「天国」と「地獄」は同じ場所である!  書籍『きみはなぜ働くか』より

ワタミ株式会社の創業者である渡邉美樹氏の書籍『きみはなぜ働くか』を読みました。

『働くこと』について、深く考えさせられる内容でしたので一部を引用しご紹介させていただきます。

※お薦め書籍『きみはなぜ働くか』はこちら!
きみはなぜ働くか。(日経ビジネス人文庫)/日本経済新聞出版社

¥680
Amazon.co.jp

■豊かさを創る質問■

・あなたは、「天国」に住んでいますか?それとも「地獄」に住んでいますか?

・あなたは、毎日、つらいな、いやだなと考えていませんか?

・あなたは、どんな状況も、あなたの心が「天国」にもするし、「地獄」にもすることに氣づいていますか?

———————————————
<魔法のレシピ>

「天国」と「地獄」は同じ場所である!

———————————————

 

◆「天国」と「地獄」の話をしよう。交通事故で亡くなった人がいた。

三途の川を渡たところで、門番と出会った。

『天国行きか、地獄行きか、札を見せろ』と言われるが、肝心の札を持っていない。

『なんだ、お前は死んでいないから元世界に戻りなさい。』

ところが、その人は好奇心旺盛だった。

「せっかくだから後学のためにいちど、『天国』と『地獄』を見せてください。」

 

◆門番は気の利いた方だったので、ならばせっかくの機会だから見ておいでと言った。

その人は、「天国」と「地獄」の見学に行ったわけである。

最初に地獄を見学することにした。地獄に行くと、とてもきれいな広い部屋があった。

その部屋には大きな円卓があり、その周囲に椅子がズラリと並べられ、座っている人たちがいる。

円卓の真ん中にはたくさんのご馳走が置かれている。

その人はその様子を見て思った。
(なんだ、とても良い場所ではないか。全然地獄ではない)

◆ところが次の瞬間、ひとつ変わったことに気づいた。

座っている人たちの前にあるのは、非常に大きなナイフとフォークとスプーンだけ。

人々は、料理をとって食べようとするが、ナイフもフォークも大きすぎて食べられない。

挙句の果てに、互いの食器がこっちにぶつかる、あっちにぶつかると殺し合いが始まった。(なるほど、これは地獄だ!)と彼は地獄を後にした。

 

◆今度は天国へ見学に行った。すると、なんと全く同じ状況があった。

大きな円卓、周りをぐるりと人が取り囲み、テーブルには料理、そして大きなナイフとフォークとスプーン。

ところが、天国では、向かいの人に

「〇〇さん。お腹が空いたのではないですか」

「そうです、お腹がすきました」

「これを取って差し上げましょう」

と、そのスプーンで食べさせてあげたのだ。

◆食べた人は

「どうもありがとう」と、今度はその人が向かいの人に

「〇〇さん、こっちのフルーツをとってさしあげましょう」と。

人々は皆、満面の笑顔で幸せそうに食事をしていた。

これが『天国』と『地獄』の話である。

全てが同じ状況であるにもかかわらず、その心が天国にもするし、地獄にもする。

物事をつらいな、いやだなと思えば、実際にいやなものになってしまう。

しかし、その中で自分自身が成長しているとか、誰かの喜びに繋がってるという実感があれば天国になるわけだ。

これは、すべてに対していえることである。

◆『天国』と『地獄』の違いは、そこにいる人の「心のあり方」なのですね。

『地獄』の人間のように、自分のことばかり考えていては幸せにはなれない!ということを見事に表現しています。

自分を満たす事だけを考えている人は、長いナイフとフォークとスプーンでいつまでたっても食事を口にすることができません。

ところが思いやりや優しさの気持ちをだして、温かく明るい性格ならば他の人に食べさせてあげて、自分も食べさせてもらえるので長いナイフとフォークとスプーンも障害にはなりません。

置かれている状況を『天国』にするのも『地獄』にするのも自分次第!ということですね。

※お薦め書籍『きみはなぜ働くか』はこちら!

きみはなぜ働くか。(日経ビジネス人文庫)/日本経済新聞出版社

¥680
Amazon.co.jp
———————————————
<魔法のレシピ>

■ 全てが同じ状況であるにもかかわらず、その心が天国にもするし、地獄にもする!

■ 物事をつらいな、いやだなと思えば、実際にいやなものになってしまう!

■ 自分自身が成長しているとか、誰かの喜びに繋がっているという実感があれば天国になる!

———————————————

<さくらのB級グルメ>★★★★★ ★★★

天丼の『てんや』で、上天丼をいただきました。

サクサクな天ぷらは、海老も他の具材も美味しいですね。

 

ちなみに「てんや」の場合、『天丼』で海老1本、『上天丼』で2本、『海老天丼』で3本になるそうです。

 

◆ちなみに2012年6月18日の、TV番組お試しかっ!かえれまてんのランキングは、「天丼 てんや」の人気商品ベスト10でした。

 

発表されたランキングは以下の通りです。

1位 天丼(みそ汁つき)
2位 穴子天丼(みそ汁つき)
3位 オールスター天丼(みそ汁つき)
4位 上天丼(みそ汁つき)
5位 ねぎマヨ鶏天丼(みそ汁つき)

6位 天丼 そばセット
7位 天丼 うどんセット
8位 野菜天丼(みそ汁つき)
9位 小天丼(みそ汁つき)
10位 いか

揚げたての上天丼が580円で食べられるとは、嬉しい時代ですね!!

ご馳走様でした!!

※天丼の『てんや』はこちら!

http://www.tenya.co.jp/index.htm

ありがとうございます。

SNSでもご購読できます。