ヒクソン・グレーシーとW.バフェット、 竹田和平さんの共通項とは?

こんにちは。(まる現)の久家邦彦です

あなたは400戦無敗の格闘家 ヒクソン・グレーシーと、世界一の投資家といわれる、W.バフェット、

そして竹田和平さんの共通項をご存知ですか?

◆日本一の個人投資家 竹田和平さんに、名古屋でお会いして参りました。

和平さんは、所得を5年で5倍にする経営者や投資家を育成し、日本を守る!智徳志士の会を主宰しております。

和平さんから教えていただきました

「投資に対する考えを180度転換させいていただいた!」マインドセットがあります。

※投資は自己責任でお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━
<卓越のレシピ>

無理なく、無駄なく、美しく。道理で、なるほど当り前

━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 和平さんは教えてくれます。

私はバリュー投資だから、「割安しか、投資しないよ。」というのを鉄則にしています。

『それが、道理なんだ。』と!

それから、「上がって良し、下がって良しの株価かな。」

これは、ひじょうに自分がフリーハンドでおられる

√ 株価が上がって、有頂天になったり、

√ 下がって、下に株価がブレタからと、いちいち感情が動揺したら、相場の動きにたいして自分を見失ってしまいます。

◆そういうことがあってはならない。から

◎「株価が、上がるから、儲けさせてもらえるチャンスがくる。」

◎「株価が、下がるから。思ったより安く買える。」両方とも、「ありがたいこと」なんです。

そんなふうにならないと。

■そんなふうにならんのは、「準備をしていないだけ」なんだ。

『常に備えておれば、それは、そういう立場というのは、自分で築ける。』

そういうことですね。

■あまり欲が深くなると、「手一杯、買ったら、」下がっちゃったときに手を打てない。

『相場はね。上がることもある。下がることもある。』

常に、どんないいニュースがあろうと、やはり「下がるリスク」はある。

当たり前のことですね。

グラフを見てみればわかる。(笑)

「上がったり」、「下がったり」している。

まあ、なかなか難しいよね。そこは。

■ 簡単なんだけど!!

「上がるか」、「下がるか」しかないんだけど!ね。

その情報が、あまりにも多岐にわたっているから。

地球上の情報が、「上がるか」、「下がるか」、どっちかだ。

となってきますからね!

だから振り回されないようにしないとね。

相場の場合は、非常にリスクが大きいから。

■ 投資は、自分が「天」になった氣持ちで「真心」でやること。

投資は、「真心」と「感謝」でやることです。

天の氣持ちで

⇒「天なら買うのか?」(笑)

⇒「転機なのか! 本当の?」と、天は、「上がっても」、「下がっても」、どうでもいい。

√ 「上がって」、喜ぶ人もいるし

√ 「上がって」、悲しむ人もいる

だから、どうでもいい。

「プラス」、「マイナス」、「ゼロ」なんだ。

そういう氣持ちでね。うん。投資すること。

■ 自分の話になって、

√ さあ上がるから、投資するんだ。

√ 下がるから、売るんだ。

と、これをやっとったら、人生が破綻しちゃうよな。

■ 投資の場合は、買ったら「上がるか?」、「下がるか?」ここのところは

「無理なく、無駄なく、美しく。道理で、なるほど当り前」

こういうね、ことをよく考えて、

それで、

√「一時の人氣とか、そういうものに乗らない。」

√「道理なのか? 道理じゃないことはやっちゃいかん。」

◆あなたは、和平さんの言葉を、ここまで読んできて、どんなことを感じますか?

和平さんの教えは、

「無理なく、無駄なく、美しく。道理で、なるほど当り前」

という言葉に現れているのですね。

◆以前、400戦無敗の格闘家 ヒクソン・グレーシーにお会いしたことがあります。

そのとき印象に残ったことが2つあります。

一つは、若い頃ブラジルにいた頃から、「負けないことを考えていた」というお話です。

「大事なのは、勝つことではなく絶対に負けないこと」

もう一つは、改善の習慣なのですが、そのことについては、またの機会にお話しますね。

◆「大事なのは、勝つことではなく絶対に負けないこと」というのは、じつは、、、、。

世界一の投資家といわれる、W.バフェットの「投資の2つのルール」にも共通します。

【ルール1】お金を損しないこと。

【ルール2】ルール1を忘れないこと。

◆400戦無敗の格闘家 ヒクソン・グレーシーと、世界一の投資家 W.バフェット、そして日本一の個人投資家といわれる 竹田和平さんには「共通する、ある部分」があります。

■あなたは、それを何だと思いますか?

そうです。

勘のいいあなたなら、もうおわかりですね。

⇒ 投資の達人や、世界一の格闘家は

「大事なのは、勝つことではなく絶対に負けないこと」

つまり「まず負けないこと」を考えそれを実践しているのです。

◆ 2500年前から世界中の成功者に愛され、今なおいき続ける『孫子の兵法』

・マイクロソフトの創業者 ビルゲイツや、
・経営の神様といわれた 松下幸之助、
・ソフトバンク創業者 孫正義さんも活用しているといわれる

『孫氏の兵法』にはこんな教えがあります。

===========================

  <孫氏の兵法>

昔の善く戦う者は、先ず勝つべからざるを為して、以て敵の勝つべきを待つ。

勝つべからざるは己にあり、勝つべきは敵に在り。

<意味>

古来から巧みに戦う者は、まずは敵に負けないように守りを固めた上で、敵が弱みや隙を見せるのを待ち、自軍の勝てる状況を作った。

===========================

なぜ、あなたの思考は現実化しないのか?/フォレスト出版

¥1,512
Amazon.co.jp

◆「大事なのは、勝つことではなく絶対に負けないこと」

この「原則」について、多くの人が見落としていることがあります!!

それは、この原則は、「ビジネス」や「人間関係」、「経済状態」だけに役立つものではない。

ということです。

「大事なのは、勝つことではなく絶対に負けないこと」これは、私たちの「心の状態」や「健康状態」にもあてはめて実践することが大切なのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━
<卓越のレシピ>

■ 大事なのは、勝つことではなく絶対に負けないこと!

■ まず負けないことを考え実践する!

■ この原則は、
「ビジネス」や「人間関係」、「経済状態」だけに役立つものではない!

「心の状態」や「健康状態」にもあてはめて実践することが大切である!

━━━━━━━━━━━━━━━━

追伸:今日から、リンゴとニンジンのジュースでフルーツ断食にはいります。

「心の状態のメンテナンス」や「健康状態のメンテナンス」が土台ですね。

最後まで お読みいただきありがとうございます。

あなたのご感想やご質問、励ましのお言葉などがあれば教えてくださいね!

◆いい選択が未来を変える!
豊かな未来を現実化する!!
日本現実化戦略研究所(まる現)

    久家 邦彦

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください