「人の気持ち」を聴いて、聴いて、聴きまくる! 『創刊男の仕事術』くらたまなぶ著より

書籍『創刊男の仕事術』(日本経済新聞社)を読みました。

著者のくらたまなぶさんは、リクルートで「とらばーゆ」「フロム・エー」「じゃらん」など20のメデイアを立ち上げ、次々にヒットを飛ばしました。

書籍『創刊男の仕事術』はくらたまなぶさんの目からウロコの発想法です。

この本を読み、自分で実践してみて、多くの方に知って頂きたい内容だったので引用させていただきます。

もし氣にいったら是非、お読み下さい!

※お薦め書籍『創刊男の仕事術』くらたまなぶ著
MBAコースでは教えない「創刊男」の仕事術/日本経済新聞社

¥1,575
Amazon.co.jp

■豊かさを創る質問■

・あなたは、市場調査によって過去の実績を把握してその数字をいじりながら仮説をたてていますか?

・あなたは、「市場を語るとき」は、全て「数字」でかたっていますか?

・あなたは、「人の気持ち」を沢山集めるために聴いて、聴いて、聴きまくり「マーケティング」を全て「言葉」で語っていますか?

______________________________

<卓越のレシピ>

「人の気持ち」を聴いて、聴いて、聴きまくる!

______________________________

 

◆まだ右も左も分からなかった頃、諸先輩からも役員会の席上でも、『調査』という言葉がやけに飛び交う。

その度に急いで走る。

すぐに「〇〇白書」なんていうの買いに行く。

ある時は、「労働白書」の女性のページを開く。

あるときは、「観光白書」の海外出国人口の推移なんていうの見る。

今ではネット検索をちょこっとするだけでいい。

効率よく速やかに情報を入手できる。便利な世の中になったもんだ。

 

◆ある日「おかしいな」と思った。

同じ調査でもある人は「市場調査」と言う。

ある人は「マーケティング調査」という。

それって「同じ」こと? それとも「違う」もの?

「マーケティング」を翻訳して、作業ベースに落とし込むことができて、やっと初めて2つの「違い」が明らかになった。

なんだ、全く別物じゃないか!

・「市場調査」昨日までの「人の行動を数字」で知ること。
・「マーケティング調査」明日からの「人の気持ちを言葉」で知ること。

 

◆リクルートはかなりマーケティングを大事にしてきた会社だと思う。

にもかかわらず「2つ」を混同している人はたくさんいた。

実は180度違うものだったのである。

「過去の実績」と「未来の予測」。

「行動」と「気持ち」。

「数字を明らかにするのか」と「あくまでも言葉にこだわる作業」なのか。

つまり「算数」か「国語」か。

 

◆市場を語るときは、すべてが数字でなければならない。

市場調査の会議で言葉を弄するのはおかしい。

「マーケティング」であれば、逆に全てが言葉。

「何%だからこうしよう!」という『数字』から導き出された結論では、いい商品作りにつながっていかない。

『算数』で『国語』の問題を解こうとするようなものだ。

ぜひとも両者の違いを混同しないようにしたい。

◆市場調査によって過去の実績が把握できる。

その数字をいじりながら仮説ができていく。

それを確かめるためにも、あるいは闇雲に未来を予想するためにも、とにかく「人の気持ち」を沢山集めなくてはならない。

聴いて、聴いて、聴きまくらなくてはならない。

 

◆くらたまなぶさんの
『売れるものを生み出す8つの掟!』

1.ちゃんと普通に生活すること
2.人の気持ちを聴いて聴いて聴きまくる
3.「不」のつく日本語を求める
4.ひたすらブレストを繰り返す
5.不平不満を優しい言葉でまとめる
6.まとめた言葉を形にする
7.プレゼンテーション(市場の第一歩)
8.「起業」夢をすえて変化に即応する

実践したら大成功ですよ!

※お薦め書籍『創刊男の仕事術』くらたまなぶ著
MBAコースでは教えない「創刊男」の仕事術/日本経済新聞社

¥1,575
Amazon.co.jp

_______________________________

<魔法のレシピ>

■ 「市場調査」は算数!「マーケティング調査」は国語である!

・「市場調査」昨日までの「人の行動を数字」で知ること。
・「マーケティング調査」明日からの「人の気持ちを言葉」で知ること。

■ ・「市場を語るとき」は、すべてが数字でなければならない。市場調査の会議で言葉を弄するのはおかしい。

・「マーケティング」であれば、逆に全てが言葉。
「何%だからこうしよう!」という『数字』から導き出された結論では、いい商品作りにつながっていかない

『算数』で『国語』の問題を解こうとするようなものだ。
ぜひとも両者の違いを混同しないようにしたい。

■ 「市場調査」によって過去の実績が把握できる。
その数字をいじりながら仮説ができていく。

それを確かめるためにも、あるいは闇雲に未来を予想するためにも、とにかく「人の気持ち」を沢山集めなくてはならない。

聴いて、聴いて、聴きまくらなくてはならない。

_______________________________

<さくらのB級グルメ>★★★★★

「たれ蔵」で「店長ラーメン 一玉(500円)」をいただきました。

 

券売機で食券を購入します。

お店の壁にはモチモチ太麺の文字があり、おいしそうで期待が高まります。

運ばれてきた店長ラーメンは太麺で確かにモチモチしています。

トッピングはチャーシュー、なると、メンマに海苔、味玉1/2が入っていて、嬉しいですね。

 

最近500のラーメンとか、250円のお弁当とかを見かけるようになりました。

B級グルメ大国日本!を感じますね。

ご馳走さまでした。

 

※「たれ蔵」はこちら!

http://30min.jp/place/22371

ありがとうございます

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*