すごい反応に驚いています!

こんにちは!久家邦彦です。

さて、本日より登録受付を開始している【年収5倍!喜業塾】ですが、スゴイ反応に大変驚いています。

また、同時に多くのコメントを頂いています。そのいくつかをご紹介したいと思います。

・第1回無料動画を拝見させていただきました。

「営業」という概念が変わりました。私のぶつかっている問題を根本的に解消できるのではないか感じました。

・このような動画が見られたことは非常に参考になり「もしかしたら、できるかも!」という意識が強くなりました。
 ありがとうございました。次回も楽しみにしています。

・大変興味があります。東京での説明会にぜひ参加させて下さい。

・大変興味深く拝聴いたしました。
自分にとってタイムリーなテーマで、とても腑に落ちる内容でした。まずは愚直に実践していきます。

・大変面白い内容で動画を一気に観てしまいました。
 実践で文字がキーワードの1つであり実践・行動のための素晴らしい学びが得られました。

・「なるほど!行動力がない人はいない!!」と感動しています。
 インパクトが強くお話に引き込まれてしまいました。

いただきましたご感想を、大変嬉しく受け止めています。

まさに、そうなんです。

かつての私は、お金が稼げて、出世すれば幸せになれると考えていました。

でも、実際にそうなってみて感じた現実はまるっきり違うものでした。

今思うとそれは、他の人の価値観をいきていたにすぎなかった・・・.

自分の人生を生きていなかったと思います。

「あなたはどうですか?」

自分が本当に心の底から生きたい人生を、思い切り生きていますか?

もしも、その答えが100%のイエスじゃなかったら!!

人生に本氣で変化を引き起こしませんか?

■人から喜ばれて年収1000万円以上を毎年、実現できるのはごく一握り。

給料所得者にいたっては、年収1000万円の割合は、じつに、3.9%しかいません。

(2013年 国税庁 民間給料統計 実態調査より)

「なぜか?」

それは、3つの壁が私たちの前に立ちはだかるからです。

◆まず一つは「氣持ちの壁」。

「氣持ちの壁」とはマインドの壁です。

√ ラクして稼ぎたい、とか
√ 手に職がつけば安定する、とか
√ 資格さえあれば食べていける、とか

√ 公務員になれば安定が保証される、とか
√ セミナー講師になれば豊かになる、とか
√ 集客も、マーケティングも、商品開発も自分でやろう、とか

√ 代償を払いたくない、とか
√ 失敗したらどうしよう、とか
√ 自分は何でも知っている、とか

反対に

√ 自分にはムリかもしれない、とか

◆この「氣持ちの壁」に氣づかないと、収入をあげていく「正しい行動」ができなくなってしまいます。

ある教育研修会社の調査によると 本やセミナー、教材で学んだことを「正しく行動する人」は20%

行動したら、結果は2つ。

・「のぞんだ結果」か、
・「のぞんだ結果がでない」か、

そのときに、さらに改善を重ね、やり遂げるまで、行動を続ける人は行動した20%のなかの、さらに20%つまり4%しかいませんでした。

このように96%の人は行動することへの不安があったり、間違った思いこみがあることで成果をあげる「正しい行動」ができないのです。

そんな心の状態で、どんなに「集客」や「マーケティング」、「ネットビジネス」を学んでも、「副業」や「営業」「起業」をしても、のぞんだ収入を得ることは難しく、不安と焦燥を繰り返すことになります。

これが1つ目の壁。

◆そこで自分の知識やノウハウ、マインドセット、状態管理に関しては、独自に勉強するなりして、ある程度克服したとしても次の壁が立ちはだかります。

「営業の壁」です。

どんなに良い商品やサービスを販売していても相手がそれを喜んで購入してくれなければ売上が継続しないし、収入はつづきません。

◆「2013年、企業の倒産原因の1位は何だと思いますか?」
⇒「売上不振」が、70.7%でダントツの1位でした。
(※中小企業庁 2013年 中小企業白書より)

「営業の壁」とは、言い換えると、「営業が嫌い」とか「営業が苦手」というスキルの壁です。

「売上」を「英語」で考えると興味深いことに氣づきます。

「売上」は「英語」でいうと「SALES(セールス)」。

日本語でいうと「営業」になるのです。ということは「営業(セールス)」が嫌いということは、、、

「売上」が嫌いということなのです。

■大切なことなので繰り返しますが、英語で「売上」とは、「セールス(営業)」です。

つまり「営業しなければ、売上はあがらないし、収入が増えない」のは当然のことなのです。

でもここでお伝えしたいことは、そこではありません。

多くの人が、「営業」を勘違いしている。ということです。

喜ばれながら年収1000万円を毎年、繰り返し継続している人はすべて営業をしています。

日本一の個人投資家といわれる竹田和平さんや、歴代納税額が1位の斎藤一人さん、異業種で2社の企業上場を達成された、南部恵治さんなど、日本を代表する著名な事業家や大商人はすべて営業をしています。

◆3つ目の壁は、「器の壁」です。

「器の壁」とは、言い換えると、「自分さえ良ければいい」とか、「成功しても幸せを感じない」というマスターマインドの壁です。

小さい器に上から水をどんどん注いでも、その器の大きさ以上の水を、器にとどめておくことはできません。

人に喜ばれて年収をあげるには、心の器を大きくすることです。

「器」がなければ、一時的に成功してお金が手に入ったとしても、すぐにお金がでていってしまったり、幸せを感じなかったりします。

実際に、社会的、経済的に成功しているようにみえるのに
√ いつもビクビクおびえていたり、
√ 不摂生で病氣になったり
√ 威圧的になったり、
√ 毎晩、真っ暗な心の闇に引き込まれ、お酒を飲んでも眠れない人 、
√ なかには暴力をふるう人から離れられない人もいます。

■人から喜ばれ収入をあげていくには以上3つの壁がわたしたちの前にたちはだかります。

では、私たちはこの「3つの壁」に屈する他ないのか?

ちっぽけな思い込みに振り回されて、、、40代はおろか50代になっても将来を不安に思い患い、ビクビクしながら
仕事をしつづけなければならないのか?

いつもお客さんや上司の機嫌を損ねないように、彼らに媚びて生きなければならないのか?

パートナーとの関係が冷めきってしまい、子供はろくに挨拶もしない、反抗期信頼していた社員はクーデター心の底では誰も信頼できず一人ぼっち。

そんな、むなしい毎日を生きなければならないのか?

⇒ 断じて違います!!

21年間で、のべ7万3428人という圧倒的数の集合研修や個別セッションを担当させていただき、

やっときづきました。

◆『旧・自分革命』=自分を変えるために、本やセミナー、教材からマインドやスキル学んで「自分一人」で、直線的に頑張る。ひとりぼっちの『自己啓発型』

◆『新・自分革命』=自分と他者との関係性。

マスターマインドを通して、人から喜ばれ感謝され、より魅力的な人になることで進化していく『マスターマインド型』

あなたが、この3つの壁を徹底的に破壊して人から喜ばれて!年収をあげる!ある具体的な行動を起こします。

まさに革命。

『年収5倍!新・自分革命』です。

この3つの壁を乗り越えて多くの人から感謝され、喜ばれながら経済的な豊かさや時間的な豊かさ手に入れたいあなた、そして自分の運命を切り開きたいあなた、ぜひ登録してこの動画を見て下さい。

限定公開ですので、公開が終了する前にこちらに登録して下さい。

⇒ http://marugen.tokyo/ibc/t-opt/

○●○━━━━━━━━━━━━━●○●

◆久家邦彦プロフィール◆

社会人人生のスタートは焼き芋屋。そこで「売れないと、1日の収支が赤字になる」現実を骨身に刻む。

ホテルマンに転職して「手に職をつけて」年収300万円になる。

つづく教育研修企業ではフルコミッションの代理店からスタートし「氣持ち」と「営業」の2つの壁を乗り越え年収がホテル時代の10倍を突破!

営業支店長として低迷していた支店の再建に入り支店の売上が1年で7倍となる。

同じ営業手法を年商5億円の事業部に導入したところ18ヶ月で年商25億円となり売上が5倍を越える。

取締役営業部長として年商100億円企業の役員となる。

そこで成功者の多くが経験する「成功の光と闇」に遭遇。

「お金があっても不幸のどん底…」の状態へ。

そのどん底から抜け出すキッカケとなったのが「マスターマインド」の存在だった。

伝説の中国人営業マン、移民から億万長者になった男、日本一の投資家・竹田和平さん、孫正義さんの事業パートナーであり2社の上場を実現させた経営者・南部恵治さん、歯学博士、経営学博士で100万部突破のベストセラー作家・井上裕之さんといった大物とマスターマインドを組む。

現在は、その実体験を結晶化させた「年収5倍!喜業塾」を通して、自身のみならずビジネスパーソン、一流の経営者、そして普通の主婦の方に「喜業家」になる方法を伝授。

結果、年収2倍、3倍そして5倍を叩き出す人が続出。

これまで指導してきた人の数は7万人超。

ミッションは「脳力革命で人を幸せに!」

◆日本現実化戦略研究所(まる現) 代表
◆全国感謝連盟 会長
◆ヘルスカウンセリング学会認定SAT上級コーチ
◆日本一の個人投資家 竹田和平さんが主宰する
智徳志士の会 発起人代表 コーチ

     
  

SNSでもご購読できます。