「ペーパーマネー」と「本物のお金」

世界の中央銀行が、お金を刷りまくっている現在

円やドルの先行きが不安、という声をよくお聞きします。

ロバートキヨサキ氏の

『金持ち父さんの新提言 お金がお金を生む仕組みの作り方』

からの氣づきを書かせていただきますね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<魔法のレシピ>

本物の「お金」に投資する

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆1971年アメリカのニクソン大統領が、アメリカドルの金本位制を廃止しました。

そして「ドル」が世界の準備通貨になりました。

ニクソン大統領は本物の『お金』を、「ペーパーマネー」に変えてしまいました。

 

◆「お金」には、本物の「お金」と「ペーパーマネー」があります。

では本物の「お金」とは何か?というと「金(きん)」や「銀(ぎん)」

金持ち父さん貧乏父さん/ロバート キヨサキ

 

 

¥1,680

「ペーパーマネー」は、「ドル」や「円」や「ユーロ」です。

 

◆「ペーパーマネー」の問題は、人間が好きなだけ印刷することができることです。

世界経済がこんなに深刻な状況になったのは「円」や「ドル」が市場最大級の信用バブルを起こしたからです。

 

◆たとえば「円」は本物のお金ではなく「ペーパーマネー」です。

そして「ペーパーマネー」は「派生物(デリバティブ)」です。

この「本物のお金」の派生物(デリバティブ)である「円」や「ドル」、住宅ローン、信用の低い借り手、それらを全部、組合わせて証券化した。

そしてそれを買ったのが銀行です。

これがサブプライム問題の本質です

◆アメリカは、ドルを刷り続け、ドルの価値を引き下げつづけてきました。

今度は、アジアやヨーロッパの諸国が自国の通貨を切り下げるかもしれません。

すると、物の値段が上ります。

そうなると物価の上昇に、金持ち以外の多くの人が苦しむことになります。

本物の金持ちは、いままさに「本物のお金」に投資しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<魔法のレシピ>

■本物の「お金」とは「金(きん)」や「銀(ぎん)」

■「ペーパーマネー」は、「ドル」や「円」や「ユーロ」

■「ペーパーマネー」を刷り続けると、「本物のお金」の価値が増す

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このブログは投資を薦めるものではありません。投資は自己責任でお願いします。

<さくらのB級ぐるめ>★★★★★

さくらが博多に来ると必ず通っている『料亭 稚加栄のランチ』にやってきました。

ここは、壮大な生簀にタイやひらめ、おこぜや伊勢海老などが飛び跳ねています。

それを板前さんが、目の前で鮮やかに捌いています。

お料理は、新鮮なお刺身、てんぷら、煮物、かにの味噌汁茶碗むし、明太子といわしのはさみ揚げ、つぶこ・・・
 

とにかく新鮮で吟味された素材が、美味しいこと、美味しいことさらに和服の日本女性達がサービスをしてくださいます

これだけついて、ランチのお値段は1200円です。

さすがに雨の日でも20分待ちの行列ができていました。

さくらのB級グルメ『文句なしの5つ星』です。

博多にお出かけの際は、さくらが最もお勧めのランチです。

http://www.chikae.co.jp/ryotei/top.html

有難うございます。

     
  

SNSでもご購読できます。