『代償の法則』活用しよう!  映画『7つの贈り物』より

7つの贈り物 コレクターズ・エディション [DVD]/バリー・ペッパー,ロザリオ・ドーソン,ウィル・スミス

¥3,990
Amazon.co.jp

ウィル・スミスが主演の映画『7つの贈り物』をDVDで観ました。

 

ウィル・スミスの映画『7つの贈り物』で演じた男の名前はベン・トーマス。

ベンは7人の名前が載ったリストを持っている。

彼らは互いに何の関係もない他人同士。

ベンは彼らに近づき、彼らの人生を調べ始める。

そして、ある条件に一致すれば

『彼らの運命を永遠に変える贈り物』を渡そうとしている。

「ベン・トーマスとは何者なのか?」

「彼の目的は何なのか?」

そして「7つの贈り物の中身とは?」

 

■豊かさを創る質問■

・あなたの世界(現実)を創っている最大の原因は何ですか?

・あなたは、誰の人生に貢献しますか? 

・あなたが与えるものは、本当に相手のためになりますか?


_______________________________

<魔法のレシピ>

『代償の法則』活用しよう!

_______________________________

 

ここからは映画『7つの贈り物』のあらすじになります。

※あらすじのネタバレがありますので、より深く内容をお知りになりたい方はお読みください。

 

◆自らの脇見運転により「7秒間で7人の人生」を奪ってしまい心に傷を抱えて生きるベン・トーマス(ウィル・スミス)がその償いをするために、7人の赤の他人にその身を削るようにして彼らの人生が永遠に変わるような贈り物をプレゼントしていくというストーリーです。

ベン・トーマスが119番に自殺の救急通報するシーンから始まります。

電話で「自殺者は誰か?」を尋ねられベン・トーマスが「僕です。」と答える理由が最後になって分かってきますが・・・。

映画の中盤まで「ベン・トーマスがの目的はいったい何か?」「誰に何を贈るのか?」など、先の見えづらい展開となっています。

 

◆過去に犯した罪の意識から、人を救いたいという気持ちが芽生え救うに値するかどうか相手を調べて、接触し、判断する。

ウィル・スミスの計画は表向きでは素晴らしいですが、国税局に勤務している弟の証明書を使って税務調査官と名乗り、国税局に乗り込んで、預金記録や個人情報ファイルを調べる

贈り物の送り先の一人で、通販会社で電話のオペレーターをしている盲目のエズラを電話で罵倒するシーンは、正確を確かめるテストだった。

 

◆心臓を提供する相手は、心臓疾患で余命4週間~6週間ベン(ウィル・スミス)と恋人同士になった女性のエメリーです。

ベンは、主治医に移植の成功確率を尋ね、5%前後という数字を聞いて自分の心臓を贈ることを決断します。

そして自分の心臓を提供するために、自殺を図るのですがその自殺の手段は「えっ?」という驚きの方法

ドナー登録をしていれば、臓器を提供できるはずなのですがやはり自分の目で自分の臓器を提供する人を

「この人に提供したい」と決めたかったのでしょう。

 

◆『7つの贈り物』というのは

1つ目:実弟に片方の肺
2つ目:社会福祉士のホーリーに肝臓
3つ目:恋人の暴力に苦しむコニーに住宅
4つ目:アイスホッケーのコーチに腎臓
5つ目:白血病の少年に骨髄
6つ目:恋人になるエメリーに心臓
7つ目:盲目のエズラに眼球

邦題が『7つの贈り物』という言葉を使っているため

「どんな楽しい贈り物なのか?」とい思いましたが・・・。

自殺したあとの『自分の臓器』や『家』の贈り物だったのですね

◆映画『7つの贈り物』は、主演のウイルス・スミスがいうように

映画を観る人が『人間』や『愛』に対してどういう考えを持ってるか?によって受け取り方が全然違うと思います。

 

ベントーマス(ウィル・スミス)は愛する妻を始めとした「7人の人生」を奪ってしまい、心に深い深い傷を抱え生きているという精神状態の設定です。

この状態が、すでに普通の人の精神状態ではないのですが、ベンに国税局のライセンスを見せられ、外見からはそのようには見えないという人間の『脳』のマジックがあります。

・ロマンチストな人は、壊れそうな心を抱え、勇気を持てなかったベンが、エミリーと出会ったことで

『愛のために』自殺して、自分が選んだ善人達に自分の臓器を提供する。

という計画をやり遂げた。」と思うかもしれない。

・暗い悲劇だと捉える人は、ベンは逆に勇気がなくて「そのまま計画を実行するしかなかった」と思うかもしれない。

 

◆最近、『バランスの法則』(正負の法則)が世の中で注目を浴びています。

『この世界は、バランスでできている。』

「失う事なく、得る事はなく」

「得る事なく、失う事はない」

という考え方がベースにあるようです。

質問により心を「ポジティブ」でも「ネガティブ」でもなく、無意識の物の見方(パラダイム)をセンター(中心点)にもってゆきます。

そして物事のメリットやデメリットを『あるがままに観る』という感じで、過去のトラウマや心を癒すために使われています。

通常の生活をしている人間からみればクレイジーですがベンは、自殺までして自分の臓器を、自分が選んだ『7人に贈る』つまり提供することで

・ 今の自分の生存「安定」と引き換えに!

・「貢献」や「愛とつながり」「重要感」「バラエティー」「成長」のニーズ、そして、死ぬ事でやすらかな心という幻想を満たそうとしたのかもしれませんね。

 

◆ウイルス・スミスによるとベンは自殺したあと臓器や家を提供する人が『人が見ていない時でも善人』である人を選ぼうとしています。

ベン・トーマスはちょっと極端な精神状態にある人間だから誰を選ぶか予想はできない。

ベンは自分が臓器を提供するそれぞれに人に、『命を与える』という気持ちなのでしょう。

与えられる人はそれぞれ生命であったり精神であったりするけど彼らは危機に立たされています。

特に、ベンが家を与えたDVに苦しむ女性は、非常に危険な状態にある。

 

◆ベンは彼らを救うために贈り物をするので、受け取る側にも重大な責任が生じます。

ベンが常に言っているのは「自分の人生を豊かに生きなさい!」ということ。

受け取る側は、それを忠実に守り、責任を持って生きていかなくてはいけないと思います。

エマーソンの提唱している『代償の法則』が、私たちが生きているこの世界の『原則』のひとつだと考えると

『人間はいつか死ぬ』

だからこそ
『今を、より価値あるもののために、より豊かに、積極的に生きることだ』
ということになるのでしょうか?

自分の人生(時間)や機会、そして今、そこにある資源を

「どのように? そして自分を含めた誰のために使うのか?」

を深く考えさせられますね。

 

◆『思いが原因、人生は結果、浮かんだことは必ずできる!』

その人の無意識にある物の見方(パラダイム)がその人の世界(現実)を創っている。

つまり、今、目の前にある自分の人生に感謝しエネルギーや情熱を生み出しさらに、自分の中にある想像力から始まる創造力を健全に活用できたとき、私たちの人生は本当の意味で『楽しいゲーム』に変わるのでしょうね。

運はつかめる! 上場2回、カリスマ経営者の「夢をかなえる習慣と法則」/南部 恵治

¥1,470
Amazon.co.jp

尊敬している事業家である南部恵治さんから教えていただいた言葉を贈ります。

『愛から始めて夢をもって力となす。人生は楽しいゲーム』

※DVD『7つの贈り物』はこちら

7つの贈り物 コレクターズ・エディション [DVD]/バリー・ペッパー,ロザリオ・ドーソン,ウィル・スミス

¥3,990
Amazon.co.jp

_______________________________

<魔法のレシピ>

■ その人の世界(現実)を創っているのは無意識にある物の見方(パラダイム)である

■ 『思いが原因、人生は結果、浮かんだことは必ずできる!』

■ 『愛から始めて夢をもって力となす。人生は楽しいゲーム』

_______________________________

<さくらのB級グルメ> ★★★★★ ★★★

 

クリスマスウイークにサイゼリヤでピンクスパークリングワイン『ランブルスコ』をいただきました。

 

ヨーロッパのようなリーズナブルさで、ワインを飲みながら食事をする文化を根付かせたいとサイゼリヤは長年、ワインに 力を入れてきたそうです。

 

・グラス100円
・250mlのデカンタ190円
・1,500mlのマグナムですら1,060円という驚異的な価格で ワインを
提供しているサイゼリヤ。

 

サイゼリヤのワインの安さの秘密は直輸入。

品質の高いワインをより安く提供するために、イタリアのワイナリーを巡り1996年からワインの直輸 入を始めた。

最初はドライコンテナで輸入していたが味の劣化が激しいため温度が一定のリーファーコン テナでの輸送に切り替えた。

もちろんコストはかかってしまうが

「安価なワインであってもおいしく楽しめるんだということをわかってもらいたい」

と切り替えを決意した。

もちろん品質もよく価格以上のおいしさがあります。

実はハウスワインも含めすべてリーファーコンテナで輸入しており品質維持には細心の注意を払っています。

サイゼリヤは現在では、月に140tものワインを輸入。

各店舗への配送も早く、販売量も多いため回転が速い。

店舗で寝かせてしまうこともなく、日本到着から2カ月以内でほぼ全量を売り切ることができる。

サイゼリヤは、日本で1番フレッシュなイタリヤワインが楽しめるイタリヤレストランだということです。

 

■『サイゼリヤで』はこちら!
http://www.saizeriya.co.jp/

ありがとうございます。

     
  

SNSでもご購読できます。