「苦労」とか「我慢」をしちゃダメ! 南部恵治さんの『勝ち組の共通項』より

こんにちは。久家邦彦です。今日も1日元氣で顏晴ろう!

◎あなたは、 間違った方向に走っていませんか?

■ 間違った方向に走っていたら、一生ゴールにつかない!
          南部恵治さん

○2社の企業上場を異業種で達成した創業オーナーである南部恵治さんが教えてくれました。

「死ぬほど苦労し続けて、成功している人はいないよ。死ぬほど苦労しつづけている人は、その感情や、その思い自体が、成功や幸せを邪魔するんだよ。」

■お勧め書籍!!南部恵治さんの『勝ち組の共通項』はこちら!

勝ち組の共通項―人生ゲームを楽しくあがる77の習慣/扶桑社

¥1,470
Amazon.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<強運のレシピ>

「苦労」とか「我慢」をしちゃダメ!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆長い時間をかけて血のにじむような努力をしないと大きな成功は得られない。

つまり<成功=努力×苦労×時間>という思い込みは2つの意味で皆さんを成功から遠ざけます。

まず、 1つ目が間違った努力をいつまでも続けさせてしまう原因になるということ。

苦しい努力をしていれば、いつか必ず実る時がくるという信仰にも似た単純な思い込みは、間違った努力を助長してしまいます。

本人は「これだけ苦しい思いをしたのだから将来はきっと何かの役に立つ」と思い込んでいるだけに始末が悪いのです。

たとえ血を吐くような苦しい思いをしたとしても、間違った方向に走っていてはゴールには一生たどり着けません。

 

◆<成功=努力×苦労×時間>という思い込みが、よくないもう一つの点が、無意識のうちに成功することはとても困難であるかの様に錯覚させてしまうということです。

成功している人たちは、みんな血のにじむような超人的な努力をして、ようやく成功したのに違いないのだから、凡人である自分にはとても無理だと思わせてしまったり、そこまで大変な苦労するくらいなら、大きな成功など望まず、平凡で当たり前の人生でいいと思わせてしまう。

つまりしなくてもいい尻込みをさせてしまう。という弊害があるわけです。

 

◆少なくと、南部恵治さんが知る、いわゆる現代の勝ち組と呼ばれる人たちの中には、「血と汗と涙」の成功者と呼ばれるようなタイプの人はいません。

現在は過去の積み重ねです。

過去があるから今のあなたがある。

見方を変えれば未来の基礎となるのは現在なのです。

今、苦労と苦渋に満ちた日々を送っている人は、苦しさがそのまま将来を形作るので、短期では成功できたとしても、最終的に勝つことはできません。

この事実にまずしっかりと目を向けてください。

 

◆歴代納税額が日本一で、愛弟子塾を日本全国で開催されている斎藤一人さんは教えてくれます。

「苦労」とか「我慢」をしちゃダメなの!

ここに一つの種があるのです。

【人間やりたくないことは、絶対にしちゃいけません】

努力とか我慢すると性格がいじけてきますから。

【苦労】してたら間違いなのです。

 

◆ でもなかには「私、努力がたりないで」とか「我慢が足りないで」とか言う人いますが、努力や我慢をしちゃいけないのです。

必要以上の【努力】とか【苦労】とか【我慢】は間違いなのです。

【努力】とか【苦労】とか【我慢】は、違うのです。

【「苦労」しているのは、神様が間違いですよ!】と教えてくれているのです。

【だから方向転換しなければいけない】

それなのに努力家は、そのまま「我慢」しつづけちゃうのです。

 

◆例えば、学校と同じで1+1=5 とか間違いを答えると、神様は、その答えは間違いだから、「そこで立ってなさい。」となるのです。

その問題は、1+1=2と「正しい答えをだす」とクリアするのです。そしてご褒美をくれるのです。

神様は我々に「苦労」させようとしていない。

神様は正しい方向にいくと、必ずプレゼントをくれるのです。

【人間は幸せになるために生まれてきたのです。苦労するために生まれてきたのではないのです。】

 

◆神様は【苦労】させようとしてないのです。

【苦労】していたら、やり方をかえないといけないのです。

成功者が、「自分は苦労したから成功した。」とか言うから、多くの人が勘違いしているのです。

その人は、知らないか、ウソをついているのです。

例えば、儲った石屋さんが、

「自分は戦争にいって苦労したからとか。尋常小学校を出てからすぐに働いたから成功した」とかいうけど・・・

・戦争にいったの、あなただけじゃないでしょう?

・小学校でて、すぐに働いたのあなただけでないでしょう?

その人が儲った理由を調べてみたら【その石屋さんが、石が置いていた土地があがった】だけのです。

×儲かってないときは、苦労しているのです。

◎儲かっているときは、苦労してないのです。

 

◆【人間は苦労していたら、間違いなのです。】

「苦労していたら」間違いだからストップして方向転換しないといけないのに頑張り屋だから、頑張っちゃうのです。(笑)

成功している人が、「苦労したから」とか言うから、皆が勘違いするのです。

それか成功している人がウソをいっているだけです。

俺は皆さんが好きだから本当のことをいうのです。

だけど【楽して、儲かる!】といっちゃいけないのです。

【楽して、儲かる】というと嫌われるから。

 

◆南部恵治さんや、斎藤一人さん、竹田和平さんは、実際にお逢いしてみると、いつも明るく豊かで楽しそうにしています。

しかも皆さんとてもお若いのです。

これからも豊かで明るく楽しい成功者達の共通項!!

【強運のレシピ】をお伝えして参りますね。

※お勧め書籍!!南部恵治さんの『勝ち組の共通項』はこちら!
勝ち組の共通項―人生ゲームを楽しくあがる77の習慣/扶桑社

¥1,470
Amazon.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<強運のレシピ>

■<成功=努力×苦労×時間>という思い込みは、2つの意味で皆さんを成功から遠ざけます!

■人間は「苦労」していたら間違いです!
「苦労」しているのは、神様が間違いですよ!と教えてくれているのです
だから「苦労」していたら、方向転換しなければいけない!

■人間は幸せになるために生まれてきたのです!苦労するために生まれてきたのではないのです!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

追伸:静岡に合宿に来ました。

ぐっすり眠って、滝の音で起きました。いいところです。o(*^▽^*)o~♪

いつも最後までお読みいただきありがとうございます。

『脳力革命で人を幸せに!』
   久家 邦彦

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください