肝心のときは『正面突破』!  書籍『憂鬱でなければ仕事じゃない』より

憂鬱でなければ、仕事じゃない/見城 徹

¥1,365
Amazon.co.jp

カンブリア宮殿で書籍『憂鬱でなければ仕事じゃない』の著者である「幻冬社」の見城社長と「サイバーエージェント」の藤田晋社長の対談を見ました。

 

見城社長の経営する『幻冬社』の株式37%が不明のファンドに買いしめられました。

株主総会の議案は、株主の3分の2で可決されます。

 

MBOで上場廃止をしようと考えていた見城社長は自宅を始めとする全財産を担保にいれた。

37パーセントの株式を握っているこの正体不明のファンドがもしも議案に反対したら、上場廃止は否決され、経営に参画されてしまいます。

しかも相手が経営陣を送り込んでくるかもわからない。

 

■豊かさを創る質問■

・あなたは、目的・目標、欲しい成果から戦略を組み立てていますか?

・あなたは、肝心なときに正面突破をしてますか?

・あなたは、人事を尽くして、天命に委ねてますか?

_________________________

<卓越のレシピ>

肝心のときは『正面突破』

_________________________

 

◆出版界はずっと逆風ですが、「上場」の「メリット」よりも「デメリット」が多くなった。

これからの時代に出版社で経営戦略をたててやっていくには、上場してないほうがいいと考え、MBOで自社株を買い取り、上場を廃止したほうが良いと考えた。

『株式上場』には「メリット」と「デメリット」があります。

 

■上場のメリット
・資金繰りがよくなる
・評判が良くなる

 

■上場のデメリット
・敵対的な買収のリスクも多い
・短期の収益を求められるので、長期的な視点での経営が難しい

◆「長いスパンの経営ができない!」

「株価を考えて経営してしまう」

見城社長は上場を続けると、短期の利益を考えてしまうのでそれは辞めようと考えた!

最後の最後までどうなるかわからない株主総会だったが正体不明のファンドはこなかった。

正体不明のファンドが幻冬社の株主総会に来たら来たで、大きな借金をかかえて経営をやっていこう!と思っていました。

ただし「来ないでもらうために圧倒的な努力をしました。」といいます。

 

◆結果的に、正体不明のファンドは幻冬社の株主総会に現れず「上場廃止」の議案が無事に可決され、見城社長の逆転勝利ということになった。

見城社長はいいます。

ここはという時には『正面突破』しかない

 

・肝心なときに逃げちゃダメ
・肝心のときに嘘はダメ
・肝心なときにごまかしちゃダメ

ビジネスだから、嘘も方便も、駆け引きもある。

だけど、肝心で、肝心のときには『正面突破』です。

 

■書籍『憂鬱でなければ仕事じゃない』はこちら

憂鬱でなければ、仕事じゃない/見城 徹

¥1,365
Amazon.co.jp

_____________________________

<魔法のレシピ>

■ 人事を尽くして、天命をまつ

■ ビジネスだから、嘘も方便も、駆け引きもある。
だけど!
・肝心なときに逃げちゃダメ
・肝心のときに嘘はダメ
・肝心なときにごまかしちゃダメ
肝心のときは『正面突破』

■ 『株式上場』の「メリット」と「デメリット」を理解しよう

_______________________________

<さくらのB級グルメ>★★★

 

札幌で地元の人に教えていただだき

すすきのにある回転寿司『ぱさーる』にいきました。

すすきのにある小さなお店で不思議なお店の名前ですが便利な場所にあり常連さんがたくさんいらしていました。

毎日産地から直送される新鮮なネタが1皿(2貫)120円から!

 

北海道の新鮮な魚貝類を毎日産地から直送し、温かい板さんが目の前でにぎってくれるウニや、トロや、いくらはもちろん!

新鮮なサバや、ツブ貝、サンマなど、とても美味しくいただきました。

海鮮丼や汁物、晩酌セットもお薦めです!
<晩酌セット 1200円> 
北海道の地酒も楽しめるお得なセット!

 

■札幌すすきの回転寿司『ぱさーる』はこちら!

http://r.gnavi.co.jp/h080400/

美味しいお寿司を有難うございます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*