「億万長者との契約書」

http://www.ootoya.com/menu/best.html億万長者との契約書/小林 一光

¥1,470
Amazon.co.jp

『億万長者との契約書』フォレスト出版の著者である小林一光さんは、プルデンシャル生命時代に30代で年収が1億円を超え将来の社長との声も多くありましたが、2009年3月には同社を退社して次なる人生へと進みました。

「仕事は人生の目的ではありません。

人生の目的を実現するために、志事(しごと)があるのです。」

と一光さんは教えてくださいました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<魔法のレシピ>

プロとして、本物になり切ろう

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆お笑い芸人なら、「笑わせることが仕事」

もしお笑い芸人が「恥ずかしいから」とかなんとかいってお客様を笑わせなければ、仕事がなくなります。

保険の営業マンは「保険を売ることが仕事」もし保険の営業マンが、「断られるのが嫌だから」とか

「この商品は完璧でないから」などといっていたらやはり仕事がなくなります。

人は、その職業の最高のプロを演じきり、それが習慣になったときその人の性格が変わり、人格が変わり、運命が変わり、人生が変わります。

◆小林一光さんの本名は「カズアキ」さんです。

小林「カズアキ」さんは本来

・やさしい
・人思い
・デパートの店員さんにも声をかけられない
・氣が弱い

このような、性格なのだそうです。

◆ところが、社会に出てからは自分の名前を「イッコウ」と変えて理想の人物、小林「イッコウ」さん、へと行動習慣をスイッチすることで「勝ち癖」をつくりあげてきたそうです。

小林「イッコウ」さんになると

・勝負に負けない
・何をやっても怖くない
・やり遂げる
・氣が強い

仕事がダントツでできる頼りになる人になるそうです。

◆大リーガーの「イチロー」も「鈴木一郎」さんのときはひょうきんで、おおらかで、おどけている、性格なのだそうです。

ところが、シーズンに入ると「鈴木一郎」さんから「イチロー」となり毎日、同じカレーを食べて、同じトレーニングをやりさらにルーティンワークをこなすそうです。

「一歩、一歩でしか、遠くへはいけない」

これは、イチローの言葉ですが・・・

やはり偉業をやり遂げる人たちには共通点がありますね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<魔法のレシピ>

■その職業の最高のプロを演じきり習慣となったときに人生が変わる

■理想の人物のアイデンティティーをもち行動習慣を変革しよう

■「一歩、一歩でしか、遠くへはいけない」毎日「勝ち癖」をつけましょう

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<さくらのB級ぐるめ>★★★★

大戸屋さんで夕食をいただきましたヾ(@^(∞)^@)ノ

今日は「チキンかあさん煮 定食」700円をいただきました。


大根おろしと玉ねぎのスープが、とてもいいお味です。

大戸屋さんの、ご飯はふっくらしていて美味しいですね。ヾ(@^▽^@)ノ

大戸屋さん、有難うございます。

     
  

SNSでもご購読できます。