人との絆がりを大切にする! DVD『サマーウオーズ』より

サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]/バップ

¥5,040
Amazon.co.jp

映画『サマーウオーズ』を観ました。

 

■豊かさを創る質問■

・あなたは、人との絆を大切にしていますか?

・あなたは、”何か起きた時” 落ち着いて対処していますか?

・あなたは、しっかりと働いていますか?

 

———————————————
<魔法のレシピ>

人との絆がりを大切にする!

———————————————

 

ここからは映画『サマーウオーズ』のあらすじになります。

ネタバレがありますが、より深く内容を理解したい方にはお薦めかもしれません。

 

◆世界中の人々が集うインターネット上の仮想世界OZ(オズ)。

ユーザーはパソコン、携帯電話、テレビなどから自分のアバターを使い、ショッピングやゲームだけでなく、現実の納税や行政手続きなどの様々なサービスを利用できる。

OZの管理権限や個人情報などは、世界一安全と言われるセキュリティによって守られていた。

ある日、高校2年生の小磯健二は、憧れの先輩篠原夏希から一緒に夏希の実家に行くという「バイト」に誘われる。

 

◆実家には夏希の曽祖母陣内栄の90歳の誕生日を祝うために、26人の親族が一堂に集まり、健二はひょんなことから栄のために「夏希の婚約者のふり」をすることになった。

その夜、健二の携帯電話に「数字の羅列」が書かれた謎のメールが送られてくる。

数学が得意な健二は、それを何かの問題だと思って解いてしまう。

しかし、それはOZの管理権限の暗号パスであった。

翌日、OZは謎の人工知能ラブマシーンに乗っ取られ、現実世界にも大きな混乱を引き起こしてしまう。

角川つばさ文庫版 サマーウォーズ/角川書店(角川グループパブリッシング)

¥588
Amazon.co.jp

◆映画『サマーウオーズ』の会話が心に響きました。

「勝ちそうだから戦う!とか負けそうだから戦わない!とか、そんなんじゃない!」

子供:「馬鹿な家族!」

「そう、私たちはその子孫!」

 

◆栄ばあちゃん:「この花札に私が勝ったら、夏希を頼むよ!」

健二:「僕は自信がもてません!」

栄ばあちゃん:「あんたなら、できるよ!」

健二:「やってみます!」

栄ばあちゃん:「私の勝ち!」

◆栄ばあちゃんが、危機で教え子を励ます言葉!

何千、何万という人が困っているんだい!

今、やらないで、いつやるんだい!

諦めないことが肝心だよ!

あんたならできる!

あんたならできる!

できるって!

いいかい!身内がしでかした間違いは、身内でカタをつけるよ!

◆『栄おばあちゃんの遺言』

家族へ

“何か起きた時に”  
まぁまずは落ち着きなさい。

人間、落ち着きが肝心だよ

葬式は身内だけでさっさと終わらせて後はいつも通りに過ごすこと!

財産は何も残してはしないけど、古くからの知り合いの皆さんがきっと力になってくれるだろうから心配はいらないよ。

これからもみんなしっかりと働いてください!

それともし侘助(わびすけ)が帰ってきたら10年前に出て行ったきり、いつ帰ってくるかわからないけど、もし帰ってくることがあったらきっとお腹をすかせていることだろうからうちの畑の野菜や葡萄や梨を思いっきり食べさせてあげてください。

初めてあの子に会った日のことを、よーく覚えている耳の形がじいちゃんそっくりで驚いたもんだ

朝顔畑の中を歩きながら

「今日からうちの子になるんだよ」

って言ったらあの子は何も言わなかったけど手だけは離さなかった

あの子をうちの子にできる、私の嬉しい気持ちが伝わったんだろうよ

家族同士、手を離さぬように! 人生に負けないように!

もし辛いときや苦しいときがあっても、いつもと変わらず家族みんなそろってご飯を食べること

一番いけないことは、お腹がすいていることと一人でいることだから!

私はあんたたちがいたおかげで、大変しあわせでしたありがとう。じゃあね

※侘助は陣内栄の養子

 

■キャスト■
◆小磯 健二(こいそ けんじ)声: 神木隆之介

本作の主人公。17歳。

東京都内にある久遠寺高校に通う高校2年生。

物理部に所属している。

引っ込み思案で内気な性格だが、数学が得意で、その力は国際数学オリンピックの日本代表を狙うほど。
 

惜しくも日本代表にはなれなかったが、数学に関する解析能力は抜群。

ラブマシーンから送られてきた暗号を解いたことでアカウントを乗っ取られ、OZ混乱の犯人という濡れ衣を着せられたことから事件解決に乗り出す。

◆篠原 夏希(しのはら なつき)声: 桜庭ななみ

本作のヒロイン。

7月19日生まれ。18歳。

久遠寺高校の3年生。

剣道部に所属しており、校内のアイドル的存在。

一緒に実家に行くという「バイト」に健二を誘い、婚約者のふりをしてもらった。侘助に恋心を抱いていた。

一族のことを心から愛しており、未成年の中では最年長であることから他の子供の面倒をみたり年長者の手伝いをしたりする。
 

コンピューター音痴ながら天性の勝負強さをもっており、3度目の一族とラブマシーンとの対決のキーパーソンになった。

明るくノリが良い性格。

・佐久間 敬(さくま たかし)声: 横川貴大

17歳。健二の同級生。

健二と同じく物理部に所属している。

健二と共にOZの保守点検のバイトをしており、ラブマシーンとの対決では主に情報収集で健二らをサポートした。

◆陣内 栄(じんのうち さかえ)声: 富司純子

8月1日生まれ。89歳。

夏希の曽祖母。戦国時代から続く陣内家の16代目当主。

元教師で、教え子には政治家、官僚、地方の実力者なども多く、政財界に幅広い人脈を持つ。

カリスマ性においては作中に比類なく、一族はもとより国を動かせるだけの影響力をもち、OZの騒動の際に事態の鎮静化に大きく貢献することとなる。

人と人とのつながりの大切さを家族に説き、作品における陣内家団結の重要なキーパーソン。

嘘が発覚した後でも健二に夏希を託す。

武家の血を引く家系ゆえか古武術に長けており、薙刀を振りかざすなど老いを感じさせないが、狭心症の持病を持つ。

◆陣内 侘助(じんのうち わびすけ)声: 斎藤歩

41歳。入り婿だった陣内徳衛の隠し子。

幼少時に陣内家に引き取られ、栄の養子となった。

夏希・佳主馬の祖父達と年の離れた弟で四男ではあるが、栄の孫と同世代に入る。

一族の資産を持ち逃げしたまま10年間行方知れずだったが、栄の誕生日を祝うために親族が集まる中、突然帰ってきた。

風来坊だが、天才的な頭脳の持ち主。

アメリカでセキュアプログラミングのブロックとクラック、さらに人工知能の研究をしており、自動クラックAIプログラム「ラブマシーン」を開発した。

口と態度、過去の行状から一族からは嫌われているが、育ての親である栄を内心慕っており、同様に慕ってくる夏希には優しく接する。

◆『ラブマシーン』

侘助が開発した人工知能プログラム。

学習力に特化した面を持つAIプログラムだが、テストを行った米軍が任意の場所でプログラムを展開した為にシステムの歯止めが利かなくなり、世界規模のパニックを引き起こした。

黒幕として扱われているが、『ラブマシーン』単体としては意図的な罪は無い。

キングカズマとの戦いの中で周囲のアバターを取り込んでからは仁王のような姿となるほか、姿を変化させている。

◆第一子 長男家

・陣内 万蔵(じんのうち まんぞう)故人。

栄の長男で、夏希の祖父。劇中には登場しない。

・篠原 雪子(しのはら ゆきこ)声: 谷川清美47歳。

夏希の母で、万蔵の長女。陣内家から篠原家に嫁いだ。

・篠原 和雄(しのはら かずお)声: 佐々木睦

55歳。夏希の父。東京都で水道局員をしている。

◆第二子 長女家
・陣内 万理子(じんのうち まりこ)声: 信澤三惠子71歳。

栄の長女。専業主婦。

お盆や正月などの親族が集まる時には女性陣を取り仕切る。

また栄に次ぐ年長者として、一族のことを取り仕切ることも多い。

作中では小磯健二に当初、栄と勘違いされた。

・陣内 理香(じんのうち りか)声: 玉川紗己子42歳。

万理子の長女。上田市役所に勤務している。独身。

・陣内 理一(じんのうち りいち)声: 桐本琢也41歳。

万理子の長男。

陸上自衛隊に所属し、東京の市ヶ谷駐屯地に勤務しているが、自身の仕事については多くを語らない。

飄々とした物腰の柔らかい男性だが、仕事柄かラブマシーンによる混乱をいち早く危機として認識し、ラブマシーンとの2度目の対決を自衛隊の機材を松本駐屯地より持ち出してサポートする。

◆第三子 次男家

陣内 万助(じんのうち まんすけ)声: 永井一郎70歳。

栄の次男で、佳主馬の祖父。

新潟漁港で水産業を経営をしている。

自らも船を出す現役漁師で、少林寺拳法の心得もある肉体派。

行動力においては一族でも屈指の存在であり、ラブマシーンとの2度目の対決においては、不足する電力を補うために発電機を備えた漁船を新潟港から運ばせ、また自身もアバターをラブマシーンに突撃させた。

・陣内 太助(じんのうち たすけ)声: 小林隆45歳。

万助の長男。陣内電気店の店主。

店舗規模は不明ながら大学などと取引をしている。

父の万助ほどのパワフルさはないが、血の熱さは受け継いでおり、ラブマシーンとの2度目の対決において一般ではありえないほどの機材を持ち出だした、2度目の対戦の立役者。

・陣内 翔太(じんのうち しょうた)声: 清水優21歳。

太助の長男。

軽薄な出で立ちだが警察官をしている。

夏希を小さい頃から見てきたため、突然夏希の婚約者として現れた健二のことを快く思っておらず、健二に対して手厳しい。白いRX-7に乗っている。

・三輪 直美(みわ なおみ)声: 山像かおり42歳。

万助の長女。気の強い派手なバツイチ美人。

・池沢 聖美(いけざわ きよみ)声: 田村たがめ39歳。

万助の次女で、佳主馬の母。

名古屋市内で介護福祉士として働く。

女児(佳主馬の妹)を妊娠している。

・池沢 佳主馬(いけざわ かずま)声: 谷村美月13歳。

夏希の又従兄弟の中学1年生。

OZでは格闘ゲームの世界的チャンピオンとしてスポンサーがつくほどで、長身のウサギ型アバター「キング・カズマ」を操る。

OZ経由で少林寺拳法を教えてくれた祖父の万助を「師匠」と呼ぶ。

劇中においては、成り行きで初期から健二に協力しており、その後も暗号を解いた健二に感嘆の念を抱き事件解決に協力する。

◆第四子
・三男家 陣内 万作(じんのうち まんさく)声: 中村正

68歳。栄の三男。内科医をしており、栄の体調管理も行っている。

・陣内 頼彦(じんのうち よりひこ)声: 田中要次

45歳。万作の長男。

松本市の消防署に勤務し、救急救命士として救急車に乗務している。

2度目の対戦においては携帯端末からサポートを行っている。

・陣内 典子(じんのうち のりこ)声: 金沢映子

37歳。頼彦の妻。やんちゃな息子たちに手を焼いている。

・陣内 真緒(じんのうち まお)声: 諸星すみれ

9歳。頼彦の長女。

・陣内 真悟(じんのうち しんご)声: 今井悠貴

6歳。頼彦の長男。従兄弟の祐平と仲よし。

・陣内 邦彦(じんのうち くにひこ)声: 中村橋弥

42歳。万作の次男。

諏訪市の消防署に勤務し、消防士長として消防車に乗務している。

2度目の対戦においては携帯端末からサポートを行っている。

・陣内 奈々(じんのうち なな)

声: 高久ちぐさ 32歳。邦彦の妻。

・陣内 加奈(じんのうち かな)声: 皆川陽菜乃

2歳。邦彦の長女。

・陣内 克彦(じんのうち かつひこ)声: 板倉光隆

40歳。万作の三男。

上田市の消防署に勤務するレスキュー隊員。

3人兄弟の中で最初に結婚した。

2度目の対戦においては携帯端末からサポートを行っている。

・陣内 由美(じんのうち ゆみ)声: 仲里依紗

38歳。克彦の妻。

長男の了平の高校野球の結果を気にして一喜一憂している。

・陣内 了平(じんのうち りょうへい)声: 安達直人

17歳。克彦の長男。上田高校野球部のエース投手。

・陣内 祐平(じんのうち ゆうへい)声: 太田力斗

7歳。克彦の次男。従兄弟の真悟と仲よし。

・陣内 恭平(じんのうち きょうへい)0歳。克彦の三男。

クライシス・オブ・OZの登場人物

・池沢 佳主馬
中学一年生。

いじめを克服するために祖父から少林寺拳法を習い、そのスキルを活かし今ではOMCの世界チャンピオンにまで登り詰める。

戦う理由が無いにも関わらず戦い続けることに疑問を持っている。

GW中いきつけのネットカフェからOMC大会に参加していたが会場で真紀のアバターに出会い偶然ネットカフェ内で真紀の部屋のとなりであった為現実でも出会うことになる。

身長が140cmを超えていないことを気にしている。

 

※お薦めDVD『サマーウオーズ』はこちら!

サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]/バップ

¥5,040
Amazon.co.jp

———————————————
<魔法のレシピ>

■ ”何か起きた時に”  
まぁまずは落ち着きなさい。人間、落ち着きが肝心だよ!

■ 財産は何も残してはしないけど、古くからの知り合いの皆さんがきっと力になってくれるだろうから心配はいらないよ。
「これからもみんなしっかりと働いてください!」

■ 家族同士、手を離さぬように! 人生に負けないように!
もし辛いときや苦しいときがあっても、いつもと変わらず家族みんなそろってご飯を食べること!

私はあんたたちがいたおかげで、大変しあわせでした

ありがとう。

 『栄おばあちゃんの遺言』より
———————————————

<さくらのB級グルメ>★★★★★ ★★

吉野家で「焼き味 ねぎ塩豚丼」390円をいただきました。

 

吉野家の従来の商品はすべてしょうゆ味がベースでしたが、初めて塩味の商品を作ったそうです。

 

食べてみるとさっぱりした塩味が豚肉によくあうので食がすすみますねW

 

厳選したあら塩、まろやかで風味ゆたかな五穀酢と、 みじん切りにした玉ねぎなどをふんだんに使用し、絶妙なバランスで仕上げた!ということです。

 

夏場の塩味は、さっぱりしているのでとくに美味しく感じますね。

※吉野屋はこちら!

http://www.yoshinoya.com/

ありがとうございます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*