと」ばかりを考えるようになりました。

 

◆もちろん、いつもお金が落ちているはずがありません。

「100万円が、落ちてないかなあ?」

「100万円が、落ちてないかなあ?」

その後、彼がどんなに繰り替えし唱えても、2度と100万円が落ちていることはありませんでした。

彼は、自ら代償を先に払うことをしなかったために、それが習慣になってしまいお金や人からの信用だけでなく、自分自身への信頼まで失ってしまったのです。

このお話から、大きな教訓が学べます。

 

◆「口癖が、夢を実現する???」

『違います。』(笑)

もちろん自分が使う言葉を、明るい言葉や前向きな言葉にすることはとても大切です。

言葉を繰り返すと、それが思考習慣となり、それが行動になるからです。

ただ、もっと重要なことです!

 

◆それは『与えたものが、得るものである!』ということです。

この世の中は、どんなに学んでも『行動を変えなければ、結果は変わりません。』

これは世の中の『道理』です。

手品にタネがあるように、この世の中には、道理があります。

ぞれが「代償の法則」です。

 

◆人間関係でも、仕事でも、始めは面白くないことがあるかもしれません。

ところが・・・。

毎日、目の前の人や、仕事に全力投球していると、だんだんと人間関係がよくなったり、仕事が楽しくなったり、毎日がより充実してきたことはありませんか?

 

◆ビジネスパースンには三つのタイプがああります。

①報酬に見合った仕事をする人

②報酬以下の仕事しかしない人

③報酬以上のプラスアルファの仕事をする人。

顧客や上司、相手の立場で考えれば、どのタイプが出世して成功していくかは、すぐにわかります。

 

◆報酬以上の仕事をする人間は、誰からでも、どこの会社でも、求められています。

顧客や上司、相手の立場で考えれば、より質の高い高度な仕事を、より大量に、より積極的にこなす人に報酬や地位が与えられる場合が殆どです。

さらに報酬以上の仕事をする習慣があると、ビジネスの成功や昇進、昇給といった物理的な充足のみならず、達成感や充実感といった精神的な充足を得ることができるのです。

こうして、報酬以上の仕事をする習慣がある人は、当初に約束された以上のものを手にすることになるのです。

 

◆報酬に見合った、求められるぶんだけ仕事をする人と、そこにたとえわずかでもプラスアルファを加えようと心掛ける人。

この「ほんの小さな差」が『普通の人』と『特別な人』に二人を分けるのです。

『報酬以上の仕事をするプラスαの習慣をもった特別な人』は「普通の人」に比べて、新たな人脈を獲得したり、将来につながるような大きなチャンスに巡り合えたりする確率が飛躍的に高くなります。

 

◆ほんの小さなプラスアルファを加えることで、相手が受ける心象に大きなインパクトを与えることがあります。

それは明るい笑顔かもしれないし、思いやりや優しさから出る、さり気ない一言かもしれなません。

ここでのポイントは「見返りを期待しない」奉仕の心なのです。

 

◆もしあなたが強い腕を欲しければ・・・。

腕を鍛えることです。

逆に腕を身体に縛りつけ、腕に楽(らく)させていたら、そのうちその腕は「なまり」最後には使い物にならなくなるでしょう。

・もしあなたがお客様を得たければ・・・。

まずはお客様が望むことや、お客様の問題を真に理解して、そのお客様が望んでいることや問題の解決に対し、より質の高い商品やサービスを、より大量に、より積極的、奉仕的に見返りを求めず提供しつづけることで、お客様に貢献することです。

この原則を、ナポレオン・ヒル博士は【プラスαの前進】と名づけました。

◆日本一高い富士山の頂上で、風呂桶の上にたち、さらにプラスα高いところにたってきました(笑)氣分爽快ですね。

足下をご覧ください。

変な人ですねo(*^▽^*)o~♪

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<強運のレシピ>

■「代償の法則」の本質と、その影響を理解し、効果敵に活用しよう!

■ より質の高いサービスを、より大量に、より積極的に与えつづけよう!

■ 良いことをすれば良いことが起こる、悪いことをすれば悪いことが起こる!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

追伸:エレベーターを使わず、階段を歩いて登る習慣をつけています。

最初は5階の階段を登るのも、息切れして、千と千尋の神隠しにでてくる、荒れ地の魔女のようになっていました(笑)

ところが・・・

最近では12階のビルの階段を上るのも、一段、また一段と足を出して腹力をつけていくのが楽しくなってきました。

何より、やり遂げる爽快感はたまりませんね。

追伸:日本一の個人投資家や事業家、大商人、格闘技の世界チャンピオン、世界一のコーチやセミナー講師、マーケッター、営業から直接学び実践で成果がでた【みるみる願いが叶う!脳と潜在意識の原則の活用法】を【強運のレシピ】にまとめました。

いつの時代も変わらない【脳と潜在意識の原則】を、最短で成果を創れるかたちでお伝えして参りますので、どうぞお楽しみに!

 『脳力革命で人を幸せに!』

あなたの夢や目標を現実化する!!
 日本現実化戦略研究所(まるげん)
   久家 邦彦

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*