『目標』と『態度』を一致させよう! 書籍『アファメーション』より

アファメーション/フォレスト出版

¥1,995
Amazon.co.jp

言葉があなたの人生を決める!

書籍『アファメーション』世界一簡単に自分を変える5つのステップ

著者:ルータイス 監修者:苫米地英人を読みました。

 

◆豊かさを創る質問◆

・あなたは『目標』に『態度』を一致させていますか?

・あなたは、迷信に深入りしていませんか?

・あなたは、目標達成の妨げとなる『古くさい態度の変え方』を学び大きな目標をもって猛烈な勢いで進んでいますか?

———————————————
<魔法のレシピ>

『目標』と『態度』を一致させよう!

———————————————-

 

◆ルータイスの知り合いに、クロアチア出身の若くて優秀な女性がいます。

彼女はモデル志願なのですが、今、アメリカのレストランでウエイトレスをしています。

ルータイスは、彼女にこう尋ねました。

ルータイス:「君は将来、どうしたいんだい?」

ウエイトレス:「パリに行って、モデルになりたいわ!それに、アメリカの大学も卒業したいの。」

 

◆ルータイス:「じゃあ、どうしてそうしないの?」

ウエイトレス:「きっかけを待っているの。いつも何かの兆候があるから!」

ルータイス:「兆候ってどういう意味かな?」

ウエイトレス:「そうね、星みたいな印よ!私の外にあるもの。私の外にある何かが決断を下すの!」

 

◆ルータイスはいいます。

「自分が迷信深くならないよう!」に注意しなければなりません!

運動選手やコーチにも、迷信に頼りすぎる人たちがいます。

『態度』とは、私たちが『目標を設定した時』に表面に現れる、潜在意識(無意識)による感情的な反応です。

こうした『態度』が、私たちの行動、方向性、モチベーション、創造性に大きな影響を与えます。

『目標を設定する』までは、『態度』はポジティブでもネガティブでもありません。

◆しかし、いったん目標を設定すると、自分にこう問いかけなければなりません。

「私の態度は、目標の達成に『向かわせるものだろうか?』、それとも『引き離すものだろうか?』」

あなたには、『自分の態度』がわからなくても潜在意識(無意識)はこういっているかもしれません。

潜在意識:「私は自分自身をやる氣にさせられない!」

◆すると「何が起るでしょうか?」

『態度』を変える代わりに、目標達成を諦めてしまいます。

「私には、こんな仕事は無理だ!」

「私には、こんな車に乗る価値が無い!」

「身長がたりない。世の中はそういうものだ!」

『いいえ! それは世の中ではなく、あなたの『態度』です。

ですから、あなたに必要なことは、ただ一つ『態度』を変えることだけです。』

 

◆今から60年前、1950年代には大部分のアメリカ人が
「女性のいるべき場所は家庭だ!」という『態度』を共有していました。

現在、アメリカの大部分の女性が社会にでて仕事をしています。

時代も価値観も変化しました。

つまり、それに従って『態度』も変わらなければなりません。

あなたは、この教訓をどのように生活に応用するでしょうか?

この話を聞くと、自分自身も

「目標達成の妨げになる、たくさんの古くさい『態度』に縛られている」

ことに氣づくでしょう。

そして、『古くさい態度の変え方』を学べば、目標を諦める必要などないことがわかります。

そして大きな目標をもって猛烈な勢いで進むことができます。

※お薦め書籍『アファメーション』はこちら!
アファメーション/フォレスト出版

¥1,995
Amazon.co.jp

———————————————
<魔法のレシピ>

■「自分が迷信深くならないよう!」に注意しよう!

■ 必要なことは、ただ一つ『態度』を変えよう!

■ 目標達成の妨げとなる、『古くさい態度の変え方』を学ぼう!そして大きな目標をもって猛烈な勢いで進もう!

———————————————-

<さくらのB級グルメ>★★★★★ ★★★

マクドナルドの「チキンクリスプ」をいただきました。

 

大きなチキンナゲットのようなハンバーガーでお味は、チキン+マスタード+マヨネーズで、チキンナゲットがお好きな方には、サクサクとした軽やかな衣の歯ごたえと香ばしさがお薦めです。o(*^▽^*)o

スパイシーなチキンクリスプは、爽やかなコーラやビールにもあいますね。

 

以下、マクドナルドHPより

あの¥100マックに新ラインナップが続々と登場。

サクサクとした軽やかな衣の歯ごたえと香ばしさがクセになる新メニュー「チキンクリスプ」。

クリスピーな食感のチキンパティにスライスレタスをのせて、少しピリッとくるマヨタイプのイエローマスタードソースが絶妙なアクセントとなって、誰もが親しめるシンプルな味わいに仕上がっています。

※マクドナルドはこちら!
http://www.mcdonalds.co.jp/

ありがとうございます。

     
  

SNSでもご購読できます。