まる現マップの作り方

今日は嬉しい報告がたくさんありました。

本当におめでとうございます。

皆さん素晴らしい、嬉しいです。

ほかの方が売上が上がった時、「おめでとう」という癖をつけるといいです。

そうすると、次は自分の番なのです。

他人の成功を祝福する

有名な話で、すごく仲が良い女性二人が絶対結婚しないよと言っていて、ある時一人が彼氏ができて結婚すると、「あんた嘘言ったじゃない!」とずっと恨んでいたらなかなか結婚できなかったのです。

その子がある時、「本当に良かったね」とひとこと言えるようになったら、その人も結婚して両方幸せになったという話があります。

仕事の場合、自分だけ売上が上がらないと辛いです。

私は営業の世界にいましたので、売上が上がらないと自分がクビになってしまうのです。

ほかの人がオーダーが上がっている時に、「おめでとう」と言えないのです。

嫉妬というか、自分が不安でした。

ですが歯を食いしばって「おめでとう」と心の中で思っていなくても言う癖をつけるのです。

変な話なのですが、「おめでとう」「よかったです」と言っていると、どうやったのですか?と聞けるようになっていったのです。

どうやったのですか?と聞くと大体の人は八割は教えてくれます。

九割ぐらい教えてくれる人もいます。

ですが「おめでとう」と言えないでいると、教えて貰えないです。

「人を呪えば穴二つ」という言葉がありますが、自分がゼロのときに相手にオーダーが上がった時に相手のオーダーが上がるな!と思っていると自分が上がらなくなってしまうのです。

なぜ、それに気付いたかというと、その後すこしづつ売上が上がるようになると営業主任、営業課長とどんどん役職が上がっていきます。

自分と同じように入ってきて、売上が上がっていない時に人におめでとうと言えない人が多いのです。 だいたい言えないのです。

そして自分が不安だからクビになってしまうのです。

ですからそのような時に、「おめでとう」と嘘でもいいから言ってみてください。

自分にアファメーションでもいいです。

アファメーションとは自分の自己暗示なのです。

あの人も良くなる、この人も良くなる、わたしはもっともっと良くなると、毎日言ってみてください。

それを毎日四回ぐらい言うのです。

嫉妬する力がある人は、すごく力がある感性が豊かな人なのです。

ですから、あの人も良くなる、この人も良くなる、わたしはもっともっと良くなると、騙されたと思って言ってみてください。

そうすると、心が「おめでとう」と言えるようになります。

そして、だんだん売上が上がってくるのです。

なぜこんな話をするかというと、今日のテーマが「まる現マップの作り方」という話だからです。

「まる現」というのは、思いを現実化する「まる現」なのです。

世の中で起こることは、全てまるだよ、という意味でやっているのです。

基本になる原則を中心に置いています。

因果の法則

原則で一番大切だと私が思うのは、因果の法則です。

良いことをすれば、よいことが起こると思っているのです。

悪いことをすれば、悪いことが起こると思っているのです。

私が言っている訳ではありません。

2500年前に、お釈迦様が言っているのです。

どこの国でも同じようなことを言っていますよね。

人間には、良心という良い心があります。

今日は、そのような話をしていこうと思っています。

今日の内容は、すごく面白いと思います。

なぜなら、本などで学んだ知識ではなく、全部実話で話していくからです。

そんなことあるの?と信じられないこともいっぱいあります。

私は、30年間ぐらい自己啓発など能力開発の世界にどっぷりいます。

運が良く、すごく多くのお客様がセッションやコンサルやセミナーなど受けてくれています。

実際に、そのような人達の悩みを聞いている中で、いろいろな事例があるのです。

思いは確かに二番目の原則として、思考は現実化すると私は思いから始まると思っています。

世の中思わないと、やはりそちらには行かないと思っているのです。

早起きは三文の得という言葉を聞いたことありますよね?

私がインターネットでの集客を最初に習った人というのは、この塾ビジネスを一番最初に作った人なのです。

私は50代まで会社員だったので、そのようなものがあることすら知らなかったのです。

会社で普通のリアルの営業をやっていました。

早起きは30億の得

Zoomは、今から7年、8年前というのは全然伝わっていませんでした。

その習った人というのは、インターネットビジネスの塾ビジネスを始めて10億ぐらいの会社を作りました。六本木のミッドタウンというところに住んでいて、六本木の駅の上に、会社を持っていたのです。

私より少し年下だと思うのですが、優秀です。

海外に住んでいて、早稲田大学を出て、すごく誠実な社長です。

その彼に一緒に仕事をやってもらいました。

お金を払って 一緒にやってもらったのです。

私は仕事を覚える時は仕事ができる人と一緒にやるのが一番早いと思っています。

インターネット集客は彼と一緒にやっていました。

石田健さんという方ですが「早起きは3億の得」という本を書いています。

私は早起きは30億の得だと思っています。

オーバーに思う人はごめんなさい。

私は本当にそれぐらいの価値があると思っているのです。

なぜかと言うと、二つ目の原則で思考は現実化するというのは、自分の心の声が聞こえるようになることだと思います。

「直感は心理になり」「直感は八割当たる」など直感を大切にする人が多くいませんか?

信じても信じなくてもいいのですが、朝起きた時に心が不安などの状態に感情がある時じゃなくて、心が豊かな状態プラスの状態の時です。

マイナスの状態という時はどういう時かというと、嫉妬していたり不安だったり怒りを感じてる、ここでいうマイナスの定義は力を奪うような感じです。

プラスの時というのは、穏やかな心が平安など豊かで幸せで健康だなと思い、そのような時に心の声を書き留める癖をつけるといいのです。

なぜかというと、すべての成功はアイディアから始まるのです。

私は4時5時に目が覚めてしまいます。

年取ったと言われるのですが、そうではないのです。

12時まで起きていても、4時などに起きてしまうのです。

夢を見ているのもいいですが、もう現実が楽しくてしょうがないので起きてしまうのです。

なぜそんな変な男になったかと言うと、女性でもそうなのですが、自分の人生に恋し始めたからです。

自分の人生で価値のあるものとそれが手に入る方法に気付く

今日の話を聞くと間違いなく年を取るのを忘れます。

なぜかというと答えは簡単です。

自分の人生で価値がある物に気づいてるからなのです。

10億円以上価値があるもの20億円なんてそんな甘いものではありません。

そして、もう一つは、それが手に入る方法に気付いているからです。

この二つがあったら人間は問題を問題と思わないのです。

朝起きて普通の人が問題と思うことも肯定的に捉えて、やり遂げるまで改善し続けるのです。

人間は、そのような心の強さを全ての人、あなたも持っているのです。

脳科学×心理学×ビジネスのビジネスメンタルの学校で身につけて欲しいです。

先ほど、感情の整理法をやってる人の動画を見て感動していました。

もちろん一回目からうまくいく人はなかなかいないです。

でも、やっているだけで拍手です。

やればやるほど上手くなりますので、ビジネスマンメンタルの学校で相手を見つけて練習会をしてください。

慣れてくると2万円で売れます。 他の人に教えていいです。

自分のコンテンツだと言っても構いません。

絶対に役に立ちます。

悩みと感情を聞く

ただ一つ、練習してできるようになってからやったほうがいいです。

もったいないと思うのは、枠組みを外して話している人がいることです。

まず相手の悩みのあと、感情を聞きます。

感じている感情は基本的に四つから選んでもらいます。

  • 不安
  • 怒り
  • 悲しさ
  • 寂しさ

次に数値化するのです。

マイナス100が最悪でゼロが何ともないとしたら何パーセントその不安などを感じているのか?

次の質問は

  • 本当は相手にどうあって欲しいですか?
  • 本当は相手にどうして欲しいのですか?

次の質問は

  • 本当は自分はどうありたいですか?
  • 本当は自分はどうしたいですか?

その悩みに対して、五つの質問をするのですが、これを当事者意識でやります。

そのとき本人は悩んでいるわけですが、何をやっているか相手に説明して構いません。

人間は無意識にものを当事者意識で見ているか、非当事者意識で見ています。

当事者意識だと感情はジェットコースターの様になるのです。

いやなことがあると凄く落ち込みますが、それは普通です。

自分だけ売上が上がらないで周りの人ばかり売上が上がると落ち込みます。

嫉妬もしたくなるのですが、普通なのです。皆さんそうです。

ですが、ほかの人のことで自分に関係ない人のことだったら冷静に見れたりするのです。

ですから、私とあなたで映画館に行き、映画のスクリーンに写っている知らない人だと思って見てください。と悩んでるその人の情景を描写してあげるわけです。

あなたと同じ人が映っているんですが、あなたじゃないのです。

知らない人だったらどう見えますか?

非当事者自意識で、まず聞くことは

  • 知らない人だったらどう見えますか?
  • 知らない人に対してどう感じますか?

大変そうだなあという人もいれば頑張っているなという人もいれば報われないよという人もいるのです。

客観的に言葉にさせるのです。

次にやらなければならないことは、あなたが自分の自己開示をするなど、同じような悩みを持った人でこういうことあったよと事例を出してあげます。

解決策を言わなくていいのです。

なんでもいいので事例を出すのです。

事例を出して客観的に見させてあげるのです。

問題解決 最初の一歩

そして、この問題を解決するためのbaby step最初の一歩でできることはなんですか?と聞きます。

自分の嫌いな相手がいるのであれば、家で「田中さんありがとう」「ありがとう」「ありがとう」と55回言うなどです。

そして、それをやる実行の自信度は何パーセントありますか?と聞きます。

80%以上だったら、では頑張っていきましょうと言って、最後に最初に感じてたものが不安だったら、不安が最初のマイナス100のうち80と言ったのであれば、今何パーセントまで下がりましたか? と聞きます。

これが30%以下まで下がらなかったら、もっとbaby stepという細分化して、もっと細かくしていきます。

ありがとうと言うのが難しければ相手の名前を言わなくてもいいから、自分にありがとうありがとうと55回いいますなど、もっと簡単なことをやりましょうと伝えます。

それなら実行自信度が何パーセントになったか聞いて100%となったら、ではやってください、とまた時間のセッションの予約をしてやっていくのです。

脳の中身を書き出す

感情の整理法は何やってるかというと、人間は整理してないとストレスになるのですが、わかりますか?

例えば、家のクローゼットなど、いろんなものを押し込んでいると、どこかでストレスになっています。

人間の脳力と=脳の力が一番出ない理由というのを東大ドクター森田先生が教えてくれています。

それは、脳を整理していないことと言っています。

脳の中身を書き出していないということなのです。

なぜ森田先生は東大の医学部に入ったかと言うと、子供の頃お母さんが亡くなり、家の米屋の仕事の手伝いをしながら、野球少年でピッチャーをエースでやっていてて、勉強もやらなくてはいけない状況だったのです。

ですから、30分間で手伝いを終わらせて、30分間で国語の勉強を終わらせて、30分間で数学を終わらせると期限決めてやっていたそうです。

それをまず書き出すのです。

一日のうちに5時から5時半まで国語、5時半から6時まで算数など頭の中を書き出すと整理できるというのです、

どういうことかというと、クローゼットの中に洋服や下着などいっぱい詰め込んでいる人は、どうしたら整理できるか分かりますか?

まずは全部出すのです。とにかくまず全部出してしまうのです。

そして、次に手に持ってみて心がときめくかときめかないか、こんまりさんやっていますね、ときめかないものは、バイバイと捨てるか、メルカリで売るとか整理していきます。

ときめくものだけクローゼットに戻すのです。

整理整頓の整理の意味は捨てることです。

整頓は元ある位置に戻すことなのです。

森田先生は、それを教えてくれています。

脳内断捨離は、脳の中を毎日書いてください。

私もやるのですが、彼に言われる前からずっとやっています。

朝目覚めたら、脳をかきだすのです。

まる現マップ

早起きは30億の得というのはオーバーに思うかもしれませんが、30億円でも小さいと思っています。

それは心の声を聞いて仕事をやっているだけです。

なぜ心の声が聞こえるかというと、ゴールが明確だからです。

私は精神論根性論でゴールまで絶対やるんだ、なんてやっていないです。

それが「まる現マップ」です。

この「まる現マップ」をやったら年を取るのを忘れるぐらい、自分の人生に恋し始めて、朝目が覚めたらどんどん若返って元気になっちゃうお話をします。

これは10億円の宝くじの話なのです。この話はちょっと深いです。

世の中のうまくいくものは全部シンプルで簡単だと思うのです。

コンサルタントで優秀なビジネスコンサルタントと結果が出ないビジネスコンサルタントの違いがわかりますか?

書いてみてください。

当たっても外れてもいいです。

コンサルタントつまりビジネスで、例えば売上を上げたい人の役に立つなどコスト削減利益をあげたい人の役に立つ人と結果出る人とでない人とが私たちはすぐわかります。

ひと言で言えるのです。

結果を出す原則が本当にわかりやすいです。

例えば、まる現の『Zoom集客®︎の学校』で、私が言っていることは一つしかないです。

売上を上げる時に大切なことは何か、営業とは何か?

「相手が求めていることを理解して、それを相手が手に入れられる人になる役に立つ」です。

私はそれしかやってこなかったのです。

それが『Zoom集客®︎の学校』なのです。

いつも同じことしか言っていないのです。

代償の法則などがあったり、法律のど真ん中で、人に喜ばれて収入を得られる人になる。

役に立たないと苦しいだけなのです。

代償の法則

先日プレミアムコースの奈美さんとのセッションを一緒にやらせて頂いた時に、凄くいい質問をしてくれたのです。

その話をシェアさせていただきます。

それはどんな質問だったかというと、代償の法則でなにかを手に入れようと思ったら先に何かを差し出すことだという教えが私には染み込んでいます。

要するに、スピリチュアルなど自己啓発が大好きなのですが、例えば10億円の宝くじがあたってタワーマンションの一番景色がいいところで、富士山が見えて東京タワーが見えて働かないで暮らせたらいいなぁなどと思うじゃないですか。

高校時代に仲がいい友達がいて、よくそういう話をしていました。

その友達とお酒を飲みに行くと、高校生だから飲んじゃいけないんだと思うのですが、彼は、いつも「久家な、自分が稼いだら人の為に役に立てるんだ、お金に余裕ができるから」と、彼はいつもそのような順番で言っていました。

いやそうじゃないと「高島逆だ、人に喜んでもらうから、お金をもらえるんだよ」と高島に言うのですが、どっちが正しいとかの話ではなく、どちらも正しいと思います。

高島というのはすごく面白い男で、演劇部の部長だったのでいつも演技をするのです。

高校を卒業した後に浅草橋で、お店をやっていました。

夜にパブスナックを彼がやっていて、私は昼にカフェみたいな喫茶店をしていました。

その時に彼がすごく面白かったのが、いつも100万円拾った演技をするのです。

バカですよね。

「久家!今日100万円拾っちゃったよ!」と拾っていないのに演技をするのです。

「これでこんな美味しい焼き肉食って、ポーカーゲームやって」など、今思えばくだらないのですが、笑わせるのがうまいのです。

初めはふざけてんだなぁと思ってやっていたのですが、ある夜仕事が終わってマンションに帰って寝ようかと思っていたら高島が帰ってきて「久家!大変だ。100万円拾っちゃった」とまたやるのです。

「もういいよ、また演技演劇だろう」と言ったら、本当に100万円入った財布を拾ってきたのです。

電話ボックスに置いてあったというのです。

警察に届けろと言ったんですが、あぁうんとかなんか返事を濁したわけです。

一週間ぐらい経って、高島にどうしたか聞くと「使っちゃった!ぴょん」と言うのです。

「お前なぁ、お前それ届けないと犯罪だぞ」と言いました。

それからどうなったかというと、彼はパチンコなどにハマってしまったのです。

そして300万円ぐらい借金をして、親がお金持ちだったので息子の借金を全部返したのです。

そうしたらどうなったかというと、また借金を300万円、500万円と作りました。

だから、人間は自分で代償を払わないで得たお金は身に付かないと、私は思うのです。

これは、まだかわいい話なのです。

次に、私がニューオータニに勤めていた時に先輩で長崎から来ているバーテンダーがいました。

この話はしたかもしれないのですが、当時はロックンローラーなど流行で原宿で竹の子族などリーゼントで踊るロックンローラーがいました。

そういうリーゼントの頭にポマードなどつけていた先輩です。

その人の口ぐせが「久家、働かなくても金が入ってきたらいいよな」でした。

そうしたら、ある晩、先輩は後輩のバイクで飲みに行ってしまったのです。

そして大事故を起こして、片腕がなくなってしまったのです。

お見舞いに行ったら、死にたかったと言っていました。

奥さんとも別れてしまいました。

今は、障害者一級で働かなくてもお金が入ってくるのです。

マンションでひとり暮らしです。

そして、彼は髪の毛が薄いのです。

事故の前の若い頃は、自分でポマードを塗りすぎてしまい、普通のシャンプーでは落ちないのでママレモンで洗っていました。

それで禿げてしまったのです。

その時は、禿げると恥ずかしいんだよ、みんなが見るんだよと言っていました。

ロケットリーゼントの頭が薄くなってきたからです。

その時、アートネイチャーの宣伝に出ていました。

ホテルマンの副業で、カツラのバイトをやってたのです。

「このズラを外すと、すげぇ恥ずかしいんだよ」と言っていたのです。

ですが、はじめは人を笑わせていたのですが、手が無くして思ったのは、手がなくなったらハゲは気にならなくなったと笑いながら言うのです。

先輩は「体が健康な時というのは、ハゲが気になるんだよ。だけど、手がなくなってみたら、ハゲなんて全く気にならないよ。 手がないから銭湯にいけないんだよ」と言っていました。

この後、私は自己啓発の世界などで、ナポレオン・ヒルやマーフィーなどの145万円教材などを買って自分で学び始めたのです。

そうすると夢実現する時やお金が入ってきた時に、親の遺産で入ってきたなんて人がいるのです。

それは本当に嬉しいのだろうか?と思ったのです。

もちろん嬉しいかもしれないですが、でも嬉しくないかもしれません。

どうせなら先に代償を払ったほうがいいと思うのです。

鉄鋼王アンドリュー・カーネギー

なぜ、そのような教えになったかというと、成功哲学でナポレオンヒルという名前が広く知られているのですが、思考は現実化するなどですがこれは誰の哲学か聞いたことありますか?

実は、鉄鋼王アンドリュー・カーネギーの哲学なのです、

その鉄鋼王が無名時代のヘンリーフォードやロックフェラー、ハワードタフト、ウッドローウイルソン、フランクリンルーズベルト、ウィルバーライトなどに自分の哲学を教えてたということなのです。

自動車屋の卵や政治家の卵、そういう人たち507名が、どういうときに成功してどういうときに失敗するか、20年間、追跡調査して、それをまとめた原則を本に出してくれと言われて、まとめたのがナポレオン・ヒルなんです。

これは、アンドリュー・カーネギーの哲学なのです。

なぜ、アンドリュー・カーネギーは20年もかかる仕事をナポレオン・ヒルに任せたか知っていますか?

有名な話で、本を読んでいくと小さい文字で出てくるのですが、アンドリュー・カーネギーは、当時もうすでに今の貨幣価値で15兆円ぐらいの資産を持っていました。

要するに今の世界一のお金持ちだったわけです。

でも、自分の最大の資産は15兆円のお金じゃない、最大の資産は自分が貧乏のどん底だったスコットランド移民から、ここまで大富豪になった成功に関する哲学だと言い切っていたのです。

それが彼の遺書なのです。

なぜかというと、彼は60歳を過ぎて、お金をどんどん社会に還元していたのです。

図書館を2711ヶ所だったか、ニューヨークのカーネギーホール全部のお金を九割以上還元していたんです。

彼の一番いい本は「富の福音」という本です。

世の中の寄付というのは、ほとんど無駄になっていると言っています。

何故かというと、人間は与えすぎるとダメになるからという代償の法則を書いています。

経営をやっていると代償の法則について見えてくるのです。

ただで人にお金を与えて良くなったケースは、1度もありません。

経営してる人は絶対わかるのですが、1度もありません。

アンドリュー・カーネギーは、その自分の最大の財産を編纂する人、遺産として成功哲学をまとめる人を選ぶ時に、200人以上面接をしているのです。

条件は

  • 僕が、あなたに紹介する、507名を20年間調べて欲しい
  • その20年間、あなたには給料を払わない

交通費や取材費など実費は払うのですが、給料はなく20年間タダ働きです。

その条件を出して、一人だけ1分以内に「はいやらせてください」と手を挙げたのがナポレオン・ヒルです。

仕事ができる人、仕事を任せられる人というのはふたつです。

  • 代償の先払いができる人
  • 決断が早い人

このような人は絶対仕事ができるのです。

決断が早い人は行動が早いです。

私は、もちろん誠実か誠実でないかも大切だと思いますが、基本的にはこのような考えです。

今日話した話、手が無くなったとか先輩の口癖が本当になったとか作れる話ではないです。

働かなくてもお金が入ってきたらいいなと、いつも1億5000万円とイメージしていたら、親が亡くなって1億5000万円入ってきたなど、そんな話をよく聞きました。

その時、思ったのです。

自分が欲しい欲しいと思う前に、相手が求めている事を理解して、それが相手が手に入れられる人になる、役に立ってその結果として収益が得られたら、一番嬉しいと思い始めたのです。

ですから、私はこういう考えになったのです。

普段は、このような話はしません。

そうしたら、すごく人生がうまくいくというか、楽しみながらうまくいく様になったのです。

今も楽しいですし、それだけの話なのです。

ですから、「思考は現実化する」より私が大切にしているのは、良いことをすれば良いことが起こり、悪いことをすれば悪いことが起こるということです。

私の話より、ぜひもう一つ進んで学んでみてください。

健康で元気で長生きする

100歳まで、健康で元気で生きたくありませんか?

前回話している、塩谷信男さんという方が書いている本で、こちらの方がさらに深く読みやすいです。

彼が、100歳になる誕生日の三週間前に書き上げた本です。

「100歳だからこそ伝えたいこと」

塩屋信男という人は、東大の医者なのですが、この人は100歳まで健康でお金もあり、すごく豊かになって、ゴルフでエージシュートの世界記録を92歳と94歳で持っているのです。

60歳を超えてから始めたゴルフです。

この人が教えているのは、簡単なことです。

健康法というのは簡単じゃないとだめだと言っています。

この人が教えてるのは正心調息法という呼吸法です。

生きるというのは、呼吸することだというのです。

私と話している言葉は違いますが、言っていることは私と同じです。

この人は96歳で100人の前で講演してました。

96歳で100人の前で講演をし、96歳で世界記録を持っているような健康なおじいさんです。

こういう人の本を読んでみるといいです。

やはりそうなんだと、同じことしか言っていないです。

同じことというのは「思いが原因人生は結果」みたいなことです。

まず呼吸の仕方を教えてくれる腹式呼吸と正しい考え方です。

正心というのは正しい心のことですが、三つ言っていて

  • 前向きに考えよう
  • ありがとうと感謝しましょう
  • 愚痴を言わない

こういう人が教えることは、それぐらい簡単です。

そのような人が、94歳で世界的なゴルフの記録を持っているのです。

もちろん、東大を出るぐらいですから優秀です。

お金も困らない。

こういう人が健康で106歳107歳まで生きたのです。

彼は、本当に人間はそのような力を持っている!と言い切っています。

それから、良いことをすればいい、良いことが起こると言っています。

どこの国でもこういう人は同じです。

ナポレオンヒル財団の前の理事長も葉巻を吸っていましたが、101歳まで元気でした。

奥さんも朝起きたら必ず、大きな声で健康だ!幸せだ!今日も一日元気で頑張るぞ!みたいに叫ぶのです。

元気な人の共通点は、そういうことです。

上場企業のオーナーが、成功している企業家の共通点を調べたのです。

朝は必ず掛け声で起きています。

今日も一日元気で頑張るぞ!

健康だなぁ豊かだなぁ幸せだなぁ、今日も一日元気で頑張るぞ!と言って起きるオーナーが8割です。

ソフトバンクの孫正義さん、HISの澤田さんなど、上手く行くことが共通しているのであれば、やった方がいいです。

ナポレオンヒルの願望実現六か条

実は「ナポレオンヒルの願望実現六か条」とアンドリューカーネギーという鉄鋼王のナポレオンヒルの本に出てくるのです。

エジソンやヘンリーフォード、ロックフェラーがアンドリューカーネギーから何を学んだかということです。

では一番根本的な願望実現6か条というのが、

1.自分の願望を明確にする

2.それを手に入れるために、どんな代償を支払うか紙に書く

これが、今のスピリチュアルなどで抜けているのです。

引き寄せの法則は悪くないのですが、引き寄せたらなにかを奪われるのです。

私が言ってるのが嫌な人は、別に信じなくていいです、

ですが、上手くいっている、成功してる人で、代償の法則というのを書いてない人はいないです。

これは落とし穴です。

3.最終期限(ゴール)を決める

いつまでに、それを達成するか決めます。

例えば、豊かな富と幸せと健康があって106歳まで生きられたら良くないですか?

115歳でもいいです。

4.ゴールとプロセスロの計画を立てる

5.すぐに行動を始める

計画は完璧でもなくてもいいので、すぐに行動を始めるのです。

6.毎朝毎晩、大きな声を出してゴールとプロセスを読み上げる

豊かだな!幸せだな!健康だな!今日も一日元気で頑張るぞ!の様に、大きな声を出して毎朝毎晩読み上げると書いてあります。

そこまではできないかもしれないですが、イメージしたらいいのです。

ですから、紙に書き出すということです。

森田先生がやってる、私もやっている、5ステップ現実化戦略です。

これを、『Zoom集客®︎の学校』の受講生に教えたら、その人の教え子で、テスラという車を販売している会社で、日本一になった女の子がいます。

彼女に何しているの?と聞いたら、この私がお伝えした、5ステップ現実化戦略を、毎日自分で「今日は何と何と何をやります」と宣言してるのを録音したそうです。

それぐらい簡単です。

思いが原因、人生は結果

ここから、少しお話していきたいと思います。

今日は、ワークなどもやりながらやって行きます。

なぜ、こういうお話をさせていただいているかというと、私は世の中はシンプルだと思っていますし、簡単にやった方が良いと思います。

それは「思いが原因、人生は結果」の話になります。

どこから来ているかというと、有史以来あらゆる宗教家も哲学者も言っていますが、実業で成功しているビジネスマンは同じ事しか言っていないです。

2500年前、お釈迦様はインドでこう言いました。

「物事は心にもとづきつくり出される」

仏教の元になった人です。

難行苦行したが、悟りは開けなかった。

死にそうになったところを、スジャータという女の子の乳粥で助けられました。

死にそうになったところで、自分の心の中と対話していると、心の声が聞こえてきた。

それは世の中の物事は心にもとづき作り出される。

牛が荷馬車を引いていくように心が牛と同じで前にあって、現実は後からついてくる。

つまり、現実は自分の私の思いの後からついてくるということに気づくわけです。

そのような考え方を弟子たちに伝えていくわけです。

人が嫌がることをしたら、自分にも嫌なことが返って来る、因果の法則です。

悪いことすれば悪いことが起こる、良いことをすれば良いことが起こると当たり前のことです。

人間のこの文章を書く言葉を話す文明は、何年前ぐらいから生まれたか聞いたことありますか?

一説によると、3000年前と言われています。

2500年前の500年経ったら、こういう原則が生まれているのです。

その後2000年には、イエスキリストは

「求めよ、さらば与えられん

尋ねよ、さらば見出さん

門を叩け、さらば開かれん」

あなたは自分の人生で求めてますか、ということです。

夢と希望を忘れていてはダメです。

自分の人生でこうなりたいというのは、やはり思わなきゃだめなのです。

願望や夢などを持っていたら若いですよね。

夢や願望などを持つと年を取るのを忘れてしまうのです。

そして、それを達成する方法を学んで気がついてしまうと楽しくてしょうがないのです。

皆さんの言うことは同じです。

フランスの哲学者デカルトも言っています。

「我思う、故に我あり」

自分が思っている事が起きているということです。

皆さんが言葉が違うだけで言っていることは同じなのです。

20世紀最大の心理学者と言われたアメリカのハーバード大学のウィリアム・ジェームズ教授は

「人間は自分が考えた通りになる」

人間は自分の心構えを変えると人生を変えられると言っているのです。

私たちにとって必要な物は全て、自分の中にあるのです。

結局、ナポレオン・ヒルはアンドリュー・カーネギーから仕事を依頼されて、507名の無名の自動車屋の卵や発明家の卵、石油屋の卵や政治家の卵たちをどういう時に成功するか失敗するか調べました。

アンドリュ・ーカーネギーの言っている、願望実現六か条をやってる人は成功するのか失敗するのか見たら、507名はほとんど全員成功したのです。

本当なのか!と思うのですが、そこがこの本が世界で7000万部売れた理由です。

そこで生まれた人たちが

  • ヘンリーフォード
  • 人類初の動力で初飛行したウィルバーライト
  • ウッドローウィルソン大統領
  • ロックフェラー

このような人たちが同じようなことをやっていたのです。

そこから成功哲学が生まれて、そこからこういう本ができているのです。

無意識の判断行動

さらにマニアックな話になりますが、道元禅師という曹洞宗の開祖がいるのです。

「正法眼蔵(しょうぼうげんぞう)」を書いた人です。

日本を旅してまわると、道元禅師の話によく会うのです。

この人が言ってることは、まさにその通りで、

「切に思うことは必ず遂ぐるなり

切に思う心深ければ、必ず方便も出で来るようあるべし」

これが全てだと私は思います。

人間は心の底から思っていることというのは、信念になるわけです。

信念とは、繰り返している思考が、その人の行動を無意識に支配してしまうのです。

100のうち95が無意識の判断行動です。

そうすると、必ず方便も出で来るようあるべし、方便とはアイディアです。

アイディアに気づけるようになるのです。

うまくいってる人は、皆さんここに気づいているのです。

京セラの稲盛会長などもそうですし、斉藤一人さんもそうです。

稲盛和夫会長の本などを読むときは、この視点で読むといいです。

彼が言っていることは、まさにもう道元禅師が言っていることそのままです。

「切に思うことは必ず遂ぐるなり」

稲盛会長はこう言っています。

「潜在意識に透徹するぐらい強烈な願望を抱くことというのを自分の哲学に入れている」

強烈な願望を自分の中に落とし込むことです。

強烈に自分の願望を色付きでイメージできるようになると、街を歩いていても、その願望を実現するのに必要なアイディアに気づけるようになるのです。

そこにずっと思いを持ち続けているとアイデアが出てくるのです。

もう一つはドイツの哲学者アウグスティヌスがいった言葉です。

「人間の情念がある一定のレベルに達すると

あらゆる事物がつながり魔術的にを解決してしまう」

信念の話をしているのです。

まる現マップの作り方

今日のまる現マップの作り方というのをお話していきます。

普通のところというのは、夢や願望などを紙に書く代償を紙に書くということをやっています。

昔はアンドリューカーネギーも、それだけで実現していたので、凄いな!と思います。

ですが、引き寄せの法則というのは、12個の落とし穴がありますので、これからお話しします。

そして、どのように夢を当たり前に実現していくかを話していきます。

その時に大切なのは成功の定義、成功とは何でしょうか?

ちょっと考えて欲しいです。

あなたにとって成功とはなんですか?

例えば、朝起きたら成功という人もいれば、1億稼いだら成功という人もいますよね。

家族が幸せだったら成功という人もいると思うのです。

難しく考えなくていいので考えてみてください。

私の師匠は前の会社のオーナーなのですが、すごく難しい考えでした。

「成功とは社会正義に反することはなく、自ら自分が価値ありと認めた願望目標を達成していくプロセスで幸せを感じている心の状態」

と教えてくれたのです。

すごく長い成功の定義なのですが、彼も一応一代で120億の企業を作ったのです。

彼は昔、船井総研を作った船井幸雄さんと、稲盛和夫会長と三人でアクエリアスという会社を経営していました。

もちろん、全部良かったわけではなく、会社も一回黒字倒産してる人なのです。

社員の持ち逃げがあったり、色々なことがあった人なのです。

ですが、幸せを感じない成功は成功じゃないということに、彼は気づいてるのです。

私は富と幸せと健康と三拍子が絶対必要だと思うのです。

富と幸せと健康が必要だと思っているのです。

では、どうしたら富と幸せと健康が三拍子揃うかというと、運が良くなることです。

運がいい人とは、どういう人かというと自分が思ったことを現実化するなど、思ったことをゲームのように現実ができてしまう人です。

この後、具体的なプロセスとワークまでお話しますから、安心してください。

脳力革命で人を幸せに

私が脳科学×心理学×ビジネスという精神性を一番大切にしているのは、10億円の宝くじの話が全てなのです。

脳力革命で人を幸せにというミッションなのです。

スキルの能力ではないのです。

自分の脳の力で人を幸せにするのです。

この脳の力という言葉は私が考えたのではなく、他が商標を持っていますので、普段使わないのですが、なぜそこに行きついたかというと、それは10億円の宝くじの話です。

私たちは、子供の頃から親に言われていい学校行ったり、安定した収入を得たら幸せになるんだよと、言われた人言われない人いると思いますが、それは親があなたのことを思って言ってくれたのだと思います。

ですが、それで40代50代60代70代と生きてきて、まだお金の心配をしていたり、体のどこかが調子悪かったり、人間関係がすごく寂しかったり、なんでそうなっちゃったんだろうと感じているのです。

日本は、これだけ豊かでいい国ですし、あと2年3年経ったら、日本はすごく旅行ブームが来ると思います。

ものすごく豊かになると思っているのです。

日本は今、安い国になっていますが、川島ゆう子さんが伝えている日本酒など日本の文化が、どんどんと広がり豊かになると思います。

なると思ってると人任せではなく、実はしようと思っているのです。

日本人の年収を三倍増にし、働く時間を半分にするぞと思っています。

それが私の楽しいゲームなのです。

皆さん笑顔になるじゃないですか?

→10億円の宝くじの話です。

私は30年間こんな話ばかりしています。

何が言いたいかというと、人間は本来行動力がない人は、一人もいないのです。

本来はやる気がない人も一人もいないのです。

本来は途中であきらめないのです。

何がないかというと、二つだけなのです。

すごくシンプルなことです。

それは、自分の人生で10億円ぐらい価値がある物を忘れてるのです。

あなたの人生で、10億円以上価値があるものなんて、いくらでもあるのです。

そこを思い出しましょうよ、というのが一つなのです。

あなたの人生です。

あなたの人生で本当に価値があるものは、あなたがわかるのです。

そして、もう一つは、10億円が手に入る!できる!と思っているから行くのです。

銀行まであと数メーターだから行けるのです。

ブラジルのリオデジャネイロまで一日で来てくださいと言ったら諦めます。

人間はできないと思うから諦めるのです。

できると思ったら行くのです。

ここまで大丈夫ですか?

革命というのは主導権が変わること

では、願望実現だけだったら簡単です。

ゴールを明確にして10億円以上の価値を見つけることです。

価値誘因と言います。

価値に誘われて引っ張られる自分になることです。

そして、それを達成する方法を身に着けることです。

みなさんそこまではわかったよ、と言います。

私が言いたいのはもう少し深いのです。

なぜ、うまくいってる人が、皆さんかっこいいとか若くて綺麗なのか、自分の人生に恋をし始めるかという理由があるのです。

それは、自分の人生の時間を感情で感じているのです。

人間の心はすごく強いのです。

心が弱くなってしまうこともあると思います。

ビジネスメンタルを覚えたら強いというよりも、もっと柔軟です。

全部乗り越えてしまいます。

本当に楽しみにしているので、全部乗り越えてしまうのです。

どんな状態でもプラスになってしまうのです。

最終的にどうなるか言っておきます。

右に行っても左に行っても正解になります。

ふざけんな!と思うかもしれないですが、本当なのです。

説明しようと思ったら、全部説明できますし、本当にそうなっていくのですが、脳力革命で人を幸せにというのは何かというと、革命というのは主導権が変わることだと思っています。

フランス革命というのは、国王が支配していて国民が貧乏でした。

それをひっくり返し主導権が変わりました。

明治維新では、下級武士たちが徳川幕府をひっくり返しました。

能力革命というのは、あなたの人生で主導権をあなたが持つことです。

それは、自分を愛して毎日を楽しみ、人を愛して、人に優しく親切にできるような人生になる、ということです。

それは、どうしたらいいかというと、たった二つでいいのです。

あなたの人生で一番価値があるものとは、どんなものなのですか?と考えることをします。

今まで、一生懸命に人のために生きてきましたよね。

もちろん、自分の為もあるでしょうが、家族の為、会社の為などやってきませんでしたか?

人間にはそのような人が多いのです。

50代過ぎている方は、ほとんど皆さんそうです。

それをもう一度自分に主導権を自分で取り戻しましょう。

わがままになるなど、人に迷惑をかけるのではなく、自分を愛して、毎日を楽しめて、人を愛して、人に親切にできます。

それを今日はやっていこうということなのです。

→沖縄のハレクラニホテルの動画

引き寄せの法則

引き寄せの法則12の落とし穴について、話してまいりたいと思います。

引き寄せの法則というのは落とし穴があります。

もちろん、引き寄せの法則が悪いと言っているわけではありません。

引き寄せの法則がよくわからないという人は、シークレットとYouTube検索すると出てきます。

その動画を見ても、なぜ多くの人は実現しないのか、話して参ります。

落とし穴(1)

心から欲しい物がない

人間とは習慣の奴隷なので、普段やっている事から、抜けられなくなってしまうのです。

→ファーブル昆虫記の行列芋虫

大前研一さんというコンサルタントが書いた本によると、日本人は亡くなる時に一番お金を持って亡くなっているそうです。

ヨーロッパのイタリア人などは、亡くなる時にほとんどのお金を使い果たして死ぬそうです。

この違いはなんだ?日本人は真面目なのかもしれない、将来が不安なのかもしれないですが、もう少し考えた方がいいかもしれないです。

落とし穴(2)

他人の夢を追いかけている

他人に言われた夢を追いかけていませんか?

30、40、50になったら、自分の人生で自分の夢を追いかけましょうよ。

60、70、80になったら、なおさらです。

自分の人生は、どんな人生を生きたいのですか?

そろそろ、人のための人生ではなく、自分を愛して毎日楽しみましょうよ、というのが二番目なのです。

そうでないと、一生人のため人のためとやるのですか?

例えば、子供の頃言われたこと

  • いい大学
  • いい会社
  • 安定してる

本当にそうでしょうか?

  • 役職が欲しい
  • 学歴が欲しい
  • お金が欲しい

もちろん、ないよりあった方が良いのかもしれないですが

  • リストラ
  • 倒産
  • 部署移動

このようなことで、簡単に人生が変わってしまいます。

でしたらここで、自分の人生で10億円の宝くじで話したように、本当に価値があるものを一回考えましょう。

何が大切なのでしょうか?

この後、中心的な価値観を明確にしていきます。

落とし穴(3)

基本的な欲求が満たせていない

→マズローのヒエラルキーの画像

マズローの五段階と言われるものです。

人間は、基本的な欲求が満たされないと、上の欲求は満たせない、というのがわかっています。

上に行っても落ちてきてしまうのです。

例えば、生理的欲求というのは、トイレなど食欲、性欲、睡眠欲など、そのような基本的な欲求が満たされてないと、夢をどんなに叶えたいと思っていても、生理的欲求の方が強いのです。

例えば、電車に乗っていてお腹がキュルキュルいっているときに、夢のこと100万円売上あげよう、など考えられないです。

それより今、トイレに行きたいわけです。

基本的な欲求が満たされてホッとしたら、やっと考えられるわけです。

ホッとしないと考えられないです。

まず、自分の欲求を満たすことです。

欲求と言っても最低限の欲求のことです。

まずは、最初の生理的欲求とか安全の欲求から満たさないで、健康で健やかとか安全な欲求など満たしてない、例えば、テロなどがあるところや戦争のあるところ、倒産リストラの危険などがあると、やはり不安になってしまうのです。

  • 安全な住居
  • 安定収入がある
  • あたたかい衣服

この様なところが満たされて、初めて愛と所属の欲求など、家族との欲求など、パートナーとの欲求に行くわけです。

このマズローの五段階で大切なのは、生理的欲求や安全の欲求は、いつ達したらいいと思いますか?

いつもです。

そこを満たすためには、どうしたらいいかというと、疲れたら先に休むなど、自分を大切にすることなのです。

実は本当にそちらが先なのです。

年収三倍増働く時間半分に

20代30代など、家族のため人のために、ガンガンガンガンやるわけです。

大きな成功とか豊かさを得るためには、心の平安を得ながら豊かになっていく人は、だいたい50歳過ぎてから男性も女性も多くなると言われているのです。

なぜかというと、若いうちは性欲が強すぎるからです。

50代、60代、70代は、穏やかにどんどん豊かになる、実りの季節だと思ったのです。

プラチナ層と呼んでいます。

そして、まずあなたが自分を愛した時、自分の心を平安にしたり、豊かにするなど、ゆっくり休んだりしたときに、豊かになっていくのです。

外にあるわけではありません。

幸せは、まず、あなたが生理的欲求など、安全の欲求をいつも満たして、その上でなのです。

その上で、愛と所属の欲求などは人のため他人の為にとやっていると、なかなかそちらにいかないのです。

そのうえで人から認められる承認の欲求などがあります。

私は、年収三倍増、働く時間半分にできると思っているのです。

まずは、目の前の一人でも良いですし、ここに居るビジネスメンタルの人たちが、どうやったら年収三倍になるか、毎日考えています。

本気で考えてます。

絶対できると思います。

売上を上げよう収入を上げようと思ったら、今まで東京だったら東京の一都三県しかできなかったのです。

税理士や士業など、オンライン化できない人たちが、いっぱい来ています。

オンラインでのやり方を教えると、皆さん驚くのです。

例えば、埼玉の税理士がいるのですが、リアルで対面なので、埼玉など東京一都三県しか顧客できませんでした。

ですが、今、私と一回セミナーを一緒にこうやると、一回12件ぐらい顧問先ができるのです。

税理士事務所は1件契約すると、年間50万円の顧問料です。

税理士事務所は顧問先ができると、何年ぐらいやめないか知っていますか?

10年間です。

10年間ですから、年間50万円の契約を取ると、500万円の売上になるのです。

一回セミナーをやると、12件ぐらい契約できます。

年間6000万円で、年間30件ずつ紹介するのです。

そうすると、1億5000万円ずつになります。

普通の小さな税理士事務所で、4年前に独立したところでも、あっという間に顧問先が出来るだけではなく、もっと大きなこともあるのです。

それは、税理士事務所には労働集約型で仕事を任せる人が必要です。

例えば、領収書をもらったのを整理するという仕事があります。

確定申告の時期というのは、人に仕事を出すのです。

その人材を、税理士事務所経験者などに仕事を出すわけです。

そうすると、埼玉だけでやってると、埼玉近辺に住んでる人にしか出せないわけです。

それをリクルートさんなどで募集すると、六人くらい募集するのに広告費用400万円など平気でかかるわけです。

オンラインで募集するといくらかかるか知っていますか。

あるやり方をすると0円です。

先日一人の税理士から聞かれました。

400万円かけて入った六人が、六ヶ月で全員やめてしまったのです。

だから、「広告費パーです。何とかなりませんか?」と聞かれました。

なります!簡単です!オンラインでやったらいいのです。

もちろん、いくつかコツがあります。

私だとやり方を教えたら、できてしまうのです。

その税理士さんも、今21人を無料で集客採用できて、今11人ぐらいに仕事を任せて、ものすごくうまく回っています。

顧客もオンラインで沖縄から、北海道までできました。

220社の顧問先ができました。

もう仕事に全然困らないです。

その人はもうオーナー税理士です。

こういうやり方は、税理士だから出来ると思いますか?

違います。

私たち普通の人間でできます。

いくらでも事例を話せます。

知識と経験をオンラインで伝える

今日もずっと、そのようなコンサルティングみたいなものをやっていました。

知識と経験をオンラインで伝えるだけなのです。

こういう形で、本当に年収三倍増、働き時間が半分になります。

ですが、きちんとやらなければなりません。

そのやり方を、一人が二人に伝えて、二人が四人、二人がもう一人ずつに伝えたら四人になり、四人がもう一人ずつに伝えたら八人になり、八人が一人ずつ伝えていったら十六人になります。

そうやって倍倍倍になると、27回伝えるとどうなるかというと、6800万人に伝わるのです。

26回目で6800万人か6700万人かな。

そして、27回目には1億3000万人を超えるのです。

日本の人口は1億2320万人です。

それはなぜ出来るかというと、オンラインだからできるのです。

私は東京にいますが、今日は色々な地域から入っていて海外から入る方もいらっしゃいます。

オンラインだから繋がれるわけです。

こうやって倍倍倍に伝えてったら、どういうことが起こるかというと、幸せのアメーバプロジェクトと言っているものです。

厚さ0.1ミリの紙を一回折ると0.2ミリになり、二回折ると0.4ミリになります。

三回折ると0.8ミリになり、26回折ると 6700メーターになります。

6700メーターというのは、0.1ミリの1万倍なので、6700万倍になるのです.

27回目で、1億3000万倍になるのです。

日本人が元気になったら嬉しいですよね?

もちろん、世界中の人が元気になって、仲良くなったら嬉しいですよね?

そうなるかどうか分からないです。

日本人全員が、働く時間が半分になり、年収三倍増になるんだよ、と言っても全員はやらないです。

でも、本来やりたい人がやったらいいのです。

私は思うのですが、豊かな人がどんどんどんどん増えたら、皆さん豊かになりますよね?

私には夢があります。

これから本気でやります。

皆さん笑ってください。

全員できるかわからないですが、私は目の前の一人にどんどんやってきます。

楽しいゲームなのです。

年収三倍になって働く時間が半分になったら、それを一人ずつ伝えて行ったらいいじゃないか、 と幸せのアメーバプロジェクトを私はやっています。

世界の人が豊かになったらいいのですが、まず日本からです。

そうしたら、一人が二人に、私が働く時間半分になって、年収三倍になったよと小松さんに伝えたら二人になり、それじゃ浅野さんと上野さんに伝えたら四人になります。

そうしたら、27日目には日本人全員1億3000万人いっちゃうのです。

オンラインで伝えたら、あっという間です。

日本人全員がやるかどうか分かりませんが、伝えるだけだったらできるわけです。

私はずっと検証しているからわかるのですが、オンラインでZOOM集客があったら、集客三倍になります。

リアルと比べて、集客が三倍になって、売ってる商品の単価が変わらず、成約率変わらなかったら、売上は三倍になるのです。

売上三倍になったら、利益は三倍以上に必ずなるのです。

ビジネスというのはコストが変わらないし、もしかしたらコストは下がるのです。

そのように、収入が三倍になって、しかも働く時間半分というのは、交通費や時間など移動時間などないし、 こういうパワーポイントというのも、使い回しができます。

実はこのパワーポイントも昔作ったものです。

これは、2015年から使っているパワーポイントです。

ですから、オンラインで仕事をやると、これぐらい簡単です。

もちろん、更新はしています。

拡張アップデートもしています。

ですがセミナー会場でチラシを印刷するなど、やらなくていいんですよ。

楽です。

ですから、働く時間半分になり、年収三倍にできると私は思います。

少しイメージしてみてください。

あなたが、まず自分が年収三倍になって、働く時間が半分になったら、いろんなところに旅行に行けたり、子供との時間など、大切な人との時間をもっと取れたらよくないですか?

それ以上に、自分を愛する時間や、自分にご褒美をあげる時間などを手入れする時間もできてきます。

10億円の価値があると思います。

落とし穴(4)

お祈りだけして行動しない

代償の法則です。

何かを得ようと思ったら、何かを差し出す。

それは、先に差し出した方がいいです。

高島は100万円拾ったのですが、それを警察に届けないで使ってしまったら、自分が借金だらけになってしまった、そんな人生よりもです。

彼が悪いとは言わないです。

今だと、面白いやつだなと思います。

ですが、先に差し出してたほうが、相手が求めていることを理解する、相手が手に入れられる人になったら、役に立ったら、ありがとうと言われるようになります。

いずれは、信頼されるようになります。

そして、人から喜ばれて豊かになった方が楽しいです。

落とし穴(5)

マイナスの信念に気づいていない

それを消せることを知らない

お金のメンタルブロックなどです。

その信念に気づくのは、どうしたらいいかというと、ある思考が行動を支配している状態は、全部言葉にあらわれるのです。

自分のマイナスな言葉に気づくことなのです。

その人のセルフイメージなど、信念は言葉に表れているのです。

今日は疲れた、眠いと言ったら、それが悪いわけではありません。

疲れたら寝たらいいです。

ですが、自分には無理、出来ないなどと思い、そのようなのが言葉に出たら、一回パチンとたたいて大丈夫、大丈夫、大丈夫と自分を励ましてあげるなど言葉を変える、口癖を変えるといいのです。

基礎練習は、つまらないです。

ですが、基礎があると、あなたを守ってくれるのです。

私が営業やって、なんでこういう風に、いつもニコニコになるかというと、多分断られた回数が人より多いからです。

一日に、だいたい200人に電話して、200回断られました。

そうしたら、ありがとうという癖を付けたのです。

思っていなくても、始めは自分をごまかしてるわけじゃないのですが、ありがとうありがとうと言っていたのです。

そうすると、何がありがとうなのか、人間の脳は考えるのです。

もっと相手のことを理解すればいいんだなとか、この人には商品など一切説明しない方が良いんだなど、教えてもらってありがとうなのです。

もっと相手の悩みを解決できる商品にしたらいいんだなどです。

マイナスの信念をプラスに変えるには、四つのステップです。

  1. 自分の思い通りに、コントロールすると決める
  2. マイナスの信念に気づく(指を鳴らす・ゴムパッチン)
  3. マイナスの言葉をプラスに変える。
  4. それを100日続ける
  5. 人に教え始める

落とし穴(6)

目標が、現実的ではない

いきなり毎月1億円稼ぎたいと言っても現実的じゃないと、もっと現実的なことをやった方がいいです。

はじめは、自分の今のもらっている収入の三倍など、現実的なところからいった方が、ビジネスはやりやすいです。

思いを現実化する4ステップ

  1. 幻想
  2. 目標
  3. 予定

ビジネス以外でもいいです。

夢は叶いやすいです。

始めは、幻想でいいのですが、それが夢に代わり、目標へと変えていくのです。

思いを現実化する4ステップ

  1. 幻想 ⇨いいね
  2. 夢  ⇨いきたいなぁ、欲しいなぁ
  3. 目標 ⇨期限を決めて行くぞ!
  4. 予定 ⇨期限を決めて段取り終了

*代償を払ったなど

例えば、幻想はハレクラニに一週間泊まりたい!

いくらなの?

二人で行ったら、まあ、一泊5万円ぐらいで泊まれます。

では、ええと35万円は高いから、三泊だけで15万で行こう!

でも、航空費は別だからマイレージで行くのか?ツアーで行くのか?

でも20万円25万円だったら行けるなあ。

なんだ!でもそれぐらいで行けるんだ!

行きたいな、行きたいなあと言っている時は夢です。

ですが、4月の10日から行くぞ!と決めて、予約したら目標になります。

大切な奥さんか旦那さんか、パートナーか子供と行こう!仲間と行こうと決めます。

たまには、ご褒美だと期限を決めて、あとは段取り、もう申し込んでお金払と代償を払ったら、多分ほとんど九割というか、十割近く行きます。

はじめは、幻想なんてできないと思うのです。

私もずっと、その連続でしたよ。

こういう、タワーマンションに住みたいと思いましたが、その時なんかお金がなかったので、タワーマンションの一番いい部屋を全部見せてもらったのです。

そうしたら今、そのようなところに住めるようになったのです。

人生はそんなものです。

いくらでも、やり方はあります。

幻想だけの人が多いのですが、行きたいなあと思っているうちは、行かないのです。

人間はいつ行くか期限を決めないと駄目です。

決めたところで、初めて目標になり、期限を決めてお金を払ったり、要するに代償を払ったら、だいたい行くのです。

やはり、ここでも代償を払わないと、皆さん行かないです。

多くの人は、目標が現実的じゃないから、夢を実現できないのです。

現実的な人というのはこの幻想など夢を超えて目標にして、いつ行くと決めて予定にするためには代償を払うのです。

落とし穴(7)

先生を間違えている

よく成功哲学などの塾などをやっている人たちを見ていて、思うことがあります。

すごくお金持ちなんですが、女性関係が全然ダメで、いつも失敗して離婚して全然うまくいかない人に、女性関係のセミナーで習っている人などがいるのです。

子供がいじめられている時に、八百屋のおじさんに相談してもいいのですが、本当に困ったら、自分で出て行ってダメだったら、警察を呼ばなければならない時もありますよね?

やはり専門家っているのです。

相談する相手を間違えている方がいます。

お金持ちだったらなんでも、人間関係もうまくいっていると皆さん勘違いしていますが、そんなことは絶対ないです。

もちろん、人間関係もお金も健康もある人もいます。

そのような人から学ぶのはいいのですが、何の専門家か知っておいてください。

歯が痛いのに、目医者に行く人はいないですよね?

先生は間違えない方がいいです。

どのように選んだらいいかというと、その人から学んだ人たちが、本当に人に喜ばれて成功している人が多いか、見るといいです。

その人がもちろんいい人であるなど、自分が行きたいところにもうすでに歩いている人であるなど、大切だと思うのです。

もう一つは、その人から学んだ人たちも豊かになっているかをみるといいです。

できれば長期的に実績があったら、越したことはないです。

私はシェルパと言いますが、先生を選ぶときは、必ず条件が三つあります。

その分野で、自分が行きたいところを歩いている人です。

要するに、机上の空論じゃなくて、本当にやってる人です。

そして、ホワイトな人です。

グレーやブラックの人ではない人です。

あとは最終的には安全を教えてくれる人です。

やってはいけないことを教えてくれる人です。

代償は先払いです。

代償のない利益を求めてはいけないです。

私は、そのようなのを現実に見て来ましたから、あなたが判断してください。

など、きちんと安全を確保してくれて、最終的にシェルパというのは

「あなたならできますよ」

「ここから頂上までは自分の足で歩いて行ってください」という人です。

ですが、何かあったらいつでも戻って来てください、ここで待っていると、聞いてくれたらいつでもお答えしますし、一緒に歩いてきますからと、そのような人を先生にした方がいいです。

私は運が良かったので、そのような人が先生だったのです。

それだけです。

私はなぜ、こんなに豊かにさせてもらえているかというと、先輩が良かったのです。

もちろん厳しかったですが。

落とし穴(8)

ゴールを忘れてしまう!

ですからまる現マップの作り方をお伝えします。

落とし穴(9)

正しい行動をしない、または途中で諦める

なぜ、正しい行動ができなるかというと、考える時間がないからです。

先ほど言った、早起きは30億の得というのはオーバーと思うかもしれませんが、朝早く起きて、一人で自分の心の声を聞く時間を持ってみてください。

自分の人生で、本当にどんな事がやりたいのか?10分でもいいですし、30分でもいいし、5分でもいいから、自分の心を紙に書き出す習慣を作ってみてください。

毎日やってると、本当にやりたいことと、その方法まで気づけるようになってきます。

自分の心の声を聞く習慣を持って欲しいです。

落とし穴(10)

目標達成のPDCAサイクルがない

アイデアを紙に書きだした後は、目標達成のPDCAサイクル、五ステップ現実化戦略など、逆算式ゴール設定です。

何か物事をやろうと思ったら、改善を重ねる必要があるのです。

自分がやってることが、ずれないか?

きちんと自分がやってることが、正しいのかよくないのか、判断しないとだめです。

  • P プラン(計画)
  • D 実践
  • C チェック
  • A アクション(改善是正)

PDCAを、どれだけ速く回せるかなのです。

例えば、ビジネスでしたら、毎月100万円あげる30万円あげるといったら、今月は説明会や相談会に十人来てもらうと決めて、五人しか来なかったら、来月はどのように改善するかと、その改善を重ねて欲しいです。

改善を重ねると、ずれたことや大切なことからはずれたことに気づくことです。

気付かずにそのまま違う方向に行ってしまったら、ゴールに到達できません。

いつもフィードバックして、自分がやってることをきちんと間違えてないか、確認をします。

癌になった人など、有名人で何人かいるのですが、それを乗り超えている人とは、お医者さんが一人だけの人なんて一人もいないです。

生き残っている人は、できることを全部やった人です。

何が効いたのか、私には分かりません。

講演家の福島正伸さんや神田昌典さんなどは、できることを全部やったのです。

落とし穴(11)

定期的にプッシュしてくれる人がいない

定期的にプッシュしてくれる人がいた方がいいです。

宿題を出してくれたり、どうだった?と聞いてくれて、その結果を聞いてこうしてみたら、みたいなことをしてくれる人がいた方がいいです。

真心から応援してくれる人、プッシュマンと言います。

落とし穴(12)

人の機嫌をとって、自分の氣元をとらない

人の機嫌をとって自分の機嫌をとらないと、だいたい人に言われるまま生きて来てしまうのです。

お客さんにずっと合わせるなど、そればかりやってると、なかなか豊かになるのは難しいです。

まず、自分を愛して毎日を楽しむということは、どこから始めるかというと、まずは朝早起きするなどで、今日やるゴールを決めることです。

あなたの人生で、あなたが主導権を持つことなのです。

革命を起こすことです。

主導権を自分が持つと、決めることです。

信念を実現する!

まる現マップ

自分でどういう人生を生きたいか決めます

8分野で書き出す

(1)ノートに欲しいもの

欲望を書き出す

ノートの一ページ目に、百個書くのです。

前もって言っておきますが、百個書こうと思っても書けないです、

大体どれくらいかというと、普通30個ぐらいしか書けないです。

もしかしたら、十個しか書けない人もいると思います。

全然問題ないです。

なぜ、書けないかわかりますか?

脳が制限をかけてるのです。

どうせそんなもの書いても、うまくいかないなどです。

だから、欲しい物の数が初めは出てこないので、4回やって欲しいのです。

3日に1回、もしくは1週間に1回書いてください。

欲しいものが出てこない人は、3つのことをやってください。

目標がない人は、目標など欲しいものが明確じゃない人です。

一つは、欲しいものがない人は、こうなったら嫌だというのを書いてください。

例えば、病気になりたくないなどありますよね?

ガンになりたくない、病気が再発したくないとかありますよね?

次に、その逆を書いてください。

健康で生涯現役で生きるなどです。

紙に書いたら、すぐ実現するわけじゃないから大丈夫です。

安全面がついていますので、脳に擦り込んだ時、信念になった時に、思いは現実化し始めるのです。

信念とは、ある思考が行動を支配した状態です。

紙に書いても、信念にはならいないです。

それを毎日毎日自分に刷り込んで、自己暗示をかけてから信念になるのです。

ここまでは分かりますか?

信念になる時は、感情が変化してます。

これから、まる現マップをやり始めたら、自分自身で夢など書いて、そっちに行き始めてそればかり考えると、家族など大切な人との時間が取れないなどあると思います。

その時は、家族と同じ趣味を持つ、例えば一緒に旅行に行くなど、同じ趣味を持つといいです。

それか、パートナーシップのビジョンを持つなど、同じように大切にするものを決めておくということです。

人間は信念がずれてくると水と油になり、家族でもはじけちゃうときがあるんです。

思考を強烈に、潜在意識を刷り込んだり、脳科学を使い始めると、家族と離れちゃう人がいます。

別に、そんなことして欲しいなんて思っていませんが、自己責任なので言っておきます。

欲しいものがない場合は、脳が制限をかけています。

どうせうまくいかないと、制限がかかっています。

その場合は、3つ考えます。

  • こうなったら嫌なこと⇨その逆を書く
  • ロールモデルを探す 

あなたの理想像というのを探すのです。

そのような生き方している人の本を読んでもいいです。

セミナーでも良いですし、ユーチューブでもいいです。

その人になりきって、私がこの人だったら、どんな家に住んでるんだろう、朝起きてどんな朝食をたべているんだろう、フレッシュオレンジジュース飲んでいるのかしらなど考えるのです。

この後、セミナー終わったら、美味しい日本酒を飲もうかしらなど、そのようなイメージをするのです。

自分が欲しいところを、全部書いていきます。

そうやると、どんどん百個ぐらい書けるのです。

  • 仮定思考する

最後は、仮定思考と言って、枠を外してください。

  • もしお金がいくらでもあったら、やりたいことはなにか?
  • もし時間がいくらでもあったら、やりたいことなにか?
  • もし健康で何でもできるのであれば、何をやりたいのか?
  • もし何でもやっていいんだったら、何をやりたいのか?

本気で書いてみてください。

そうすると書けるようになります。

(2)1週間ごとに4回書き出す

できれば、3日に1回書いてみてください。

同じものを書いていいです。

4回書いたら、いつも書いているもの、私はこれがやりたかったんだと分かります。

(3)ゴールを8個以内に絞る

8個以上だとなかなか集中し辛くなるので、8個以内にしてください。

(4)5ステップ現実化戦略

ゴールとプロセスを書き出します。

毎月100万円を上げたいのであれば、ゴールが100万円なのですが、五つの要素を書いて ゴールは何か数値化できた方がいいです。

100万円の目的はなにか?

100万円取ることで、自分を愛して、もっと毎日を楽しみ、色々なところに旅行行きたいなどです。

人を愛して優しく親切にする、家族など周りの人が豊かになるように役に立つ、などでも良いです。

それはもう、あなたの自由な目的を書いてください。

そして、戦略戦略というのは、どうしたら100万円を稼げるようになるか?

一番簡単なのは、うまくいっている人をオマージュすることです。

そこから、代償を払ってきちんと学ぶなど、それが戦略です。

戦略というのは。 目に見えないものなのです。

実は、どうやったら一番効率が良いか?

ですから、早起きは30億の得というのは、考えることなのです。

実は、戦略という戦術というのは、具体的に目に見えるものです。

どんな仕事をやるのか、戦略というのは、例えば軍隊で言うと、将軍が指令を出して、あなたはここで戦ってくださいみたいなことです。

あなたは、この軍隊、こっちから先回りしてください。

戦術というのは、兵隊が実際に現場でやることなので、仕事で言うと経営者というのは、何をやってるかと言うと、頭で考えて99.9%戦わずして勝つ方を考えてるのです。

会社員などスタッフの人というのは、現場でサービスをするのです。

どちらが偉いかではなくて、役割が違うのです。

その戦略で間違えてしまうと、戦術でどんな優秀なサービスをしても会社は潰れてしまいます。

ですから、戦略というのはすごく大切なのです。

戦略とは見えないのです。

戦術は見えるのです。

なぜかというと、経営者は頭の中でどうやったら稼げるのか?

人に喜ばれて収入になるか?

戦わず勝てるかなどを考えるのが経営者の戦略です。

従業員はそこでいいサービスをするなど、一生懸命やってるのです。

どちらが大切なのか?

どちらも大切です。

ですが、間違えたことをずっとやっていたら、ずっと間違えてしまうので、考えて欲しいです。

考える時間が富を生むのです。

実際にうまくいっているかどうかを、きちんと五ステップ現実感やPDCAで、うまくいかなかったらやり方を変えてください。

(5)画像を探して、まる現マップを作成する

今日は、ここまでです。

本当にありがとうございます。

まとめ

私たちの人生は「思いが原因人生は結果浮かんだことは必ずできる」と私はいつも言っています。

これが原則だと思います。

それには、代償の法則が大事で、相手が求めていることを理解して、それを相手が正当に手に入れられる人になる、役に立ち、相手からありがとうと喜ばれて、相手も喜ばれ自分も豊かになる。

自分もよくなりお客さんもよくなり、会社なども良くなり、天から見ても美しい生き方をしようと、きれいごとに聞こえるかもしれませんが、全部できるのです。

ですから、そのような考え方をしましょうよ、というのを今日は最初にお話しました。

そして、思いを現実化する、まる現マップの作り方をお話しました。

私は20年以上前から作っていますが、毎年ほとんど実現しています。

まる現マップを作り始めてください。

そして、感情の整理法にチャレンジしてみてください。

やればやるほど上手くなります。

自分の感情のコントロールというのは、絶対やって欲しいのです。

マイナス言葉を言ったら、指を鳴らすなどパチンとやってプラスに変える、これが基本です。

これが一番難しいですが、これができるようになったら、夢は叶います。

皆さん、遅くまで本当にありがとうございました。

私たちは、自分の中で夢を叶える力を持って生まれてきてるのです。

ぜひ体感して、また一緒にして行きましょう。

     
  

SNSでもご購読できます。