イメージしてから、行動していますか?

おはようございます。

自分を思いどおりに動かして!夢を現実化する(まる現)の久家邦彦です。

■「言葉の習慣」を変えて60日を過ぎたお客様からの体験報告をいただきました。

√ 不安になっても持ち直すスピードが早くなりました。

√ 落ち込まなくなりました。

√自分で切り替えられるようになりました。

不安なことがあっても、自分でイメージをすぐに変えられることに氣がついたことが大きいです。

■「いろいろ学んでいるけど、今ひとつ結果がでない」と感じている人は、マインドセットから始めることをおすすめします。

マインドセットとは、考え方や捉え方、信念のことです。

「あなたは、なぜ、マインドセットが大切だと思われますか?」

その理由は、どんなに頭でプラスに考えても、問題や嫌なことがあると、すぐに不安や心配、怒りで、『感情』がマイナスに引っ張られてしまうからです。

私たちは、悲しいかな頭でどんなに前向きに考えても心の中に不安や、極度の心配、怒りがあるとうまく行動できません。

何かを怖れていると,視界がひろがらないし怒りから判断すると、ジャッジを間違えたり問題を難しくする可能性があります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<卓越のレシピ>

イメージしてから、行動する!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■私たちは、多くの場合、無意識に「イメージしてから、行動しています。」言い換えると

「イメージが先! 行動が後!」ということです。

試しに実験してみましょう!

「今日のランチは、何を食べたいですか?」

ある人が「とんかつ」と答えたとします

「とんかつ!」と答えた人は、無意識に「とんかつ」をイメージして、「とんかつ」のお店にいったり、家で「とんかつ」を食べたりします。

ここでお伝えしたいことは!!

『イメージが先! 行動が後!』ということです。

■この順番を理解しておくことが大切なのです

・なかには「とんかつ!」とは、答えたけど・・・

「とんかつ、なんかイメージしてないですよ!」という方もいるかもしれません。

ところが、!!

「脳」は、「とんかつ」という言葉にした時点で、無意識に「とんかつ」をイメージしてしまうのです。

「とんかつ」を無意識にイメージすると、道を歩いていて、たまたまのように「とんかつ屋」をみつけてその店に入って「とんかつ」を食べたりするのです。

ユングのいう、シンクロニシティが、私たちの日常で「とんかつ」をとおして起きたりするのです。(笑)

◆では、それを証明する、2つ目の実験をしてみましょう。

「これからいう言葉をイメージしないで下さい!」

ここで注意して欲しいのは、「イメージしない!」ということです。

・「黄色いレモン」「黄色いレモン」「黄色いレモン」「いかがでしょうか?」

『黄色いレモン』という言葉を読んだ時点で、「黄色いレモン」をイメージしてしまわないでしょうか?

◆もう一つ実験してみましょう。

今度は「ピンクの象が、黒いサングラスをかけて、耳を羽ばたかせて飛んでいる。」ところをイメージしないでください。

「今度はいかがでしょう?」

この文章の言葉を読んだ時点で、無意識に『ピンクの象』をイメージしてしまわないでしょうか?

◆次は、この文章を「声に出して読んで」みてください。

⇒ 「ピンクの象が、黒いサングラスをかけて、耳を羽ばたかせて飛んでいるところをイメージしない。」

「今度は、いかがでしょうか?」

やはり【ピンクの象が黒いサングラスをかけているところ】を無意識にイメージしてしまうのではないでしょうか?

『言葉は、イメージである』ということです。

◆私たちの脳は、『言葉』にしたものを、無意識にイメージしているのです。

『言葉』を変えると、脳のなかの『イメージ』が変わります。

そして『イメージ』が変わると、『感情』がかわり『行動』が変わるのです。

私は、宗教にははいっていませんが、

・新約聖書には

「初めに言葉ありき、 言葉は神と共にありき、 言葉は神であった」

という一節があり。

・仏教には

「想念現象」「因果応報」という言葉があります。

◆ではなぜ、イメージが変わると行動がかわるのでしょうか?

知人の大谷社長が、飲み屋のママにいれこんでいたことがあります。

毎月、毎月、ママがやっているクラブで100万円ちかくのお金を使います。

廻りの人からみたら

「大谷社長。また、ママにのせられちゃって、、、」

と思っていても、本人は楽しくて楽しくてしょうがないのです。

「同じママ」を見ているのに、、、

「大谷社長」と「廻りの人」の「捉え方の違い」が面白いですね。

■ではこの二人の、クラブのママに対する「捉え方の違い」の原因は、どこにあるのしょうか?

答えは⇒ クラブの ママにたいする、「イメージの違い」です。

大谷社長にはクラブのママが、脳のなかで、「魅力的なイメージ」に見えているのです。

その「魅力的なイメージは、安心感や楽しさ、愛、優越感といった喜びの感情。

つまり、、、『快楽』という「感情」に結びついているのです。

◆ところが廻りの人からみたら、

同じクラブのママを見ているのに、、、

「大谷社長ママにいれこんで、のせられて、お金を払っているイメージに観えるのです。」(笑)

反対に、廻りの人は毎月、奥さんから、少ないお小遣いをもらって生活していて、飲み屋でお金をたくさんつかうことが「不安」や「罪悪感」などの『痛み』の感情と結びついると!!

クラブのママは、財布のお金をねらっている危険人物のように見えてきます。

せっかくクラブに飲みにいっても心から楽しめないで「会計はいくらだろう・・・。」と考えて、

ビクビクしながらお酒を飲んでいたりするのです。

◆心理学者のジークムント・フロイトが提唱した『快楽原則』という人間の行動動機があります。

『快楽原則』とは、人が「行動する動機」は人類共通である。

「痛み」を避けて「快楽」をえる!ということです。

■要は、「大谷社長」と「廻りの人」は、同じ場所にいても『違う現実』を観ているのです。

その理由は「ママ」や「お金」にたいするイメージと、そこからうまれる感情、そして考え方が違うのです。

だから、、、そこから生まれる行動が違うのです。

私たちは「心の中のイメージ」が変わると行動が変わるのです。

私たちは、繰り返し、繰り返しイメージしていると、それが潜在意識に刷り込まれ、自動的に行動を起こし始めます。

繰り返しますが、ここで大切なことは、私たちは、何度も、何度も、繰り返しイメージして連想していると、

そのイメージが行動に現れはじめるということです。

■長期的に成功している人と一緒に仕事をすると氣づくことですが・・・・。

成功し続けている人にテクニックの共通点は殆どありません。

やっている仕事も違うし、育った環境も違うからです。

ただし、、、

1つ大きな共通点があります。

それは、

マインドセットです。

言い方をかえると長期的に成功している人は、潜在意識(意識下)を最大限に活用しているということです。

■長期的に成功している人は

「ただひたすら努力や苦労をして頑張っている」

のではないのです。

成功とは表面的なものではなく「潜在意識」の現れなのです。

私たちの「言葉のパターン」

つまり「言葉の習慣」がかわるとその影響が、人生に現れます。

①「言葉のパターンが変わる」⇒ 「感情のパターン」に現れる!
   ↓
②「感情のパターンが変わる」 ⇒「思考のパターン」に現れる!」
    ↓
③「思考のパターンが変わる」⇒「行動のパターン」に現れる!
    ↓
④ 「行動のパターンが変わる」⇒「結果のパターン」に現れる!
   ↓
⑤「結果の積み重ねが変わる」⇒ 人生に現れる!

■なぜ、多くの人の思考は現実化しないのでしょうか?

『まる現 開運塾』で検索してみてくださいね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<卓越のレシピ>

■ マインドセットから始める!

■ 長期的に成功している人は、潜在意識(意識下)を最大限に活用している!

■「言葉の習慣」がかわると、その影響が人生に現れる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

追伸:今日は青山で個別セッションをしています。

目標達成の成果報告をいただきました。

お客様の喜びの声は、魂の御馳走ですね。

いつもお読みいただきありがとうございます。

いい選択が未来を変える!
豊かな未来を現実化する!!
日本現実化戦略研究所(まる現)
    久家 邦彦

     
  

SNSでもご購読できます。