与えたものが得るものである! プラスαの魔法より

$701強運のレシピ!

おはようございます。久家邦彦です。今日も1日元氣で顏晴ろう!

◎あなたは、今日、何を与えますか?

 

◆人の価値とは、その人が得たものではなく、その人が与えたもので測られる。
     アルベルト・アインシュタイン

○延べ71,070人以上の企業経営者の顧問や企業研修、ワークショップ、カウンセリングを担当してきて「成果を10倍出す人」と「成果が出ない人」といつも向き合ってきました。

そこで氣づくことは・・・

『与えたものが、得るものである!』ということです。

ナポレオン・ヒル博士は書籍『思考は現実化する』で、この世に『代償のない利益はない』ことを書いています。

しかもその代償は先払いなのです。

・「成果を10倍出す人」は、プラスαの代償の先払いをやっています。

・「成果が出ない人」は、プラスαの代償を先に払わない傾向があります。

本来、人は誰でも、豊かで幸福で健康に、思いどおりの人生をおくりたいと思います。

けれどもただ夢想するだけでは、その願いは決してかなうことはないのです。

願望やゴール、目標を実現するためには、当然のことながら“行動”を起こさなければなりません。

$701強運のレシピ!

100年以上も前にスコットランドからアメリカに移民した当時、お金も学歴もなかった状態から世界一の鉄鋼王となり、偉大な社会事業を成し遂げたアンドリューカーネギーから直接、教えられた願望実現6か条について、ナポレオン・ヒル博士は書籍『思考は現実化する』に著しています。

 

1.願望をはっきりさせること!
あなたが何を実現したいのか、願望を明確にする。
「お金がたくさん欲しい」「どこかに旅行に行きたい」などと、あやふやな願望設定では意味がない。

2.何を差し出すのかを決めること!
実現したい願望を得る代わりに、何を差し出すのかを決める。
それは「時間」かもしれないし「お金」かもしれない。
この世に代償を必要としない報酬などない。

3.最終期限を決めること!
願望を実現させる最終期限を決める。
「いつか」できればいいというような期限がない目標など達成することはできない。

4.詳細な計画を立てること!
どのようにして実現させるのか。
その方法をできるだけ詳細に計画を立てる。
そしてまだ準備ができていなくても、迷わずすぐに行動に移る。

5.紙に詳しく書くこと!
実現したい具体的願望、そのために差し出す代償、最終期限、詳細な計画を紙に詳しく書く。
頭の中だけではなく、目に見える形にする。

6.一日ニ回、大きな声で読むこと!
紙に書いたこの宣言を、起床直後と就寝直前の一日ニ回、なるべく大きな声で読む。
このとき、すでに願望が実現したものと自分に信じこませることが大切である。

 

◆この『願望実現6か条』の2番目にある代償とは?

「何を差し出したら」良いのでしょうか・・・?

書籍『月収1万倍の仕事術』の著者で、伝説の営業マン!

営業を育てるエキスパートで、卓越した事業家でもある大坪勇二さんの講演をお聴きしたことがあります。

手取り1655円が1850万円になった営業マンが明かす月収1万倍仕事術/ダイヤモンド社

¥価格不明
Amazon.co.jp

———————————————
<強運のレシピ>

与えたものが得るものである!

———————————————-

$701強運のレシピ!

◆大坪さんは「マーケティング」や「営業」には、型があることを教えてくれます。

まだスキルが低く、さらに価値の提供が少ない多くの新人営業がやりがちなのが、飛び込みや、テレアポ営業などの「プッシュ型スパムタイプ」です。

このスタイルはモチベーションが高いときはよいのですが、続けるのは厳しいかもしれません。

なぜなら、多くの営業が飛び込みや、テレアポ営業が続かずに磨り減って辞めていくからです。

 

◆営業として、見込み客や顧客に価値の提供ができるようになると、紹介営業、DM営業、メルマガ営業、御用聞き営業など「プッシュ型バリュータイプ」になります。

ただの売る人、売られる人という関係から、相手に価値の提供ができるようになります。

そのためには、まず以下のことを明確にすることが役に立ちます。

・自分自身や会社の『強み』は何か?

・自分自身や会社は『誰の』役に立っているのか?

・世の中の流れに『どこが合って』いるのか?

・他の人や他の会社と『何処で差別化できる』のか?

・顧客にとって『どんな価値がある』のか?

 

◆大坪さんは、さらに「プル型バリュータイプ」を教えてくれます。

この型は、書籍の出版をしたり、講演、音声、映像、セミナー、勉強会などを提供します。

価値をより効果的に提供する専門家になることです。

つまりある分野で、教える人、教えられる人という関係をつくることで、より主導権をもって提案ができるようになるのです。

価値を提供しつづけることを先行して、積み上げることで結果的に「よりラクに売れ続ける」仕組みができます。

 

◆ナポレオン・ヒル博士の成功の17原則に『プラスαの前進』という原則があります。

プラスアルファの前進とは、本当の強さや豊かさを求めて“ 1 マイル余分に進む” ということです。

言い換えれば、“あなたにもたらされるサービス以上の、より良いサービスを相手に与える”ということです。

やはり成功の秘訣は『与えること!』なのですね。

大坪勇二さんの書籍『月収1万倍の仕事術』お勧めです。

手取り1655円が1850万円になった営業マンが明かす月収1万倍仕事術/ダイヤモンド社

¥価格不明
Amazon.co.jp

$701強運のレシピ!

———————————————
<強運のレシピ>

■ より質の高い価値を、より大量に、より積極的に提供しつづけよう!

■ 目的をもった仕組みはやる氣を補完する!売れ続ける仕組みをつくろう!

■ 『願望実現6か条を実践』しプラスαを提供しよう!
———————————————-

$701強運のレシピ!

追伸:日本の秋は美しいですね。

上野公園から多摩へと紅葉狩りにゆきました。

o(*^▽^*)o~♪

$701強運のレシピ!

『脳力革命で人を幸せに!』
   久家 邦彦

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*