人生は雪だるま


最近、様々な方から「やりたいことが、よくわからない」とか「本やセミナーやメンターなどから、学んだことがうまく行動できない。」
というお話しをお聞きします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<魔法のレシピ>

毎日の行動の積み重ねが、人生を切り開く

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

やりたいことがないときや、行動したくないときに思い出すお話しで「わらしべ長者」という、昔話しがあります。

◆昔、ある一人の貧乏人がいました。
ある日、その男は「この後、初めに触ったものを、大事に持って旅に出ろ」と観音様からお告げをもらいました。
祈った後、男が歩くとすぐに石につまずいて転んでしまい偶然1本のわらしべ(ワラ)をつかみました。

◆わらしべを手に持って歩いていると、飛び回っているアブがわらしべの先に止まりました。
男はアブをわらしべの先に結び付けました。
さらに歩くと、大泣きをしている男の子がいました。
男の子はアブが結び付けられたわらしべを見て面白がり、欲しいと言ってきました。
男は観音様のお告げを信じ、わらしべを譲ろうとしませんでしたが、男の子の母親が「ミカンと交換しましょう」と申し出てきたので男はわらしべとミカンを交換しました。

◆さらに歩くと、のどが渇いている人がいました。
その人は男が持っているミカンを欲しがり、持っていた布と交換を持ちかけてきました。
男はミカンと布を交換しました。

◆さらに歩くと、倒れている馬とその傍に侍がいました。侍は急いでいるため、馬を見捨てなければならなくなりました。
侍は家来に馬の始末を命じ、先を急ぎました。
男は侍の家来に布と馬の交換を迫ります。
家来は承諾し、布を受け取ると侍の後を追っていきました。
男は川から水をくんできて、馬に飲ませました。倒れていた馬は回復し、立ち上がりました。
男は馬に乗りながら進んでいきました。

◆さらに進んでいくと、大きな屋敷が見えました。
屋敷の中に声をかけると、中から主人が出てきました。
主人はちょうど旅に出かけようとしており、男に屋敷の留守を頼み、代わりに馬を借りたいと言ってきました。
主人は3年以内に自分が帰ってこなかったら、この屋敷は男のものだと言いました。
男は承諾し、主人は馬に乗って旅に出ました。
3年待っても5年待っても主人が旅から帰ってくることはありませんでした。
男は屋敷に住みながら、裕福に暮らしていきました。

◆目的地までのすべての信号が「青色」に変わるまでまっていたら殆ど永遠に前へは進めません。
まずは、一歩を踏み出して、目の前の人に役立とう

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>

■原因と結果は繋がっている

■あなたの最初の一歩が、人生を大きく変革する

■相手がして欲しいことを、喜んで提供し続けよう

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<さくらのB級ぐるめ>◆金の蔵◆

昨日は、浜松町にある『金の蔵』というお店に行きました。
その店は、なんと!全品270円!!

ドリンクも料理もデザートまでも・・・(^^♪
料理もとても美味しく、店員さんも感じが良くてあまりの嬉しさに、すっごく飲んでしまいました・・・(^^ゞ
店員さんにお勧めを聞いたら「オムキャベ」が美味しいとの事でまたまた追加(*^^)v

オムレツの中身がキャベツでこれもとっても美味しかったです!!
さくらの大好きな東京タワーの夜景に見送られながら帰りました。

最高の1日でした。お店はこちら ↓
http://www.sankofoods.com/shop/kinjr/kinjr_shop27.html

人気ブログランキングへ

     
  

SNSでもご購読できます。