トレーナーは親も同然 『ディズニーの育て方』福島文二郎著より

9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方/福島 文二郎

¥1,365
Amazon.co.jp

40万部突破の書籍
『9割がバイトでも最高のスタッフに育つ、ディズニーの育て方』
福島文二郎著(中経出版)を読みました。

 

ディーズニーでは、「トレーナー」と呼ばれるアルバイトが後輩を指導にあたります。

そしてこのトレーナーがいればこそ後輩達は貴重な戦力として育っていくのです。

 

■豊かさを創る質問■

・あなたは、人は自分が扱われたように人を扱うことをご存知ですか?
・あなたは、人を育てることに喜びを感じますか?
・あなたは、親のように愛情をもって、ときには叱りながら時にはほめながら、後輩を育て自立させていますか?

_______________________________

<魔法のレシピ>

トレーナーは親も同然

_______________________________

 

◆デイズニーでは、熱意のある先輩が指導役「トレーナー」に抜擢されるそうです。

トレーナーは職場の責任者にかわって

1.仕事の手順や方法
2.仕事をより効率的に行うスキル

などをてがけ。また、キャストに自信を持たせる役割も担っています。

トレーナーは主にアルバイトから選ばれますが、その条件は

・教えるのが上手であること
・そして何よりも人を育てることに喜びを見いだしていること
・人を育てることに情熱・熱意をもっていること

です。

なぜなら、トレーナーが教える喜びを感じないと後輩は育たないからです。

 

◆ディズニーでは、各施設の責任者たちがキャストの仕事ぶりを見ていて

『他のキャストにいつもしっかり教えてあげているな、楽しそうだな』

と思うキャストがいると、後でそのキャストと面談をします。

「あなたは人を育てることに喜びを感じますか?」

「あなたはトレーナーをやってみたいですか?」

本人がやっていたいと答えれば、トレーナー候補としてトレーナーの研修、トレーニングを受けて正式にトレーナーとしてデビューします。

 

◆トレーナーになったからといって金銭的な対価はありません。

トレーナーを示す金バッチが、配られるだけです。

トレーナー達は、「自分がトレーニングをすることによって成長していく後輩の姿を見るのが嬉しいのです。」というそうです。

福島文二郎さんが所属していたディズニーに運営部では

『トレーナー(先輩)は親も同然』

という言葉がとびかっていたそうです。

その意味は、親のように愛情をもって、ときには叱りながら時にはほめながら、後輩を育て自立させようという意味が込められていました。

 

◆また書籍
『9割がバイトでも最高のスタッフに育つ、ディズニーの育て方』福島文二郎著(中経出版)には後輩を育てるときにかかせない「3つのポイント」が書かれています。

・ポイント1
教える内容・教え方(しくみ)が論理的であること

・ポイント2
心理的な工夫が施されていること

・ポイント3
上司・先輩が教えることに熱意をもっていること

 

◆福島文二郎さんは『自分が扱われたように後輩は人を扱う!』といいます。

ディズニーでは、先輩・上司が後輩をゲストと同じように、親し身を込めて笑顔で挨拶をし、手厚く後輩キャストを迎えるそうです。

この背景にあるのは、
『人は自分が扱われたように人を扱う!』

という考え方があるそうです。

このような手厚い出迎えをすることで先輩キャストは

「あなたたちが、オンステージにデビューしたときも、こんなふうにゲストをお迎えしてもらいたい!」

という暗黙のメッセージを新人キャストの心に訴えかけているのです。

 

特筆すべきは、後輩を迎える先輩キャストの笑顔がつくり笑顔ではないということです。

笑顔で接することがキャストにとっては当たり前のこととして身についているのです。

■『9割がバイトでも最高のスタッフに育つ、ディズニーの育て方』福島文二郎著(中経出版)はこちら

9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方/福島 文二郎

¥1,365
Amazon.co.jp

_______________________________

<魔法のレシピ>

■ 熱意のある先輩が指導役「トレーナー」に抜擢される

■「トレーナー」は親のように愛情をもって、ときには叱りながら時にはほめながら、後輩を育て自立させよう

■ 人は自分が扱われたように人を扱う『笑顔で接することがディズニーのキャストにとっては当たり前』
_______________________________

<さくらのB級グルメ> ★★★

 

ロイヤルホストのモーニングでピザトーストセットをいただきました。

厚切りパンのピザトーストは、チーズがトロリと溶けてまったりとしていて、なんだか懐かしい氣がします。

 

新宿のアイランドタワーにあるロイヤルホストはゆったりとした空間で、くつろぎながらコーヒーが飲めるのが嬉しいですね。

 

サラダにパンとコーヒーがついて630円でした。

■ロイヤルホストはこちら

http://www.royalhost.jp/index.php

くつろぎの空間をありがとうございます。

SNSでもご購読できます。