潜在意識おすすめ本【借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ】

「借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ」
発売日: 2016年09月09日頃
著者/編集: 小池浩
出版社: サンマーク出版
発行形態: 単行本

潜在意識という言葉は皆さん一度は聞いたことがあるのではないかと思います。

本屋さんでもスピリチュアルコーナーやビジネス書の一角に、何冊も潜在意識について書かれている本が陳列されています。

今回、この本をおすすめする理由は5つあります。

  1. とても読みやすい文章であること
  2. 借金を返すヒントがある
  3. 理想の未来をきちんと引き寄せた
  4. 解決策に向けてコツコツとクリアする様子がわかる
  5. 潜在意識が身近に感じられるようになる

という点があるからです。

内容について触れてみたいと思います。

まず、主人公の小池さんが夢を追いかけてきちんとその時は準備を、貯金をしてアパレルのお店をオープンした所。

これについては世の中の飲食店や個人店の出店の状況とほとんど同じだと思います。

その時の知識で最高のものだと思ってはじめると思うので。

経営がうまくいかず借金が2000万円にまでなってしまったこと!

それも読み進める上でとても私たちの興味を引く内容となっています。

2000万円といったら一般的なサラリーマンが郊外に35年ローンで買うマンションと同じ位の価格ですものね。

小池さんの心境の変化が読み進めていくうちにわかるものになっています。

最初はとてもネガティブで「無理」や「ダメ」というワードがよく出てきます。

ほとんどの人が、給料を増やしたいと思っているから独立や起業を考えるのではないでしょうか。

一日に何度も

「どうせ無理だし」や

「そんなの自分にはできない」

と満員電車で不愉快な思いをしながらも我慢して通勤しているのではないでしょうか。

小池さんは、夢をかなえるために動いた。

お店をだした!それだけでまず私たちよりもずっと素晴らしい人生を手に入れようと前に進んでいたのではないでしょうか。

1部ではまず考え方、思考の変化について書いてあります。

具体的にオーダーするというとてもわかりやすい書き方をしてくれている所がこの本の魅力だと思います。

読み進めていくと、普段何気なくつぶやいていた言葉がいかに間違っていたかわかると思います。

「自虐」「懇願」「夢心地」…を

「完了口ぐせ」に変えるという事が自然にできるようになると思います。

2部は「引き寄せの法則」「先払いの法則」「受け取り方の法則」についてわかりやすく書いてあります。

思考が変化して、口ぐせが変わって行動が変わる様子が自然とできるようになっている様子がわかります。

仕入れる洋服をお客さんの求めるものに変化させてオリジナリティを出してみたりふと浮かんだアイディアで、パワーストーンの売れ行きがあがったり変化があります。

臨時収入も体験します。

うらやましい。

そこで気づいたら時間も忘れて読み進めていってしまうと思います。

自分の能力も湧いてくるのを期待して行動を起こしてしまう体験もしてしまうかもしれません。

行動が変わったのに、なかなか成果があがらないと不安になって時の対処法についてもきちんと書いてあります。

読みやすい文章の中にたくさんの解決法が書いてありますよ。

地道な毎日の行動が花開く体験が読むたびにワクワクする心を生み出してくれて子供のころに帰った気分にもなります。

大人の悩みは複雑になってはいくのですが少しずつ解決をしようと努力する事で徐々にではありますが、きちんと悩みが解決していき理想の未来を手に入れる事ができるという自信がつくと思います。

ネタばれにはなってしまいますが

小池さんが借金を返済したページは涙が溢れてくるはずです。

皆さんは人間は自分が考えているような人間になるという事をぜひこの本で読み、忘れないでいただきたいと思います。

でも…こんな方はこの本を読まないでください。

  1. 一生、今の会社で勤め上げて、老後は退職金と年金で過ごすと決めてる方
  2. もう人生に変化を求めていない方 読んだら変わってしまいますので気をつけて
  3. ドMの方 ネガティブでいる不幸な自分にそのまま酔っていてください
  4. ありがとう 愛してます なんて恥ずかしくて言えない照れ屋の方

まとめ

書いていて、おすすめできない理由のほうが浮かばず困りました。

ぜひ一度「借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ」読んでみてください。

考え方が変わるだけで周囲の人達が笑顔になります。

自分だけではなく周囲も巻き込んで幸せになりましょう。

 

潜在意識のおすすめ本のまとめはコチラです。
[初心者にわかりやすいランキング ベストセラー選び方・読み方]

潜在意識おすすめ本『人間は自分が考えているような人間になる』

「人間は自分が考えているような人間になる」 著者:アール・ナイティンゲール 訳: 田中孝顕 出版社:きこ書房 発行形態:単行本

 

アール・ナイチンゲール著『人間は自分が考えているような人間になる』です。

潜在意識の分野では、超が付くほどの名著です。

『人に奉仕すると幸福になれる。』

『賢い人は、人を傷つけることを自分が傷つけることを知っている。』

『成功も失敗も心の持ち方で決まる。』

など、潜在意識に関して明るい人ではないと、なかなか理解しがたい内容ではないかと思います。

本著『人間は自分が考えているような人間になる』を少しでも触れやすくなるよう書評を書きました。

本著『人間は自分が考えているような人間になる』の情報

[引用]
アール・ナイチンゲール(Earl Nightingale / 1921年3月12日-1989年3月28日)は、アメリカ・ロサンゼルス出身の自己啓発作家・実業家。

自己啓発分野のパイオニアとしても世界的にその名を知られる人物であり、放送業界や生命保険会社などで大成功を収めた実業家でもある。

1956年に人生を成功に導く秘法を録音したレコード「ザ・ストレンジスト・シークレット」を発表し、同レコードはミリオンセラーを達成(ゴールドレコード賞を受賞)。

自己開発オーディオ・プログラム会社「ナイチンゲール・コナント社」の創立者でもある。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)
[/引用]

アール・ナイチンゲールさんは自己啓発のパイオニアと呼ばれています。

知らない人がいないと言っても過言ではないアール・ナイチンゲールさんです。

著者の「The strangest secret」も潜在意識の分野で有名です。

アール・ナイチンゲール著『人間は自分が考えているような人間になる』において、とても参考になることは、あなたは使命型人間なのか、展開型人間かによって、潜在意識の使い方や成功法則が変わることです。

おすすめするアール・ナイチンゲール著『人間は自分が考えているような人間になる』

潜在意識を活用したい人はたくさんいらっしゃるかと思います。

そこで、本著の読み方を私なりにまとめてみました。

おそらくアール・ナイチンゲール著『人間は自分が考えているような人間になる』を手に取っている方、これから手に取ろうとしている方は潜在意識の使い方に興味があるかと思います。

以下の方にはものすごくおすすめです。

  • 自分に自信が無い人
  • 人生が上手くいってないなあと感じている人
  • 不満や愚痴を垂れ流している人

当てはまる場合、潜在意識をトレーニングするおすすめな読み方はたった一つです。

「書かれている内容をまずは信じなくてもいいので、読みながら実践することです。」

読むだけで数日もかかってしまうかもしれませんが、潜在意識に効果てきめんです。

潜在意識を活用するには

本を読むだけでは知識を得るだけで何も変わりません。

やはり得た知識から実践することですね。

自分自身の心は常に開いておきつつ、主体的に変化と成長をすることで10倍も人生が楽しくなり、豊かになります。

「人間は自分が考えているような人間になる」では、積極的に生きるための6つの目安が書かれています。

  1. いろいろなことに充実感を味わえること
  2. 圧力に対して柔軟に対処できること
  3. 自分の弱点と長所とを見極め、受け入れること
  4. 他人を個人として尊重すること、その重要性を理解すること
  5. 何事にも積極的、建設的であること
  6. 人を愛することができること

上記は本著「人間は自分が考えているような人間になる」の抜粋です。

今この記事を読まれているあなたには、当てはまるかもしれませんし、当てはまらないかもしれません。

今はどちらでも大丈夫です。

今この瞬間から、上記の6つの習慣を始めることによって、潜在意識のトレーニングになります。

潜在意識をトレーニングすることによって、今まで気づいていなかったことに気づくことができるなど、様々な良きことが雪崩のごとく起き始めます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

アール・ナイチンゲール著『人間は自分が考えているような人間になる』は潜在意識に関する本のなかでも、マニアックでもあり、本質をついていると私は思います。

特に自分自身が使命型人間なのか、展開型人間なのか振り返ってみて、今後の私のおすすめしたい潜在意識本のトップ3位に入るくらい好きな本です。

この書評を読んで、興味がわいた方いらっしゃっいましたら、

アール・ナイチンゲール著『人間は自分が考えているような人間になる』

を手に取っていただければ幸いです。

読んでいただき、ありがとうございます。

潜在意識のおすすめ本のまとめはコチラです。
[初心者にわかりやすいランキング ベストセラー選び方・読み方]

潜在意識おすすめ本『ウニヒピリ ホ・オポノポノで出会った「ほんとうの自分」』

『ウニヒピリ ホ・オポノポノで出会った「ほんとうの自分」』
著者:イハレアカラ・ヒューレン
   KR
インタビュー:平良アイリーン
発売日: 2010年04月
発行形態:単行本

今回は、潜在意識と自分との付き合い方を変えたい!思い通りの人生を生きられるようになりたい!と考えている方におすすめする本、イハレアカラ・ヒューレン博士の『ウニヒピリ ホ・オポノポノで出会った「ほんとうの自分」』を紹介させていただきます。

もうひとりの自分「ウニヒピリ」を知る!潜在意識と自分との関係がわかりやすい本です!

この本をおすすめする理由は
ホ・オポノポノをどのように活用したらいいのか?が、物語のようにわかりやすく書かれていること。

インタビュー形式なので、普通のビジネス書などよりも読みやすいため、普段あまり本を読まない人でもするっと読めること。

他のホ・オポノポノ関連の書籍より、易しい言葉で書いてあるため、理解しやすいこと。

まずは本を読んで学んでみよう!と思っても、普段から活字に触れる機会が少ないと、その時点で敷居が高く、躊躇してしまうことがあります。

また、内容が難しいと、理解できないと途中で読むのを辞めてしまうケースもあります。

本を読んで、理解して、実践するからこそ、結果が出ます。

この本は、ホ・オポノポノの初心者向けの本だと思います。

まずは、この本で概要を理解して、そこから他のホ・オポノポノ本を読むことで、深いところまで学べるのではないかと感じました。

今まで、他のホ・オポノポノ本で、途中で挫折してしまった人にこそ、おすすめする本です。

イハレアカラ・ヒューレン博士著『ウニヒピリ ホ・オポノポノで出会った「ほんとうの自分」』との出会い

潜在意識=もうひとりの自分との関係を改善することで、他の人との関係なども改善されていく!と知り、そのタイミングで「ホ・オポノポノ」で潜在意識をクリーニングするといいよ、と、読書好きな友人に勧められました。

一度調べてみよう!と思うと、徹底的に学びたくなる私は、片っ端から「ホ・オポノポノ」関連の本を読みました。

その時に購入した中の一冊が『ウニヒピリ ホ・オポノポノで出会った「ほんとうの自分」』でした。

ホ・オポノポノでは、聞き慣れない用語がいくつか出てきますが、先にこの本を読むことで、その用語についても、すんなり理解できました。

ウハネ ウニヒピリ アクマウア ディヴィニティ そして、ホ・オポノポノ。

潜在意識って、こんなに凄いものなんだ!

潜在意識の過去の記憶って、そんなにたくさん蓄積されてるんだ…。

とにかく、驚きの連続でした。

また、潜在意識のクリーニングってどのようにするのか?が書かれているので、自分の中での認識を正すことができました。

ホ・オポノポノを知ったけど、このやり方で合っているのか?の確認もできました。

そのため、ホ・オポノポノを知ってはいるけれど、実践してもイマイチ効果を感じられなかった人にもおすすめです。

︎潜在意識と自分との自分との関係、そしてその先もある!自分の問題を解決する、最愛のカウンセラー、ウニヒピリ!

自分の中には、顕在意識=表面意識(ウハネ)と潜在意識(ウニヒピリ)があることは理解していましたが、超意識(アウマクア)というものがある、この普段のはバラバラの三人がひとつになると「ほんとうの自分」に出会える…

よく「自分探し」をすると聞きますが、本当の「自分探し」は、この三人を理解することではないか?と感じました。

その中でも、潜在意識(ウニヒピリ)には、生命の誕生から今までの記憶が蓄積されていて、それが再生されているだけ…

目の前で起きている出来事は、誰かや何かのせいで起きているわけではなく、ただ記憶が再生されている。

この話に衝撃を受けました。

繰り返し再生されているこの記憶を、自分の責任としてただただクリーニングすること。

それが、私たちがすること。

よく、潜在意識を心のコップに例えた話を聞きます。

心のコップに入っている黒い水を、綺麗な水に変える。

その黒い水=ウニヒピリにある過去の記憶
黒い水を綺麗な水に変える=クリーニング

綺麗な水に変わった=潜在意識と自分とが繋がる

潜在意識をクリーニングすることで、ゼロになる。

そこから始めて、ほんとうの自分と深く繋がれる。

ほんとうの自分と繋がれるようになれば、自分で目の前の問題をクリアしていけるようになる。

みんなが、自分自身の潜在意識の記憶を自分のものとして、クリーニングしていく。

そうしたら、自分だけでなく周りの人も、ほんとうの自分を知り、自分が望む人生を生きられるようになる!ピースフルで素敵だな、そう感じました。

クリーニングツールも身近にあるものですし、ツールを使わなくても、4つの言葉でクリーニングできるのですから、お金は全くかかりません!

誰にでも今すぐできるのは、とてもありがたいですよね。

まとめ

いかがでしたか?

自分の潜在意識と仲良くなることが、自分の望む人生を手に入れるポイントだとわかったかと思います。

でも、知っただけで実践して活用しなければ、どんな素晴らしいことを学んでも、何も変わりません。

スピリチュアルに抵抗がある方は、もしかしたら「なんで自分の責任なんだよ?」と反発するかもしれません。

けれど、本にある事例のようなことが、実際に起きているのです。

私も、実際に似たようなことを経験しています。

一度体験すると、ますます潜在意識をクリーニングして、もっと記憶を手放したくなります。

結果、もっとよりよい人生になっています。

私だけでなく、他にもこの本を読んだ仲間たちや家族も、どんどん自分が望む人生を生きられるようになったり、心が軽く悩みから解放されています。

この本をおすすめする人は、このような人です。

  • ハワイやホ・オポノポノに興味がある人
  • 自分の潜在意識ともっと仲良くなりたい人
  • 自分の望む人生を生きられるようになりたい人
  • 植物や自然、物にも心があると思っている人
  • スピリチュアルなことが好きな人

この本をおすすめしない人は、このような人です。

  • 周りの人や環境のせいにする人
  • スピリチュアルに否定的な人
  • 自分さえよければいいと考えてる人
  • 過去生や潜在意識を信じられない人
  • 苦労しなければ、幸せになれないと思っている人

なぜなら、環境や人のせいにして、自分の人生がうまくいかないと嘆いていても、自分が変わらなければ、何も変わらないからです。

また、過去の出来事に執着することで、本当はうまくいく自分がいるのに、自分の道を見失い、迷路から抜け出すことができなくなるからです。

まずは、自分の潜在意識にある過去の記憶をクリーニングして、執着を手放し身軽になって、潜在意識ともっと仲良くなる、そこから始めてみてはいかがでしょうか?

皆様がもっと自分の思う通りの成功を手に入れるために、おすすめできる本をどんどん紹介させていただきます。

次回もお楽しみに!

潜在意識のおすすめ本【世界一ふざけた夢の叶え方】

世界一ふざけた夢の叶え方
著者:ひすいこたろう 菅野一勢 柳田厚志
発行形態:単行本
出版社:フォレスト出版

今回は、潜在意識を活用して、仲間と一緒に願望を実現させたい!と考えている人におすすめの本、ひすいこたろう 菅野一勢 柳田厚志著『世界一ふざけた夢の叶え方』を紹介させていただきます。

付き合う人や環境を変えることの大切さがわかる!みんなでワクワクしながら、願望を実現できる方法が書かれた本です!

この本には潜在意識という言葉はダイレクトには出てきません。ですが、潜在意識を活用して、自分だけでなく、仲間たちもそれぞれの夢を実現させている!話が紹介されている本です。

この本をおすすめする理由は、

どこにでもいそうな人たちが、大きな結果を出している!もしかしたら、自分たちも同じようにできるかも?と思える話が書かれていること。

実践していることは、とてもシンプル!すぐにでも真似できそうな習慣や行動が紹介されていること。

自分が望む働き方や仕事、生活をしてもいい!と許可を出せるようになる、ワクワクした気持ちになっていけること。

ひとりでいると、「できない」「自分には無理だ…」とマイナスな感情が行動や思考を止めてしまうこともあるかもしれませんが、仲間たちが顔晴ってる姿に刺激されたり、闘志を燃やして奮起できたり…時には応援し合えたり、一緒に成功を喜べたり、そんな関係を築きたくなる、そんな内容だからです。

ところどころに書いてある、その当時のことを振り返っている仲間たちのコメントも、「成功を収めた人たちでも、こんなことを考えていたんだ(笑)」と、親近感も湧いてきます。

「成功者って、そんなに自分と変わらないかも。

それなら、自分にもできるかも」と、自信が湧いてくるかもしれません。

ひすいこたろう 菅野一勢 柳田厚志さん著『世界一ふざけた夢の叶え方』との出会い

文章を書いたり、読書が好きな私は、たくさんの本を読みます。

時には、自分の知識の幅を広げるために、本屋でぱっと目に付いた本を購入してみることもあります。

参考になった!勉強になった!おすすめの本は、仲間や家族にも内容をシェアします。

ひすいこたろう」さんという名前は、本屋でよく目にするな、それくらいの知識しかありませんでした。

今回ご紹介させていただく『世界一ふざけた夢の叶え方』というタイトルが、目に留まり、ふざけてても夢が叶うって?それってどういうこと?と、好奇心が勝り、気付いたら本を手にしてレジに並んでました。

よく潜在意識の本には、「願望を紙に書いて持ち歩く」と書いてあります。

この本でも冒頭で仲間たちと願望をノートに書いています。

到底叶うわけないと思いつつも、心から叶えたい願望を明確にして、書き出す。明確になっていなければ、紙に書くことはできないでしょう。

そして、願望が叶った時の感情を先取りする。

仲間たちと一緒に先取りするので、潜在意識は叶っているものと認識するから、現実とのギャップを埋めに行く。

はっきり言葉にはなっていなくても、潜在意識を活用したものが、人生を制する!そんな確信が深まりました。

そして、仲間たちと一緒に願望を実現させたい!そんなふうに意識が切り替わった本です。

付き合う人を変えると人生が変わる!?︎嘘みたいな本当の話です!

この本にも書かれていますが、3人とも思うような結果を出せず、自分の望む人生を生きられるようになるため、斎藤一人さんの本で知った「ついてる!」を毎日繰り返し言う癖をつけていました。

言葉の大切さを知り、同じ学びに共感し、実践している人たちが出会い、仲間となり、自分の望む願望を実現させるために、一冊のノートに書き、みんなが応援する。

それ自体も奇跡だと思いました。

職場や家庭、日常生活の場では『隠れキリシタン』と思うくらい、潜在意識の活用について学んでますと言うと、胡散臭がられたりします(苦笑)。

私も、現に家族や友人、親戚からは「あの子が怪しいものにハマっているみたい」と心配されたくらいです。

普通は、そんなふうに言われたら…学ぶことを辞めてしまったりします。

自分が変わりたくて学ぶんだ!それならば、学んでいることが当たり前な環境に行こう!自分の環境を変えるんだ!

参加したセミナーに集まっている参加者たちは、少なくとも「学ぶことで今の自分を変えたい!」という共通項があります。

少なくとも、学ぶことを否定される環境ではありません。

そして「自分の夢や願望を実現させるんだ!」という思いもあるでしょう。

中には、既に自分が目指す理想通りの人生を生きている人もいることもあります。

普段とは異なる環境。

そこで出会う人たちも、日常生活ではあまり出会うことがないような考え方や行動をしているでしょう。

「できる!」が当たり前な環境と、「できるわけがない」が当たり前な環境。

自ずと、行動や思考が変わってきます。

環境を変える・付き合う人を変えることって、結構勇気やエネルギーが必要です。

だから、変えよう!と行動しただけでも、大きな変化をもたらします。

この本の著者三名の変化も、三者三様な書き方をしていますが、ええっ?本当に??と、驚くこと間違いなしです。

じっくり本を読む時間がなければ、ところどころにある大文字の箇所やそれぞれのタイトル、pointや他の仲間のコメントだけ拾い読みするだけでも、ワクワクしながら夢や願望を実現できるヒントになると思います。

また、自分ひとりでなんでもしなきゃ、と考えていましたが、自分にできない・苦手なことは他人に頼っていい、自分自身は得意とすることに集中し、人を助ける、それでいいと書かれています。

情報販売をしているのに、パソコンが苦手…それでも仕事になっちゃう!目から鱗でした。

鉄鋼王と呼ばれたアンドリュー・カーネギーだって、自分は鉄鋼に詳しいわけではなかったけれど、周りに優れた人たちを集めたから、大きな成功を収めています。

そうか、それでいいんだ!そう思いました。

まとめ

いかがでしたか?潜在意識って聞くと、ちょっと抵抗がある人でも、この本は言葉自体は出てこないため、スピリチュアルはちょっと…となる人にも楽しく読める本だと思います。

けれど、気分だけ盛り上がっても、実践しなければ結果が出ないのは、どの本を読んでも同じです。

この本をおすすめする人はこのような人です。

  • 自分だけでなく、仲間たちと一緒に楽しみながら成功したい人
  • 応援し合う環境を作りたいと思う人
  • 相手の成功も一緒に喜べる人
  • 毎日ワクワクしながら過ごしたいと願う人
  • 完璧主義でいつも苦しい思いをしているところから抜け出したい人

この本をおすすめしない人はこのような人です。

  • ジャイアン思考(お前のものは俺のもの、俺のものも俺のもの)の人
  • 自分さえよければ、周りがどうなろうも関係ないと思う人
  • マイナスな思考をプラスに変換しようとしない人
  • 理想の自分になれないのを環境や他人のせいにして、努力しない人
  • 自分を成長させることに興味がない人

なぜなら、マイナス思考でいることで、行動も結果もマイナスになっていくのに、改善しようとしなければ、そこからは抜け出すことができないからです。

思考は、磁石のように同じような思考の人を引き寄せます。その方が居心地がいいからです。

自分を変えたい!と思ったら、時には断ち切ることも大切です。

もちろん、自分自身も変わる努力が必要ですが、環境を変えることが一番手っ取り早いからです。

タイトルは「世界一ふざけた」となっていますが、私は「世界一楽しい夢の叶え方」だと感じました。

皆様が、仲間たちと一緒に楽しみながら、みんなで潜在意識を活用して成功していく、理想通りの人生を生きられるようになる、今回はそんな本を紹介させていただきました。

これからも、皆様が幸せな成功者になるためにおすすめな本を紹介させていただきます。

次回もお楽しみにに!

『なぜ、あなたの思考は具現化しないのか?(久家邦彦:著)』本の感想【言葉がネガティブな人におすすめ】】

ネガティブで後ろ向き、自分に自信がないそんな子供だった

幼少期に祖母や年配の人に可愛がられて育てられた私は、クラスに一人はいるであろうおデブさんでした。

両親が不妊に悩んで諦めたころにできた子供でしたので、とても甘やかされて育った幼少期でした。

自分が世界の中心だと思っていたのです。なんて勘違い!

続きを読む