どうしたら問題を解決できるのでしょうか? 無敵の魂 DNA潜在意識トレーニング

おはようございます。(まる現)の久家邦彦です。

◎ 「どうしたら問題を解決できるのだろう?」

◆以前の私は、「問題を解決したい。」とか

「夢や目標を実現したい。」という方に

「成功原則」や「成功習慣」のアドバイスをしていました。

ところが、それで問題を解決して、のぞんだ思考を現実化できる人は限られた人でした。

なかには、、、

√「自分にはできない。」とか、
√「自分には無理。」とか、
√「成功しているあの人と、自分は違う。」

と行動する前から諦めてしまう人や、行動を始めても、改善を重ねなくなり、途中で辞めてしまう人もいました。

■正直、悩みました、、、。

なぜ、だろう・・・。

なぜ、同じ「成功原則」を学んでいるのに、すんなりと「行動や改善ができる人」と「そうでない人」がいるのだろう?

■あるとき氣づきました!!

━━━━━━━━━━━━━━━━
<卓越のレシピ>

100%主体的に、考え、行動しよう!

━━━━━━━━━━━━━━━━

・「プラス思考で考えよう!」とか
・「与えたものが得るものである!」とか
・「目標を明確にしよう!」とか
・「相手を理解しよう。」とか

どんなに価値ある「成功原則」や「成功習慣」を学んでも、それを日々の生活のなかで実践しなければ問題は解決しないし、夢や目標は、それをやり遂げるまで、行動と改善をつづけなければ実現することはありません。

■あなたは「成功原則」や「成功習慣」をマスターするには

①「知る」、②「わかる」、③「なる」という3つのステップがあることをお聴きになったことがありますか?

■ステップ①■ 知識として、頭で知る!
  ⇩
■ステップ②■ 行動、改善を重ねることで、体験でわかる!
  ⇩
■ステップ③■ いつでも、できる人になる!

このステップがわかってないと、どんなに成功原則を学んでも、頭だけの知識となり、現実の人生に応用がきかないのです。

■長期的に豊かに成功している人には共通する「捉え方、考え方、行動のパターン」があります。

それが「成功者の信念」、別の言い方をすると「成功者のもつセルフイメージ」になっているのです。

■長期的に成功している人は例外なく、自分の「心のあり方」=「捉え方、考え方、判断のパターン」を大切にしています。

なぜなら、自分の「心のあり方」をつくることから始めることで、

「成功する捉え方」、「成功する考え方」、「成功する判断のパターン」

が習慣になれば、おのずと態度や行動、結果に現れるからです。

■「あり方」が「観方(みかた)」を変える!

たとえば通勤時間、あなたがイライラしながら歩いていたとしましょう。

そのとき、誰かがあなたの肩にぶつかりました。

「あなたは、どう感じるでしょう?」

人の肩が、少しぶつかっただけなのに、「ムカッ」ときたことはありませんか?

⇒ 暴露しますが、、、私はあります。

■では、あなたに7億円の宝くじが当選したとします。

その日7億円の当選金があなたの銀行口座に振り込まれました。

「どんな氣分でしょうか?」

⇒ もちろん嬉しいです。

その帰りに、誰かがあなたの肩にぶつかりました。

このとき「あなたは、怒りますか?」 それとも、「氣にならないですか?」

もしかしたら笑顔で優しく「大丈夫です。」とか、聴かれてもいなのに、相手に伝えるかもしれません。(笑)

■なぜ、歩いていて肩がぶつかった!という出来事は「同じ」なのに、「反応」はここまで大きく「違う」のでしょうか?

⇒ 答えは、その人の「心のあり方」が違うからです。

私たちの「心のあり方」には

・「余裕がない心」、「狭い心」のときと

・もう1つは「心にゆとりがある」、「広い心」のときがあります。

◆「出来事は一つ、意味づけは無限」という言葉があります。

⇒ 良い言葉です。

◆世界的な名著『7つの習慣』でS.コビー博士は、

「出来事(刺激)と、反応の間にあるスペースで、選択の自由を活用する」

ということを教えてくれました。

大切な教えだと思います。

なぜなら、短期的な欲望や怖れ、感情にただ流されるのではなく、客観的、長期的な視点から出来事を捉え、考え、判断し、選択することができるからです。

私たちは心を落ち着かせ、想像力や真心をはたらかせれば、メリットとデメリットを冷静に考えることもできるし、論理的に考えたり、合理的な選択もしやすくなります。

■ところが多くの場合、何か「問題」が起きたときに、「出来事」と「反応」の間にある「スペース」がなくなります。

あなたが歩いているときに前からきた人が「バン!」と、ぶつかっただけで、思わず「イラッ」ときたりします。

たとえば

√売上が落ちていたり、

√優秀な社員が辞めたり、

√給料が減ったり、

√身近な人から強く否定されたり、

√大好きなパートナーからの連絡が途絶えたりすると、

冷静でいること、それ自体が難しかったりするのです。

■「なぜ、それがわかるか?」というと!?

以前の私は、「氣になること」があると、動揺したり、イライラしたり、不安になったり、怖れたり!!

ときには、怒りがこみあげてくることもあったからです。

しかもこの不安や怒り、イライラという感情は、殆ど「無意識」に現れるのです。

■あるとき、、、やっと氣がつきました。

⇒どんなに価値ある「成功原則」や「成功習慣」を学んでいても、

『自分が変わらなければ、何も変わりません。』

それは自分の潜在意識(無意識)にある

「捉え方、考え方、判断のパターン」

が変わらなければ、何も変わらないということです。

辛い環境や、苦手な人に無意識に過剰反応したり、相手を変えようとすることをやめました。

⇒出来ごとに対しても、人生に対しても、100%自己責任で考え、自ら主体的に考え、行動できる自分をつくろうと考えたのです。

■そこで、まず成功者の習慣を素直に学び、愚直に繰り返すことで「心のあり方」の習慣をつくりました。

自分にたいして、継続的に成功する捉え方や、考え方、判断のパターンを習慣づけていったのです。

■日本一の個人投資家といわれる、竹田和平さんから

『本物の思考力』を学び、智徳志士の会のコーチを担当しております。

あるとき和平さんから「ありがとう」という言葉を毎日、3000回、1年間で100万遍、5年間で500万遍、唱えている。というお話を聴いたことがあります。

■和平さんは、

「なぜ、「ありがとう」という言葉を毎日3000回も唱えているのでしょうか?」

・私:なぜ、「ありがとう」という言葉を毎日3000回も、唱えているのですか?

・和平さん:この前サウナで人とぶつかったんじゃ。
そのとき、毎日、「ありがとう」という言葉を毎日3000回いっていたから、思わず口から、「ありがとう」という言葉がでてしもうた。(笑)

すると相手も、思わず「ありがとう」といっていた。

「ありがとう」という言葉の習慣は、人とぶつかってもこんなことがあるんじゃ。

■この他にも「ありがとう」という言葉の習慣を活用すると様々な効果があります。

実際に私も100円ショップで、回数を数えるカウンターを買ってきて、毎日、毎日「ありがとう」という言葉を毎日3000回。

1年唱えたことがあります。

「すると、どうなったと思いますか?」

⇒ 信じる必要はありませんが、経済面でも、人間関係面でも、健康面でも、驚くほど流れがよくなりました。(笑)

「ありがとう」という言葉を唱えることで、私がとくに大好きなのは『否定が愛に変わる』ところです。

人間関係を劇的に改善したい方は、まずは人間心理を理解する『まる現 開運塾』で検索してくださいね!

━━━━━━━━━━━━━━━━
<卓越のレシピ>

■「あり方」が「観方(みかた)」を変える!

■成功する「心のあり方」、成功する捉え方や、考え方、判断の習慣をつくろう!

■「成功原則」や「成功習慣」をマスターするには

①「知る」、②「わかる」、③「なる」という3つのステップがある!

・ステップ① 知識として、頭で知る!
  ⇩
・ステップ② 行動、改善を重ねることで、体験でわかる!
  ⇩
・ステップ③ いつでも、できる人になる!

━━━━━━━━━━━━━━━━

追伸:今日は『まる現 第3期 リーダー塾』

「DNA潜在意識カウンセラー養成講座」です。

人と心を軽く明るくして、継続的に笑顔にする皆様にお会いできるのを楽しみにしております!!

いい選択が未来を変える!
豊かな未来を現実化する!!
日本現実化戦略研究所(まる現)
    久家 邦彦

SNSでもご購読できます。