​ 日本一の個人投資家 竹田和平さんからの「最後の手紙」

こんにちは。久家邦彦です。

日本一の個人投資家 故 竹田和平さんから頂いた「最後のお手紙」があります。

━━━━━━━━━━━━━━━━
日本一の個人投資家

「竹田和平さんからの手紙」 2016年5月24日
 → http://marugen.tokyo/voice/1-4

━━━━━━━━━━━━━━━━

この2年間、名古屋の竹田本社で和平さんにお会いするたびに「一つの質問」について繰り返し、繰り返し、お聴きしてきました。

その質問とはどんな質問だと思われますか?

その「質問」とは。

「Q:なぜ、和平さんは智徳志士の会を立ち上げたのですか。」という質問です。

そのお答えを和平さんからいただきました。

それがこの「和平さんからの最後の手紙」です。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━
日本一の個人投資家

「竹田和平さんからの手紙」 2016年5月24日
 → http://marugen.tokyo/voice/1-4

━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■毎年、海外を旅していて感じることがあります。

それは、今の日本は、心の優しい穏やかな人たちがたくさん住んでいて、食べ物も美味しく、平和で恵まれた美しい国だということです。

これは私たちの親やご先祖さま、先輩たちのおかげだと思います。

和平さんは、今世の最期までより安心して暮らせる家庭や、国家、世界をつくることのために働かれていました。

■ 今、私たちの目の前にはたくさんの仕事があり収入を増やす方法があります。

ビジネスをやろうと思えば ITや技術の進化、発展のおかげで個人でも、人に喜ばれて収入を増やすことがより簡単にできるようになった自由市場が目の前に広がっています。

ただし今、日本は、和平さんが懸念していたとおり、国家財政の危機が迫っております。

■「真実」が一瞬にして同類に伝わるのは本能の働きです。

・鳩(ハト)に豆を上げると、一瞬にして、同類の鳩に伝わり2羽。3羽。と飛んできます。

・小魚の群れは、危険があれば、一瞬にして、同じ方向へ転換します。

 本能を働かすことで安全を守ることができるのです。

それでは、私たちはどうすれば本能を働かすことができるのでしょうか?

■「危機」とは「危険」と「機会」が同時にきていることです。

私たちは「ピンチ」を「チャンス」に「転換」することができます。

そしてその方法は和平さんが「智徳志士の会」で繰り返し、繰り返し私たちに教えてくれたことです。

 

■「すべての事象は、与えた意味として生まれる!」良いことを生むのも、悪いことを生むのも私たちの心のとおりである

だから、すべてに「ありがとう」と肯定すればすべてが「幸せ」につながる

 

■私たちが眞心(まろ)から知恵と徳を高めること。

そして私たちが眞心(まろ)と眞心(まろ)で融合することで新しい平和で美しい世界をつくることができます。
 

豊かで美しい愛と感謝にあふれた新しい日本をつくり、さらに豊かに発展させて後世に引き継いで参りましょう。

 和平さん、そして智徳志士の皆様、関係者の皆様本当にありがとうございます。

心から感謝を込めまして!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━
<卓越のレシピ>

■「真実」が一瞬にして同類に伝わるのは本能の働きです。

■ すべての事象は「与えた意味」として生まれる

■「危機」とは「危険」と「機会」が同時にきていることである

「ピンチ」を「チャンス」に「転換」する!

━━━━━━━━━━━━━━━━


 

追伸:今週末。10月8日(土)

「和平さんありがとう会」名古屋のお菓子の城で智徳志士の会のコーチを共につとめさせていただいた

船井勝仁さんと共にお話をさせていただきます。

ご参加される皆様にお会いできることを楽しみにしております。

久家 邦彦

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*