まろわの世が来る!  朝倉慶さんの書籍 『2013年 株式投資に答えがある』より

2013年、株式投資に答えがある/ビジネス社

¥1,575
Amazon.co.jp

朝倉慶さんの書籍
『2013年 株式投資に答えがある』を読みました。

 

■豊かさを創る質問■

・あなたは、まろ(真心)を磨いていますか?

・あなたは、未来を展望するために、まず過去を振り返っていますか?

・あなたは、危機の中から、世界最強の企業が生まれてくることをご存知ですか?

_______________________________

<魔法のレシピ>

まろわの世が来る!

_______________________________

いま伝えたい生きることの真実/生活文化出版

¥1,575
Amazon.co.jp

※敬称略

◆『モノ』から『心』への価値観の転換が起こる!

朝倉慶:和平さんは世の中を大局観をもって見ることのできる方です。

その和平さんに、最後にコレからの世界がどのように動いていくのかまた動いていくべきかということをお訊ねしたいと思います。

竹田和平:未来を展望するには、まず過去を振り返ってみる必要があります。

私の場合、大昔までさかのぼって考えるわけですが(笑)

 

◆まず太古の農耕民族というのは、どうやって田畑を耕していたのか?

まあ、おそらくは手足を使って耕していたのでしょう。

そこに鉄という便利な素材が現れた。

 

鉄の出現によって鋤(スキ)、鍬(クワ)という便利な道具が使えるようになった。

作業の効率は10倍ぐらいあがりますね。

人類の歴史というのはこの繰り返しです。明日のための道具が常に開発され続け、そのたびに作業の効率があがっていって、人々が余裕を持って暮らせるようになっていった。

言い換えれば、豊かな暮らしができるようになっていったわけです。

朝倉慶:技術革新による生産性の向上ですね。

人類は常にそれを目指し、それによって豊かになってきました。

 

◆竹田和平:そこで、「今はどうか?」ということです。

日本の場合、工業化はもういきつくところまでいっているでしょう?

道具の進歩は極限迄いたり、ひたすら効率ばかり上がっていって、かえって人間の仕事がなくなっていくような状況です。

市場にはモノが溢れて、消費も完全に飽和してしまった。

『もう効率化はいいよ、もうモノは要らないよ!』

本当は誰もがそう思っているんじゃないですか?

だから日本の場合、時代は、完全に「モノ」から「心」へなんです。

もう「心の世界」を開拓するしかないところまで、時代は来ているわけです。

 

朝倉慶:なるほど。

その意味で「まろわの世が来る」と、おっしゃっているわけですね。

和平さんのお話はキチンと円環的につながっているんだなあ。

人生沈むから浮かぶんだ! 旦那が教える「まごころのチカラ」/あさ出版

¥1,470
Amazon.co.jp

◆竹田和平:そう、論理というのはきちんとつながるようにできている(笑)

それともう1つ。今盛んに経済危機が喧伝されていますね。

そんな状況を見ていると、私は1970年代の石油危機を思い出すんです。

あの時、頭のいい人達が「石油は、あと20年しかもたない!」と真顔でいっていましたよ。

まるで、それが常識であるかのように。

そんなの『大嘘だった』でしょう!!

そして日本は70年代の危機的な状況の中でQC運動などを開発し、世界一の工業国にまで上り詰めたわけじゃないですか。

だから、今回も大丈夫。

危機の中から、世界最強の企業が生まれてきますよ。

朝倉慶:われわれは投資という行為を通じてそういう企業を応援していく!それが結論になりそうですね。

日本一の大投資家が語る大貧民ゲームの勝ち抜け方―上場会社・約70社の大株主・竹田和平さんの旦那…/自由國民社

¥1,575
Amazon.co.jp

◆日本一の個人投資家である竹田和平さんのお考えを伺っていると、関わる人や社会を良い意味で安心させてくれるまろ(真心)に満ち溢れています。

竹田和平さんの言葉に『想念現象!』がありますが和平さんは、笑顔でニコニコしながら、人が安心することを話される大きな愛がありますね。

やはり天に愛される人は、関わる人や社会がより良くなることを考え実践されている人なのですね。

『もしお金持ちになりたければ
     天がお金を与えている人を見てみればいい!』

 

※お薦め書籍『2013年 株式投資に答えがある』はこちら!

2013年、株式投資に答えがある/ビジネス社

¥1,575
Amazon.co.jp

_______________________________

<魔法のレシピ>

■ 未来を展望するには、まず過去を振り返ってみる必要がある

■ 『モノ』から『心』への価値観の転換が起こる!

日本の場合、工業化はもういきつくところまでいっている道具の進歩は極限迄いたり、ひたすら効率ばかり上がっていってかえって人間の仕事がなくなっていくような状況である!市場にはモノが溢れて、消費も完全に飽和してしまった! 

『もう効率化はいいよ、もうモノは要らないよ!』

本当は誰もがそう思っているんじゃないですか?だから日本の場合、時代は、完全に「モノ」から「心」へである

■ 危機の中から、世界最強の企業が生まれてくる!

今盛んに経済危機が喧伝されている!

そんな状況を見ていて、竹田和平さんは1970年代の「石油危機」を思い出す!

あの時、頭のいい人達が「石油は、あと20年しかもたない!」と真顔でいっていました。まるで、それが常識であるかのように

『大嘘だった!』

そして日本は70年代の危機的な状況の中でQC運動などを開発し、世界一の工業国にまで上り詰めた!だから、今回も大丈夫危機の中から、世界最強の企業が生まれてくる!

※このブログは特定の金融商品をお薦めするものではありません、投資は自己責任でお願いいたします。
_______________________________

<さくらのB級グルメ>★★★★★ ★★★★

高知に住む友人から『鰹のたたき』を頂きました!

 

一節の大きさにびっくり!

薬味、たれをかけて食べて、またビックリ!

 

まわりりは香ばしく、身はやわらかく、えもいわれぬ美味しさでした。

薬味のニンニクも新鮮で、最高です。

手巻き寿司にもして食べました。めちゃめちゃ美味しかったです。

土佐久礼と言えば鰹の1本釣り!

新鮮な一本釣りの鰹を、昔ながらの藁焼きで一気に焼き上げます。

手作業で!焼き加減は職人さんの技だそうです。

 

一本釣りの『鰹のたたき』がこんなに美味しいものかと
感激してしまいました。

 

 

 

 

『目に青葉、山ほととぎす、初鰹』  山口素堂

記事をUPする時期が少し遅れましたが、

『目には青葉が、耳には山ほととぎすの鳴き声が聞こえてくる!清清しい季節がやってきた!
初鰹を口にすることが出来たら言うことはない!』

と歌われる、最高のお味でした☆*.。((〃’艸’〃))。.*☆

 

ありがとうございます♪

     
  

SNSでもご購読できます。