『氷』は『炎』に溶ける!映画『スノーホワイト』より

世界中で愛されているグリム童話「白雪姫」を大胆にアレンジした、白雪姫スノーホワイトと女王ラヴェンナが死闘を繰り広げるアドベンチャー映画『スノーホワイト』をDVDで観ました。

女性をより深く理解するためにお薦めです( •ॢ◡-ॢ)-♡

映画『スノーホワイト』のあらすじとラヴェンナを熱演したオスカー女優のシャーリーズ・セロンのインタビューを引用させていただきました。

※お薦め映画『スノーホワイト』はこちら!
スノーホワイト [DVD]/ジェネオン・ユニバーサル

¥3,360
Amazon.co.jp

■豊かさを創る質問■

・あなたは、『氷』ですか? それとも『光』ですか?

・あなたは、ネガティブな考えを、ちゃんと乗り越えていますか?

・あなたは、ハートを磨いていますか?

______________________________

<卓越のレシピ>

『氷』は『炎』に溶ける!

______________________________

ここからは映画『スノーホワイト』のあらすじになります。

ネタバレがありますが、より深く内容を理解したい方にはお薦めかもしれません。

◆スノーホワイト(クリステン・スチュワート)は、マグナス王と王妃に大切に育てられた、外見も心も美しいプリンセス。

しかし、母亡きあと、新しい王妃に迎えられたラヴェンナ(シャーリーズ・セロン)に父王を殺されたスノーホワイトは、国を乗っ取られ、7年間の幽閉生活を送ることになる。

◆一方、女王ラヴェンナは、『魔法の鏡』にいつも問いかけていた。

「鏡よ、鏡。この世でいちばん美しいのは誰?」

「もちろん女王様です」しかしある日、鏡はこう言った。

「この世でいちばん美しいのは女王様ですが、やがてあなたよりも美しい娘が現れます。

その時、娘の心臓を食べれば、あなたは永遠の美と若さを手に入れ、不死身となるでしょう」

女王ラヴェンナは、その娘がスノーホワイトと知った。

そこで女王ラヴェンナは、彼女を殺そうとするが、スノーホワイトに闇の森へ逃げられてしまう。

◆女王は森に詳しいハンターのエリック(クリス・ヘムズワース)を雇い刺客として解き放つ。

ところが、エリックはスノーホワイトの素性を知るようになる。

女王ラヴェンナは、あの手この手でスノーホワイトを追跡し、罪のない命と自然を破壊していく。

スノーホワイトは、すべては自分のせいだと心を痛め、地の果てまで逃げても女王ラヴェンナの魔の手から逃れられないと悟った。

そこでスノーホワイトは、抵抗軍を組織し、女王ラヴェンナを倒すべく進軍を開始する。

ここからはDVD『スノーホワイト』をお愉しみください!!

※お薦め映画『スノーホワイト』はこちら!
スノーホワイト [DVD]/ジェネオン・ユニバーサル

¥3,360
Amazon.co.jp

◆王妃やスノーホワイトの真心からの言葉が心に響きますね!

王妃:スノーホワイト!あなたは美しい宝をもっているわね心に。

スノーそれは、あなたの優しい心よ。

あなたが女王になったときにきっと役に立つわ!!

◆スノーホワイト:休息はもう充分よ!

氷は炎に溶けるわ! 

私は光を見たわ!

皆の目の中にも光があるわ!

スノーホワイト:
虐げられて生きるなら、私は今日死んでも構わない! 

誰が私の同士になる?

※ナレーション
『王国の美徳と正義のために、スノーホワイトを女王とする』

女王に栄光あれ!

◆ヒロインであるスノーホワイトと死闘を繰り広げる邪悪な魔女ラヴェンナを熱演しているオスカー女優のシャーリーズ・セロン。

モデル出身の美貌を持ちながらも、さまざまな役柄に果敢に挑んできた彼女が、悲しい狂気に満ちた魔女ラヴェンナ役への思いを語っています。

※ヤフー映画『スノーホワイト』はこちら!

http://movies.yahoo.co.jp/interview/201206/interview_20120611001.html

■手痛い失恋は、女を狂わせる!

◆Q:ラヴェンナが持つ「男性への憎しみ」の感情はすぐに理解できましたか?

「男を憎む」っていう感情は女性にとって、とても悲しいものだと思う。

それは間違っているって思いたい。

でもその一方で、ラヴェンナの気持ちも理解できるのよ。

8歳で母親から引き離され王様に嫁がされたラヴェンナは、11歳の時に自分より年下の女の子に女王の座を奪われてしまうの。

11歳で自分の存在価値を見いだせなくなるようなことが起これば、誰だってショックを受けると思うわ。

男性からの裏切りは、これまでの恋愛を通してわたしも経験してきたことだったから、彼女のバックグラウンドを知ることで、わたしはラヴェンナを信じることができたの。

◆Q:あなたのような素晴らしい女性でも「失恋」を経験しているんですか?

もちろんよ! 

ハリウッドの女優だからって、全ての恋愛がうまくいくわけじゃないの。

わたしから別れを告げたこともあるし、向こうにフラれたこともある。

利用されただけのように感じて、ラヴェンナのように毒を盛って殺してやりたいと思うほど、彼を恨んだこともあるわ。

手痛い失恋は女性を狂わせる力があるのよね。

◆Q:たくさんの女性が大好きな男性に裏切られた経験があると思います。

だからこそ、ラヴェンナへの共感も生まれるんでしょうね。

そうね。それでもラヴェンナのように毒を盛らないのは、ちゃんと乗り越えることができるからよ。

恋愛でつらい経験をしても、素晴らしい女友達がいれば、きっと悲しみから救い出してくれるはず。

でも失恋の乗り越え方はないから、ただ悲しみに浸るしかないときもある。

全然簡単じゃないけれど、だからこそ、次の恋愛がとてもいとしく、大切なものに感じられるんじゃないかしら。

癒やす傷が大きいほど、より素晴らしい恋愛ができるようになっていくと思っているわ。

■老いること、そして女としての生き方とは?

Q:ラヴェンナがだんだんと老いていくシーンはとても恐ろしかったです。

特殊メイクでご自身の老いた姿を見たとき、どんな気持ちでしたか?

正直に言えば、「ワオ!」っていう瞬間はあったわ。

でも、自分の老けた顔を見て、そのまま落ち込んではいられないのがこの仕事なのよ。

「ワオ!」っていうクレイジーな瞬間のあとは、気を持ち直して、役柄をつくり上げて、現場に向かったわ。

◆Q:老いることを、怖いと思いますか?

もちろん、女性ならみんな怖いはずよ。

でもね「20代の頃に戻りたい」「若い子がうらやましい」って思う必要はないと思う。

女性は年を重ねることで、どんどんきれいになっていくのよ。

外見だけじゃなく、ハートを磨くことが一番大切。

女性の美しさは、幸せな人生から生まれるものだから。

ネガティブな考えは人生を悲しいものにしてしまうのよ。

◆Q:人生を生きていく中で、あなたのモットーを教えてください。

ジョン・レノンが、「ビューティフル・ボーイ」の中でこう言っているの「人生は、ほかの計画を立てることに精を出している間に起こるものだ」って。

いろいろ計画を立てていたって、予想外のことが起きたり、その計画がダメになってしまったりということがあるってことよ。

だからわたしも、日々を大切に生きていきたいと思っているわ。

※シャーリーズは15歳の時、自分の目の前で母が父を射殺するというショッキングな事件に遭遇している。

それから約20年、今年3月に養子を迎え母親になった彼女は、そんな過去の悲しみなど一かけらも感じさせない幸福感に満ちあふれていた。

「女性の美しさは、幸せな人生から生まれる」という言葉を自ら証明するように、彼女の美しさは輝きを増すばかりだ。

人生を通し、あらゆる感情と向き合ってきたシャーリーズが演じるラヴェンナから、美しさにとらわれた不幸な人間の悲しさを感じてほしい。

取材・文: シネマトゥデイ編集部・森田真帆 写真: 高野広美
映画『スノーホワイト』は6月15日よりTOHOシネマズ 日劇ほか全国公開

※冷血な女王に扮したシャーリーズ・セロン
「私が魔法の鏡を手にしたら? 速攻で捨てるわ!」
http://eiga.com/movie/56725/interview/

『魔法をかけるのは、美しいものの生き血』

『魔法を解くのも、美しいものの生き血』

◆映画『スノーホワイト』のキャスト◆

■監督:ルパート・サンダーズ

■俳優:
・クリステン・スチュワート   スノーホワイト
・シャーリーズ・セロンラ    ヴェンナ女王
・クリス・ヘムズワース     エリック 
・サム・クラフリン       ウィリアム

※お薦め映画『スノーホワイト』はこちら!
スノーホワイト [DVD]/ジェネオン・ユニバーサル

¥3,360
Amazon.co.jp

_______________________________

<魔法のレシピ>

■ ネガティブな考えは人生を悲しいものにしてしまうの女性が男性に裏切られても毒をもらないのはちゃんと乗り越えることができるから

■ 女性は年を重ねることで、どんどんきれいになっていくの外見だけじゃなく、ハートを磨くことが一番大切

女性の美しさは、幸せな人生から生まれるものだから

■ 魔法の鏡を手にしたら? 速攻で捨てるわ!私のバスルームにある鏡が、もう十分真実を語っているから(笑)

          シャーリーズ・セロン
_______________________________

<さくらのB級グルメ>★★★★★ ★★★★

タイ屋台料理 グリーンパッタイに行きました。

店内はカウンター席の他、2人、4人、8人掛けテーブル席などがあり計50席くらいの広さです。

 

タイの食堂を再現したような店内雰囲気はこのレストラン街の中で異彩を放っている感じがします。

 

ランチメニューは全12種!!

その中からグリーンカレーをランチに頂きました。

 

ここのグリーンカレーは本格的で、今まで食べたグリーンカレーの中で1番美味しいですo(*⌒ω⌒)b♪♫•*¨*•.¸¸♪♫​•*¨*

コクがあり、チキン・なす・パプリカ・フクロダケと具だくさんなのも嬉しいですo(*’▽’*)/~YES☆゚’・​:*☆

一緒に白ワインで頂くと美味しさも倍増です。

他の料理も試していたいけど、ここに来るとグリーンカレーを注文してしまいますヾ(@^▽^@)ノ

気軽に楽しくタイ屋台料理で今日も美味しく頂きました。

ありがとうございます。

http://tabelog.com/tokyo/A1316/A131604/13116371/dtlrvwlst/

ご馳走様でした。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください