なりたい自分になろう! 書籍『20代で始める夢設計図』熊谷 正寿著 より

成功 失敗をわける!『違い』は何でしょうか?

成功 失敗をわける卓越のレシピが書かれている

書籍『20代で始める夢設計図』熊谷 正寿著 大和書房

必ずスピード成功する5つの原則を読みました。

成功 失敗についてとてもわかりやすく書かれているので氣にいったら是非、お読みください。

※お奨め書籍『20代で始める夢設計図』熊谷 正寿著はこちら!
20代で始める「夢設計図」-必ず“スピード成功”する5つの原則/大和書房

¥1,470
Amazon.co.jp

 

■豊かさを創る質問■

・あなたは、人生でどんな人になりますか?

・あなたは、夢目標を明確に定めて、いつまでに、何を、どう実現させていくかを考えていますか?

・あなたは、毎日「なりたい自分」になって、成功と幸せをつかむことを目指して歩んでいますか?

__________________________

<成功 失敗 卓越のレシピ>

なりたい自分になろう!

__________________________

◆「なりたい自分になる」ことが人生における成功であり幸せである。

私はそう考えています。つまり人生とは「なりたい自分」になって成功と幸せをつかむことを目指して歩む「がんばりのプロセス」だと思うのです。

となれば、夢目標を明確に定めて、いつまでに、何を、どう実現させていくかを考えることが必要です。

 

◆そのための時間、自分自身の人生を考え、成功と幸せの設計図を描く時間を持つことこそが、 20代で最優先すべきアクション。

20代という時間は、なりたい自分になるために人生の土台作りをする時代と言えるでしょう。

ではなぜ、夢・目標が大切なのでしょうか。

それは、人は夢で思い描く自分の姿以上の自分にはなれないからです。

 

◆「空を飛びたい」と夢見た人にしか飛行機は発明できません。

エベレストの頂上に立てるのは、「世界最高峰を制覇する!」という目標をもった人だけですし、「オリンピックで金メダルを取る!」という強烈な願望がない人は金メダリストにはなれません。

夢・目標があればそれに向かって行動することができますが、なければ行動のしようもないからです。人生も同じ。

 

◆現時点では、夢目標が視界の遥か彼方、自分の「心の目」にしか見えないところにあるものであったとしても大丈夫。

船だって目標地点を定めているから、大海原を航行し続けることができるのです。

夢・目標があれば自分がどう進むべきか、その道筋がちゃんと見えてきます。

 

◆稲森和夫会長はいいました。

長期の目標を立てる時、私はわざと自分の能力を超えたところに設定します。

言い換えると、現在の自分の力では達成不可能と思える目標を選択するのです。

誰でも、現在自分が持っている能力を考えて、今、何ができて何ができないかという判断はできます。

しかし、新しいことを成し遂げようとする時、それだけでは不充分なのです。

現時点ではとうてい実現不可能だと思えるようなことを、何とか成し遂げようとする努力からのみ、驚くような成果が生み出されるのです。

 

◆人生というドラマにおいては、自分を主役にして脚本を書いた人と、目的意識もなく惰性で生きた人とでは、たいへんな違いができるのです。

・ナポレオン・ヒル博士はいいました。
『目標が明確になって始めて、その達成方法がみえてくる!』

・ Dr.苫米地はいいました。
『ゴールが先、認知が後』

成功する人にとって、成功 失敗をわける原則は、いつの時代も同じですね!

※お奨め書籍
『20代で始める夢設計図』熊谷 正寿著はこちら!
20代で始める「夢設計図」-必ず“スピード成功”する5つの原則/大和書房

¥1,470
Amazon.co.jp

_____________________________
<成功 失敗 魔法のレシピ>

■なぜ、夢・目標が大切なのでしょうか。

それは、人は夢で思い描く自分の姿以上の自分にはなれないからです。

 

■人生とは「なりたい自分」になって成功と幸せをつかむことを目指して歩む「がんばりのプロセス」だと思うのです。

となれば、夢目標を明確に定めて、いつまでに、何を、どう実現させていくかを考えることが必要です。

 

■ 夢・目標があれば自分がどう進むべきか、その道筋がちゃんと見えてきます。

_____________________________

/////////////////////////
このブログ『豊田さくらのウエルシーシェフ』では、
メンターや書籍、映画などから学んだ『卓越のレシピ』を、
実際の実務で実践して、成果がでたものを掲載して読者の方に
ご紹介しております。
引用などで、もしご不快な方やご迷惑な方がおりましたら
お申し出いただければ記事を削除させていただきますので
宜しくお願いいたします。
//////////////////////////

     
  

SNSでもご購読できます。