生死をわける決断力

生き残る技術 -無酸素登頂トップクライマーの限界を超える極意- (講談社+α新書)/小西 浩文

¥880
Amazon.co.jp

あなたが、今の職業につく決断をしたのは「いつ頃」のことでしょうか?

もしあなたが、そのとき今の職業につく決断をしていなかったとしたら

あなたの人生は、今と、どれくらい違うものになっていたでしょうか?

あなたが毎日、出会う人達や、収入、支出、食べ物や、住まいまで

もしかしたら伴侶まで、違う人になっていたかもしれません?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
<魔法のレシピ>

人生は決断によってつくられる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  

昨日に引きつづき、著名な登山家のお話しです。

 

 

 

 

◆8000m峰に登山する人たちのなかには、会社を辞め、家族と別れて頂上を目指す人達がいます。

例えばエベレストで、8844mの頂上を目指して登山しているとき、8600mまで登ってきたところ、つまりあと244mで頂上というところで天候が悪化し、体調も限界に達し、精神的にも極限状態にあるとき・・・

「このまま登山をつづけるか?」それとも・・・「下山するのか?」決断をせまられるときがあるそうです。

◆休んで、再度チャレンジすればいいと思うかもしれませんが、8000m峰の無酸素登山のような、極限状態ぎりぎりの登山では一度、下山を決めたあとに、再度、頂上にチャレンジするような後ろ髪をひかれるような行為は、事故に会う確率が高くなるそうです。

ですから登山家にとって「決断がいちばん難しい」といいます。

では、その「決断力」はどこから来るのでしょうか?

 

 

 

 

 

◆あるとき、この著名な登山家は、友人の登山仲間からこんな話しを聞かされたそうです。

「8000m峰の登山の死亡率は、3%ある。つまり30回登れば死亡する確率は 3*30%で 
90%になるんだ・・・」

それを聞いた、この登山家は「その話の死亡率には、本人の精神力や、体力、神様からどれだけ愛されているか?が入っていない。

登山は単純な確率計算では計れないよ。」と答えたそうです。

◆・・・その3週間後、死亡率の話をした友人の登山仲間は登山中に亡くなられたそうです。

「きっと彼は、亡くなる登山の前に、虫のしらせで感じていたんだと思う」

「人間は、誰でも恐怖がある。この恐怖を友人としてとらえ、自分は大丈夫だ!!と、心が前向きに挑戦できるときは大丈夫だが、もし、恐怖が強くなってコントロールができないなら、やめる決断が必要だ。」

◆決断は、いきなり必要になるのではなく、究極の状態になる前にそのプロセスで、何度も、その人の心の中の声(直観)を感じる瞬間があるということです。

ただ、このときに欲得や、損得があると、良い決断をするのが難しくなるそうです。

多くの場合

  • 8600mまできたのだから・・・
  • 家族と別れてまできたのだから・・・
  • マスコミで有名人なのだから・・・
  • 大きなお金がはいるから・・・
  • 会社をやめてまできたのだから・・・

などの欲得や損得が心の中にもたげてきます。

だから毎日、瞑想や自律訓練法、イメージ療法などで自分自身の感情をコントロールすることが、とても、とても重要!というお話しでした。

■小西浩文さんはこちら

http://www.musanso.com/

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  

<決断のレシピ>

◆決断に必要な「直観」はすでにあらわれている

◆欲得や損得に惑わされないように感情をコントロールしよう

◆決断の瞬間に人生が創造される

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  

『さくらのBきゅうグルメ』

ランチで登亭の鰻を食べに行きました。

 

 

 

 

お店に入ると、昼前から年配のお父さんやお母さんが待ちどうしそうに鰻の焼けるのをまっています。

鰻が焼けるまでの待ち時間はあるものの、出てきた鰻は・・・

ほくほく、こってり、さらに肝吸いも味がよくぺろりと、きれいに食べてしまいました。

登亭は、千住の魚屋さんから始まったそうですが

「安くおいしい鰻をより多くの人に食べてほしい」

という思いが伝わってきた心地よいランチでした。

 

生きる意味(登山家)

先週、著名な登山家 小西浩文さんのお話しをうかがいました。

世界には8000m峰が14座ありますが、に無酸素で登頂する挑戦をされ、現在6座の登頂を成し遂げられている唯一の日本人です。

8000mになると、酸素は地上の約30%しかなく、登山仲間が命を落すこともすくなくないそうです。

でも、なぜ?そんな危険をおかしてまで、山に登るのでしょうか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  

<魔法のレシピ>

「何をやるか?」よりも 「何故やるか?」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  

◆「なぜ? そんな危険を冒してまで登るのですか?」という質問に

この著名な登山家は「好きだからですね。」と答えられました。

そして、静かに話しを続けました。

 

◆「死と向いあっているからこそ、生を強烈に感じることができることもあるのです。」

1996年エベレストで、ネパール人のシェルパと雪山に挑んだ、突然、そのシェルパの指笛が聞こえた。

危険を感じ、その瞬間とっさに氷壁にしがみついた。

大きな雪崩だった。

雪の大波をしのいだあと、そのシェルパを探したが、彼は見つからなかった。

山で命を落とした、先輩や仲間たちは「もっと登りたかった」と思っていただろう。

生き残った自分が、彼らの供養のためにも登るのは使命だと感じている。

 

◆「人間は生死の近くにいると感覚が研ぎ澄まされる」

たとえば犯罪者など、追われている人間は5感が発達する。

そして、少食になる。

たまに経営者の方が「登山家だけでなく、経営者も命をかけている」と言われることがある。

しかし、たとえ倒産したり、借金があったとしても、自分で自殺しないかぎり、ほとんどの場合、死なない。

ところが雪山では、自分が死にたくなくても死ぬことがある。

 

◆日本では1998年から、毎年、3万人以上の人が自殺をしているときくが、ネガティブな情報を断食をすることと、歩くことで、「自殺は減る」という。

現代は情報が多すぎる、しかもニュースを聞いていると暗い気持ちになることが多い。

気分が下がると免疫が弱る、だから、ネガティブな情報の断食をして身体を動かすことです。

◆そういう良い習慣がつけば、毎日の気分が変わる。

気分が変われば、行動が変わり。

行動が変わると、日々の結果が変わる。

日々の結果が変わると、人生が変わる。

 

◆登山家として「生きる意味」を尋ねると。

「人の役にたつことだと思います」

たとえば格闘家は、観客がいない野原で闘っているのでは、自分の満足以外の意味がない。

格闘家は、怪我や生命にリスクがあっても身体や精神を鍛え、観客の前で戦うことで、観客に勇気や希望など、様々なインスピレーションを与えることができる。

登山家の自分も、挑戦や経験という「山で得た宝物」で多くの人へ「勇気」や「元気」を送れたら嬉しいと話されました。

■小西浩文さんはこちら

http://www.musanso.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  

<魔法のレシピ>

■逆境が人間の感覚を研ぎ澄ます

■好きなことに、力となる意味を見出そう

■生きることは、人の役にたつことである

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<さくらのB級ぐるめ>

ランチに「トマトとベーコンとにんにくのパスタ」を作りました。


にんにくとベーコンをオリーブオイルで炒め、いい香りがたち始めたところで、白ワインとホールトマトをまぜて煮ます。

パスタを、芯が少し残るように茹でてから、よくお湯を切り、フライパンでソースと合わせます。

白ワインと一緒にいただきましたが、このあと夏の昼下がり、いい気もちで昼寝しました。

すっきり。

思いはマーケティングより強し(全脳思考)

先がわからない時代と言われてますが、あなたは、これからの3年後を考えることがありますか?

全脳思考/神田 昌典

¥2,100
Amazon.co.jp

日本一のマーケッターといわれる、神田昌典さんは、顧客の3年後の120%HAPPYな状態を、鮮明にイメージして、そこから自分の人生を創造するモデルを、書籍として出版しました。

その名も「全脳思考」楽しくて、すぐに大切な人たちにお話ししました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━  

<魔法のレシピ>

大切な人の120%幸せな未来をイメージして、そこから人生をくみたてる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
◆あなたは3年後に、自分の大切な人が120%幸せな状態をイメージしたことはありますか?

3年後、あなたの大切な人は、どこで喜んでいて、どんな反応をしているでしょうか?

そのときの声の様子は?明るいですか?落ち着いていますか?

さらにその人の動きは、ゆっくりでしょうか?おちついているでしょうか?

 

◆あなたの大切な人が現在、満たされていない状態を描写する

その人が「現在の満たされていない状態」から「120%幸せな状態」への道筋を描く

大切な人が120%幸せな状態になるための、最初の1歩(ベビーステップ)を描く

その大切な人に提供する最初の情報もしくは体験を考える。

 

◆この人生マップに、映画監督になって、タイトルをつける!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  

<魔法のレシピ>

■先の見えない時代だからこそ、120%HAPPYな未来をイメージしよう

■大切な人たちが、幸せになる未来から、そこにいたる道筋を考えよう

■幸せな人生の秘けつは「与えることである」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<さくらのBきゅうグルメ>  

今日は、新宿高層ビルの大好きなお店で、マグロ料理をいただきました。

ここのマグロのほほ肉や、キムチ和え、皮ポン酢は絶品です。

29Fなので新宿の夜景の景色が素晴らしく、いつも飲みすぎ最高の気分になります。

前回、焼酎のボトルを飲みきっていたのに今日も「ボトルを入れてるから!!」なんて、
お店の人に勘違いしてお願いして・・・とても恥ずかしい思いをしました。(笑)

横浜中華街と人間関係

皆さん、こんにちは。

あなたは、横浜の中華街にいくことはありますか?

久しぶりでしたが「来てみてびっくりです。」

中華街の「金香楼」での遅めのランチ でしたが本場中華理が、北京の宮廷にいる 雰囲気の中で、とてもリーズナブルな値段で、 食べられるのです。

味も薬膳ぽいスープや、夏バテ防止の豚の角煮、さっぱりした麻婆豆腐がついて元気いっぱいになりました。

し・か・も・・・紹興酒と壺ランチ(お楽しみ)、2名で合計2000円という幸せな、うれしいランチでした。

あなたのより豊かで、幸せな毎日の役にたてばうれしいです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
<魔法のレシピ>

より豊かな人間関係をつくるためのセオリーを意識しよう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  

◆そのあとは、山下公園の木陰でリラックスタイム。至福のひとときを過ごしました。

そして、すこし歩くと、妙な人だかりが・・・ おそるおそる近づくと、大道芸人さんの声がスピーカーから流れてきました。

◆はじめは観客も、少し離れたところで・・・「これから何が始まるの???」という感じで見てました。
ところが、すこしすると、観客がだんだんと大道芸人に近づき最後は、100名以上の輪が、大道芸人を囲み、拍手喝采観客も30分の間にみるみる引き込まれていました。

◆素晴らしい芸のパフォーマンスもさることながら、人をひきつけるタイミングと話術は、幸せ人間関係や、ビジネスにも通じる魔法がたくさん隠されています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
<魔法のレシピ>

◆はじめは、楽しく、明るく次に、自分の失敗も見せ共感を呼びます

◆その後、身近でないと感じられない話しや、パフォーマンスをすることで距離が、ぐっと近づきます。

◆最後は、ギブ アンド テイクで、気持ちよく目的を実現します。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━