「大人の目」を養おう!

こんにちは!久家 邦彦です。今日も1日元氣で顏晴ろう!

今日の個別セッションでは、大きな別れの後『自分の人生を生きる!』と決めた女性だった。

その後、すぐにステキなパートナーと出逢い、つきあい始めたそうだ!!

決断の瞬間に、新しい人生がつくられる!

自己責任ですから、はやまらないでね~(笑)

◎心の目をひろげていますか?

◆自分も廻りの人も気持ちいい『大人の目』を養おう!
     久家 邦彦

○今日は「大人の目」を養おう!ということについてお話させていただきます。

斎藤一人さんは「大人の目」を持つこが大切だ、といいます。

中国では、大人(おとな)のことを大人(たいじん)というそうです。

中国では「物凄いお金持ちが、お金がない人に恵むのは当然だ!!」と思っている人がいます。

例えば、中国の物凄いお金持ちが、縁日でナツメを買ったとします。

この時に、ナツメを売った相手が、量を半分ごまかして、ナツメを半分しか渡さなかったとします。

中国では、こういう時、ギャアギャアさわいだりしないで悠然と歩いている人を、大人(たいじん)の大金持ちというそうです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<強運のレシピ>

「大人の目」を養おう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆斎藤一人さんは、精神的に大人になることが大切だと教えてくれます。

通販で成功した会社のパーティーに呼ばれた人が、普通なら相手の会社のお祝いだから

「素晴らしい業績、おめでとうございます。」

とその主催者を讃えて、お祝いをいうのが普通なのに

「実は俺も通販をやろうと思っていたんだよ。」

といっている人がいたことがあるそうです。

廻りから見たら

「誰のための、お祝いパーテーィーかわからない。何て、小さい人なのだろう!!」

と見られます。

この人は

『自分と相手しか、見えていないのです。』

廻りの人から自分を見る視点がないのです。

◆一人さんはある時、ガソリンスタンドで外車を擦った、スタンドの若い店員さんを車の中から怒鳴りちらしている人を見たそうです。

「なんだ、アイツ!!」と嫌な感じになりました。

なぜなら、この外車から店員を怒鳴っている人は

『その人と自分しか見えていないのです。』

この人も、廻りの人からの視点がないのです。

こういう人は、身体だけ、大きくなった子供だよ。

ちゃんと『大人の目』で見たら、廻りの人の視点で見えるのです。

確かに、中国の大人(たいじん)を、少し見習った方がいいのかもしれませんね。

◆一人さんは教えて下さいます。

「自分と相手しか見えないで、廻りの人の氣分が悪くなるようなことを、ギャアギャア騒いでいる人は、身体だけが大きくなった子供だよ。」

確かに、小学生や中学生のように自分の立場だけしか見えない人の立ち居振る舞いは、廻りの人を嫌な気分にします。

反対に、自分だけでなく、相手や、廻りの人の氣分がよくなる大人の立ち居振る舞いはかっこいいですね。

『大人の目』を養って、より成長していきたいですね。

『潜在意識活用の3つの落とし穴とは?』

久家邦彦の無料メルマガはこちら!

⇒  http://marugen.tokyo

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<強運のレシピ>

■ 心の眼を広げよう!

■ 精神的な成長を続けよう!

■ 自分も廻りの人も気持ちいい『大人の目』を養おう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本全国で開催してきた講演や集合研修、個別セッションの実績は20年間で7万2600人。

研修やテレビ出演や取材・講演のご依頼について、詳しくはお問い合わせください。まるです。

⇒  http://marugen.tokyo

脳力革命で人を幸せに!!

日本現実化戦略研究所(まる現 銀座)

  久家 邦彦(くげくにひこ)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*