事業の定義を明確にしよう! 書籍『100円のコーラを1000円で売る方法』より

$701強運のレシピ!

 こんにちは! 久家邦彦です。

「衰退する事業」と「継続的に成長する事業」をわける違いは、どこにあるのでしょうか?

一時は、花形と言われていた時代もあるのに衰退する事業と、逆に、継続的に成長している事業があります。

これは事業だけでなく、もちろん個人や家族にもあてはまります。

書籍『100円のコーラを1000円で売る方法』

永井孝尚著 中径出版を読みました!

物語形式で展開される、日本企業が抱える課題

「高品質・多機能。でも低収益」から脱却する内容に引き込まれました。

書籍『100円のコーラを1000円で売る方法』永井孝尚著!お勧めです。

100円のコーラを1000円で売る方法/中経出版

¥1,470
Amazon.co.jp

_________________________

<強運のレシピ>

事業の定義を明確にしよう!

_________________________

$701強運のレシピ!

◆与田:「アメリカの鉄道が衰退したその原因は、鉄道会社自身の考え方にありました。

彼らは自分たちの事業を『輸送事業』ではなく『鉄道事業』と考えていたんです。」

だから、自分たちのお客さんがバスを使っても『うちは輸送会社だから関係ない』と思ってしまったんです。」

$701強運のレシピ!

◆与田:「宮前さん、ウチの事業は、お客さんの役に立つ会計ソフトを開発して提供すること」だっておっしゃっていましたね?」

にらみ返す久美の視線を軽く受け流しながら与田はいった。

「アメリカの鉄道会社も、宮前さんのように

『ウチの事業はお客さんの役に立つ鉄道サービスを提供すること』だと考えたのです。

だから自分たちの顧客がバスや飛行機を使うようになっても、それは自分たちの問題じゃないと考えた。

その結果、鉄道会社は衰退していったのです。」

$701強運のレシピ!

◆久美:「それって、あくまで一つのケースで、例外中の例外だと思います。

それに、そんな難しいことを言わなくても、お客様が本当に望んでいる会計ソフトをつくっていれば、お客さんは買ってくれるに決まっているんじゃないですか?」

与田:「宮前さん。あなたは、お客さんがなぜ会計ソフトを使うのか、考えたことがありますか?」

思いもかけない与田の質問に久美は一瞬たじろいだ。

久美:「それは会計業務があるからです。」

 

◆与田:「相変わらずつまらない答えですね。

じゃあ、なんで会計業務があるんですか? 

決算があるからだとすれば決算がなければ会計業務は不要なんでしょうか?

あと、その会計業務って、会計ソフトじゃないと解決できないのでしょうか?」

矢継ぎ早の質問に、さすがの久美も言葉に詰まった。

久美:「なんなのよ。じゃあ、うちの事業は何だって言うんですか?」

与田:「まあ、私なりの答えはあります。

でも、今言うのはやめておきましょう。

ここにいる皆さんが、自分の頭で考える宿題にしたいと思います。」

$701強運のレシピ!

◆マネジメントの父といわれる、Pドラッカーはいいました。

『企業の目的としての事業が十分に検討されていないことが、企業の挫折や失敗の最大の原因である。

逆に、成功を収めている企業の成功は「われわれの事業は何か?」を問い、その問いに対する答えを考え、明確にすることによってもたらされている。』

$701強運のレシピ!

◆書籍『はじける知恵』の著者である松田哲夫氏はいいます。

お金でいうなら「知識は貯金」で「知恵はその使いようだ!」貯金は大切です。

それと同じか、それ以上に目的のためにお金を効果敵に活用する。このお金の使い方が大切ですね。

「知識」を「知恵」に変えてゆきましょう!!

$701強運のレシピ!

※書籍『100円のコーラを1000円で売る方法』永井孝尚著で

新人商品プランナー・宮前久美が挑んだのは

「APPLEにできて、日本企業にできない壁」だった!

書籍『100円のコーラを1000円で売る方法』永井孝尚著!お勧めです。

100円のコーラを1000円で売る方法/中経出版

¥1,470
Amazon.co.jp

_________________________

<強運のレシピ>

■我思う、ゆえに我あり!
         ルネ・デカルト

■企業の目的としての事業が十分に検討されていないことが、企業の挫折や失敗の最大の原因である!

■「企業の使命」は
「どんな人たちの、どんな欲求を満足させていく企業になるのか?」という問いに答えることで定義できる

・「企業の事業内容」は
その「使命」を「どうやって実現していくのか?」という問いに答えることで、定義される!
_________________________

$701強運のレシピ!

追伸:母が、美味しいお刺身が食べたい!ということで、ご近所の居酒屋にゆきました。

お刺身の盛り合わせをウーロン茶を飲みながら美味しそうに食べている母を見ていると幸せな氣分になりますね。

あまりに楽しそうなので『お母さんの子供で生まれて良かったよ。』というと・・・。

母は少し固まった後。

『ありがとう・・・。私も自分のお母さんに、その言葉を言ってあげたかったよ!』と呟きました。

その後、しんみりとサバの一夜干しを熱燗でいただきました。

脂がのっていて美味しかったです。

秋っていいですね。

落ち着いた空間をありがとうございます。

日本人に生まれたことに感謝しています。

$701強運のレシピ!

追伸の追伸:フェースブックの『マーフィーの法則実践会』を井上裕之先生と主宰しております。

潜在意識(意識下)の具体的な活用法にご関心がある方は、フェースブックの『マーフィーの法則実践会』に『いいね』をしてお読みくださいね。出愛に感謝です。

    『脳力革命で人を幸せに!』
       久家 邦彦

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*