ダイヤモンドの土地

「ダイヤモンドの土地」というお話しを聞いたことがあります。
ラッセル・コンウェル博士が好んで話した講演ですが人生にとってとても大切なお話しに感じました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<魔法のレシピ>
大切なものは足元にある

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆昔、昔、そのむかし、インダス川のほとりにという名の農民が住んでいました。
アリは毎日、毎日、朝から晩まで一生懸命に畑を耕し家族の生計を支えていました。
そんなある日、アリの家に、旅のお坊さんがあらわれて「一晩、泊めてもらえませんか?」とお願いされました。
アリは、このお坊さんを家に泊めて食事をお出ししました。

◆すると、このお坊さんが、アリに話しをはじめました。
「あなたはダイヤモンドという、とても高価な石のことを知っているかな?」
「もし、このダイヤモンドが10粒もあれば、家族が何年も豊かに暮らせる。
そして、もし一握りのダイヤモンドがあれば、王様のような暮らしができるのだ。」
アリは、その話しに驚き、「そのダイヤモンドという石が、どこで手に入るのか?教えてください。」
とお坊さんに尋ねた。
「その石は、大きな山や谷をいくつも越えていった川のそばにあるそうだ。」とお坊さんは答えました。
その晩、アリは布団の中でダイヤモンドについて考えていた。
ただし、このとき「アリの心はとても貧しく」なっていた。
そしてアリは「ダイヤモンドを探しにいこう」と決めた。

◆アリは翌朝、畑や家を売りにだし、家族を親戚に預けてダイヤモンドを探す旅にでかけた。
そしてそれから何年もかけ、大きな山や谷をいくつも越えていき、ダイヤモンドを探し続けた。
しかし、ダイヤモンドは見つからず、最後には持っていたお金をすべて使い果たしスペインの海岸から身を投げて自殺してしまった。

◆それからさらに何年かがすぎたある日、アリの畑を買った農民の家にアリに、以前ダイヤモンドの話をした旅のお坊さんがまた訪れた。
そして、また一晩とめてもらい食事をしてると・・・
その家の机に。
美しく輝く石があるのに氣がついた。
お坊さんはその石を手にとってよく見てみると。
それはダイヤモンドであった。
そしてお坊さんは叫んだ。
「これはダイヤモンドではないか!!どうしたんだ!!アリがダイヤモンドを見つけて戻ってきたのか?」
その農民は不思議そうな顔をして・・・
「その石は、この家の川原で拾ったんですよ。しかも、そんな石ならまだ家の庭にたくさんありますよ。」

◆こうして世界をさまよい、最後には自殺したアリが売ったその家の庭から世界最大のダイヤモンド鉱床にひとつであるゴルゴンダの鉱床が発見されたのだ。
もし、アリが畑を売り世界をさまよい歩くまえに自分の足元を探していたら・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<魔法のレシピ>
■ 豊かさや幸せを、足元にみつけよう 
■ 足りないものを数えるのではなく「あるもの」を数えよう
■ 深く穴を掘れ、穴の直径は自然に拡がる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<さくらのB級ぐるめ>
サイゼリヤにいってきました。
サイゼリヤは、おいしくて安くて、スタッフの雰囲気もいいですよね。
この秋、おいしいワインを飲みながら、イタリヤ料理をおつまみにゆっくりと読書を楽しむのもいいですね。
追伸:先日、TVで特集されていましたが、サイゼリヤの経営者が当初、価格を20%下げても、30%下げても、お客様はこなかった・・・ そこで、価格を70%下げたらお客様が、20分待ちの行列となった。
これは、すごい決断ですよね。
おいしくて、リーズナブルなお店をありがとうございます。感謝しています。

 

断食

あなたは「断食」をしたことはありますか?

さくらは健康なのですが。。。 1日でも「断食」をすると、さらに身体の調子がよくなるので、定期的に断食をしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<魔法のレシピ>
断食で豊かになる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆断食をすると、身体にエネルギーがあふれてきます。
ある人に『ライフスタイル革命』という書籍を紹介いただき聞いたお話しですが、人間は食べ物をたべたときの「消化」にものすごくエネルギーを使うそうです。
肉や魚や炭水化物を、好き放題にたべていると消化に使うエネルギーは一説では、マラソンを完走するくらい使うとのこと・・・
どうりでランチを食べすぎると、眠くなるはずですね

◆ちなみに断食をすると、当然、消化のエネルギーを使いませんからエネルギーは溢れてきますよね。
犬や猫などの動物も病気になると、殆ど食べなくなります。
獣医さんに聞いたら、病気のなおりがはやいからなんですね。

◆さらに効果的に断食をしていると宿便が出たり、インスピレーションがあふれてくるのです。
アンソニー・ロビンズも「断食のセミナー」を主催しておりますが参加者はデドックスが終わり、スリムになり、エネルギーにあふれてくるので、とても好評なのだそうです。

◆でも「断食」で一番うれしいのは・・・
断食あとに復食するときにいただく、たった一杯のコーンスープやお粥が「格別に美味しい」ことなんです。
そして普段「食べれること」への心からの感謝の気持ちに、自然に包まれることができることです。
※ただし2日以上の長い断食をするかたは、断食の前に専門家に相談してくださいね。
断食は、とくに復食に注意しないと危険なのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<魔法のレシピ>
■断食をするとエネルギーがあふれてくる
■断食をするとインスピレーションがあふれてくる
■断食あけは、たった一杯のスープが「究極のメニュー」に変わる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<さくらのB級ぐるめ>
秋刀魚の美味しいお店に行きました
今年の秋刀魚は最高に脂がのっていて美味しいんです(*^_^*)

そして、このお店の焼き具合が最高!!(*^^)v
ちょうどいい塩加減と焼き方に感動です(^^♪
皮がパリパリでジューシーで・・・(^_-)-☆
なんともいえない旨さでした。

生臭さもなく新鮮さを感じました!
こんなにきれいに完食です。ネコちゃんもビックリですね
そして、秋刀魚が新鮮でないと食べられないお刺身もあるというので、注文しちゃいました(*^^)v

これがまた、甘みがあって脂がのっていて最高でした。
これから食欲の秋がやってきますね♪
美味しいものを美味しく楽しく食べたいと思っています

原因と結果の法則

先日、ウエイン・ウエンガー博士の「イメージ・ストリーミング」ワークショップに参加してきました。
ウエイン・ウエンガー博士は、創造性開発の権威で、書籍「頭脳の果て」や「アインシュタイン・ファクター」が有名です。
さらに神田 正典さんや、勝間 和代さんなど卓越した成果を残されている方達が推薦されています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<卓越のレシピ>

原因と結果の法則を理解する

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆私達は普段、様々なことをイメージしています。
そのイメージのうち、言語化して「意識」できるのは2%のみ、残りの98%は「無意識」なので、通常、自分の思考やイメージについての理解は殆どできていないそうです。
ウエイン・ウエンガー博士のワークショップでは自分の無意識にしているイメージを、言葉で言い表すことで、どんどん自分自身の無意識の思考が見えるようになってきます。

◆人間は、大脳の出先機関である目や鼻や口や手足の触角などで外の世界を理解し判断しています。
つまり大脳がなければ、外の世界の「意味づけ」ができないのです。
そして大脳は、外界の出来事にたいして「今日はいい日だ」「ついてる」「ありがとう」「うれしいなど、自分自身に力を与えてくれる解釈をすることもあれば逆に「できない」「無理」などという、自分から力を奪う解釈をすることもあります。

◆そして大脳は、その判断にしたがい、人間の身体、たとえば腕や、足、なども動かしていきます。
つまり誤解を恐れずにいえば「人間とは大脳のことである」という表現もできるわけです。
もしも、あなたの大脳が出来事に対して、あなた自身に力を与えてくれる解釈をしている場合は笑顔になったり、より元気がでてきたり、より積極的な行動をしたりすることになります。
逆に、あなたの大脳が「これはできない」などという、あなたから力を奪う解釈をしていたらあなた自身が落ち込んでくるわけです。

◆しかも、大脳でおこなわれる情報を処理する速度は、全体の98%にも及ぶこの無意識のイメージのほうが、2%の言語化される情報の、なんと1000倍以上のスピードで処理されていくのです。
ですから、自分の大脳が無意識に何をイメージしてどういう言葉で考えているのかを理解して、さらに自分がどんな意味づけをしているのか?を理解することがとても大切になってくるのです。

◆つまり、あなたが自分の「無意識のイメージ」を知ることは・・・
①自分の出来事の意味づけのパターンを知ることになり
②自分の行動パーターンを知ることなり
③自分の結果を創造するサイクルを知ることになり
「原因」と「結果」の法則の「原因」を理解することになります。
「原因」を理解できれば、「結果」の改善がより効果的にできるようになります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<魔法のレシピ>

■ 大脳の98%をしめる「無意識のイメージ」は、言語化され意識にあがってくる情報の1000倍以上の速度で処理される
■「無意識のイメージ」を理解しよう
■「原因」を理解し「結果」を改善しよう

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<さくらのB級ぐるめ>
ハワイ名物の「ロコモコ」をいただきました。

untitled

ハンバーグと目玉焼きとトマトとキャベツとレタスを特性のタレで混ぜ合わせ、あつあつのスープとともにいただきます
おおらかなハワイをイメージできる、わくわくするお味でした
今日もありがとうございます

神様がみている

スピリチュアル(精神世界)の講演会で、おもしろいお話しがありました。
人は亡くなるとそのあと、生前のおこないをビデオで本人の知り合い全員と一緒に見せられるそうです。
しかも恥ずかしいことや、悪いこと、情けないことも・・・
ですから、それを前提として、人にみられても恥ずかしくない生き方をしたらいいよ。ということでした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<魔法のレシピ>

天を相手に生きる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆通販で成功した企業経営者が雑誌に特集されていました。
その経営者はあるとき旧ライブドアの社長から、会社を売って欲しいと依頼されたことがあるそうです。
そのとき、よくよく話しを聞いてみると脱税のスキームでした。

◆そこで「それは脱税ではないですか?」と聞くと>旧ライブドアの社長は「私と、あなたが話さなければ、誰にもわからないですよ」と言います。「天知る、地知る、君知る、我知る」という言葉を引用してたとえ、人が見てなくても、天や、自分は知っていることを戒めていました。そして通販会社の社長は、旧ライブドアへの会社売却を中止しました。
彼は「もし、あのとき会社を売却していたら・・・今頃、きっととんでもないことになっていただろう。」とコメントしていました。

◆どんなにお金があっても、心の富、心の平安を失くしてしまえば人生は灰色でつまらないものになってしまうでしょう。
自分の心の声に従い、心穏やかに、より永続的に人生を楽しみたいものですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<さくらのB級ぐるめ>
ローズガーデンのランチを楽しみました。

このお店のサービスは、一流ホテルなみの氣使いなのです。
オリーブオイルとチーズとバジルで食べるのがお氣に入りです。

メインのカレーとペンネも本格的な個性を感じるお味でした。

 

さらに、かぼちゃのランチスープに、ヘルシーなサラダバーがついて1350円・・・
ゆっくりと午後を過ごすにはとてもいいお店でした。
豊かなひとときを、ありがとうございます。

「億万長者脳」 ポールマッケンナー ソフトバンク・クリエイティブ

コンピューター業界に「格言」があります。
「ろくでもない入力 = ろくでもない出力」
>人間の大脳をコンピューターにたとえると・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<魔法のレシピ>
脳をプログラミングしよう

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆「お金を稼ぐには」何が必要ですか?と聞いてみると、「答え」は人によって、様々です。
「死ぬほど働くことです。」
「人のいわれることを素直にやることです。」
「勉強することです。」
「人脈です。」
例えばこの質問に「死ぬほど働くことです。」と答えた人が、もし、お金を稼ぎたいと思ったら・・・
たぶん、大変な努力を必要とする仕事を探して死ぬほど働くことになる

◆20年にわたり世界の大成功者の共通点を調べた、ナポレオン・ヒル博士に言わせれば「お金を稼ぐには、より質の高いサービスを、より大量に、より積極的に与えることです。」ということになります。
さらに、現代のお金もちのパーソナルコーチとして、億万長者のお金にたいする思考を分析しているポール・マッケンナーは、書籍「億万長者脳」のなかで豊かな人たちは、「お金」に対して
「世の中には、みんなに十分に行き渡るお金がある」
「お金は簡単に手に入る」
「私はもっとお金を稼ぐ資格がある」
と考えていることを著しています。

◆逆に「わたしは毎月20万円稼ぐのがやっとだ」と考えているひとは無意識にそのとうりの行動をしてしまいがちです。
その人が子供のころから、ひっきりなしに受とり続けてきたメッセージが習慣になって形成されています。
ですから「古い役に立たないメッセージ」がしまいこまれている脳に直行して、あなたの心が豊かさに向かうよう、文字どうりプログラミングをすることが大切なのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<魔法のレシピ>

■お金にたいする、マイナスな見方はすべて消し去ろう
■イメージを活用して、あなたの大脳が豊かさに向かうようにプログラミングしよう
■あなたは、もっとお金を稼ぐ資格がある

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<さくらのB級ぐるめ>
ランチで「ロースかつ丼」をいただきました。

untitled


ここは普通の社員食堂なのですが注文すると、その場で手鍋にてたまごとじを作ってくれます。
とても豊潤で美味しいのです。
今日もいい日だ!!

夢を現実化する細分化

7年前に「投資の学校」を起業した友人と会ってきました。
昨年のリーマンショック以来「投資の学校」は生徒が減り、苦しい時期もありましたが、現在は、細分化の発想でビジネスを伸ばし、さらえには支店を増やし続けていました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<魔法のレシピ>
夢を細分化して、現実化する

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆この「投資の学校」では、「売上げ金額」を伸ばすのに「売上げ金額」=新規顧客数×売り上げ単価×リピート数 というエイブラハムの「売上げ金額の公式」を活用していました。
そして「売上げ金額を伸ばす」ために細分化した、それぞれのステップを120%UPする戦略をとっていました。

◆例えば、この投資の学校の「新規の顧客獲得」は広告から「無料体験会」に集客し、そのあとのフォローで、新規の入学者を増やしています。
ただし「無料体験会の参加申込者」を無料体験会の当日まで、そのまま放っておくと・・・
実際に、無料体験会に参加される人数は、申し込み人数の65%にも満たないそうです。
ところが会場の案内を書いた「参加証はがき」を1枚送ると・・・
参加者は85%を超えるそうです。
これで「新規顧客獲得数が120%UP」

◆さらに、入学者が投資の勉強時により効果的に使える、補助教材をつけて販売することで売上げ単価が120%UP
そして、投資コースの基本編が終了したあとに、無料コーチングで生徒のニーズを明確にすることで、ニーズに合わせた中級コースをお薦めして、リピート数も120%UPしています。

◆これらひとつひとつのことを機動力をいかして丁寧におこなうことで、彼の投資の学校は、今年も前年比170%以上の成長を続けているのです。
「新規顧客数120%UP」×「売り上げ単価120%」×「リピート数120%」=「売上げ金額」→172%UP
つまりひとつひとつの仕事をラフにやらず、細部まで拘り丁寧にやり続けることで大きな成果につながっているのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<魔法のレシピ>

■ 自分の夢を細分化して、ひとつひとつやり遂げていこう
■ 細部まで拘わり、丁寧にやりつづけよう
■「新規顧客数120%UP」×「売り上げ単価120%」×「リピート数120%」=「売上げ金額」→172%UP

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<さくらのB級ぐるめ>

昨日は、大好きなビジネス仲間たちと「東方見聞録」でパーティーがありました。
このお店の宴会料理は、美味しくて、雰囲気もよく、飲み放題でお奨めです。

通常は4200円のコースですが、平日(月~木)は一人2980円で、大満足でした。
ありがとうございます。

お店はこちら

http://www.toho-kenbunroku.com/

プラスアルファ

 

先日タクシーに乗ったとき、運転手さんが、
「東京はタクシーが増えて、おまけに不景気で稼げないよ。」と話していました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<魔法のレシピ>
プラスアルファーが人生を分ける

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆以前、都内のタクシーは3万台だったのに、小泉改革の規制緩和でタクシーが増えて、今は都内に5万台もあるんだよ
それに昨今の不景気が重なり、夜は「空車」だらけだよ。
タクシーの給料も毎月、11日~12日出勤して1回出勤した際の売り上げが、21時間勤務の3時間休憩でだいたい3万円くらいかな・・・
その6割が歩合給だから、月給は20万円~25万円くらいかな・・・
この商売は厳しいよ・・・。

◆別の日に、違うタクシーに乗ったときです。
運転手さんが気持ちよく挨拶して、さら明るく話しかけてきました。
タクシー「この仕事はいい仕事なんですよ・・・」
私「へーいいですね。なぜですか?」
タクシー「工夫しだいで、お客様に喜んでいただけるんですよ。この前ね、おいしいラーメン屋さんを教えて欲しいというので、とっておきのお店を教えたら、あとで携帯に電話があって、すごく喜んでくれたんですよ。」
私「それはよかったですね。ところで運転手さんには、不景気とかは関係ないのですか?」
タクシー「そりゃー車は増えましたし、世間は不景気でしょうが・・・私はお客様が、ついてくれているので大丈夫です。」
私「お客様がついているのですか?」
タクシー「そうですよ。いつも携帯に電話がかかってくるんですよ。」
私「へーすごいですね。」
タクシー「お客様の欲しい情報を、役に立つように伝えるようにしているんですよ。すると、お客様は喜んでくれるし、長年ご利用いただいていると、安心されますからね。」

◆「おいしいものを食べる」ことと、「おいしくたべる」ことって、似ているけど「まったく違う」ことですよね。
おいしいものが、いつも食べられるとは限らないですし・・・。
ただし、おいしく食べることや、その時間をたのしむことは、本人の考え方や工夫しだいでできることです。

◆仕事もこれと同じことなんですね。
楽しい仕事ばかりじゃないけど・・・
楽しく仕事をすることは、こちらの考え方や、工夫次第できっと、できますからね。
どうせなら、仕事も楽しいほうがいいですよね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<魔法のレシピ>
■プラスアルファーの工夫で、仕事を楽しくしよう
■お客様が欲しい情報を、役に立つかたちにして喜んで与えよう
■楽しい仕事をさがすより、今の仕事を楽しもう

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<さくらのB級ぐるめ>

「豚肉のみそからいため」をいただきました。
ピリッとした辛味が、食欲と元気を引き出してくれました。
キャベツの千切りにあうんですね。これがまた・・・
いつもありがとうございます。

人生は状態管理

 

Aロビンズのセミナーに参加したとき、真っ赤に燃える炭の上を裸足で歩く「火渡り」の実習がありました。
日本でも赤く燃えた炭の上を17mにわたり裸足であるく、「火渡り」に参加したことがあります。

ところで・・・「火渡り」に何の意味があるのでしょうか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<魔法のレシピ>

人生は状態管理が勝敗をきめる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆Aロビンズが、プロテニスプレーヤー Aアガシのコーチをしていたときの話です。
Aアガシは1992年のウインブルドンや、1994年の全米オープン、1995年の全豪オープンに優勝した名テニスプレーヤーですが・・・
そのあと、極度のスランプに陥ってしまい、1997年には世界ランキングが141位まで落ちてしまいました。
そのときAロビンズは、Aアガシのコーチとして、過去にAアガシが優勝を重ねていたときの試合会場に入場する際のビデオと、現在、スランプに陥っている状態の入場時のビデオを見比べさせました。

◆優勝をかさねていたころのAアガシの試合会場への入場時は・・・
胸を張り堂々と歩き、視線は相手の選手をしっかりみていました。
そして心の中では相手の選手にむかって、「お前は、今日、俺に負けるために来たんだ」と言い切っていました。

◆スランプに陥っているときのAアガシの入場時の映像は、下むきかげんに歩き、視線は、相手に合わさず、心の中では「あいつにこの前、負けたんだよなあ」とつぶやいていたそうです。

◆そこで、AロビンズはAアガシに、次の試合からは、優勝していたときと同じような、身体の動き、目線、言葉で入場するようにアドバイスしました。
それからAアガシは、毎日テニスの練習以外に胸を堂々と張って歩き、視線は相手の選手をしっかりみて相手の選手に「お前は、今日、俺に負けるために来たんだ」と言い切って入場する身体の動きや目線、言葉を練習しました・・・
そして、Aアガシの奇跡的なカムバックが起こるのです。
その後、Aアガシ選手は、1999年の全仏オープンに優勝し、史上5人目のグランドスラムを達成しました。
さらに2000年、2001年には全豪オープンで大会2連覇も成し遂げたのです。

◆Aロビンズは言います。
世界ランク10位以内にいるプロテニス・プレーヤー達の、実力の差は殆どない。
問題は、もっている実力を発揮できる「状態管理」が勝敗を分けるのだ。
「火渡り」でもそうだが、もし怖がって、下をむいたまま、自信なさそうに、「駄目!無理!」と、心の中で唱えて、こわごわと歩いていたら間違いなく大焼けどをします。
「火渡り」では、上向き加減にゴールを見つめ、堂々と同じテンポで、インカンテ  ーションをしながら歩いていくという自分の状態をつくると、大きな火傷をしないで渡れるのです。

◆これは、営業やセミナーの講師でも同じで、世界一レベル実績をもつ営業やセミナー講師達は、例外なく、お客様に合う前に必ず、ピークステート(最高の状態)を作ってから会っています。
これは、数多くお会いしてきたトップセールスや、大人気講師たちの、まぎれもない共通点です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<魔法のレシピ>

■あなたが人生で経験した「最高の状態」を思い出そう
そのとき・・・
・あなたは、どんな身体の使い方をしていましたか?
・あなたは、何に焦点をむけていましたか?
・あなたは、どんな言葉を使っていましたか?

■試合や本番、商談やセミナーの前など、大切なときには、必ず、前もって「最高の状態」(ピークステート)を作り準備しよう

■「最高の状態」が最高のパフォーマンスを生み出す

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<さくらのB級ぐるめ>
ランチで新宿住友ビル51Fにある、シャーウッドにいきました。

ここのサーモンムニエルは美味です。 白ワインのソースに、からまったサーモンが口のなかでとろけます。
お値段も、ランチのコーヒーがついて1029円。 都庁を目の前に眺めながらのフレンチもたまにはいいですよね。

心のお掃除

今日は、オフィスの引越しのために大掃除をしました。
いらない物を、なかなか捨てられず、デスクの廻りには書類やダンボールの山、山、山で、あふれかえりました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<魔法のレシピ>

心のすさみをとると、人生が前に進みだす

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆サッカー日本代表の岡田監督から、教えていただいたお話しがあります。
岡田監督が横浜マリノスの監督として、日本一に導いたときに、何を大切にして指導したのか?というお話しのなかでその一つに選手たちに、ロッカールームを掃除して綺麗にさせた!!ということでした

 

◆岡田監督は、NYのジュリアーニ市長が実施した「地下鉄の落書きを消せ!!」という政策についてお話しをしてくれました。
1994年ジュリアーニ市長がNY市の市長に就任した当時のNYは、犯罪都市として有名でした。
地下鉄は恐喝や強姦が怖くて、一般の市民は乗れないような場所でした。
そこでジュリアーニ市長は「NYの地下鉄にある落書き」をすべて消させたのです。
すると、NY市全体の犯罪率がみるみる低下して激減したそうです。

 

◆心理学の有名な実験があります。
NYで2台の車を放置しておき、1台の車は窓を割っておき、もう1台の車は普通においておきます。
すると、次の日にはどうなるか?
窓を割っていたほうの車は、タイヤを盗まれ、ボロボロに壊されるのです。
人間は無意識に、壊れているもの、だらしないものをみると心がすさみ、壊そうとするのです。

 

◆岡田監督は横浜マリノスでその後、リーグ史上初の3ステージ連覇の偉業を成し遂げ、マリノスを2年連続で日本一に導きました。
やっぱり毎日の整理整頓が大切ですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

魔法のレシピ>

■混ぜるとゴミ、分けると資源

■環境に心が現われ、環境が心を創る

■毎日、整然とした、気持ちのよい環境をつくろう

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<さくらのB級ぐるめ>

一日、断食あけです。

夕食は、スンドゥプという韓国の豆腐なべのお店、東京純豆腐の 六本木店にいってきました。

旨味ゆたかなスープに、甘辛い唐辛子が絶妙でした。

ハッピーアワーということで、生ビールをおかわりしてとってもいい気分になりました。

思いは無限に拡がる

 

 

 

 

 

 

 あなたは好きな人や恋人といるとき、何を感じますか?

多くの人は、癒されたり、心が暖かくなったり、心の底から幸福感を感じたりします。

今、DSで彼氏や彼女をつくりバーチャルの中で恋愛をするゲームが流行っています。

ゲームの中で恋愛するのですから、簡単にパートナーがみつかり、傷つくことが少なくなりますが・・・

リアルに、人を好きになったり恋愛することとは比べられないものだと思います。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>

思いが無限の人生をつくる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆あなたは肩がこっていて
パートナーに「肩がこっているんだ」といったときに肩たたきの機械を渡されるのと、パートナーが揉んでくれるのとどちらが嬉しいですか?

◆結果的に肩こりが、やわらぐのは同じでも「満足度」や「嬉しさ」は、言葉にはいいあらあわせないほど雲泥の差ですよね。
同じことをするのでも、そこに、思いやりや、暖かさがあるのとないのでは、相手につたわるものは、まったく違うものになります。

◆あるとき「肩をもむ」のがすごく、上手なひとがいました。
普通の会社に勤めているのですが、驚くことに、その人に肩を揉んでもらうとすごく肩がほぐれるのです。
しかもプロ以上なのです。
そこで、本人に聞いてみました!!
「何でそんなに肩をもむのがうまいのですか?」
 
◆すると・・・「いつも、肩が、よくなりますように」と念じて揉んでいるそうなのです。
感動でした・・・人間の素晴らしさは「思いを無限に広げられ」で、それが相手に伝わることですよね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<魔法のレシピ>

■人生に思いをこめよう

■思いは無限に拡がる

■リアルな恋をしよう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<さくらのB級ぐるめ>

六本木でベルギービールのクロス・オーバーというお店にいってきました。

ベルギーの地ビールは、世界的においしいので有名なのです。


お目当てのヒューガルデンビールと、修道院で造られたシメイのレッドをいただきました。

香りがやわらかく素晴らしいお味でした。

アボガドとシュリンプのサラダもビールによく合いました。

接客してくれた女性スタッフさん!!お勧めサラダが、とてもおいしかったです。
暖かい対応をありがとうございます。