ダイヤモンドの土地

「ダイヤモンドの土地」というお話しを聞いたことがあります。
ラッセル・コンウェル博士が好んで話した講演ですが人生にとってとても大切なお話しに感じました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<魔法のレシピ>
大切なものは足元にある

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆昔、昔、そのむかし、インダス川のほとりにという名の農民が住んでいました。
アリは毎日、毎日、朝から晩まで一生懸命に畑を耕し家族の生計を支えていました。
そんなある日、アリの家に、旅のお坊さんがあらわれて「一晩、泊めてもらえませんか?」とお願いされました。
アリは、このお坊さんを家に泊めて食事をお出ししました。

◆すると、このお坊さんが、アリに話しをはじめました。
「あなたはダイヤモンドという、とても高価な石のことを知っているかな?」
「もし、このダイヤモンドが10粒もあれば、家族が何年も豊かに暮らせる。
そして、もし一握りのダイヤモンドがあれば、王様のような暮らしができるのだ。」
アリは、その話しに驚き、「そのダイヤモンドという石が、どこで手に入るのか?教えてください。」
とお坊さんに尋ねた。
「その石は、大きな山や谷をいくつも越えていった川のそばにあるそうだ。」とお坊さんは答えました。
その晩、アリは布団の中でダイヤモンドについて考えていた。
ただし、このとき「アリの心はとても貧しく」なっていた。
そしてアリは「ダイヤモンドを探しにいこう」と決めた。

◆アリは翌朝、畑や家を売りにだし、家族を親戚に預けてダイヤモンドを探す旅にでかけた。
そしてそれから何年もかけ、大きな山や谷をいくつも越えていき、ダイヤモンドを探し続けた。
しかし、ダイヤモンドは見つからず、最後には持っていたお金をすべて使い果たしスペインの海岸から身を投げて自殺してしまった。

◆それからさらに何年かがすぎたある日、アリの畑を買った農民の家にアリに、以前ダイヤモンドの話をした旅のお坊さんがまた訪れた。
そして、また一晩とめてもらい食事をしてると・・・
その家の机に。
美しく輝く石があるのに氣がついた。
お坊さんはその石を手にとってよく見てみると。
それはダイヤモンドであった。
そしてお坊さんは叫んだ。
「これはダイヤモンドではないか!!どうしたんだ!!アリがダイヤモンドを見つけて戻ってきたのか?」
その農民は不思議そうな顔をして・・・
「その石は、この家の川原で拾ったんですよ。しかも、そんな石ならまだ家の庭にたくさんありますよ。」

◆こうして世界をさまよい、最後には自殺したアリが売ったその家の庭から世界最大のダイヤモンド鉱床にひとつであるゴルゴンダの鉱床が発見されたのだ。
もし、アリが畑を売り世界をさまよい歩くまえに自分の足元を探していたら・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<魔法のレシピ>
■ 豊かさや幸せを、足元にみつけよう 
■ 足りないものを数えるのではなく「あるもの」を数えよう
■ 深く穴を掘れ、穴の直径は自然に拡がる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<さくらのB級ぐるめ>
サイゼリヤにいってきました。
サイゼリヤは、おいしくて安くて、スタッフの雰囲気もいいですよね。
この秋、おいしいワインを飲みながら、イタリヤ料理をおつまみにゆっくりと読書を楽しむのもいいですね。
追伸:先日、TVで特集されていましたが、サイゼリヤの経営者が当初、価格を20%下げても、30%下げても、お客様はこなかった・・・ そこで、価格を70%下げたらお客様が、20分待ちの行列となった。
これは、すごい決断ですよね。
おいしくて、リーズナブルなお店をありがとうございます。感謝しています。

 

     
  

SNSでもご購読できます。