『企画』は、お客様の氣分をいかに現実にするかである !CCC社長 増田 宗昭氏より

はじめて語られる企画の「虎の巻」/増田 宗昭

¥1,000
Amazon.co.jp

カンブリア宮殿で,レンタルDVDのツタヤを展開する
CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)

『俺たちは、客を喜ばす世界一の「企画」集団だ!』
を観ました。

$さくらの「ウェルシーシェフ」

◆ゲスト
ツタヤを展開するCCC社長増田 宗昭(ますだ・むねあき)氏を観ました。

CCCは、エンタメだけで年商1750億円と業界日本一

消費者不況といわれるなかでDVDの貸し出しは年間7億枚にせまるツタヤは、レンタルだけではなくCDやDVDの売り上げでも日本一!
本の売り上げも日本一!

$さくらの「ウェルシーシェフ」

『Tカード』は、会員数がなんと3850万人を超え日本人の3人に1人が会員である。

『Tカード』の加盟店は、全国80社4万店もある。

ツタヤを展開するCCCカルチュア・コンビニエンス・クラブは「モノを売る会社」でもレンタルする会社でもない!

成功を積み重ねた経営者CCC 増田 宗昭社長の『企画』とは?

$さくらの「ウェルシーシェフ」

■豊かさを創る質問■

・あなたは、クライアントに見えにくい『企画』をどのように伝えていますか?

・あなたの『企画』は、お客様に価値を生み出し、競争に負けないものですか?

・あなたの『企画』は、お客様に支持されるものを真剣にやっていますか?

$さくらの「ウェルシーシェフ」

__________________________

<魔法のレシピ>

『企画』は、お客様の氣分をいかに現実にするかである

__________________________

$さくらの「ウェルシーシェフ」

◆あなたはお店で『Tカード』の提示を求められたことはありますか?

貯まったポイントは1ポイント1円で還元できる。

全日空やドトールコーヒーでも使える『Tカード』今では日本人の3人に一人がもっているのが『Tカード』です。

CCCはどのようにして、客、店舗、CCCにそれぞれ『三方良し』のメリットを生み出す『Tカード』を生み出したのでしょうか?

$さくらの「ウェルシーシェフ」

◆CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)のツタヤは若者が集まるレンタルショップというイメージですがそこで、会員証として「Tカード」を企画した理由を教えて下さい!

CCCは、もともと「企画会社」から始めたのです。

昔は企画会社というと、なんか雑居ビルでジーパンはいて、髪の毛長くて、胡散臭い会社のイメージがあった。

『企画』というのは、そもそもクライアントの理解の領域を超えていることをやるのです。

クライアントがわかるなら、クライアントが自分でやります。

だから『企画会社』というのは、理解されずらい商売なんです。

$さくらの「ウェルシーシェフ」

◆つまり『企画』というのは、日本語でいうと「わからない」ということです。

だから『企画』を理解してもらうには5感に訴えるしかない!ということで『企画』を理解してもらうためにツタヤを始めたのです。

ですからツタヤが『Tカード』をはじめたのではないのです。

元々が『企画会社』で30年やってきたのですから「Tカード」は、違和感がないですね。

「例えば、増田社長が大阪で2店舗で、お店をやっていたときに『Tカード』をやろう!といっても難しいですよね。

やはり、いろいろなことをやっていくうちにアイデアが広がりますよね?」

『企画』のアイデアは、たくさんはあるのです。

「ただその企画を、本当にやったときに、お客様に価値を生み出すものでないとやってはいけない!」と思うのですよ。

それに「他が参入して、簡単に破られるものはではダメです。」

だから企画は「お客様に価値を生み出せ」てさらに「競争に負けないもの」をやるのです。

$さくらの「ウェルシーシェフ」

◆ツタヤを創った時から「3000万人の顧客基盤を創る!」ということは考えていたのですが「どうやるか?」は決まっていなかったのです。

当時も「カードは、会員ビジネスになる。」というアイデアもあったのです。

1980年の経営計画書には『顧客管理代理業』をやることが既に書かれているのです。

でも『企画』は、お客様に支持されるものでなくてはダメなのです。

それを真剣にやるということです。

例えば「レンタルレコードショップに本があったらいいですよね。それにそこでコーヒーが飲めたらいいですよね。」

そう、そう、そう!

「お客様の氣分をいかに現実にするかです。」

$さくらの「ウェルシーシェフ」

◆成功哲学の源流といわれ世界で1億冊以上が読まれてきた

『思考は現実化する』の著者であるナポレオンヒル博士はいいます。

『すべての成功は、アイデアから始まる』

『永遠の喜びのために、アイデアの種を植えよ』

『願望の設定は、あらゆるものの出発点である』

消費者不況といわれるなかでDVDの貸し出しが年間7億枚にせまるツタヤは、レンタルだけではなくCDやDVDの売り上げでも日本一!
本の売り上げも日本一!

エンタメだけで年商1750億円と、エンタメ業界日本一のCCC

さらに『Tカード』は、会員数がなんと3850万人を超え日本人の3人に1人が会員である。

『Tカード』の加盟店は、全国80社4万店もあるCCC

『俺たちは、客を喜ばす世界一の「企画」集団だ!』という

ツタヤを展開するCCC 増田 宗昭社長がいう『企画』とナポレオンヒル博士のいう『アイデア』には、共通する部分がありますね。

$さくらの「ウェルシーシェフ」

【ゲストプロフィール】

◆CCカルチュア・コンビニエンス・クラブ 社長増田 宗昭(ますだ・むねあき)

1951年1月20日 大阪府枚方市生まれ

同志社大学経済学部卒。

卒業後アパレル業界で働き、83年に「TSUTAYA(ツタヤ)」の前身「蔦屋書店」を枚方市で創業。

85年に運営母体であるカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社を設立。

以後、TSUTAYA以外にディレクTV設立やTカードなど、様々な事業展開を企画し続ける。

お薦め書籍『はじめて語られる企画の「虎の巻」』

はじめて語られる企画の「虎の巻」/増田 宗昭

¥1,000
Amazon.co.jp

__________________________

<魔法のレシピ>

■ 『企画』は、日本語でいうと「わからない」ことである

■ 『企画』は、お客様に価値を生み出せて、競争に負けないものをやる

■ 『企画』は、お客様に支持されるものを真剣にやる

__________________________

<さくらのB級グルメ>★★★★★ ★★

$さくらの「ウェルシーシェフ」

ランチで『パパミラノ』へ行きました。

友人と陽気にイタリアン!ということでメニューには、ドリアもあるようですがパスタのランチを注文してシエアーしてワイワイいただきました。

$さくらの「ウェルシーシェフ」

パスタランチ980円は下記から一種選択。
A ベーコンとキャベツのトマトスパゲッティ
B 紫イカと山菜の和風スパゲッティ
C 小海老とフレッシュトマトのペペロンチーノ
D 唐辛子とベーコンのトマトスパゲッティ ~アラビアータ

すぐにセットのサラダとパンが運ばれてきます。

ランチはフリードリンクになっているので、コーヒー・紅茶・アイスコーヒー・アイスティ・ウーロン茶等ドリンクバーでご自由にどうぞ。

$さくらの「ウェルシーシェフ」

パンはポンテゲージョはモチっとして美味しいです。

パンも追加でもらえます。

$さくらの「ウェルシーシェフ」
パパミラノは女性のお客様が多いですね!

※パパミラノはこちら
http://www.dynac-japan.com/papa/

有難うございます。
$さくらの「ウェルシーシェフ」

SNSでもご購読できます。