素直な心を鍛えよう! 書籍『一生かかっても知り得ない年収1億円思考』より

一生かかっても知り得ない 年収1億円思考/江上 治

¥1,470
Amazon.co.jp

書籍『一生かかっても知り得ない年収1億円思考』江上治著を読みました。

江上治さんは「稼げない人」が固定観念(概念)に縛られて変化に対応できないのはなぜか?

というと『素直さがない』(素直さが欠けている)ことに起因しているといいます。

 

■豊かさを創る質問■

・あなたは、「お金にしがみつく」限り、損がふくらみ続けることをご存知ですか?

・あなたは、率直に現実を見て、客観的に自分を受け入れて自分を変えて成長しつづけていますか?

・あなたは、クレームが来たら、あるいは文句を言われたら「ありがたいことだ」と素直に聞いて、納得することはすぐに改めていますか?

_______________________________

<魔法のレシピ>

素直な心を鍛えよう

_______________________________

 

◆江上治さんが独立した直後、顧客開拓に驀進していたとき社員が顧客企業を怒らせてしまったことがあるそうです。

その会社の社長は、江上さんを一番可愛がってくれる人だったが「どういうことだ!」と電話で怒鳴られ、すぐに飛んでいきました。

「お前は社員に礼儀やマナーを教えることと、お客様へのアフターフォローが全くできていない。

このままの状態なら、ファイナンシャル・プランナーの資格を返上して、この仕事を辞めた方がいい。

社員教育もできないやつが、経営指導だのコンサルタントだのできるはずがないじゃないか!

 

◆社長に、こう言われた江上さんは、土下座して、2時間その社長の説教をきいた。(相手の社長はそんなことはするな!といってくれたが)

このときの説教が江上さんの宝物になりました。

心を込めた言葉の一つ一つが、これ以降の会社運営の大きな指針になった。

社長のいってくれることが、全てそのとおりだと江上さんが素直に受け入れたからである。

 

◆江上治さんはいいます。

『素直さとは、率直に現実を見る力、客観的に自分を受け入れて自分を変える力である。』

つまり他からの声に耳を貸す度量である。

それがなくて、あるいは足りなくて、自分の思い込みだけで行動するからいつでも堂々めぐりをするのである

 

◆上司・部下でもおなじである。

「こいつを何とかしてやろう!」と考えるから上司・先輩は叱ってくれる。

本当に見込みがない奴だとおもったら、あるいは嫌な奴だと思ったら、とっとと配置転換をしたり、クビにするはずである。

クレームが来たら、あるいは文句を言われたら「ありがたいことだ」と素直に聞く。

自分が氣でうかなかった欠点を指摘してくれたと考えて、自らその欠点に食らいついていく。

納得することはすぐに改める。

そういう態度が、固い頭を柔軟な頭に作り変えてくれるし、稼げる人に脱皮するもとになるのである。

 

◆経営の神様と言われたパナソニックの創業者である故.松下幸之助は「成功した理由」を聞かれて「素直な心」をあげています。

・自分は、身体が弱かったから成功した。

・自分は、お金がなかったから成功した。

・自分は、学歴がなかったから成功した。

 

◆これら3つは「失敗の理由」ではないのですか?と聞かれて松下幸之助はいいました。

・「自分は身体が弱かったから、1年に半年以上入院することがあったから、人に仕事をやってもらえるように人を育てた。」

・「お金がなかったから稼ごうと思ったし、儲かることしかやらなかった。自分も相手も社会も儲かることだけをやった。」

・「学歴がなかったから、人の話を素直に聞けた。」と話したそうです。

人間はどんな状態にあろうと『素直な心』で、自分や周りの人に力を与える解釈をすることは可能なのですね。

そして出来事にたいして、自分や廻りの人に対しても力を与える解釈ができるようになることこそが「稼げる人」になることなのかもしれませんね。

※書籍『一生かかっても知り得ない年収1億円思考』江上治著はこちら!

一生かかっても知り得ない 年収1億円思考/江上 治

¥1,470
Amazon.co.jp

_______________________________

<魔法のレシピ>

■ 損は「お金にしがみつく」限り、ふくらみ続ける

■ クレームが来たら、あるいは文句を言われたら「ありがたいことだ」と素直に聞こう

自分が氣つかなかった欠点を指摘してくれたと考えて納得することはすぐに改めよう

■ 素直さとは、率直に現実を見る力、客観的に自分を受け入れて自分を変える力である。つまり他からの声に耳を貸す度量である

_______________________________

<さくらのB級グルメ>★★★★★ ★★★

北海道のお土産に、六花亭の「マルセイバターサンド」を頂きました(❀´∀`❀)ノ♬

 

しっとりバタークリームにさくさくビスケット・・・。

絶妙なハーモニーですね( *´艸)( 艸`*)

 

北海道銘菓で有名な「六花亭」は、北海道の帯広市に本社があります。

帯広市は、お菓子大国と呼ばれるほど有名なお菓子屋さんが多ですね。

マルセイバターサンドはサクサクした歯触りのビスケットゆえ、商品にならない物がたくさん出てしまうそうです。

 

デリケートなお菓子なので、ラインから流れてくる包装された物を一つずつ人の手で箱に詰めていきます☆*.。((〃’艸’〃))。.*☆

 

大変な作業ですが、すばやく箱につめていく様子は凄いの一言!

この時点で、割れたクッキーのチェックもしているそうです。

※六花亭の「マルセイバターサンド」はこちら!
https://www.rokkatei-eshop.com/eshop/category/yakigashi/

おいしいバターサンドをありがとうございますo(*⌒ω⌒)b

SNSでもご購読できます。