潜在意識で恋愛・結婚を成就

潜在意識で恋愛・幸せな結婚を成就する【無意識を活用する方法】

結婚が実現しない理由とは?

アラフォーともなると、既婚女性は偉いと思われて、独身女性は可哀想だと思われる。

独身を満喫していても、好きで独身している訳でもないけど、他人に勝手にそう思われる。

負け犬と呼ばれる独身女性は本当に不幸なのだろうか?世間では「お一人様○○」の言葉をよく見かけるが、独身女性にとって傷つく言葉だ。

一緒に楽しむ相手がいない可哀想な女性と言う冷ややかな世間の視線を感じるからだ。

独身男性がお一人様をしても何とも思われないどころか、できるかっこいい男とさえ思われる。

独身だからこそできることはいくつかあって、自由気ままに旅をすることが代表的なことだ。旅行自体は楽しい。

ただやはり素敵なパートナーが隣にいてくれたらずっと楽しいと、余計に寂しくなってくる。

このきれいな景色をその人と見たい、この瞬間をその人と過ごしたいと、旅の間を共感し会話できる人がいないと心に風が吹くほど寂しい。

友達と一緒でも楽しいと思うが、アラフォー独身女性にとって友達だと役不足である。

長い間疑問に思っていること、努力しなくても自然に結婚にたどり着いた人達がいる中、婚活と言う努力をしないと結婚にたどり着かない人達がいるのはなぜなのだろうか?

手に入れたくても入らない結婚を簡単にしていく人達を見て不公平だと思い、誰かの結婚を心の底から喜べないでいる。

違う世界にいる芸能人の結婚ですら祝えない。

次は私の番では?

と神様に若干責める感じの尋ね方をしてみて、この感情こそが結婚が現実にならない原因とは、この頃はまだ気がつかなかった。

アラフォーの独身女性にとっての婚活について

アラフォーの独身女性にとって婚活は修行の場でもある。
自分磨きをして、理想の男性像を低くする、コミュニケーション能力を磨き、相手を思いやる等、やるべきことがたくさんある。
特にお見合い市場は厳しい。
アラフォーの独身女性は沢山いるので、お見合いの申込みをしてもお相手から承諾されなければ出会いにならない。
縁がありお見合いになった人でも実際会ってみると、条件が良い、人柄も悪くないけど、ただ自分自身の心が動かない場合もある。
断るにしても相当悩むことになる。
アラフォーで他に素敵な男性が今後現れるか不安になる。
子供を産み育てるにはタイムリミットが存在するので焦る。
周りの既婚友達との暮らす世界の違いに虚しさを感じる。
ただの思い込みに過ぎないけど、そう思わずにはいられない独身の寂しさがある。
結婚相談所の人に「良い人なのに何がダメなのか?」と言われ、2時間の食事が退屈で、好きでもない人と永遠の愛を誓い、一つ屋根の下で暮らせないと言っても、その考えや結婚の価値観を否定され贅沢な悩みだと言われる。心に嘘はつけない。
心で感じることに従う方がいい。頭で「この人と結婚したら安泰だよ」と思っても、好きになれない人は好きになれない人のままだ。アラフォーの独身女性にとって、本当に心情を理解してくれる人は少ない。
母親に相談しても生きてきた時代が違うせいか全てを理解してもらえない。
ただシンプルな願いのはずだけど、好きな人と相思相愛になり結婚したいと思うのは贅沢な悩みなのだろうか?

素敵な人と結婚するために潜在意識を書き換える覚悟をする

婚活パーティーに参加したことで恋人ができて、出会ってから1ヶ月半後にプロポーズされた。

その頃ちょうど引き寄せの法則を覚え始めた時だった。

私の願いが簡単に現実になり始めたことに驚きと嬉しさのあまり、プロポーズに「はい」と答えた。

でもこの恋愛は雲行きが怪しいと何となく思っていたのだけど・・・。

遠距離恋愛、多忙な仕事、転職活動、進まない結婚準備、周り人達からのプレッシャー、願望に対しての焦り、彼に対しての周り人達の反応、全てが大きな壁であり爆弾のような不安や苛立ちを抑えることができなくなっていった。

彼との楽しい時間より、苛立ちの時間が多くなっていった。

そんな中、これから結婚の準備をする段階になって突然音信不通になった。

連絡をしても既読スルーをされる日々、話し合いにも応じてくれず辛い日々。

どうしていきたいのか彼の心情を知るすべもなく、ただ彼からの連絡を待っていた。

知人が結婚、妊娠していく中、貯めていた不満が一気に爆発した。

私は男性から大事にされ愛されていいはずだ、幸せになっていいはずだと。

彼との関係をきっちり切らなければ、素敵な人との出会いへ繋がらないと思っていた。

不満をぶちまけて、ようやく曖昧な関係を終わりにした。

引き寄せの法則は不安や苛立ちをずっと感じていたら、その現象を引き寄せてしまう。

彼と終わりになったことで結婚にたどり着かなかったのは、不安や苛立ちが私の中にずっとあったからだと気がついた。

もっと幸せになって、次の恋で素敵な人と結婚するために思考を変えていこうと決意した。

思考が現実化することを身を以て体験する

私は不安気質で悲観論者でした。

引き寄せの法則を知る前は、まだ起きてもないことを悪い方に考えて自分を守っていた。

傷つくことが怖くて、悪い方に予想して心の準備をしていた。

不幸なことが起こっても最小限の傷心で済むようにしていた。

当然私は自分自身を好きではなかった。私がこの状況なのは、私が悪いのではなく、周りや世の中が不況のせいだと思っていたこともある。

悪い予感は見事に当てていたから、勘が良い人なのだと思っていた。

今思えば、これが引き寄せの法則と言うもので、私にもちゃんと働いていた。

今考えると恐ろしいが、この頃に引き寄せの法則を正しく使っていたらどんな人生だったのか想像できない。

引き寄せとは人生が変わるものだとこれから気づく。

元彼と出会って別れて、どのように思考が現実化するのか理解できた。

残念なことに悪いことも頻繁に考えていて、思いが強ければ現実になる。

私は専門家から引き寄せの法則を正しく学んだ。自分の感情に気づき、コントロールして、毎日感謝の言葉をたくさん言うことで、普段の使う言葉を変えていき、良い思考をするような自分に変える決断をした。

そして決断して間もなく、婚活パーティーで新しい男性と出会った。

彼の仕事が忙しく頻繁に会えなくて不安も少しあるけど、今は自分を客観的に見て、感情に気がつくことができる。

マイナスの感情からプラスの感情に切り替えられるようになった。

引き寄せの法則を知り、使い始めた私は以前の私とは違う。

これから引き寄せの法則がどのように働き、私の結婚をどんな形で現実化してくれるのか楽しみである。

上手く潜在意識に働きかけたら奇跡と思えるような出来事に恵まれます

婚活は、私にたくさんの経験、気づき、知識、自分を変える機会を与えてくれた。

婚活を積極的にしても、

「もう結婚できないかも」、

「素敵な独身男性ともう出会えないかも」

「ずっと独りかも」、

「独身の運命なのかな」

と、思い悩み辛かった時期もあった。

周りが結婚や出産をしていく中、どうして努力をしなくても結婚できる人達もいるのに、私は努力が必要なのだろうと悩んでいた。

既婚者への羨ましさと、取り残されている寂しさに耐えられなかった。

無理やり「独身でも楽しい」と自分に言い聞かせ、「独身の時にしかできないことをしよう」と、旅行や趣味を楽しんだ。

隣にパートナーのいない寂しさに蓋をしていた。

でも、振り返るとこの道を歩いてきて良かったのだと思う。

引き寄せの法則と出会い、正しく活用することで大きく人生や自分自身がポジティブに変わったのだから。

そうそう、肝心の私はどうなったかと言うと・・・

素敵な男性と結婚をして楽しく生活をしています。

2人の関係はもうダメになるかなと不安な時もあったけど、上手く潜在意識に働きかけたら奇跡と思えるような出来事に恵まれた。

まず素敵な男性と結婚する!と決めて、潜在意識を正しく活用してから、不思議と結婚の方向に導かれて行ったように思う。

いつまでも良い夫婦関係が続くように、愛情ある結婚生活を引き寄せていこうと思っている。

そしてもう一つの幸せは、なんと来年は生まれてくる赤ちゃんと3人で賑やかな生活になりそうです。