ソウルメイト(魂の伴侶)と共に生きよう! 映画『ラブ・アゲイン』より

ラブ・アゲイン ブルーレイ&DVD(初回限定生産) [Blu-ray]/スティーブ・カレル,ライアン・ゴズリング,ジュリアン・ムーア

¥3,980
Amazon.co.jp

映画『ラブ・アゲイン』を観ました。

 

■豊かさを創る質問■

・あなたのソウルメイトは誰ですか?

・あなたは、真実の愛を諦めていませんか?

・あなたは、魅力を高めていますか?

 

———————————————
<魔法のレシピ>

ソウルメイト(魂の伴侶)と共に生きよう!

———————————————

 

ここからは映画『ラブ・アゲイン』のあらすじになります。

ネタバレがありますが、より深く内容を理解したい方にはお薦めかもしれません。

 

◆真面目を絵に描いたような40代のキャル・ウィーバー(スティーブ・カレル)は理想的な人生を送っていた。

安定した職に就き、マイホームを手に入れ、高校時代の恋人だった妻との間には可愛い子供たちがいる。

だが妻のエミリー(ジュリアン・ムーア)が男をつくり、離婚を考えていると知ったときから、キャルの“申し分のない”人生は脆くも崩れ去る。

 

◆おまけに昨今の“独身市場”では、キャルのようにウン十年もデートから遠ざかっている中年男はヤボなバツイチとして相手にもされない。

そんなある日、ひとりの夜を地元のバーで寂しく過ごしていたキャルは、30代の遊び人ジェイコブ・パーマー(ライアン・ゴズリング)と知り合い、舎弟のようになっていく。

ジェイコブは妻への未練を断ち切れないキャルにもう一花咲かせてやろうと考え、キャルを未知の世界へと誘う。

 

■男慣れした女性を紹介し、男らしい酒の飲み方を手ほどきしGAPでは手に入らないハイファッションを見立ててやった。

しかし、柄に合わない恋愛ゲームに興じているのはキャルとエミリーだけではなかった。

13歳の息子のロビー(ジョナ・ボボ)は17歳のベビーシッターのジェシカ(アナリー・ティプトン)に夢中になり、そのジェシカはキャルにぞっこん。

そんなモテ男に変身を遂げたキャルだったが、心までは簡単には変えられなかった。

キャルの思いはいつも振り出しに戻ってしまうのだった。

 

◆息子のロビーの中学の卒業式でのスピーチ!

ロビー:魂の伴侶の存在を信じていた・・・。でもまやかしだった。叶わない恋も・・・

キャル:15歳で出逢ってアイスをご馳走してから、毎日毎朝、君を愛してきた。子供が3人できたあとも。

夫婦ならわかるでしょう!

誠意が通じるかわわからない、でもこれだけはわかる。魂の伴侶をみつけたら諦めたらだめだ。

キャル:愛しているよ!

 

◆どんなことがあってもソウルメイトとの『真実の愛』を貫く大切さを考えさせられますね。

もしもキャルとエミリーの結婚生活が離婚前の、平凡でつまらない毎日のままで、何も起らなければ、ここまで愛が深まることもなかったのかもしれませんね。エミリーがキャルに尋ねます。

エミリー:「辛い1年だった?」

キャル:「辛い1年だった。」

エミリー:「あのときのアイスに感謝!」

キャル:「僕も!」

 

◆結婚する前は『この人こそ、運命の人!』と思ってつきあっていたカップルが、結婚して夫婦になり何年もすると、まったく波動が合わなくなっているケースがあります。

すれ違いや、環境の違い、成長の速度の違い、など様々な原因があるのかもしれませんが、結婚してしまうと妙に安心してしまい、魅力を磨くこと忘れてしまうことが一つの理由のような氣がします。

天が私たち人間に与えてくださった、正当な欲求を満たすためにも男性も女性も魅力を磨きつづけ、輝いていることが重要なのだと思います。

 

※ソウルメイト (soulmate, soul mate) とは魂 (soul) の仲間 (mate) という意味で、互いに深い精神的な繋がりを
感じる大切な人物のことである。

古くは恋人・夫婦など男女の仲を詩的に表現した言葉であった。

スポーツ、ビジネス、アートなど分野に限らず大きな成功を掴む成功者達には必ずとも言って良い程、家族、仲間などソウルメイトの存在が見られる。

なお、近年はしばしばスピリチュアリズムな分野で語られ

「前世での知り合い」

「(超自然的な)運命で結ばれた仲間」

「いくつもの転生の中で何度も身近な存在(家族・友人など)として出会っているグループ」

という意味も持つ。
<ウイキティペデイアより>

※『ラブ・アゲイン』はこちら!

ラブ・アゲイン ブルーレイ&DVD(初回限定生産) [Blu-ray]/スティーブ・カレル,ライアン・ゴズリング,ジュリアン・ムーア

¥3,980
Amazon.co.jp

———————————————
<魔法のレシピ>

■ ソウルメイトを探そう! 

■ 真実の愛を追い求めよう!

■ 魅力的な女、魅力的な男になろう!
———————————————

 

<さくらのB級グルメ>★★★★★ ★★

 

オリジン弁当で『親子丼(炭火焼き鶏)』(390円)をいただきました。

 

ほど良く香ばしさのある炭火焼き鶏の親子丼はとろとろの卵でとじた鶏に、炭火焼の香りがよく合います。

 

お天氣がとても良かったので、この後、友人と新緑の鮮やかな公園に行き、焼きそばや餃子をオリジン弁当で買ってきて、昼下がりのパーティーを楽しみました。

 

よく晴れた春の日の公園にはサラサラと流れる清流がありマガモや鳩や小鳥たちが集まり、とても穏やかで美しいひとときに癒されました。

 

■オリジン弁当はこちら!

http://www.toshu.co.jp/origin/menu/menu.php

ありがとうございます(*’-‘*)ノ♪

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*