真実は一つ!  映画『フェアーゲーム』より

フェア・ゲーム [DVD]/ナオミ・ワッツ,ショーン・ペン,サム・シェパード

¥3,990
Amazon.co.jp

アメリカとイラク戦争の実話を映画化した『フェアーゲーム』を観ました。

$さくらの「ウェルシーシェフ」

■豊かさを創る質問■

・あなたは、真実を生きていますか?

・あなたの行動指針(クレド)は何ですか?

・あなたは、未来の子供達のために市民の責務を果たしていますか?

$さくらの「ウェルシーシェフ」

———————————————
<魔法のレシピ>

真実は一つ!

———————————————

$さくらの「ウェルシーシェフ」

ここからは映画『フェアーゲーム』のあらすじになります。

ネタバレがありますが、より深く内容を理解したい方にはお薦めかもしれません。

◆CIA諜報員ヴァレリー・プレイム(ナオミ・ワッツ)は、夫と両親にしか、CIA諜報員という自分の身分を明かせない孤独な女性である。

ヴァレリーは、国家への忠誠心と自尊心、そして、愛する夫ジョー・ウィルソン(ショーン・ペン)という子供がいる。

ヴァレリーにとって家庭こそが彼女の支えであり生きる意味でもあった。

$さくらの「ウェルシーシェフ」

◆そんなヴァレリー(ナオミ・ワッツ)は、イラクの大量破壊兵器の有無を探っていたスパイである

ヴァレリーは「イラクに核兵器は無い!」と真実を訴えた夫ジョーと共に、アメリカ政府の陰謀に巻き込まれていく。

副大統領の補佐官が何度もCIAを訪れ、執拗に

「イラクの核開発の可能性は0%ではないのではないか?」

と問いただしていく。

$さくらの「ウェルシーシェフ」

◆彼女は「大量破壊兵器は存在しない」との結論に至るが、夫とともにスケープゴートにされ、国家の敵に仕立てられてしまう。

この後、ヴァレリーは、仕事の顔、家、家族が政府の陰謀によって容赦無く暴露される。

「バレリー・プレイムは諜報員である」との一文が新聞紙上に踊った瞬間、スパイの秘密の二重生活は崩壊し、無力な晒し者と化す。

ヴァレリーは、夫婦、そして家族が崩壊していく中で見えない巨大な陰謀と戦う。

$さくらの「ウェルシーシェフ」

◆ヴァレリーが、新人時代に袋をかぶせられ恐ろしい疑似拷問の研修を受けた過去を夫に告白した。

優秀なCIAの新人5人が選ばれた。そのなかにヴァレリーもいた。

選ばれた5人は袋をかぶせられ、独房で寝ることもゆるされず殴られる。

『仲間の名を一人でも言えば拷問から解放される。』

といわれどこで折れるかを試される。

この拷問研修でヴァレリーだけが、折れなかった。

『ヴァレリーは自分だけが一番優秀だと思った。でも間違えていた!』

$さくらの「ウェルシーシェフ」

◆夫はレストランでジャーナリストに誹謗抽象されてお店を出た後タクシーに乗る。

そのタクシーの運転手はジョーに言う。

『あんた、TVに出た、アフリカの故国はトップが腐っている。アメリカはいい国だ!』

ジョーは、思わずすぐにタクシーを降ります。

ヴァレリーの父が、ジョーと別れようかと相談に来たヴァレリーにいいます。

『お前は強くなったな。多分私よりも!
間違ったことをしたら、認めろ、ジョーは最後まで諦めない男だ!
お前よりもな!』

◆TVからホワイトハウス高官の裁判結果が発表されます。

『リビー被告は偽証罪の判決を受けた。名誉は地に落ちたな。だが、服役もしない。恩赦だろう。』

大統領補佐官のローブ氏が起訴されていなしいいうことは事件の捜査は続いています・・・。』

「すまないことをした。」

『私は、何が起きても氣にしない。でもこの結婚生活だけは失ないたくない。』

あなたは正しかったわ。守ってくれたのよ。

「元に戻れるなら、戻してあげたい。以前の君に。」

『このままでいいの。これが私』

『戦う準備は?』

「ああ」

◆ジョーは、この後、アメリカで聴衆に演説をします。

「今回のこの事件で狙われたのは、妻のヴァレリーでも、私でもない!

狙われたは皆さんだ!

なぜ、戦争するのか?

それは、すり替えられらた! 皆が何も知らなかったからだ!

『もし腹がたったら行動を起こせ!』

ベンジャミン・フランクリンはアメリカ独立宣言第2条の文言を書いて外にでたとき、ある方に尋ねられた。

「フランクリンさん、あなたは、どんな政治をめざしたのですか?」

$さくらの「ウェルシーシェフ」
フランクリンはいった。
『共和制です。国民次第ですが!』

我々は強い!

民主主義は、権力を握る一握りの人間のためにあるのではない。

民主主義は、簡単に手に入るものではない。

もし大統領の発言に間違えがあると思うなら、声を上げろ!

疑問を口にするんだ!

民主主義のために!

市民の責務を果たせ!

未来の子供達のために!

神のご加護を!

ありがとう。」

$さくらの「ウェルシーシェフ」

◆この映画『フェアーゲーム』は実話の映画化ということですが世界一の軍事大国アメリカのCIA、スパイは生身の人間であり、国家がその気になれば、彼らを“葬る”のは簡単だった。

スパイひとりを抹殺するのに、殺し屋を駆り出す必要はない。

スキャンダルにすればいい。

イラク戦争の舞台裏を駆け足でえぐり出す、映画『フェアーゲーム』

映画『フェアーゲーム』は、実在のヒロインの苦悩と勇気、夫婦愛と実にスリリングな現実世界のスパイの“闇”を覗かせてくれます。

$さくらの「ウェルシーシェフ」

◆エンドクレジットで、実在のヴァレリー本人の聴聞会の映像が放映されます。

「機密情報保護ということについて真実を話せることに感謝します。

私は、長年CIA秘密諜報員としてアメリカに遣え長年国のために働きましたが

それは2004年7月14日、職員によって暴露されるまででした。

この件につきましてご説明させていただきます。

私は上級政策立案者のために、イラクがもっている大量核兵器の情報にたずさわりました。

諸外国にも諜報活動でいったことがあります。

この国とこの仕事を愛し、CIA秘密諜報員としての重い責任に仕事に誇りをもって仕事を続けていたにもかかわらず。。。」

ヴァレリーは現在、夫と子供とサンタフェでくらしている。

※『フェアーゲーム』DVDはこちら!

フェア・ゲーム [DVD]/ナオミ・ワッツ,ショーン・ペン,サム・シェパード

¥3,990
Amazon.co.jp

———————————————
<魔法のレシピ>

■ 事実は小説より奇なり

■ 天知る、地知る、君知る、我知る

■「フランクリンさん、あなたはどんな政治をめざしたのですか?」

ベンジャミン・フランクリンはいった

『共和制です。国民次第ですが!』

我々は強い!

民主主義は、権力を握る一握りの人間のためにあるのではない!

民主主義は、簡単に手に入るものではない!

疑問を口にするんだ!

民主主義のために!

市民の責務を果たせ!

未来の子供達のために!

神のご加護を!

ありがとう

———————————————

<さくらのB級グルメ> ★★★★★ ★★★

マクドナルドで『コーヒーとハンバーガー』を頂きました。

$さくらの「ウェルシーシェフ」

東京都内のマクドナルドの店舗は改装されて、どんどん綺麗になっていますね。

$さくらの「ウェルシーシェフ」

しかも、電源や無線が使えるのも嬉しいですね。

マクドナルドは、家と職場につぐ、サードプレイスとしてちょっと一息、パソコンをうったり、テイクアウトなどいろんな場面で活用させていただいています。

$さくらの「ウェルシーシェフ」

マクドナルのコーヒーは140円で、お変わり自由です。

個人的にはマクドナルドのコーヒーのお味も大好きです。

$さくらの「ウェルシーシェフ」

※マクドナルドはこちら!

http://www.mcdonalds.co.jp/

有難うございます。

SNSでもご購読できます。