できないことを素直に認め!自分にあった適切なお手本を探す!書籍『できないことがなくなる技術』

成功する人間には、どんな共通項があるのでしょうか?

なにが人生の成功 失敗をわけるのでしょうか?

書籍『できないことがなくなる技術』石川 大雅著 中経出版を読みました。

幸せな成功者の共通項!

『卓越のレシピ』について初心者にもわかりやすく、詳しく書かれていますので、良ければ書籍を是非読んでみてくださいね。

※お奨め書籍『できないことがなくなる技術』

石川 大雅著 中経出版はこちら!

できないことがなくなる技術/中経出版

¥1,470
Amazon.co.jp

■豊かさを創る質問■

  • あなたは、自己流で行動して、結局、望む成果を得られず、時間とお金と労力を無駄にしていませんか?

 

  • あなたは、「できないこと」を素直に認め!自分にあった適切なお手本を探していますか?

 

  • あなたは、すでに成功してる人や国をお手本にして真似をして、さらにそれを進展させて、独自の世界を築いて成功、成長していますか?

__________________________
<卓越のレシピ>

できないことを素直に認め!自分にあった適切なお手本を探す!

__________________________

◆できないことを素直に認め、自分にあった適切なお手本を探す。

古今東西を問わず、わたしたち人類は、すでに成功してる人や国をお手本にして真似をして、さらにそれを進展させて、独自の世界を築いて成功、成長して来たのです。

というのも、私たちの「脳」は、『何か新しいことを始める時は、必ず真似をするためのお手本が必要』という特性を持っているからです。

 

◆私たちの「脳」は、新しいことに挑戦するときに、お手本となる人がいないと、結果を出すまでに、非常に大きな労力と時間がかかってしまいます。

成功者は、このことを感覚的にしています。

だから、彼らは、できないことがあると、努力や根性で、何とか頑張るのではなく、「私は〇〇ができない」と、できないことを素直に認め、自分にあった適切なお手本を探すのです。

 

◆しかし、この「脳」のメカニズムを知らない多くの人は、

・人の真似をするのは、どこかずるい気がする

・人の真似をすると、自分のオリジナリティがなくなるのでは?

と考えて、自己流で行動して、結局、望む成果を得られず、時間とお金と労力を無駄にしてしまうのです。

それでは、なぜ、私たちは、お手本の人がいないと成功できないのでしょうか?

その秘密をこれから解いていきましょう。

 

◆成功する人は、マネして改良する名人です。

経営の神様と言われた松下幸之助が率いていたころの松下電機は、「真似した電気」と呼ばれていた時代がありました。(笑)

モデリングではなく、パクリングのパックンやTTP徹底的なパクリで、社会正義に反することは問題だと思いますが・・・。

成果をだすために「学ぶ」ということは、「真似る」ことから始めることが重要ですね。

 

◆もし、あなたが、たった4日間で「望む成果を確実に実現できる自分」になれるとしたら…

そして、「相手の考えていることが一瞬で把握できるコミュニケーションスキル」を手に入れることができるとしたら…

望む成果を確実に出せる最新の脳科学を使った「本物の技術」はこちら!

http://brain-copy.com/seminar/brain-copy-setsumeikai/

※お奨め書籍『できないことがなくなる技術』

石川 大雅著 中経出版はこちら!

できないことがなくなる技術/中経出版

¥1,470
Amazon.co.jp

_____________________________
富と幸せと健康と強運を創る、成功者の共通項!

<魔法のレシピ>

■「脳」のメカニズムを知らない多くの人は、

・人の真似をするのは、どこかずるい気がする

・人の真似をすると、自分のオリジナリティがなくなるのでは?

と考えて、自己流で行動して、結局、望む成果を得られず、時間とお金と労力を無駄にしてしまう

 

■私たちの「脳」は、新しいことに挑戦するときに、お手本となる人がいないと、結果を出すまでに、非常に大きな労力と時間がかかってしまう

 

■人類は、すでに成功してる人や国をお手本にして真似をして、さらにそれを進展させて、独自の世界を築いて成功、成長して来た!

_____________________________

/////////////////////////
このブログ『豊田さくらのウエルシーシェフ』では、
メンターや書籍、映画などから学んだ『卓越のレシピ』を、
実際の実務で実践して、成果がでたものを掲載して読者の方に
ご紹介しております。
引用などで、もしご不快な方やご迷惑な方がおりましたら
お申し出いただければ記事を削除させていただきますので
宜しくお願いいたします。
//////////////////////////

SNSでもご購読できます。