いくつになっても恋愛適齢期! DVD『恋愛適齢期』より

恋愛適齢期 [DVD]/ジャック・ニコルソン,ダイアン・キートン,キアヌ・リーブス

¥1,500
Amazon.co.jp

映画『恋愛適齢期』をDVDで観ました。

 

■豊かさを創る質問■

・あなたは、いくつになっても出愛を楽しんでいますか?

・あなたは、いくつになっても恋愛をしていますか?

・あなたは、大切なパートナーとリレーションシップのビジョンを共有していますか?

 

_______________________________

<魔法のレシピ>

いくつになっても恋愛適齢期 

_______________________________

 

ここからは映画『恋愛適齢期』のあらすじになります。

◆ハリー(ジャック・ニコルソン)は、音楽業界の大立者として権勢をふるう63歳の独身富豪。

彼が付き合う女性は、決まって30歳以下の美女ばかり。

そんなハリーが、新しい恋人マリン(アマンダ・ピート)と共に、ニューヨークのハンプトン・ビーチにある彼女の母親の別荘にやってきた。

◆そうとは知らずに現われたマリンの母親である有名劇作家エリカ(ダイアン・キートン)と、彼女の妹ゾーイは、見知らぬハリーの存在にびっくり。

そして気まずい夕食の後、ハリーは急に心臓発作で倒れしばらくエリカの別荘で療養生活を送ることになった。

 

ハリーの傍若無人な振る舞いに、生活をかき乱されるエリカ。

だが徐々に見えてくるハリーの意外な内面に彼女は心惹かれていく。

 

◆一方、ハリーの担当医となったジュリアン(キアヌ・リーヴス)」が20歳以上年上のエリカに恋して、アプローチを始める。

 

だがハリーもエリカの魅力に気づき始め、ついに二人は男女関係を結んだ。

しかし健康を取り戻したハリーは、エリカを愛しつつも、再び若い女のもとへ。

 

ショックを受けたエリカは、ハリーとの出来事を戯曲のネタにしてしまう。

そんな彼女に、若いジュリアンの変わらぬ想いがまっすぐに注がれる。

6ヵ月後、身辺を整理したハリーは、エリカに会いにパリへと旅にでる。

ここからはDVD『恋愛適齢期』をお楽しみください。

 

◆いくつになっても『恋愛』は心をワクワクさせる素晴らしいものですね。

 

臨床心理学に『ザイアンスの法則』があります。

1:人間は知らない人には攻撃的、冷淡な対応をする
2:人間は会えば会うほど好意を持つようになる
3:人間は相手の人間的な側面を知ったとき、より強く相手に好意を持つようになる

『恋愛適齢期』のエリカとハリーを観ていると、裸をみたり、おしりまで観られたり、まさに『ザイアンスの法則』どおりのパターンのようにも感じます。

 

◆ゴールドコースとでとても仲が良いステキな夫婦とお会いして話し込んだことがあります。

よく聞いてみると年齢は80歳!

 

二人はお手てをつないで笑顔で浜辺をデートするとても温かい雰囲気をかもしだしていました。

そこでご挨拶をしてお二人に、仲が良い理由をお聞きすると・・・。

『パートナーとのリレーションシップのビジョン』を教えてくださいました。

さくらもこのビジョンを毎日眺めるようになってから大切な関係に、奇跡(ミラクル)が起きました。

『目標は、紙に書いて繰り返し復習すると実現する』というのは本当ですね。

      ↓

 

◆『パートナーとのリレーションシップのビジョン』◆

私達は、深い理解と愛を与え合い、スキンシップを毎日楽しみ、一緒に成長し続け、バラエティーに富んだより楽しい方法でお互いの6ヒューマンニーズを満たしている。

*6ヒューマンニーズとは?
(愛とつながり、バラエティー、安定感、重要感、成長、貢献)

私達は、目を見つめあい、毎日共感し、お互いの存在を大切にしている。

そし愛と情熱を感じている。

私達二人の関係は、より神聖なものと考え、二人の間では何も恥ずかしくないことを知っている。

私達は、お互いが相手のせいにしないで、100%自己の責任で行動することを原則にしている。

私達は、神様から与えられている男性性、女性性というお互いの個性をより存分に発揮し、より情熱的にさらに輝いている。

 

夢(ビジョン)と志(ミッション)が人生を創り感謝と愛と希望が幸福に氣づかせるのですね。

素敵な出愛に感謝!☆彡ヾ(⌒∇⌒*)(*⌒∇⌒)ノ彡☆

■お薦めDVD『恋愛適齢期』はこちら

恋愛適齢期 [DVD]/ジャック・ニコルソン,ダイアン・キートン,キアヌ・リーブス

¥1,500
Amazon.co.jp

_______________________________

<魔法のレシピ>

■ いくつになっても出愛を楽しもう!

■ いくつになっても恋愛をしよう!

■ 大切なパートナーとリレーションシップのビジョンを共有し続けよう!

_______________________________

<さくらのB級グルメ> ★★★★★ ★★

 

西新宿二丁目の交差点に出来た「TRIBAR(トライバール)」にいきました。

 

なんとこの日は、ハイボールが1杯190円!

キュウリのピクルス 190円
焼き鳥       120円

 

甲州街道に面している「TRIBAR(トライバール)」の巨大な中邑真輔さん達3人の看板は、とにかく目立ちます。

 

『TRIBAR』の2Fにはイス席もあるそうですが1Fは、安くて旨い立ち飲みバーです。

 

「TRIBAR」は人通りが多い絶好の場所にあり、お客様が次々に入れ替わり早くも大繁盛していました。

■「TRIBAR(トライバール)」はこちら!
http://r.tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13118652/

有難うございます。

     
  

SNSでもご購読できます。