今の世の中は2極化している!  漫画『美味しんぼ』107巻より

美味しんぼ 107 (ビッグ コミックス)/雁屋 哲

¥580
Amazon.co.jp

漫画『美味しんぼ』107巻を読みました。

偉大なる名人名店 第2話 寿司金
$さくらの「ウェルシーシェフ」

■豊かさを創る質問■

・あなたは、世の中の大きな流れを理解していますか?

・あなたは、料理好きな人が、本物を求め、本物を使うことをご存知ですか?

・あなたは、名人の本物の技に触れていますか?そして誇りをもって、その魅力を伝えていますか?

$さくらの「ウェルシーシェフ」

_______________________________

<魔法のレシピ>

今の世の中は2極化している

_______________________________

$さくらの「ウェルシーシェフ」

ここからは漫画『美味しんぼ』107巻偉大なる名人名店 第2話 寿司金、のあらすじになります。

※ネタバレがありますが、より深く内容を理解したい方にはお薦めかもしれません。

$さくらの「ウェルシーシェフ」

◆山岡は、ひょんなことから川津包丁製作所の川津健作に出会います。

川津は嘆きます。

「最近の若い人は、研がなければならない和包丁を避けて、ステンレスの包丁や、なかには100円ショップで
包丁を買う人もいる。

このままでは廃業するか、転職をしなければならないかもしれない。」

$さくらの「ウェルシーシェフ」

◆山岡は、川津を自宅にに招きインターネット上の「レシピ投稿サイト」を川津に見せていいます。

今の世の中は2極化している。

$さくらの「ウェルシーシェフ」

レシピ投稿サイトなに投稿するくらい『料理を創るのが大好きな人』と『料理を作らない人』に分かれているのです。
$さくらの「ウェルシーシェフ」

『レシピ投稿サイトに投稿するような料理が大好きな人』

つまり、河津さんのお客様はこんなにいるということだ!

$さくらの「ウェルシーシェフ」

◆そして『料理好きな人』は本物を求める、料理器具も本物を求めるこういう人が、『和包丁の真価を知れば、必ず使うよ!』

だから川津さんは「ネットで和包丁の真価がわかるような映像をアップロードすればいいのです。」

『それも名人の技がわかるようなものを!』

$さくらの「ウェルシーシェフ」

山岡にこういわれて、河津さんは「自分が、世の中の大きな流れが見えてなかったこと」に氣づきます。

$さくらの「ウェルシーシェフ」

◆山岡は川津を包丁名人である秋山弘さんのいる寿司金につれていく

$さくらの「ウェルシーシェフ」

親方の秋山さんは、包丁で薄いイカを3枚、4枚、5枚とおろして寿司を握る。

川津は、和包丁でセロハンのよに薄くイカを切るその名人の技をみて、自分が販売していた和包丁にこんなことができるとは!と驚きます。

$さくらの「ウェルシーシェフ」

◆さらに秋山さんがつかっている、タコ引き、の先が柳刃包丁のように尖っているのをみて川津さんがききます。

それは、先が尖っているので、タコ引き、はないはずですが!

秋山さんがいいます。

「38年研いできたので、手になじんでとても使いやすくなってきました。
$さくらの「ウェルシーシェフ」

開いた活イカを切るには、刃が薄くて長い、タコ引きでなくてはダメです。」
$さくらの「ウェルシーシェフ」

◆河津さんは、寿司金の秋山さんが、タコ引きを38年間研いで、自分に合う和包丁をつくってきたのを、目の当たりにして自分がこんなに凄い和包丁の世界にいたことに氣づき、仕事に誇りを取り戻します。

$さくらの「ウェルシーシェフ」

川津さんはいいます。
「自分は、こんなに魅力的な、和包丁をつかってくれる人を増やす努力を怠っていました。

和包丁を、日本の料理好きな人に広めるのは私の義務です。心機一転、和包丁の魅力を伝えます。」
$さくらの「ウェルシーシェフ」

河津さんは、偉大なる名人の技にふれることで自信を取り戻しました。

$さくらの「ウェルシーシェフ」

◆お薦め漫画『美味しんぼ』107巻はこちら

美味しんぼ 107 (ビッグ コミックス)/雁屋 哲

¥580
Amazon.co.jp

_______________________________

<魔法のレシピ>

■ 料理好きな人は、本物を求める!

■ 料理好きな人は、本物の真価を知れば、必ず使う!

■ 名人の本物の技に触れることで誇りをもとう!

_______________________________

<さくらのB級グルメ> ★★★★★ ★★★

東京の立ち飲み屋さんの頂点NO.1といわれる北千住の割烹くずし『徳多和良』にいきました。

$さくらの「ウェルシーシェフ」

『割烹くずし』という看板からは割烹料理で供されるレベルの極上品が、小さなお皿に盛られ、立ち飲み価格で食べられます。

$さくらの「ウェルシーシェフ」

しかも殆どのお料理が¥315これも、割烹くずし『徳多和良』の人氣の理由です。

・赤貝       新鮮でコリコリです
$さくらの「ウェルシーシェフ」

・いわしの有馬煮  美味しく煮込んだいわし、骨までいただけます

$さくらの「ウェルシーシェフ」

・ふぐの唐揚げ   揚げたての白身がプリプリしていて美味しい

$さくらの「ウェルシーシェフ」

・あじなめろう   なめろうの味付けが素晴らしい!

$さくらの「ウェルシーシェフ」

・天然ひらめ刺   新鮮な天然ひらめでした( •ॢ◡-ॢ)-♡
$さくらの「ウェルシーシェフ」

・あん肝      しっかり仕事がしてある、あん肝が最高!

これが全部¥315
$さくらの「ウェルシーシェフ」

・帆立しんじょ揚げ (420円)揚げたてのしんじょに帆立の旨みが嬉しいです。
$さくらの「ウェルシーシェフ」

ドリンクもほとんどのメニューが315円で、生ビールも同じ値段ですが、サイズは小です。

割烹くずし『徳多和良』は、お酒をとお食事を楽しまれるBグラーにおすすめです。

$さくらの「ウェルシーシェフ」

※割烹くずし『徳多和良』はこちら
http://r.tabelog.com/tokyo/A1324/A132402/13008682/

有難うございます。

追伸:楽しい仕事をするのと、楽しく仕事をすることは違います。

美味しいものを食べることと、美味しく食べることも違います。

『美味しく食べて、楽しく仕事をする( •ॢ◡-ॢ)-♡』

『さくらのB級グルメ』では、美味しくいただいたお料理やお店をご紹介することを使命と考えています。✲゚。.(✿╹◡╹)ノ☆.。₀:*゚

最後までおよみいただき有難うございます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*