ビジネスで失敗する人の10の法則

ビジネスで失敗する人の10の法則/ドナルド R キーオ

¥1,680

コカコーラ元社長のドナルド・R・キーオ著

『ビジネスで失敗する人の10の法則』を読みました。

ドナルド・R・キーオは20年以上前コカコーラ社の社長だったころ大規模な講演で「成功の秘訣」について話すように求められ断ったことがあります。

「成功を保証できる法則や、段階式な方法は編み出せていない。

とくにビジネスのように、ダイナミックに変化が激しい分野では

成功の法則は開発できていない。」

ドナルド・R・キーオは

「自分に話せるのは、どういう方法をとれば負けるのかということであり

この方法を採れば、かなりの確立で負けることなら保障できる。」ということです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<魔法のレシピ>

成功を保証できる法則は編み出せていない

この10の方法を採れば、かなりの確立で負けることなら保障できる

       ドナルド・R・キーオ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ドナルド・R・キーオはいいます。

「会社というのは人間が考えた観念に過ぎない。会社が何かに失敗するということは、実際にはない。失敗するのは個人だ。」

「そして少し調べていけばわかるはずだが、殆どの場合失敗は戦略の間違いとして繰り返し指摘されてきた点にではなく、シエークスピアがいうように、われわれ自信、つまり会社を指導する経営者にある。」

「会社は経営者個人の性格の産物であり、延長である。経営者はビジネスの舞台の主役だ。経営者が自分の弱点のために、事業を間違った方向に導くとき、事業は失敗への道を歩むのである。」

 

◆ドナルド・R・キーオ著『ビジネスで失敗する人の10の法則』の

『序文』を、ウオーレン・バフェットが書いています。

「いつも信念にしてきた点だが、自分より優れた人とつき合うようにしてきた。ドンとつき合っていると、登りのエスカレーターに乗っているように感じる。ドンは、私と私の仕事を楽観的にみてくれているので、目標をもっと高めもっと自分を信じ、周囲の世界を信じるようになる。」

 

◆「ドンとつきあっているといつも何かを学べる。信じがたいほど力のある経営指導者なのである。」

「優れた経営者がとりわけ偉大な成果をあげるとき、何かを自分で処理するのではない。周囲の人たちを動かして達成する。そしてドンは世界中のあらゆる性格の男女の気持ちをつかみ、この人が成功するように支援しようと思ってもらえるのである。これはたぶん状況を、人間という側面から理解するのが、誰よりもうまいからだ。」

 

◆ドナルド・R・キーオは、ウオーレン・バフェットと同じオマハの出身で友人でもあるのですね。

 

◆「楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に行動せよ」という京セラの稲盛会長の言葉をお聞きしたことがあります。

とくに経営に携わるかたに、コカコーラ元社長のドナルド・R・キーオ著、

『ビジネスで失敗する人の10の法則』はお勧めです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>

■会社は経営者個人の性格の産物であり、延長である

■失敗はわれわれ自身、つまり会社を指導する経営者にある

■楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に行動しましょう

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<さくらのB級ぐるめ>★★★★

東京のお昼は暖かく、澄んだ空気と爽快な青空が広がっていたため都庁の前の新宿中央公園でポカポカとお花見をしながら、お弁当をいただきました。

南部恵治さんの書籍『運はつかめる』から教えていただきました

『お花見では、さくらの花びらをつかんだ分だけ、幸せがくる』

というお話しにならい、さくらの花びらをたくさんつかみました。

 

これって、やってみると慣れるまでなかなかつかめず、楽しいです。

晴れた日に公園でいただくお弁当って、美味しいですよね。

おいしい焼肉のお弁当とトン汁で410円と、価格もリーズナブルで嬉しいですね。

有難うございます。

 

     
  

SNSでもご購読できます。