京都の『清水寺』の溝より!【大人のための!まる現 脳と潜在意識の17の成功法則】

こんにちは!まる現の、久家邦彦です。今日も1日元氣で顏晴ろう!

◎あなたは、仕事をやり遂げていますか?

◆自分のしていることが正しいと信ずるなら、何ものにも自分の仕事を妨げさせてはならない。

世界の最大の事業の多くは、一見不可能に見える仕事の障害を克服することによって成し遂げられた。

要は仕事を成し遂げることだ。
       デール・カーネギー

○目標を設定しても、達成しない時期がありました。

心の奥底で無意識(意識下)に『目標に対して否定的な態度をとっていた!』からです。

それでは・・・。

なぜ、自分が『目標』にたいして意識下(潜在意識)で『否定的な態度をとっている!』とわかるのでしょうか?

毎日の自分自身の行動を日誌に記録して、観察すればわかります。

 

◆目標について「肯定的な行動・態度」をとっていれば、それが仕事であれ、趣味であれ、人間関係であれ、ジョイントベンチャーであれ、その目標の達成に必要なことを探し求めて所有しようとします。

目標に対して『否定的な行動・態度をとっていれば、無意識に目標を避けようとします。』

例えば、それが仕事や勉強の目標なら、お酒を遅くまで飲んだり、決めた課題を先延ばしにしたり、なかには、熱がでたり、体調がおかしくなって仕事や学校に行かなくてもよい言い訳をつくりだします。

 

◆ある時、京都の『清水寺』に参拝したときに、面白いお話しをお聴きしました。

清水寺の側面には、人の腰の高さあたりに細長く深い「溝」がありその「溝」は、清水寺の廻りに一周刻み込まれています。

清水寺で、実際にその「溝」を手でなぞってみました。

——————————————-
<強運のレシピ>

信念を身につけ奇跡を起こそう!

——————————————-

◆清水寺の側面にある、

この「溝」は、何でしょうか?

「昔、盲人のかたが目が見えるように祈願して、清水寺の本堂を手で撫でながら千回、廻られました。

すると・・・奇跡的に目が見えるようになった。」

そこでその噂を聞いた大勢の盲人の方が、同じように清水寺の廻りを、撫でながら、千回ぐるぐる廻って目が見えるように祈願したそうです。

清水寺の周りにある「溝」は、その時の盲人の方たちが、手で撫でた跡なのです。

清水寺の舞台を支える、堅牢な木材でも、何回も何回も繰り返し、繰り返し、人が手で撫でているうちに少しづつへこんでいき、「溝」となったのです。

◆歴代納税額が1位の大商人で、豊かな魂の大師匠である斎藤一人さんの教えで「奇跡の起こし方」というお話を、お聞きしたことがあります。

夏になると道路のアスファルトを突き破り、草が生えているよね。

あれは「奇跡」だよね。

もし草をアスファルトに力で押しつけたら、アスファルトを突き破るどころか、青汁になっちゃうよ。

では、なぜ、道路のアスファルトを突き破り、草が生えているかというとね。

 

◆草は、今できる最高の力で、最大の時間をかけて、ジワーと押し続けたからなんだよ。

頭のいい人は、頭で考えるよね。

頭で、「何気圧で押したら・・・。とか考えると、出来ない!」となるの。

ところが草は、そんなこと・・・考えない。

草は「できない」などとは考えない。

 

◆草は、今できる最高の力で、最大の時間をかけてジワーっと押しただけなんだよ。

だから、人が「自分はついている」「できる」と信じて今できる最大の力で、最大の時間をかけてジワーッとやり続けると「奇跡」が起きるんだよ。

 

◆私たちの、現在の「言葉・行動・態度」は、目標にたいして前向きでしょうか?

それとも私たちの「言葉・行動・態度」は、すぐに目標とは関係ない行動や出来事に氣持ちを向けていることに氣づくでしょうか?

一説によると私たちの「言葉・行動・態度」は、95%以上が無意識!!つまり意識下(潜在意識)で行われているといいます。

 

◆意識下(潜在意識)は、肯定的な思考と、否定的な思考を区別することが出来ません。

もし私たちが、恐怖や疑惑や他人へのひけめに惑わされていると、自分でも気づかないうちにマイナスの深層自己説得、つまり自己暗示が働き、私たちの一生はつまらなモノになってしまうでしょう。

逆に、私たちが、自分自身の「言葉・行動・態度」を意識して前向きにコントロールすることで、潜在意識(意識下)は私たちを、幸せにすることができるのです。

その秘訣は、言葉から始めることです。

◆『一念、岩をも通す』と言う言葉がありますが、それでは奇跡を起こす『信念』とは、そもそも何でしょうか?

・エイブラハム・リンカーンはいいました。
もし私が私に寄せられたすべての攻撃文を読むくらいなら、まして返事を出すくらいなら、この事務所を閉鎖して、何かほかの仕事を始めたほうがましだ。

私は私が知っている最良を、私がなしうる最善を実行している。

それを最後までやり続ける決心だ。

そして最後の結果が良ければ、私に浴びせられた非難などは問題ではない。

もし最後の結果が良くなければ、十人の天使が私を弁護してくれたところで、何の役にも立ちはしない。

 

・曹洞宗の創始者である道元禅師はいいました。

「切に思うことは必ず遂ぐるなり、切に思う 心深ければ必ず方便も出てくるべし」

『信念とは思考が行動を支配した状態である。
言い換えると、機会がきたらすぐに行動している状態である。』
         田中孝顕

やり遂げる信念を築いてゆきましょう。

——————————————-
<強運のレシピ>

■一念、岩をも通す!
自分に力を与える肯定的な信念をもとう!

■深層自己説得を活用することで、やり遂げる信念を築いてゆこう!

■「自分はついている」「できる」と信じて、今できる最大の力で、最大の時間をかけてジワーッとやり続け、奇跡を起こそう!
——————————————-

追伸:毎日、日誌を書いています。

人から『メモ魔』と言われますが・・・。

毎日の課題を書いて、行動を仕分けするだけでなく。

その日の出逢いや、氣づきを書き溜めていくと、自分の行動と、思考の成長がわかるので楽しいですね。

日誌を20年以上つづけていますが、紙ベースで、しかも手書きで書いてきたので、天井に届くくらいの量になっています。(笑)

この膨大なファイルをまとめて読み返す時期が来るのが楽しみです。

『脳力革命で人を幸せに!』

あなたの夢や目標を現実化する!    
日本現実化戦略研究所(まる現)
  代表 久家 邦彦

     
  

SNSでもご購読できます。