なんでもやってみなはれ、やらなわからしまへんで!

//////////////////////////////////

このブログ『豊田さくらのウエルシーシェフ』では、メンターや書籍、
映画などから学んだ『卓越のレシピ』を、実際の実務で実践して、
成果がでたものを掲載して読者の方にご紹介しております。

引用などで、もしご不快な方やご迷惑な方がおりましたらお申し出
いただければ記事を削除させていただきますので宜しくお願いいたします。

///////////////////////////////////

書籍『秒速で1億円を稼ぐ条件』与澤翼著を読みました。

一部を引用してご紹介させていただきます。記事を読んでよければ是非、書籍を読んでみてください。

※ 書籍『秒速で1億円を稼ぐ条件』与澤翼著はこちら!

秒速で1億円稼ぐ条件/フォレスト出版

¥1,575
Amazon.co.jp

■ 豊かさを創る質問■

・あなたは、行動してますか?

・あなた、よく他人の意見を聞いていますか?

・あなたは、忙しい人に仕事を依頼していますか?
__________________________

<卓越のレシピ>

なんでもやってみなはれ、やらなわからしまへんで!
      サントリー 鳥居信治郎

__________________________

◆あなたが興味のある金儲けにしても、その裏のことを深く理解していないとリアルに儲け、金持ちなることはできないはずだ。

金儲けの手法やスキルを知っていれば、それを知らない人よりも金持ちなれるのは当たり前の話である。

その手法やスキルを知りたいのなら、早速この本を手にとって読み進めて欲しい。

努力次第では、あなたも「秒速」で金持ちになれる未来が待っているからだ。

 

◆世界経済は今、欧州危機や中国経済の成長鈍化などで、まさに世界同時不況の様相を見せている。

これから日本の会社は、根本から揺さぶられ、崩れ去って行く恐れさえ予想されている。

一方で、個人がフリーエージェントとして大きな富を獲得し、金持ちになれるチャンスを提供してくれる自由な「フリーエージェント社会」が到来している。

この奔流に乗り遅れるのは、みすみす金持ちなれるチャンスを自分から放棄しているようなものだ。

 

◆時代が大きく変化し、何かを始めることによって金持ちになれる絶好のチャンスが訪れている時、お金の稼ぎ方を知っている人と、知らない人とでは貧富の差が大きくなっていくはずである。

その二極化時代は、すでに日本でも始まっている。

つまり、誰もが金儲けに遠慮なく挑戦できるのだ。

そんな時代に、金が稼げる方法、手段、スキルを知っていると、どんな社会がやってこようとも、あなたは生き残っていくことができる。

 

◆しかも、誰もがう羨ましはる金持ちでセレブという、金に縛られることのない自由な世界に生きていけるのだ。

あなたは今、金を稼ぐチャンスがやってきているのに、それに気づいていないのかもしれない。

薄々気づいたとしても、その稼ぎ方がわかっていないと、あなたの財布や口座には一円も入ってこない。

求めていた金儲けが、実現しない夢物語に終わってしまうのだ。

 

◆ マスコミ4媒体広告(新聞、ラジオ、雑誌、テレビ)などについての広告費売上高が 発表されていいます。

注目すべき点は、「インターネット広告」は今回第3位となっているものの、近年では「新聞」を抜き「テレビ」に次ぐ第2位の座を占めることもしばしばあった、ということである。

そして2013年、「インターネット広告」が「新聞広告」を抜くといわれています。

ちなみに2011年11月の主要メディアにおける広告費売上高は、前年同月比でマイナス2.7%と減少しています。

※2012年1月13日付「特定サービス産業動態統計調査(経済産業省)」
2011年11月分の各産業のデータより。

※書籍『秒速で1億円を稼ぐ条件』与澤翼著はこちら!
秒速で1億円稼ぐ条件/フォレスト出版

¥1,575
Amazon.co.jp

_____________________________
<魔法のレシピ>

■私は人の話を聞くのが上手です。

私は学問のある他人が全部私よりよく見え、どんな話でも素直に耳を傾け、自分自身に吸収しようとつとめました。よく他人の意見を聞く、これは経営者の第一条件です。
          松下幸之助

 

■明日は何とかなる、と思うのは馬鹿者だ。今日でさえ遅すぎる。昨日のうちにすませてしまっているのが賢者だ。
       クーリー

 

■ 何かをさせようと思ったらいちばん忙しいヤツにやらせろ。
それが事を的確にすませる方法だ!
     ナポレオン皇帝
__________________________

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*